荘A[NX̉@

ぎっくり腰はどこに相談すればいいの?

ぎっくり腰に陥ったときに最も困るのが相談相手であり、専門家は無償での相談には応じていないことが一般的。有料相談かそのサービスを利用することを前提で相談を受け付けるもの。無料相談を求めると必ずたどり着くのが腰痛持ちであり、今現在日本には2700万人(5人に1人)いると言われている。彼らは腰痛を何度も患っておりその苦しみを一番知っているため親身になって相談に乗ってくれるがそもそも医療知識は持ち合わせておらず自分の偏見や狭い経験の範囲でのアドバイスをすることがほとんど。本当に改善するアドバイスならば自分の腰痛が治るもの。治らない人のアドバイスは余計に腰痛を悪くして慢性腰痛に陥ってしまうはず。

※スポンサーCM

ぎっくり腰に陥ったときに最も困るのが相談相手

ぎっくり腰とはこれまでに体験したことの無い方でしたら陥ったときにとても慌ててしまうものです。例えば病院に行くべきなのか?それとも自宅で寝ているべきなのか?氷で冷やした方が良いのか?仕事はどうしたら良いのか?

痛みとは人の感情に動揺を与えますから日頃何気なく行っているような動作が全て障害されてしまうことで困り果ててしまうことがとても多いのです。

無料相談所は存在しない

このときに注意していただきたいことですが、どの機関も同じなのですがやはり他人に無償でアドバイスしてくれるような方はそうそうおりません。無償ではどのようなサービスも成り立ちませんしサービス提供者が労力やアドバイスを提供することで自腹を切るようなものは直ぐに滅びてしまう、もしくは仮に存続することができてもそれはとても低いサービスとなるはずです。一応区役所などに区民の日常の悩みの相談を受け付ける無料相談窓口のようなものはあるようですが例えば家庭内不和、反抗期のお子さんの相談、ペットが居なくなった相談などもっと広い枝葉のものを受け付けておりことぎっくり腰や医療に関しての専門知識のようなものは持ち合わせてはおりません。

その機関のサービスを利用することを前提に相談する

具体的には整体だったり病院だったりと医療知識を持っておりきちんとした説明を提供することができる機関をへと相談していただくことが大切です。もちろんこれらの機関はボランティア団体ではありませんから仮に相談していろいろとアドバイスを授けてもらったときにはその後その機関のサービスを利用することを前提に連絡をなさってください。そのため例えば自分がとても通院することができないような遠方にある場所に問い合わせをするようなことは相手のサービスを利用することにつながりませんから絶対にやめてください。それはとてもマナーの悪いことであると言えます。

また、例えば当院のように相談だけでしたら有料でも良いという方のために有料相談を受け付けているような治療院もあります。そういったところでしたら相談にお金を払うわけですから存分に自分の思ったことをぶつけることができるはずでしょう。

ありがちな間違いは 腰痛のベテランに相談すること

では皆様に最もありがちな間違いを上げさせていただきますとぎっくり腰に陥ってしまったときに医療の専門知識を持った先生に質問されるのではなくて身近で慢性腰痛をお持ちになられているようなベテランの腰痛患者、何度も何度もぎっくり腰を繰り返しているような患者に相談してしまうことが上げられます。

苦しみを一番知っているため、親身になって無料で相談に乗ってくれる

今現在腰痛をお持ちになられている患者数は2700万人いると言われており、私達の身近でもそれこそ何十年という腰痛をお持ちになっている慢性腰痛患者はとても多くおります。この方々は日頃から何度も何度も腰痛を繰り返しておりますので皆様が身近で相談相手を求めたときにおそらくは一番でたどり着くはずです。

また、この方々は腰痛の苦しみを最も知っているため、「この苦しみを少しでも何とかしてあげたい」という親切心から親身になって相談に乗ってくれてそれこそ身の回りの些細なことから治療院、夜間受け付けてくれているところ、出張で来てくれるところなど相談窓口としてかなりの情報を持っております。

なので今現在ぎっくり腰を患った方や腰痛をお持ちになられている方は大抵どうして良いのか困り果てたときに身近な腰痛持ちに相談するということに落ち着いてしまっているのです。

