腰痛コルセットの種類

腹圧を高めるもの椎間板由来の疼痛を軽減するものと回旋や運動制限を目的とした捻挫に適応するものが主にあり、医療機関では様々な都合から一色単に扱われている。ご自分で判断して探す必要がある。

※スポンサーCM

ぎっくり腰になったときのコルセットについて

「先生、ありがとうございます。楽に立ち上がれるようになりましたよ。ところで、こうなってしまった場合はやはりコルセットを巻くのが良いでしょうか?」

椎間板の病変の場合は腹圧を高めるコルセットを用いる。

コルセットにはさまざまなタイプがございます。一概にこれが良いということをご案内できるものではありません。しかし、一般的に腰椎のクッションを担う椎間板の病変の場合はそれ以上椎間板に圧力が加わらぬように腹圧を高める作用をもったものをご利用いただくことが良いとされます。

腹圧が高まると椎間板の負担が軽減され上半身がおきる。

この場合は上半身を起こせば痛みは出ますが、腰を回旋したり、捻っても痛みが出ぬことがあります。こういったときは椎間板に加わる負担を少しでも軽減するために腹圧を高めてお腹を引き締めることで上半身をグイっと起こすことが大切です。

腰椎捻挫用のコルセットではプレートが入って回旋や動きを抑制する。

それに対して腰椎の捻挫などに対応したものでは所々にプレートが入っており、回旋や動きそのものを抑制するコルセットもあります。この場合は紐などでコルセットを閉めるだけで腹圧を高めることにはそれほど貢献しません。

病院などで処方されるコルセットは捻挫用の値段が高いもの。

では、これをどのように入手することが良いのかと申しますと、皆様はご存知ないかと思いますが、病院や整形外科ですら、一色単に捻挫用のコルセット(紐で締めるようなものでプレートの入っているもの)を処方されてしまいますので、ご自分でネットなどで専門のコルセット業者のサイトで選ばねば、値段が高いばかりで殆ど役に立たぬものを入手することになってしまうこともあるのです。

では、なぜこのように用途が異なるものでも処方してしまうのか?

用途が異なるのはコルセットを巻けば良いぐらいにしか考えられておらぬから。

なぜ用途が異なるものでも勧められてしまうのかと申しますと、当然のことながら整形外科の専門医以外が対応している場合などはコルセットに無頓着だったり、そもそも痛ければ「コルセットでも巻いてくれ」ぐらいしか考えておらぬことがあります。要するにはいいかげんな対応ということです。

腹圧を高めるものには依存性もあり、腰の筋力の廃用につながることもある。

しかし、もうひとつの考えに腹圧を高めて椎間板の負荷を軽減するタイプのものを処方したときには患者さまがそれに依存してしまい、「これは腰がラクチンだ!」と腰部を余計に怠けさせて筋力の廃用を招いてしまうことがあります。

捻挫型のものは廃用の程度が少ない。

当然のことながら、捻挫用のコルセットでも体幹を曲げたり回旋させる動作が失われますが、その廃用の程度は腹圧型のものよりは幾分か優しいです。したがいまして、医者に対しての依存性が高まって医療の負担になることが考えられるのです。

捻挫型は単価が高く病院の利益になる。

また、捻挫用のコルセットとはパーツを幾つも使っておりますので値段が高いことも特徴です。それだけ病院側にも利益になる。でもぎっくり腰とは大概にして一旦治ってしまえば1年は再発しないことがありますので、高いお金を払ってもタンスの奥で眠るだけの無駄になることがあるんです。このページを読んでくださった方はそういった意味で無駄な買い物をせずに済みますのでお得になったと思います。

急性期の炎症がきちんと治まったら、損傷組織の代謝を活発化して組織の回復を促進するためにコルセットから腹巻に替えよう。

ということでご自分の症状に適合したコルセットを用いていただき、腰部の急性期の症状が完全に治まって患部の腫れなどもきちんととれましたら、次に行っていただきますのは、損傷した組織に溜まった疲労物質や老廃物、病的物質を代謝させることです。これを促進させる働きとして腹巻を巻いていただければよいでしょう。

お腹があたたまり、腰部の滞った血流を再開させ、病的物質を患部から取り除く作用があります。腹圧を高めるコルセットを緩く巻けば腹圧上昇作用がなくなり単なる腹巻の変わりになりますのでそういった方法も経済的ですよね。

コルセットその他

結論:コルセットは専門家に説明を受けた上で装着する

  1. 腰痛ベルトについて腰痛ベルトの着用の注意点について。トコチャンベルトは妊婦用
  2. コルセットの種類について腹圧を高めるもの椎間板由来の疼痛を軽減するものと回旋や運動制限を目的とした捻挫に適応するものが主にある
  3. コルセット購入の判断本来はコルセットを用いることが良いが手元になく、通販などで取り寄せるまで待てない方、金銭的余裕が無い方にはサラシやズボン、帯などを用いる方法もある。
  4. サポートグッツでおすすめはコルセットやはり一番のサポートグッズはコルセット、腰の負担が加わるときに装着しよう。
  5. コルセットの活用法初期は安静にしてアイシングと腰痛ベルトで痛みを抑えましょう。
  6. コルセットは自分の目的に応じたものを用いるコルセットにも色々と種類があって自分の目的に応じたものを使わないと意味の無い結果となります。また装着方法が間違っているケースも多いので先生に診てもらうべきでしょう。
  7. 湿布とコルセットどちらが腰に良いか湿布は鈍い痛み、コルセットは比較的鋭い痛みに効く
  8. 農作業・農業 腰痛 コルセットお勧めするのは中腰をサポートするサポートコルセットのラクニエ
  9. コルセットの種類コルセットには種類があって、全て同じ目的ではありません。①腹圧補助、②殿筋補助、③骨盤の矯正、④プレート型があり目的が大きく異なります。緊急時になったときに購入するとかなり高いものになりますので、事前に準備すると良いでしょう。
  10. コルセットの有効性腰部の疾患全体では、賛成派と反対派に分かれるが急性腰痛のぎっくり腰ではコルセットにより腰部の過労をいち早く回復させることが治癒を促進する。
  11. コルセットで傷口が痛い杖を使って腰の負担を軽減する。もしくはサポートウェアも便利
  12. 代わりになるものコルセットの本来の目的は筋肉を補助することではなく、圧迫感によって痛みを紛らわすこと。圧迫できればなんでも良い。

コルセット関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

基本事項

装着期間

過信

弊害

その他

コルセット以外の固定

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

椎間板

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

コルセットその他

結論:コルセットは専門家に説明を受けた上で装着する

腰痛ベルトについて

コルセットの種類について

コルセット購入の判断

サポートグッツでおすすめはコルセット

コルセットの活用法

コルセットは自分の目的に応じたものを用いる

湿布とコルセットどちらが腰に良いか

農作業・農業 腰痛 コルセット

コルセットの種類

コルセットの有効性

コルセットで傷口が痛い

代わりになるもの

コルセット関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

基本事項

装着期間

過信

弊害

その他

コルセット以外の固定

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)