荘A[NX̉@

腰痛コルセットの種類

腹圧を高めるもの椎間板由来の疼痛を軽減するものと回旋や運動制限を目的とした捻挫に適応するものが主にあり、医療機関では様々な都合から一色単に扱われている。ご自分で判断して探す必要がある。

※スポンサーCM

ぎっくり腰になったときのコルセットについて

「先生、ありがとうございます。楽に立ち上がれるようになりましたよ。ところで、こうなってしまった場合はやはりコルセットを巻くのが良いでしょうか?」

椎間板の病変の場合は腹圧を高めるコルセットを用いる。

コルセットにはさまざまなタイプがございます。一概にこれが良いということをご案内できるものではありません。しかし、一般的に腰椎のクッションを担う椎間板の病変の場合はそれ以上椎間板に圧力が加わらぬように腹圧を高める作用をもったものをご利用いただくことが良いとされます。

腹圧が高まると椎間板の負担が軽減され上半身がおきる。

この場合は上半身を起こせば痛みは出ますが、腰を回旋したり、捻っても痛みが出ぬことがあります。こういったときは椎間板に加わる負担を少しでも軽減するために腹圧を高めてお腹を引き締めることで上半身をグイっと起こすことが大切です。

腰椎捻挫用のコルセットではプレートが入って回旋や動きを抑制する。

それに対して腰椎の捻挫などに対応したものでは所々にプレートが入っており、回旋や動きそのものを抑制するコルセットもあります。この場合は紐などでコルセットを閉めるだけで腹圧を高めることにはそれほど貢献しません。

病院などで処方されるコルセットは捻挫用の値段が高いもの。

では、これをどのように入手することが良いのかと申しますと、皆様はご存知ないかと思いますが、病院や整形外科ですら、一色単に捻挫用のコルセット(紐で締めるようなものでプレートの入っているもの)を処方されてしまいますので、ご自分でネットなどで専門のコルセット業者のサイトで選ばねば、値段が高いばかりで殆ど役に立たぬものを入手することになってしまうこともあるのです。

では、なぜこのように用途が異なるものでも処方してしまうのか?

用途が異なるのはコルセットを巻けば良いぐらいにしか考えられておらぬから。

なぜ用途が異なるものでも勧められてしまうのかと申しますと、当然のことながら整形外科の専門医以外が対応している場合などはコルセットに無頓着だったり、そもそも痛ければ「コルセットでも巻いてくれ」ぐらいしか考えておらぬことがあります。要するにはいいかげんな対応ということです。

腹圧を高めるものには依存性もあり、腰の筋力の廃用につながることもある。

しかし、もうひとつの考えに腹圧を高めて椎間板の負荷を軽減するタイプのものを処方したときには患者さまがそれに依存してしまい、「これは腰がラクチンだ!」と腰部を余計に怠けさせて筋力の廃用を招いてしまうことがあります。

捻挫型のものは廃用の程度が少ない。

当然のことながら、捻挫用のコルセットでも体幹を曲げたり回旋させる動作が失われますが、その廃用の程度は腹圧型のものよりは幾分か優しいです。したがいまして、医者に対しての依存性が高まって医療の負担になることが考えられるのです。

捻挫型は単価が高く病院の利益になる。

また、捻挫用のコルセットとはパーツを幾つも使っておりますので値段が高いことも特徴です。それだけ病院側にも利益になる。でもぎっくり腰とは大概にして一旦治ってしまえば1年は再発しないことがありますので、高いお金を払ってもタンスの奥で眠るだけの無駄になることがあるんです。このページを読んでくださった方はそういった意味で無駄な買い物をせずに済みますのでお得になったと思います。

急性期の炎症がきちんと治まったら、損傷組織の代謝を活発化して組織の回復を促進するためにコルセットから腹巻に替えよう。

ということでご自分の症状に適合したコルセットを用いていただき、腰部の急性期の症状が完全に治まって患部の腫れなどもきちんととれましたら、次に行っていただきますのは、損傷した組織に溜まった疲労物質や老廃物、病的物質を代謝させることです。これを促進させる働きとして腹巻を巻いていただければよいでしょう。

お腹があたたまり、腰部の滞った血流を再開させ、病的物質を患部から取り除く作用があります。腹圧を高めるコルセットを緩く巻けば腹圧上昇作用がなくなり単なる腹巻の変わりになりますのでそういった方法も経済的ですよね。

コルセット基本事項

結論:コルセットは痛いところを圧迫するもの

腰痛コルセットは痛みの緩和が目的

コルセットの鎮痛作用とは?

ぎっくり腰のコルセットは痛みの強いところを圧迫する

コルセットは何を使うのか?

コルセットはシンプルなものを選ぶ

陥ったのときのコルセットの目的について

コルセットは装着法の間違いが多い

坐骨神経痛のコルセットの巻き方は?

コルセット寝るときは?

コルセットはきつめに巻く

腰痛コルセットの適応

ぎっくり腰のコルセットの巻き方

筋肉が衰えるから止めた方がいいのか?

腰が曲がるのはコルセットで防止できませんか?

急性期用と慢性期用の腰痛コルセットの違い

コルセットの装着期間

結論:炎症のある2週間装着する。ただし、痛みが無ければすぐに外す

3週間腰痛バンドをしたら筋力が衰えますか?