その証拠に例えばインターネットの掲示板の2チャンネルなどでは腰痛の掲示板があってそこでいろんな悩みを打ち明けていたりします。

※スポンサーCM

腰痛の痛みや苦しみは良く知っているが、医療知識は無い。

ところがこういった親身になって相談してくれる方々の存在は実際にはありがたいように思えてしまうものですが実際は真逆です。この方々には医療知識とは皆無です。こういった2700万人もいる腰痛患者は皆総じて医療知識の勉強をしたこともありません。持っている知識は理論体系化されていない、自分が腰痛を患ったときにこうしたら痛みが和らいだなどというあくまでも限られた腰痛の経験に基づくものでしかないのです。

間違った知識によって自分も腰痛持ちにされてしまう

そして、腰痛持ちはとても多くの人口になるが故にこの方々に相談しますと、間違った知識をどんどんと授かります。例えば腰痛になったらひたすら寝て治したという意見もありますが、寝ているのは痛みが治まるだけでキチンとしたリハビリをしないと何度もぎっくり腰を繰り返してしまいます。ところが腰痛患者はそういったことは知りません。したがって腰痛患者の意見に真剣に耳を傾けていると待っているのは自分自身も腰痛持ちにされてしまう結果でしかないのです。

正しいアドバイスが出来るならば腰痛にはならないはず。

腰痛持ちの方を見下そうと思っているわけではありません。しかし、腰痛のアドバイスをするためには自分自身が腰痛を完治している。今現在腰痛など患っていないという行動の結果が伴っている方でなければ全く無意味であると考えます。自分の腰痛が治せていない方が他人にアドバイスしたとしてその方のぎっくり腰が治るはずなどありませんよね。もし仮に本当に正しいアドバイスが出来るのであれば腰痛など陥らないはずなのです。日本人口の5分の1が腰痛持ちであるとしたら、正しいアドバイスができる方はその5分の1に絶対に当てはまらないはずであると言えます。

つまり知識を一杯詰め込んで他人にあれこれとアドバイスできる方はキチンと勉強をしている方であって、自らが腰痛に苦しんだ経験である必要はないのです。

歪んだ偏見に基づくものが多い

また、腰痛持ちの方のアドバイスとは実に歪んだ偏見に基づくものが多いです。

例えば以下のようなものがあげられます。

  1. 『若い先生はやめておけ!』→資格や経験年数よりも年齢を重視する。自分よりも一回り以上年上でなければ優れた人はいないと思い込んでいる。逆に経験が浅くても髭面のフケ顔だと信用してしまう。これは大きいですね。見た目の若さだけで判断してしまうケースがとても多いです。
  2. 『太った先生はやめろ!』→アメリカなどでは体型で差別を受けてしまうことはたびたびあります。能力の優れた人は総じて自己管理ができております。したがって人間性や勤務態度など勤勉性を見る目安として体型を見ることはあながち間違いではありません。しかし、人間性を求めて治療を受ければ治るものでもありません。治療とは一生懸命だから治るなどと言うものではなく指先の微細な感覚だったり緻密な体の操作など繊細な能力が必要です。皆様が求めているのは過程ではなく結果であるはず。治療能力と先生の体型には残念ながら何のつながりもありません。皆様だって同じではありませんか?家族を養うという重い責任や会社の責任などなりふり構わずに働いていればお酒を飲んだりとストレスの適度な発散は必要でしょう。中年になった頃には太っているのは普通のことです。むしろ中年の年齢にも関わらず痩せこけている方が珍しいです。毎日道をマラソンしていたり体を一日に1時間以上鍛えていられるのはある種人付き合いから孤立した人もしくはプロスポーツ選手のように限られた人なのではないでしょうか?適度な交友関係を持ち、お付き合いをしている方でしたら少々太っているのはむしろ当然のことなのです。
  3. 『駅から離れた場所はやめろ!』→とかく人は『寄らば大樹・親方日の丸』という考えを抱きがちなものです。自分で考えることを最初から放棄して周囲の考えに寄り添ったり、周囲の意見に流されて物事を決定する傾向があります。本来ならば自分で物事を全て判断することが必要です。そのために必要な知識があれば事前に有る程度調べたりするものです。ところがそういった考えることはかなりの労力を使ってしまうものです。

