荘A[NX̉@

反り腰に良いカバンは?

反り腰に良いカバンについて、理想はキャリーバッグを用いると良い。どのような物を用いても胸椎から上で重量物を保持すれば、その土台である腰椎の反りは強くなり、腰に負担が加わることを避けることはできません。見た目の問題もありますので2WAYの持ち方を選べるもので腰の局所の負担を分散しましょう。

※スポンサーCM

反り腰をもった慢性腰痛患者様の通勤用のこれについてお話させていただこうと思います。

反り腰とは腰が大きく反って腰椎の前彎が強まっているもの

では、最初に反り腰とはどういったものなのかともうしますと、私達の背骨は緩やかなS字のカーブを描いているのですが、腰と首では軽い前彎曲、そして胸椎だけが後方凸に彎曲しているのです。このときの腰椎の前彎曲が極端に強くなったものを反り腰と呼んでおります。

腰痛の代名詞である腰椎椎間板ヘルニアの受傷リスクが高い

この反り腰姿勢とは腰の反りによって腰椎の隙間に存在する椎間板が圧力で押しつぶされてしまいますので有名な腰椎椎間板ヘルニアの受傷リスクが高いと言われております。背骨全体がサスペンションのように働いているのですが反り腰の状態とはこのサスペンションが完全に沈みきっているためにそれ以上衝撃を吸収することができず椎間板が容易く壊れてしまうのです。

A、何を使っても腰に加わる負担はある

では、実際にはどのようなものを使えば反り腰の方にとって負担がなくなるのか?と申しますと、実際には荷物やビジネス用のものには沢山のものを詰め込んでおりますから、かなりの重量があるはずです。どのようなものを用いていただいてもやはり腰には負担は加わるはずです。残念ですが、重たいものを全く腰に負担を掛けずに済むような魔法はありません。

反り腰・腰痛患者のために作られたバッグは無い

残念ながら今現在様々なメーカーのものを見て思うことですが、腰痛患者のために作られたとはございません。反り腰の方にはこういったものを用いれば良いですよと提案するような腰痛対策を施しているものはありません。

なぜ『腰痛に良い』を標榜しないのか?をお考えいただく必要がある。

※スポンサーCM

ここで大切になることが、『なぜ世の中にはこれだけ腰痛患者様が大勢おられるのに腰痛対策を標榜するものが無いのか?』ということです。普通に考えてみればこれらの製造や販売に携わっていたりする者ならばこの程度のアイデアはすぐに思いつくことだとおもいます。

重たいものを扱う以上はどうしても腰に負担が掛かる故に腰痛対策を標榜した商品は製造できぬ

では、なぜ標榜した商品を作らぬのかと申しますとやはり、腰に痛みを持つものにとってはどのようにしても重いものを持てば腰に負担が掛かってしまうからです。腰痛を持つものが重たいものを持てばどうしても悪化することは避けられません。

見た目など周囲の目も気になるもの

また、仮に腰に負担の加わらぬようなものを製造することができたとしても、やはり異様な外観になってしまい実際に使うことに抵抗を抱いてしまうのではありませんでしょうか?例えば油圧式のリフトと、キャリーのようなものを組み合わせて、筋肉を使わずに高くまで持ち上げられるようなものも製造することは理論上可能なのかもしれませんがやはり、それを実際に利用する人が周囲の目が気になってしまうようでは実用性がありません。このような事情があるため、皆様の反り腰など腰のお悩みに最適化された商品が存在せぬのです。

理想を言えば牽引できるシルバーカーやキャリーバッグが良い

理想を言えば旅行用にもちいるようなキャリーバッグを使って牽引していただいたり、腰に負担が掛からぬように上半身の体重を預けて、杖の代わりに用いることのできるシルバーカーを利用することが良いでしょう。ところが荷物を直接持ったり、背負ったり、担いだりしないでいただくことは腰に負担を掛けずに良いのですが、やはり若い人には現実的になかなか人目が気になってしまうことです。