ぎっくり腰のコルセットの装着期間について

脊柱管狭窄症 コルセット いつまで?

腰痛コルセットの日常の着用について

コルセットいつまで着ける?

腰痛コルセットの過信

結論:コルセットをつけても無理はしない

重量物の扱いと腰部コルセット

ゴルフプレーに腰痛コルセットをしても良いか?

着ければ腰痛を防げるか?

ゴルフのとき腰痛バンドした方が良い?

コルセット弊害

結論:コルセットには相性がある。不快なら使わない

コルセットで痛みが悪化するのは局所性不快感

コルセットで腰痛が悪化するのは恐怖心によるもの

コルセットをつけててもぎっくり腰になる?

コルセットがすれる

お腹が敏感でコルセットを巻けない

コルセットは胴体が弱くなるのでは?

コルセットを使うと筋肉が落ちるから止めるべきか?

腰痛バンドを付けて過ごしていたら2キロも痩せることができました。

コルセットで腹圧をかけると腹式呼吸ができないのでは?

コルセットをしたら余計に腰が痛くなった

痩せてるとコルセットは意味ないか?

コルセットで治るのか?

背中のコルセットは肺癌でも良いのか

コルセットその他

結論:コルセットは専門家に説明を受けた上で装着する

腰痛コルセットを付けると背中が痛くなる?

腰痛ベルトについて

コルセットの種類について

コルセット購入の判断

サポートグッツでおすすめはコルセット

コルセットの活用法

農作業・農業 腰痛 コルセット

コルセットの種類

コルセットの有効性

代わりになるもの

コルセット以外の固定法

結論:少々の出費を惜しまない。
それよりも専用のサポーターを買う方が間違いない。

腰痛のときのサラシの長さ

農作業の腰痛防止のサポーターは?

腰痛にバストバンドは?

コルセットと包帯の違い

リスクを高める帯

腰痛にバストバンドは?

腰部固定でコルセットとサラシの判断は?

コルセットの代わりに包帯を用いるのは?

予防効果の高い腹巻

腰を動かないようにギブスで固定すれば腰痛はおこらないか?

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

ぎっくり腰ブログ

※最新ページ

ぎっくり腰と静的ストレス

アークス整体院プライベートブログ

プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

コルセット基本事項

結論:コルセットは痛いところを圧迫するもの

腰痛コルセットは痛みの緩和が目的

コルセットの鎮痛作用とは?

ぎっくり腰のコルセットは痛みの強いところを圧迫する

コルセットは何を使うのか?

コルセットはシンプルなものを選ぶ

陥ったのときのコルセットの目的について

コルセットは装着法の間違いが多い

坐骨神経痛のコルセットの巻き方は?

コルセット寝るときは?

コルセットはきつめに巻く

腰痛コルセットの適応

ぎっくり腰のコルセットの巻き方

筋肉が衰えるから止めた方がいいのか?

腰が曲がるのはコルセットで防止できませんか?

急性期用と慢性期用の腰痛コルセットの違い

コルセットの装着期間

結論:炎症のある2週間装着する。ただし、痛みが無ければすぐに外す

3週間腰痛バンドをしたら筋力が衰えますか?

ぎっくり腰のコルセットの装着期間について

脊柱管狭窄症 コルセット いつまで?

腰痛コルセットの日常の着用について

コルセットいつまで着ける?

腰痛コルセットの過信

結論:コルセットをつけても無理はしない

重量物の扱いと腰部コルセット

ゴルフプレーに腰痛コルセットをしても良いか?

着ければ腰痛を防げるか?

ゴルフのとき腰痛バンドした方が良い?

コルセット弊害

結論:コルセットには相性がある。不快なら使わない

コルセットで痛みが悪化するのは局所性不快感

コルセットで腰痛が悪化するのは恐怖心によるもの

コルセットをつけててもぎっくり腰になる?

コルセットがすれる

お腹が敏感でコルセットを巻けない

コルセットは胴体が弱くなるのでは?

コルセットを使うと筋肉が落ちるから止めるべきか?

腰痛バンドを付けて過ごしていたら2キロも痩せることができました。

コルセットで腹圧をかけると腹式呼吸ができないのでは?

コルセットをしたら余計に腰が痛くなった

痩せてるとコルセットは意味ないか?

コルセットで治るのか?

背中のコルセットは肺癌でも良いのか

コルセットその他

結論:コルセットは専門家に説明を受けた上で装着する

腰痛コルセットを付けると背中が痛くなる?

腰痛ベルトについて

コルセットの種類について

コルセット購入の判断

サポートグッツでおすすめはコルセット

コルセットの活用法

農作業・農業 腰痛 コルセット

コルセットの種類

コルセットの有効性

代わりになるもの

コルセット以外の固定法

結論:少々の出費を惜しまない。
それよりも専用のサポーターを買う方が間違いない。

腰痛のときのサラシの長さ

農作業の腰痛防止のサポーターは?

腰痛にバストバンドは?

コルセットと包帯の違い

リスクを高める帯

腰痛にバストバンドは?

腰部固定でコルセットとサラシの判断は?

コルセットの代わりに包帯を用いるのは?

予防効果の高い腹巻

腰を動かないようにギブスで固定すれば腰痛はおこらないか?

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)