    こういった困ったときには人はやはり大きな物に揺れ動かされてしまいます。例えば皆様は自宅の身近に有る祭壇や寺社仏閣のことをほとんど知りませんが奈良や京都、鎌倉の大仏や神殿の名前を聞けば『そこ知っているよ!』と答えるはずでしょう。このように安易に大きいものに流されてしまうのが人の心の弱い部分でもあるのです。駅前の一等地で店を構えていればきっと家賃も高いのだからすごい治療技術があるのだろう!と思えてしまいます。しかし、逆ですよね。人通りの多いところでないとお店の経営が成り立たないことを物語っているのではないでしょうか?

    本当に優れた治療院ならば人が全く通らないようなへんぴな場所であっても患者が訪れます。ことぎっくり腰の治療に関しては駅の近くにあることには何の意味もないのでは?だって腰が痛くて全く身動きが取れないような重症の患者を手がけていればそもそも駅前に治療院を構えていたって来院することなんてできませんよね。重症患者を専門に手がけている治療院にとってお店という箱の存在は無意味でしかありません。

※スポンサーCM

排他的な思考に帰結する。

腰痛患者がおっしゃられるアドバイスはそもそもが論理的な思考に掛けており、欠如した偏った考えに陥っているためアドバイスそのものが『あれは止めろ!』、『こっちは良くない!』などという選択肢を次々と排除するような排他的な思考に帰結することがほとんどです。

例えば痛み止めのお薬を飲むことが良くないという意見があるとしたら『なぜなのか?』どうしてそういったものを用いることが良くないのか?そういった部分にまで言及していることはなく、短絡的にその場の腰のコンディションの変動の結果に惑わされているケースが多いです。

また、彼らのアドバイスは総じて自分が患った種類の腰痛に基づくものです。例えばぎっくり腰の中には腰椎椎間板ヘルニアのケースもあれば深層筋である腸腰筋という筋肉が硬結を起こしているケースもあります。多裂筋というものが障害を起こしていることもありますし、全体的な血流の滞りが原因することもあります。高齢者に見られるような骨格の変形などから由来するものだってあるわけです。

こういった様々な腰痛によって生じる症状は若干異なります。ところがそういった自分の症状が全ての腰痛に当てはまるだろうと『ああすれば良い』、『俺はこうしたら良くなった』などという意見で決め付けてしまいますと全く見当ハズレなアドバイスをして逆に腰痛を悪化させてしまったり間違った対処によって慢性腰痛に陥ってしまう結果につながるのです。

何度も繰り返すということは防止する能力が無く、結果が伴っていないため無力である。

腰痛患者の方はこれまでに何度も腰痛を経験しておりますし、自分が困ったときにこうしたという経験がありますから逆にそういった部分を自負しており、いざと言うときに直ぐにでしゃばってくる傾向があります。

自分自身が困った経験を持っており、治療院などに足繁く通い詰めた経験もあるためそういった意味では自分の経験を過信している部分がとても大きいです。

しかし、これは会社などでいうところの残業のようなものだと思っていただきたいのです。残業を一生懸命に頑張る方に限って『俺はこんなにも仕事を頑張っている。』、『この会社の発展のためだ!』などと会社に貢献しているという思いがとても強いです。ところが当の会社経営者サイドからその方を見たときには真逆に映ります。『この給料ドロボー』、『所定時間までに仕事を終わらせてくれよ!』、『ダラダラ働くな!』、『手が空いている人に仕事を回せよ!』、『残業代が高いんだよ!』会社経営者サイドでしたらこのように思うはずです。

つまり親切心で他人にアドバイスをされるのですが、何度も腰痛を繰り返しているということは結果が伴っておらず、その方のアドバイスは間違った経験に基づくものでありアドバイスとしては無力であると言えるのではないでしょうか?