周囲の目が気になるのでしたら2WAYなど持ち方が選べるものが良い

そこでおすすめしたいことはやはり、手で持ったり、担いだりと最低でも2つ以上持ち方を選べるものを利用していただくことです。このようないろいろ持ち方を選べるものを、その持ち方のバリエーションによって2WAYとか3WAYとか呼びます。

従来のは一つの持ち方だけ、故に腰の局所に負担が集中する。

従来のものは①背負う、②手提げ、③袈裟懸けのどれか一つの持ち方しか選べませんでしたよね。こういったものは見た目もシンプルでデザインは豊富ですがその反面で腰の局所に負担を集中させてしまうデメリットがあるのです。

2WAYならば疲れたときに持ち方を変えて腰部の負担を分散できる

例えば手提げとショルダー、ショルダーとリュックなどに対応している2WAYならばいろいろ持ち方を変更することができますので、疲れたときに少し持ち方を変えていただければ腰の負担は軽減されます。3WAYや4WAY型のものなどもありますのでいろいろ持ち方のバリエーションが増えるほど使用する筋肉の幅が広がります。

理想はキャリーとショルダーとリュックの3WAY

もしも腰部の負担も少なく、さらには実用性をお求めになるのでしたら、キャリーバッグとショルダーバッグ、リュックの3つの持ち方を選べるような3WAYに対応しているものをお選びいただくことが良いと言えます。

これならば人目の少ない裏通りなどを歩くときにはキャリーとして利用していただき、手すりの付いた階段などを上るときにはショルダーとして、手すりと反対側に下げていただき、さらには掴まる場所のない真っ直ぐの道を進む場合はリュックとして用いることができます。

負担はどうしたら減らせるの?

では、結果的には反り腰の負担はどうしたら軽減できるのか?ということについて述べましょう。

前方荷重のバランスを取るために起こる現象である。

反り腰とは、人の体でいうところの前方荷重の代償として現れるものです。例えばハイヒールを履いてつま先立ちになったり、猫背で頭部が前方に垂れ下がっていたりと前方荷重になった状態で立ち上がるとそのままだと前に突っ伏して倒れてしまいますよね。ですからそうならぬように腰を反らすわけです。

どの部分で持つかではなく、背骨を基準として持ち方を考える必要がある。

※スポンサーCM

私達が普段用いる持ち方は①手で持つ、②背負う、③肩から提げる、のどれかだと思います。最も反っている腰椎の延長上に胸椎や頚椎などがあり、胸椎の高さに鎖骨や肩甲骨などがあるわけです。したがって胸椎より上の部分でどのような持ち方をしても結果的にその土台である腰椎の反りは強くなります。例えばアフリカなどで見られる頭の上に物を載せるような持ち方であってもその土台である腰骨が歪んでいれば、反りは増強されます。

Qでは背中に背負えば、バランス保持に反りが少なくなるのでは?

ひょっとすると、重心バランスのお話をさせていただいたことで皆様の中には『背中に背負えば、バランス保持のために腰の反りを少なくするのでは?』と思う方もおられるかもしれません。

背負うと腰のストレスが強いため、不自然に背中を丸めてしまう

しかし、実際にやってみるとわかりますが、普段反り腰を自覚されている方にとっては背骨の構造が弱まっておりますので後方に常に荷重が加わり続けることは辛く思えてしまいます。したがいまして、背中を強く不自然に丸めて代償するようになりますから、不自然な腰の彎曲が逆に腰を痛め易くすることもあります。

荷物を運ぶためのものだから、腰に負担が掛かる。力学的なストレスの少ないものはあっても負担を避けることはできず。

やはり、これを持つ上では、負担の少ないものはありますが、どのように持ったとしても結果的には腰に加わる負担を避けることはできません。登山用のように胴体固定するための固定帯の付いたものなど力学的な重量物の運搬に適したものはありますが、荷物を持つと腰を悪化させてしまうことは念頭に入れていただく必要があるかと思います。

腰痛対策の道具の考え方

腰痛に効くもの

腰痛患者の道具の考え方

役に立つグッズの考え方

腰痛対策の道具、使うは一時の恥

腰痛対策の道具は買うべき?

