ぎっくり腰専門ユークル整体院

軟骨組織とぎっくり腰の関係

結論:座り続けると背骨の軟骨がゆがんでしまう。

〔目次〕

  1. 結論:腰痛患者では背骨の軟骨組織が歪んで変形しているため悪い姿勢から腰の筋肉を酷使して腰を痛めやすい。
  2. 一般人が抱く間違ったぎっくり腰のイメージぎっくり腰患者とは、日常生活の不摂生や無理な力仕事で発生するものという間違ったイメージ
  3. ぎっくり腰の事実一般人と腰痛患者の日常生活にはこれと言った大きな違いはない。条件にさえ当てはまれば必然的に起こる
  4. 腰痛になる違いの背景多くに関係するのが椎間板や半月板の軟骨の歪み
  5. 軟骨の歪みとは?円盤状から楔状に歪んでしまうから体が常に傾いている。
  6. 体の傾きと腰痛の関係骨格の傾きを筋肉で補おうとするから、何もしていないのに筋肉が緊張を強いられ血流の停滞を招き痛みを生じる。
  7. 軟骨が歪む原因①遺伝的要因によるムコ多糖類合成障害
  8. 軟骨が歪む原因②座る姿勢によるもの。座っているときには背を丸めて膝を曲げており、椎間板に歪んだクセがつきやすい。
  9. 対策小まめに立ち上がって椎間板を元の形状に戻すこと。

慢性腰痛やぎっくり腰を毎回繰り返している人と、一般人の日常生活にはほとんどこれと言った大きな差は無く、別段激しい運動をしていたり問題行動はない。しかし、軟骨組織に変形を持っていることがあり座り姿勢が長時間に渡って続くことで軟骨組織の椎間板や半月板が変形をして結果的に体の軸に偏りが生じるため、腰の関節に負担が集中してぎっくり腰を招く

※スポンサーCM

一般人が抱くぎっくり腰のイメージ:ぎっくり腰患者とは、日常生活の不摂生や無理な力仕事で発生するもの

軟骨組織のお話をさせていただく前に一般の多くの方が抱かれるぎっくり腰のイメージについてお話しますときっと日常生活の不摂生や無理な力仕事などを思い浮かべるのではないでしょうか?

不摂生例えば一日中ゴロゴロと寝転がってお菓子やジュースを召し上がってぐうたらしているイメージ

また工事現場でセメント袋を背中に担いでおり、不意に『グキッ』と腰に強烈な痛みを生じているイメージなどもあるかもしれません。

重労働

メニューに戻る

ぎっくり腰の事実:一般人と腰痛患者の日常生活にはこれと言った大きな違いはない。条件にさえ当てはまれば必然的に起こる

※スポンサーCM

ところが不思議に思うことかもしれませんが、皆様の身近にお住まいになられている腰痛患者の方、毎年のようにぎっくり腰を繰り返し患っている方と健康な一般人の日常生活を比較したときにはこれといった大きな違いはほとんどの場合ないのです。

つまり不摂生でゴロゴロしているからなってしまうのだろうと思えるものですが、皆様が土日に自宅でテレビを見て寝転んで休日をお過ごしになられている姿と腰痛患者はほとんど同じ私生活を過ごしておりますし、大荷物を運ぶような力仕事を頻繁に繰り返しているわけでもありません。

きっと職場の同僚の方でも一人や二人は腰痛をお持ちになられている方がいらっしゃることだと思います。その方と皆様は勤務中に関してはまったく同じような仕事をされているはずです。お昼休みの食事休憩の時間だって別段その方がお弁当を二人前も三人前もバクバクと頬張るようにお召し上がりになっているはずではないことでしょう。

つまり皆様が抱くそういった不摂生や重労働によって起こるようなものではなく、これは条件にさえ当てはまれば誰にだって起こりうる現象であると言えるのです。

メニューに戻る

腰痛になる違いの背景:多くに関係するのが椎間板や半月板の軟骨の歪み

ではどうしてこういった違いが生じてしまうのかと申しますとそこに大きく関係するのが腰部の椎間板の軟骨の歪みです。椎間板だけでなく体の至るところに存在する軟骨組織でできたクッションに歪みが生じてしまっていることが挙げられるのです。

軟骨骨は動いたときに隣接する骨とゴチンゴチンとぶつかりあわないように関節するところを軟骨で覆っております。この軟骨のクッションに歪みが生じていることがあげられるのです。

メニューに戻る

軟骨の歪みとは?円盤状から楔状に歪んでしまうから体が常に傾いている。

では軟骨の歪みとはどういうことなのかと申しますと以下の図のように本来は上から見たときに円盤状をしている椎間板、や半月状をしているはずの半月板などが楔状へと歪んでしまうことが挙げられます。