無料で相談に乗ってもらうと親切心から断りづらくなる。

また私が思うには困ったときに相談するのにお金が掛かるは当然のことだと思うのです。無料で相手が手間を患ってしまうのは相手の負担になります。

私でしたらお金を払って有料で相談に乗ってもらうのでしたら自分がお客になるわけですから分かり難い説明だったり、不満足であれば相手に対して「もっとこうしろ!」、「そこよく分からんよ」、「俺は素人なんだから一から分かり易く教えろ!」などとガンガン相手に一切の遠慮をせず要望を上げて、いざ説明が気に入らなかったらそのサービスを利用しません。そういった普通に考えたら常識に欠けていると思えるような言動があったとしてもお金をお支払いになっているのでしたらまかり通ります。むしろお金を払っているのですから後腐れが無くて良いのではないかと思います。お金を払うことに抵抗を抱くのは誰もが当然のことですが少々の負担を恐れていたら本当に良いサービスも利用できません。

ところが皆様の周囲に大勢居る腰痛持ちの方に無料で相談に乗ってもらったらどうなってしまうのでしょうか?皆様は相手に対して言葉でお礼を言うぐらいのことしかできません。言葉のお礼などお礼のうちには入りませんよね。だって相手は貴方のために手間を患うのです。人生という限られた時間から貴重な時間を貴方のために割いているのです。言葉だけのお礼など無礼に当たります。

それに相手は親切心から無料で相談に乗ってくれているわけです。『ここの治療院がいいぞ!いつでも急患を受け付けているから』、『ここの治療院は保険が使えて安いぞ!』などとアドバイスをしてくれますが、そういったアドバイスを受けてしまうと後々断り辛くなってしまうのではないでしょうか?自分の意に反する内容だったとしても相手は無料で尽くしてくれているわけですからそれを断ってしまえばきっと『俺はこんなにも親切にしているのに!』と相手が腹を立ててしまうことでしょう。後々相手との関係も悪くなってしまうはず。だからこそ昔から『タダより高いものはない』と言われているのです。

したがって皆様はどこに相談すれば良いのだろう?という疑問を抱かれたときには結果的にお金を払うことを前提でその分野の専門家でありサービス提供者に対して質問をされることが良いのではないでしょうか。もちろんその方が国家資格を有しているか?どのような経歴を持っているのか? そういったこともあわせてお聞きすることが良いでしょう。

まとめ

では今回のまとめです。

  1. 専門家は無料では相談には乗らない。そのサービスを利用することを前提で相談に応じてくれる、もしくは有料相談なら応じてくれる。
  2. 身近で親身になって無料で相談にのってくれる人に『腰痛持ち』がおり、出しゃばってくるが、医療知識を持ち合わせていない
  3. 腰痛持ちのアドバイスを聞くと自分も腰痛持ちになる。
  4. 本当に良くなるアドバイスならば自分の腰痛も治るはず。
  5. 腰痛持ちのアドバイスは偏見に基づくもの
  6. 無料で相談に乗ってもらうと後々断りづらくなる。専門家に相談するべき。

ぎっくり腰の前兆

結論:前兆は単純ではない。

ぎっくり腰の寸前

ぎっくり腰、ピリッと痛みがある。なぜ?

ぎっくり腰の前兆

こむら返りはギックリ腰の前ぶれ

ぎっくり腰の前触れ・腰が布団から浮いている

坐骨神経痛の前兆でお尻が痛くなる。改善は?

なりやすい人

前触れの改善方法

何の前触れもなくなってしまう

靴下の履き易さとの関係

自営業者です。ぎっくり腰の前触れって何?

関節負担によるぎっくり腰の予兆

ぎっくり腰に陥り易い予兆とその対策法

腰痛初期の経過観察

結論:5時間様子をみたら治療を受ける

いつまで様子を見るの?

ぎっくり腰では痛みの経過を観察しよう

経過観察の重要性について

ぎっくり腰の予後

ぎっくり腰は様子を見ていると長引く

ぎっくり腰の経過

筋攣縮による腰痛の治癒経過

緊急判断

結論:痛みの強さに関係なく、医療機関では軽症扱いとなる

ぎっくり腰の対処がいろいろあって分からないときはどうするべきか?

登山で同行者がぎっくり腰になった

ぎっくり腰は「軽症」なのか?

ぎっくり腰を緩和するための「刺激閾値」

ぎっくり腰では腰の強い刺激に気をつける

ぎっくり腰は知らずに救急車を呼ぶと長期入院確定

ぎっくり腰で絶食するのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

ぎっくり腰の診断は?