役立つアイテム

腰をサポートするアイテムを紹介してください。

力仕事補助アイテム

引越しで腰を痛めないための道具

重たい家具を持上げるには?

リフトを導入するのは?

重たいものを持上げる道具には何がある?

荷物運びで腰痛を防止するなら運搬ワゴンを使う

健康器具

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

腰痛持ちにフラフープは?

腰痛の電気治療の効果は?

ぎっくり腰のときにマッサージ機はいいの?

坐骨神経痛に中山式指圧器はどうか?

ヘルニア患者に人気の牽引療法器具

青竹ふみで腰痛が治る仕組み

コスモトロンは慢性的なお尻の痛みにどう?

坐骨神経痛にパワーポジションボール

中殿筋の疲労を手軽にそして優しく癒すための金魚運動マシン

坐骨神経痛にはヘルストロン

坐骨神経痛の方にはVアップシェイパー

腰痛に低周波治療器のオムロンは?

ぎっくり腰に赤外線治療器は?

家庭用の治療器具による腰痛治療効果

カバン・バッグ

結論:余程の重量、長時間でなければカバンの影響は少ない

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ショルダーバッグをすると腰が痛くなる

反り腰のカバンは?

リュックとバッグ、ぎっくり腰になりやすいのは?

ウェストポーチ療法

リュックとショルダーはどっち?

キャリーバッグの腰の負担は?

クツ

結論:努力をしたくない人に最もおすすめする腰痛対策が靴である。

腰痛に悩むなら靴で予防しよう

腰痛持ちにヒールは?

坐骨神経痛は革靴を止めてスポーツシューズを履く

磨り減った靴は腰を痛める

予防のための靴選び

ハイヒールとの関係

クツ選び

クツとの関係は?

腰痛防止のクツ選びの考え方

ダイエットしたいけど靴のサイズが合わない

足元対策

インソールによる予防

転倒対策には足袋を履こう

スベリ止めマットと腰痛

立ち仕事の腰痛を緩和するなら踏み台

踏み台に足を乗せると腰痛を防げる

ぎっくり腰に松葉杖は?

ぎっくり腰における松葉杖の必要性

一本松葉杖は?

杖を用いるのは?

ぎっくり腰と杖

高齢者の防止のアイテムは杖

松葉杖の使い方、片方の腰の痛み

腰痛と股関節が痛いとき、松葉杖で歩くのはいいか?

杖の弊害について

腰痛に松葉杖は?

軽いぎっくり腰の対処では杖を使う

衣類・身につけるもの

ぎっくり腰では柔らかい服を着る

マスクを使うと腰痛が治る

リストバンドは腰痛予防にどう?

防止のために役に立つ衣類は?

坐骨神経痛に良い下着は?

メガネと腰痛

サポーターの有効性

腰痛を和らげる股引

耳栓を使った腰痛の簡単な対策法

腹巻で温めるとぎっくり腰を防げる

ぎっくり腰防止のための手軽で効果の高いアイテム

ぎっくり腰防止のおすすめグッズは?

ぎっくり腰防止のためにお勧めする衣類

ぎっくり腰防止のための便利アイテムとその活用法

その他道具

テントを張ると腰痛が治る

最大の省力化アイテムは水

腰痛対策は柄の長い道具

痛みを軽くするための伸縮テープ

腰痛と住環境

擦らずに落とせる洗剤

お尻の痛い方に助かる食器洗いアイテム

腰痛患者の自転車選び

腰痛持ちのドア選び

ぎっくり腰を何度も繰り返す患者に絶対必要な道具

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

※ご意見やご要望は下記のコメントボックス
から直接送信できます

アクセス解析でメッセージを送信される方がいますが、ログインの手間が無駄です。1か月に1回しか見ていません。

山ほどのデータを見ることは不可能です。
アークス整体院プライベートブログ


プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

腰痛対策の道具の考え方

腰痛に効くもの

腰痛患者の道具の考え方

役に立つグッズの考え方

腰痛対策の道具、使うは一時の恥

腰痛対策の道具は買うべき?

