荘A[NX̉@

ぎっくり腰や後遺障害の危険性のある仕事は?

危険な仕事

結論:できるだけ早くに辞める

※スポンサーCM

就業上の悩みによって躊躇してしまう

ぎっくり腰を何度も繰り返している方では、腰に不安があります。実際の業務経験をしてみないと、本当に自分の腰が業務に耐えられるのか?
悩む女性
悩んでしまうことです。とくに未経験の業界の仕事では、そういった悩みが付きません。実際に体験しないと判断できないことがあまりにも多くあります。

とくに、腰痛をお持ちの方だと、ぎっくり腰によって後遺障害になってしまわないか?この部分を強く不安に思うことでしょう。

後遺障害とは?

後遺症人

後遺障害とは、一定の休養や治療をしても、完全に元に戻らなくなる障害のことです。

例えば、勤務中に腰骨を骨折したとします。多くの骨折は治療によっていずれ治癒します。しかし、治癒が不能な腕の欠損、足の欠損、下半身の欠損などの障害を負うこともあります。腰痛では腰骨の神経が麻痺して、事故後、車イス生活を生涯強いられるものは後遺障害です。

例えば、後遺障害の中でも、顔に傷がついて容姿(見た目)を損ねてしまうものも後遺症の一つです。女性であれば、こういった見た目の後遺障害でも、結婚の機会を失う場合があります。

後遺障害があってもとくに生活上支障をきたさないものもあります。例えば、「親知らず」(奥歯のこと)が欠損したとします。もともと親知らずそのものは使わないものなので障害とは言えません。

障害の程度は、その人の仕事内容や、生活状況によって著しく変わってきます。

病気や怪我を仕事上の事故によって負った場合、会社と労働者の間で裁判が起こったり、争点になるのが後遺障害の有無です。

数日間の休養で治ってしまう範囲のものならば、通常は裁判沙汰には発展しません。婦女暴行などの著しい心理的なダメージや、回復不能な身体の怪我を負ったときには後遺症として病院で診断を受ける場合があります。後遺障害は、自分が主張するだけでは認められません。専門医が診断を下したものだけにかぎられます。通常は少々の怪我ではまず認められないと考えてください。

パン屋でのアルバイトの事例

では近しい具体的な事例をヤフー知恵袋で見つけましたので最初に概略を抜粋します。

~概略~

◆情報掲載日:

2018年11月29日、

◆書き出し:

「アルバイトで、パンの製造の仕事に
興味があり、面接に行きました。」を参照、

◆質問者:

性別、年齢不明、

◆経緯:

  1. パンの製造のアルバイトの仕事を応募する。
  2. 面接時に、仕事内容がキツイことを説明を受ける。
  3. 採用が決定する。
  4. 勤務前の打合せに行く。
  5. パンを成型し、切断する機械であるモルダーについて説明を受ける。
  6. その職場で、モルダーによって手を挟まれて後遺障害を負った事例が何例もあることを知る。
    モルダー
    (参考:モルダーの図、出典:楽天市場より、図の商品は事故とは関係がありません。)
  7. 怖くなって退職を考えている。

◆留意事項:

~概略ここまで~

辞めるのは仕方がない

今回のような後遺障害の危険性がある仕事では、退職するのは仕方がないと思います。怪我や病気は、負ってしまえば、必ず本人が泣き寝入りすることになります。怪我に見合った補償金を受け取るには相当な手間や時間が掛かると思ってください。また、保険などの制度上、怪我を負った人が納得する金額には及びません。

もし、仮に怪我の補償金額が、負傷者が満足するものであるなら、「当り屋」のように事故を装う詐欺が横行します。だから、結果的に事故に見舞われれば、負傷者は煩雑な裁判の手間を要し、苦労の末に微々たる補償金を手にする結果になります。

泣き寝入りすることになるので、絶対に怪我だけは負わないようにしましょう。怪我の危険性の高い仕事は、拒否していただいても構いません。会社から結果的にクビにされたり、不遇を負わされることがあるかもしれませんが、会社は事故を防止する義務があります。何例も負傷者がいるのでしたら、事故原因の検証がされていないのです。

検証が行われず、原因が分かっていないのですから、再発防止策がありません。だから、再発するわけです。

今回の事例では、過去の災害ではモルダーに腕を巻き込まれたわけですが、作業中にどういった経緯で機械に腕を巻き込まれるのか?経緯が分かりませんよね。

例えば以下のようなことが考えられるのではないでしょうか?