運転中にぎっくり腰になったら?

救急患者の判断基準

ぎっくり腰の症状チェック

ぎっくり腰のステージ

緊急なのは?

第一印象で判断するべき患者

外因性発痛と内因性発痛の判別

軽いぎっくり腰、どうしたら良いの?

日常生活に支障の無い軽い腰痛はどうしたら良いの?

直ぐに相談していただきたいもの

痛くて通院できない

深夜にぎっくり腰に陥ってしまったら?

急性期症状

結論:痛みが悪化するものは専門家に依頼する

力を抜いた瞬間に痛くなるぎっくり腰

治療効果が上がりやすい腰痛

腰をバットで殴られたような痛み

ぎっくり腰で気が遠くなる

ぎっくり腰が酷くなったなら安静を見直せ

ぎっくり腰で腰が曲がる

痛すぎて病院に行けない

急性期経過

結論:寝て過ごせば2週間続く、ぎっくり腰専門の受診で翌日には働けることも多い

ぎっくり腰の時間

靭帯損傷によるぎっくり腰の治癒経過

腰痛の自然治癒の日数の目安

治癒期間は?

ぎっくり腰の急性期の期間は2週

治療院に通院するならいつが良い?

治療のタイミング

痛みを放置するとどうなるのか?

ぎっくり腰回復期

腰痛後に起こる組織の脆弱期間

腰痛対処

結論:まず冷静になる。

体に何らかの不調が見られたときの対応

ぎっくり腰の痛みを和らげる方法

32歳男性、手術まで腰痛が続いてます。どうしたら?

ぎっくり腰になったら?

お風呂の入浴はいつまで控えるの?

中腰の腰の痛みはどうやったら治るのか?

腰痛では120度の背もたれのイスを使う

ピリッとした痛みを感じたら?

ぎっくり腰のピリッとした痛みを感じたら?

ぎっくり腰を早く治す

ぎっくり腰ではなぜ立てないのか?

回復までの過ごし方は?

陥ったときの対応について

外出先で陥ったときの対処

陥ったときのスタッフ到着までの待機方法

腰が痛くなったら何をするべき?

ぎっくり腰はどこに相談したら良いの?

腰痛の相談相手

すみやかな社会復帰の方法

仰向けで足をまげると楽になるのは最初だけ

ぎっくり腰のときの自転車は?

急性の対処法

有効なXサポートテーピング法

病院や整形外科と整体の治療法の違い

腰痛の痛みを緩和させる簡単な方法

一人暮らしのぎっくり腰

腰痛対策は痛みを止めようとするよりも力を抜くこと

問診

結論:話すことをメモにまとめる

問診項目「胸痛」につい

問診項目「時間や活動性に関係ない腰痛」

重篤な脊椎疾患判別の年齢について

ぎっくり腰の問診「いつ」について

患者の訴えには間違いが多い

子供の問診で気をつけること

腰痛は相手の話し声だけで原因が判別できる

ぎっくり腰治療のときの伝えるべきこと

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

※最新ページ

ぎっくり腰の対処がいろいろあって分からないときはどうするべきか?

ぎっくり腰のドタキャンについて

ぎっくり腰や後遺障害の危険のある仕事は?

登山で同行者がぎっくり腰になった

ぎっくり腰を繰り返す乳癌の母は、骨転移ではないか?

バレーのスパイクで腰が痛いのはぎっくり腰か?

きっかけがなくジワジワ痛くなったのはぎっくり腰か?

ぎっくり腰の続発症について

ぎっくり腰にはじめてなった人の陥る傾向

神経痛による痛み方の特徴

ぎっくり腰で病院に行くと何をしてもらえますか?

ぎっくり腰になっても労災にならない会社はどう?

ぎっくり腰の退職の仕方

アークス整体院プライベートブログ

プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

ぎっくり腰の前兆

結論:前兆は単純ではない。

ぎっくり腰の寸前

ぎっくり腰、ピリッと痛みがある。なぜ?

ぎっくり腰の前兆

こむら返りはギックリ腰の前ぶれ

ぎっくり腰の前触れ・腰が布団から浮いている

坐骨神経痛の前兆でお尻が痛くなる。改善は?