椎間板と半月板左は背骨の椎骨を上から見た図、前方の水色の丸いクッションが軟骨で出来た椎間板、右は膝の脛の骨を上から見た図、三日月の形をした半月板があります。

通常の立位姿勢では側面から見たときには円柱状の円盤型が保たれることが普通です。

背骨のカーブ 骨格から肋骨や頭蓋骨を除外した図を側面から見ております。背骨の一つひとつの隙間にある軟骨や膝の半月板は均整が保たれております。この状態が普通です。

ところがぎっくり腰を何度も患っている方では軟骨が楔状に変形しているのです。

悪い姿勢背骨や膝の軟骨が楔状(三角形)になっている図、骨格が支柱としての役割を果たさず強く傾きます。

メニューに戻る

体の傾きと腰痛の関係:骨格の傾きを筋肉で補おうとするから、何もしていないのに筋肉が緊張を強いられ血流の停滞を招き痛みを生じる。

この傾きを補うために常に腰周りの筋肉や太腿や骨盤の筋肉が働き続けます。すると次第に関節周囲の血管が筋肉の緊張によって血流が遮断されてすぐに疲弊を起こしてしまいます。また筋肉が疲労を蓄積すると次第に筋肉を構成する線維が固くなって歩いたときの地面から伝わる衝撃を吸収しきれなくなります。最終的には負担が蓄積した腰部の関節に衝撃が加わった拍子にぎっくり腰を起こしたり、ダメージの蓄積した腰部が疲弊して慢性的な腰痛を起こしたり、半月板の歪みが膝痛を起こしたり、首や肩などをおかしくしたりとぎっくり腰以外のさまざまな痛みを引き起こすわけです。ぎっくり腰の場合はあくまでも柔軟性の低下によって衝撃を受け止めきれなくなって発生するという急性の経過を辿るだけであり、他のものはダメージの蓄積による亜急性の経過を辿る違いになるだけで根本的な発生要因は皆同じなのです。

メニューに戻る

軟骨が歪む原因①:遺伝的要因によるムコ多糖類合成障害

ではどうしてこういった軟骨が楔状に歪んでしまう現象が起こるのか?これはいくつもの要因がありますが、残念なが遺伝によって引き起こされる部分が大きいです。軟骨組織はムコ多糖類という成分によって合成されますが、生まれつきこの成分を合成する能力が弱いと椎間板が歪みやすくなってしまうのです。したがってこの遺伝による部分はどうすることもできません。

手をにぎる軟骨の障害の多くは遺伝によるものです。

著者: Luis Hernandez - D2k6.es

メニューに戻る

軟骨が歪む原因②:座る姿勢によるもの。座っているときには背を丸めて膝を曲げており、椎間板に歪んだクセがつきやすい。

次の要因としては、やはり現代人に多く見られるデスクワークや自宅でのテレビをご覧になって過ごすときのイスに腰掛けた姿勢が大きく関係します。座る姿勢では常に背中を丸めて過ごします。膝を曲げております。すると背骨の隙間にはいつも偏った力が加わっておりますから必然的に背骨の隙間にある椎間板は圧力が加えられてしまい楔状に歪みます。膝の関節に関しましても半月板も楔状に歪んでしまいます。

こういった歪んだ状態は一時的な姿勢によるものでしたらそれほど影響なく、立ち上がったときに元の形状にポンと戻ります。

ところが何年も座った状態で過ごしているうちに次第に椎間板の戻りが悪くなります。すると歪んだままとなり立ち上がったときにバランスを悪くして筋肉で姿勢を補おうとしてしまうのです。これがぎっくり腰や慢性腰痛などの引き金となっているわけです。

メニューに戻る

対策:小まめに立ち上がって椎間板を元の形状に戻すこと。

※スポンサーCM

ではどうしたら楔状に歪んでしまうクセを改善することができるのか?と申しますと、やはり長期に渡って同じ姿勢を取り続けることが歪みを起こす原因となります。しかし、デスクワークをしなければ仕事をすることはできません。つまり座りすぎているから軟骨に異常が起こるわけですが座らないと仕事にならないのです。

しかし、決して諦めるような必要はありません。長期に渡って同じ姿勢を取り続けるから歪んだまま戻らなくなるのであって、意図的に小まめに立ち上がるようにしていただくことで、歪んだ状態に陥っても椎間板を元の形状に戻すことが可能になるわけです。

仕事の休憩中のコーヒーブレイクぐらいの短時間でも結構です。時折立ち上がって過ごすようにしていただければと思います。

メニューに戻る

腰痛と背骨の構造的要因

結論:腰痛の9割は第四・第五腰椎の間で起こる

後縦靭帯の損傷は体幹前屈によって起こる

腰椎で最も損傷しやすい箇所

腰痛と椎間関節

結論:腰を反らして痛める

椎間関節炎による腰痛

椎間関節炎による腰痛はほんの僅かにも動けないほど痛い

腰痛と関節軟骨関節症

結論:グルコサミンでは治らない。軟骨は運動で強くなる。

軟骨組織とぎっくり腰

腰痛と軟部組織障害

結論:痛めた靭帯は受傷直後しかくっつかない

ぎっくり腰で靭帯損傷とは?

靭帯損傷によるぎっくり腰の最大の特徴

棘上靭帯炎による腰痛

腰椎分離症・すべり症

結論:子供が腰痛になったらまず疑う。発症したらスポーツを休ませる。

腰骨のズキッとしたズレと、ヌルっとしたズレは?

背骨の構造

結論:背骨の構造の変化は腰痛の原因ではない

腰椎

拮抗筋の役割と胸椎との関係

腰椎の前方と後方への動き

背骨の変形

結論:変形自体は腰痛には関係しない。

ぎっくり腰で変形性脊椎症は?

ぎっくり腰とヒンジの歪み

腰痛と骨盤

ぎっくり腰で腸骨が痛くなる理由は?

ヤコビー線

子育て中のぎっくり腰は骨盤筋をほぐそう

腰椎捻挫と骨盤の水平回旋。

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

持上げ動作

力学

筋肉

内科

骨格

その他

※最近更新しているブログです。
https://gikkurisennmonn.blog.fc2.com

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開