事故の大部分は本人がなろうと思ってなるわけではありません。原因が分かっていてもなってしまうものではないでしょうか?特に業務未経験者ならミスは起こりえます。きちんとした事故の究明や、再発防止策、負傷後の補償の話など納得行く説明は欲しいです。

納得の行く説明がされないのでしたら、その業務は拒否しても問題はないのだと思います。拒否したことを理由に不遇を負わされることはないはずです。また、事故の事例や危険性について説明をしないのも不親切ですよね。そういった職場と長く付き合って行けるのだろうか?疑問を感じる部分もあります。

労働災害は結果的には完全に0にすることはできません。人間のやることには必ずミスは伴います。でも、労災事故が起こったときに、結果的にすべての危険性を承知した上で起こったものであって欲しいですよね。

事故にあった当事者が、

「こんなはずではなかった・・・」、
後悔する人
と、後々振り返ったときに悔やみきれない結果にだけはなりたくありません。

会社の方々にとって、不都合なことは言いたくないのは仕方がありません。しかし、隠したところで、組織内部の事故ですから、いずれ発覚します。こういった事故を隠すのはやはり誠意がないと思います。その会社はきっと不都合なことを今後も隠し続けるのでしょう。隠ぺい体質のある会社なのだと理解するしかありません。

提案

もしも、皆さんが勤務中に無理のある業務命令を上司から受けたとします。こういったときには

「無理です。できません」

と頭ごなしに拒否すると、上司からの心証が悪いです。無理なく出来る代わりの方法を上司に提案してみてはどうでしょうか?

例えば、天井の電球交換を頼まれたとします。職場にはハシゴなどの機材がありません。上司は

「二人で肩車してやってくれ」

と指示したとします。しかし、重たい人を担げば腰を痛める可能性があります。そういったときには、

「課長、ハシゴを使わないと危険です。」

と指示を変更してもらいましょう。こうしていただくと、心証も害さずにすみます。どうしても適切な方法が思いつかなければ、実際に上司にやってみてもらってもよいでしょう。

「やり方が分からないので
見せてください」

と言ってみましょう。上司も実際に自分でやってみると、危険性が分かります。

伝える義務

どこまでの事故なら、会社は従業員に対して伝えずに済むのか?

例えば、パンの加工中に材料をダメにしてしまったとします。会社から小麦粉を弁償するように請求を受けたとします。こういったせいぜい、数百円の給与天引きで済むものなら事前に伝えなくてもよいのかもしれません。もちろん研修中にミスはつきものです。いきなりペナルティーが発生するのは腑に落ちません。でも、事故が起こっても

「金で済む話」

までにしてもらいたいです。治療や休業を要するほどの怪我のリスクは事前に説明があるべきです。そして、取り返しがつかない後遺障害の事例があるなら、それは必ず隠さずに伝えて欲しいです

伝えるものにも優先順位があります。会社にとっては美味しいパンの作り方を伝える方が大事なのだと思います。作業中のミスのペナルティーには詳しくふれます。でもそこはあえて後回しでも良いと思います。まず職場で事故や怪我がないことが一番大切でしょう。

※スポンサーCM

後遺障害の認定を受けていない人が多い

ぎっくり腰やヘルニアなどでは、職場の業務中に事故を負ったのだけど、負傷者が「労災保険」があることをそもそも知らないケースが多くあります。大部分の方は知らなくて、自腹で医療費を払って、休業補償も受けられず休職しています。