なりやすい人

前触れの改善方法

何の前触れもなくなってしまう

靴下の履き易さとの関係

自営業者です。ぎっくり腰の前触れって何?

関節負担によるぎっくり腰の予兆

ぎっくり腰に陥り易い予兆とその対策法

腰痛初期の経過観察

結論:5時間様子をみたら治療を受ける

いつまで様子を見るの?

ぎっくり腰では痛みの経過を観察しよう

経過観察の重要性について

ぎっくり腰の予後

ぎっくり腰は様子を見ていると長引く

ぎっくり腰の経過

筋攣縮による腰痛の治癒経過

緊急判断

結論:痛みの強さに関係なく、医療機関では軽症扱いとなる

ぎっくり腰の対処がいろいろあって分からないときはどうするべきか?

登山で同行者がぎっくり腰になった

ぎっくり腰は「軽症」なのか?

ぎっくり腰を緩和するための「刺激閾値」

ぎっくり腰では腰の強い刺激に気をつける

ぎっくり腰は知らずに救急車を呼ぶと長期入院確定

ぎっくり腰で絶食するのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

ぎっくり腰の診断は?

運転中にぎっくり腰になったら?

救急患者の判断基準

ぎっくり腰の症状チェック

ぎっくり腰のステージ

緊急なのは?

第一印象で判断するべき患者

外因性発痛と内因性発痛の判別

軽いぎっくり腰、どうしたら良いの?

日常生活に支障の無い軽い腰痛はどうしたら良いの?

直ぐに相談していただきたいもの

痛くて通院できない

深夜にぎっくり腰に陥ってしまったら?

急性期症状

結論:痛みが悪化するものは専門家に依頼する

力を抜いた瞬間に痛くなるぎっくり腰

治療効果が上がりやすい腰痛

腰をバットで殴られたような痛み

ぎっくり腰で気が遠くなる

ぎっくり腰が酷くなったなら安静を見直せ

ぎっくり腰で腰が曲がる

痛すぎて病院に行けない

急性期経過

結論:寝て過ごせば2週間続く、ぎっくり腰専門の受診で翌日には働けることも多い

ぎっくり腰の時間

靭帯損傷によるぎっくり腰の治癒経過

腰痛の自然治癒の日数の目安

治癒期間は?

ぎっくり腰の急性期の期間は2週

治療院に通院するならいつが良い?

治療のタイミング

痛みを放置するとどうなるのか?

ぎっくり腰回復期

腰痛後に起こる組織の脆弱期間

腰痛対処

結論:まず冷静になる。

体に何らかの不調が見られたときの対応

ぎっくり腰の痛みを和らげる方法

32歳男性、手術まで腰痛が続いてます。どうしたら?

ぎっくり腰になったら?

お風呂の入浴はいつまで控えるの?

中腰の腰の痛みはどうやったら治るのか?

腰痛では120度の背もたれのイスを使う

ピリッとした痛みを感じたら?

ぎっくり腰のピリッとした痛みを感じたら?

ぎっくり腰を早く治す

ぎっくり腰ではなぜ立てないのか?

回復までの過ごし方は?

陥ったときの対応について

外出先で陥ったときの対処

陥ったときのスタッフ到着までの待機方法

腰が痛くなったら何をするべき?

ぎっくり腰はどこに相談したら良いの?

腰痛の相談相手

すみやかな社会復帰の方法

仰向けで足をまげると楽になるのは最初だけ

ぎっくり腰のときの自転車は?

急性の対処法

有効なXサポートテーピング法

病院や整形外科と整体の治療法の違い

腰痛の痛みを緩和させる簡単な方法

一人暮らしのぎっくり腰

腰痛対策は痛みを止めようとするよりも力を抜くこと

問診

結論:話すことをメモにまとめる

問診項目「胸痛」につい

問診項目「時間や活動性に関係ない腰痛」

重篤な脊椎疾患判別の年齢について

ぎっくり腰の問診「いつ」について

患者の訴えには間違いが多い

子供の問診で気をつけること

腰痛は相手の話し声だけで原因が判別できる

ぎっくり腰治療のときの伝えるべきこと

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書