役立つアイテム

腰をサポートするアイテムを紹介してください。

力仕事補助アイテム

引越しで腰を痛めないための道具

重たい家具を持上げるには?

リフトを導入するのは?

重たいものを持上げる道具には何がある?

荷物運びで腰痛を防止するなら運搬ワゴンを使う

健康器具

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

腰痛持ちにフラフープは?

腰痛の電気治療の効果は?

ぎっくり腰のときにマッサージ機はいいの?

坐骨神経痛に中山式指圧器はどうか?

ヘルニア患者に人気の牽引療法器具

青竹ふみで腰痛が治る仕組み

コスモトロンは慢性的なお尻の痛みにどう?

坐骨神経痛にパワーポジションボール

中殿筋の疲労を手軽にそして優しく癒すための金魚運動マシン

坐骨神経痛にはヘルストロン

坐骨神経痛の方にはVアップシェイパー

腰痛に低周波治療器のオムロンは?

ぎっくり腰に赤外線治療器は?

家庭用の治療器具による腰痛治療効果

カバン・バッグ

結論:余程の重量、長時間でなければカバンの影響は少ない

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ショルダーバッグをすると腰が痛くなる

反り腰のカバンは?

リュックとバッグ、ぎっくり腰になりやすいのは?

ウェストポーチ療法

リュックとショルダーはどっち?

キャリーバッグの腰の負担は?

クツ

結論:努力をしたくない人に最もおすすめする腰痛対策が靴である。

腰痛に悩むなら靴で予防しよう

腰痛持ちにヒールは?

坐骨神経痛は革靴を止めてスポーツシューズを履く

磨り減った靴は腰を痛める

予防のための靴選び

ハイヒールとの関係

クツ選び

クツとの関係は?

腰痛防止のクツ選びの考え方

ダイエットしたいけど靴のサイズが合わない

足元対策

インソールによる予防

転倒対策には足袋を履こう

スベリ止めマットと腰痛

立ち仕事の腰痛を緩和するなら踏み台

踏み台に足を乗せると腰痛を防げる

ぎっくり腰に松葉杖は?

ぎっくり腰における松葉杖の必要性

一本松葉杖は?

杖を用いるのは?

ぎっくり腰と杖

高齢者の防止のアイテムは杖

松葉杖の使い方、片方の腰の痛み

腰痛と股関節が痛いとき、松葉杖で歩くのはいいか?

杖の弊害について

腰痛に松葉杖は?

軽いぎっくり腰の対処では杖を使う

衣類・身につけるもの

ぎっくり腰では柔らかい服を着る

マスクを使うと腰痛が治る

リストバンドは腰痛予防にどう?

防止のために役に立つ衣類は?

坐骨神経痛に良い下着は?

メガネと腰痛

サポーターの有効性

腰痛を和らげる股引

耳栓を使った腰痛の簡単な対策法

腹巻で温めるとぎっくり腰を防げる

ぎっくり腰防止のための手軽で効果の高いアイテム

ぎっくり腰防止のおすすめグッズは?

ぎっくり腰防止のためにお勧めする衣類

ぎっくり腰防止のための便利アイテムとその活用法

その他道具

テントを張ると腰痛が治る

最大の省力化アイテムは水

腰痛対策は柄の長い道具

痛みを軽くするための伸縮テープ

腰痛と住環境

擦らずに落とせる洗剤

お尻の痛い方に助かる食器洗いアイテム

腰痛患者の自転車選び

腰痛持ちのドア選び

ぎっくり腰を何度も繰り返す患者に絶対必要な道具

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書