また、退職後も腰が痛いのに、後遺障害の認定を受けられないぎっくり腰患者も多くいます。それは、職場が労災だと認めてくれない事例もありますし、医者が病気の原因が不明だと診断することもあります。結果的に負傷者が泣き寝入りをしています。

なので、腰のことが心配でしたら、怪我をする前に辞めてしまっても仕方がないでしょう。

実際に僕の友達も、フォークリフトを運転中に車両から転落して怪我をしました。ところが、職場は労災の申請をしても取り合ってくれません。労働者の立場は弱いです。裁判を辞さない覚悟で職場と地道に話し合いを続けることでようやっとわずかな補償金を得ます。相当な心労を重ねる結果となります。
頭を抱える人
危険が分かっているなら、早い段階で辞めることは推奨します。もちろん、周囲からヒンシュクを買うことでしょう。
怒鳴りつける上司
相当傷つくことは言われます。働いた給与を反故にされることもあるかもしれません。心が傷ついて、数日間は夜も眠れなくなります。

しかし、そういったことを考慮に入れても、後遺障害や死亡事故などが起こるよりはマシです。

「職場の理解が得られないのだから仕方がない」

退職後にきっと何度も自分に説き伏せて、傷ついた心をなだめることになるはずです。

出来るだけ早くに退職する

また、退職を検討する上では今回の事例のように、出来るだけ就業から間もない段階で申し出た方が、会社の心証を害しません。働き始めて2~3日で辞めてしまう人は、退職者の9割だと思います。正確な統計は知りませんけど、全体の90%の退職者は採用から1か月未満に集中しているはずです。早い段階で辞めると、

「あぁ~またか・・・」
頭を抱える男性
「最近の若い奴は根性がないな・・・」

と、これぐらいの印象で済みます。渋い顔をしますけど、さほど責められることもないでしょう。ところが仕事を覚えて大事な戦力になってから急に抜けられると、大目玉を食います。

「ふざけるんじゃない!」

「仕事をなめてるのか!」

「お前なんて人間のクズだ!」

とここまで言われます。

実は僕も昔にアルバイトを退職したときにここまで怒鳴られたことがあります
飲食店でしたけど、パワハラに近い指導を受けていました。僕は厨房で料理を作っていました。いつもパワハラ的な暴言を受けて、それでも我慢して続けてきましたよ。厨房は僕と、もう一人の主任の二人で回していました。

水道の水を止め忘れたときに、主任は僕の腹にボディーブローをしました。彼は空手の有段者です。それはコツンと小突くような感じでしたけど、十分へこみましたよ。
「何をするんですか!」
僕は主任にいいました。すると、
「おい、文句があるか!」
「そこまでしなくてもいいでしょう・・・」
「文句があるなら、かかって来いよ!お前は女か!
「・・・・」
「お前は女の●●●が付いているんだろ!」
「分かりました。もう辞めます!」
「何言ってんだよ!言っとくが辞めさせねーから!
夏は厨房4人入っても仕事が回んねーんだよ
自分勝手に辞めさせるわけねーだろ!」

この人と二人でもキツイのに、厨房4人態勢になったらさぞかし地獄なのだろう・・・・
「辞めます!絶対やめます!」
「てめえふざけんじゃね!給料反故だからな」
「それでも結構ですから辞めます。」

その日限りで、
辞めましたよ


考えてみると、働くって他人から否定されることの連続だと思います。僕は法律について知らなかったですけど、人格を否定するような暴言や暴力など事情があって即日に退職するなら、給料は反故にできません。退職日2週間前に申し出れば、退職のやむを得ない事情がないケースでも反故にはできません。仮に身勝手な理由でも2週間前に申し出れば給料は払ってもらえます。

ところが、裁判沙汰になることもあります。裁判を辞さない覚悟でないと説得できないこともあります。

後になるほどひどい目にあいます。

下手をすると働いた数日分の給与を反故にされます。後になるほど反故にされる金額も膨らみます。後で悔やむことになります。仕事のお給料は支払われるまでは、会社が握っています。無理やり支払わせることはできません。どうしても支払わせたいなら裁判になります。金の貸し借りもそうですけど、相手にお金を素直に支払わせるのは大変な手間が掛かります。どうせ長く続かないなら早くに辞めるべきです

※スポンサーCM

恨み

会社を退職するときには理不尽な暴言を受けるケースがいくらもあります。とくにぎっくり腰や後遺障害を負うほどの怪我をすると、八つ裂きにしたいぐらいの恨みがあるはずです。

でも、どんなに怒れても絶対に手を上げたり、暴力だけはしないでください。暴言にも気を付けましょう。腑に落ちないことがあれば、いくらでも言い合ってください。暴言は言った本人も傷つきます。後で、

「なんであんなことを言ったのだろう」

と苦しみます。暴力も苦しみます。傷を負った人は何倍も傷つきます。暴力は一瞬にして多くのものを失います。あとで取り返しがつきませんので絶対に止めてください。もし、自分が怒りのあまり暴力をしそうなら、いますぐ辞めるべきです。仕事なんて放りだして居なくなっても構いません。とにかく他人に危害だけは与えないようにしましょう。

腰痛による退職・解雇

結論:数年は我慢するけど結果的に退職している

仕事でぎっくり腰になったときの退職の懸念事項とは

ぎっくり腰の退職が理解されない

ぎっくり腰や後遺障害の危険のある仕事は?

ぎっくり腰の退職の仕方

腰痛で仕事を辞める時の注意点

定年退職後、仕事内容によって起こった腰痛は労災になるか?

仕事をクビになった。腰が悪くて働けない

ぎっくり腰で1週間休むとクビになる?

立ち仕事で重い荷物を持つ、もし慢性腰痛になったらその仕事は続けるべきか?

勤務中になったが退職できるか?

ぎっくり腰で仕事を辞める

慢性腰痛で会社はクビになる?

会社をクビになった

ぎっくり腰は退職の理由になるか?

腰痛による休み・欠勤・復帰

結論:せめて3日は休もう

腰痛で6週間仕事を休むということは?

腰の怪我で仕事ができない職員を休ませられるのか?

ぎっくり腰のドクターストップは?

ぎっくり腰でも仕事に出るように言われ断れない

ぎっくり腰で仕事を休む人を世間はどう思うか?

ぎっくり腰で欠勤するのが不安、力仕事は止めた方がいいのか?

ぎっくり腰で出社するのは会社にとっては迷惑か?

腰痛で立ち仕事が我慢できない

腰痛によりずっと休んでいる、会社に電話しずらい

ぎっくり腰だけど休みづらい

正社員が腰痛で休んで大丈夫?

立ち仕事のぎっくり腰は休むべきか?

ヘルニアで休職、どのくらいの痛みで復帰すればよいのか?

嫁がぎっくり腰、何日休める?

ぎっくり腰で1週間休むのは妥当なのか?

坐骨神経痛の休職は?

腰痛で仕事を休みたい。ドクターストップは?

ぎっくり腰になって仕事をしてもいいんですか?

坐骨神経痛激痛から職場復帰はどれぐらい?

ぎっくり腰で休めないのは異常じゃないですか?

腰痛で長期休業しやすい職場の共通点

ぎっくり腰、二人体制で休めない

普通は、腰痛で仕事を休むものなの?

立ち仕事なら完治まで何日掛かる?

腰の痛み パートを休むときの理由は?伝え方

職場へ復帰するときには

ぎっくり腰で休んでまた腰痛で休むのはあり?

腰痛で2週間会社を休むのはどうか?

仕事を休む日数の目安

仕事をお休みする基準

椎間板ヘルニアで立ち仕事に出ていいか?

人が居ない職場は休ませてもらえるのか?

Qギックリ腰、3日で仕事行って良い?

どうしても仕事が休みたくてわざとなった

仕事関連

「仕事関連」をさらにジャンルに分けます。

介護

仕事での腰痛対策

職業別

腰痛による職業問題

腰痛での進退・休み

職業選択・転職

総合案内
クリックで展開

ぎっくり腰専門