荘A[NX̉@

ぎっくり腰の外用薬

外用薬には湿布タイプ、塗り薬タイプ、スプレータイプ、チックタイプなど様々あるが基本的には感覚神経に対しての痛みを紛らわす効果であり、ワセリンに機械刺激を軽減する効能はあるが治療の効果は無い。それぞれの使い安いものを選ぼう。もっともおすすめするのは塗り薬タイプ

※スポンサーCM

「先生ありがとうございました。腰がも~う!もともとの状態よりも軽くなりましたよ。私の腰をこんなにも軽くしてくれてありがとうございました。」

多くの患者が腰が軽くなったと言うがもともと腰はそれぐらい軽い

「Aさん、それは違います。腰が軽くなったのではなくてもともとAさんの腰がそれぐらいの軽さを持っているのです。」
「では、先生私の体は眠りについていたということなのでしょうか?」
「そうなのかもしれません。本来の状態になればここまで変化を体感することができるのです。」

日頃から整体を受けることで効率良く日常を過ごすことができる。

※スポンサーCM

「なるほど、私はこれまでマッサージとか整体とは贅沢のようなものだと思っておりました。しかし、ここまで頭がシャキッとして腰のキレが回復するのでしたらむしろ日頃から整体を受けた方が効率良く日常を過ごすことができるのかもしれません。」
「そうですよ。中曽根元総理だって、あのご年齢で元気ハツラツに毎日をお過ごしになられておりますが、あれだって日頃からのこういったケアの賜物なにんだと私は思っておりますからね。」

ぎっくり腰の外用薬について

「なるほど。ところで先生、私の場合はひごろの腰のケアでは塗り薬を使うのが良いのでしょうか?それとも湿布を用いるのが良いのでしょうか?くすりにも様々な物があるのでどれを使うべきか悩んでしまいますよ。」

ぎっくり腰などで外用薬を用いるのはご予算と相談して決めていただければ良いかと思います。種類としてはいろいろありますので列挙しましょう。

  1. 湿布タイプ:もっともオーソドックス

    もっともオーソドックスなタイプです。大よそが1回の負傷で使い切るぐらいの使用料の湿布がありますので、廉価で手に入れられますし、痛みを抑える効果に関しましても効き目は外用薬の中でも1番おすすめできます。しかし、1回で使い切ってしまうことと、人によっては皮膚炎などの違和感を感じることもありますので、そういったことを考えると他に転用ができませんので不便と言えば不便です。また保存が利く期間も他の薬剤よりも短いことが一般的です。

  2. 塗り薬:経済的で個人的にはもっともおすすめする。

    ワセリンにハッカやメントール、カプサイシンなどの温冷感刺激物を含ませております。ぎっくり腰だけでなく打ち身や捻挫、痒み、場合によってはキズや火傷などさまざまなものに利きます。使い勝手が良く、1個購入すれば数年間は使用することができます。私も日頃から愛用しております。靴ズレや股ズレ、痒みなどにはこれを使っております。値段も1000円しません。私が一番おすすめするのはこれです。ただし、薬の効き目を考えたときには1時間ほどで肌に吸収されてしまいますので効き目は短いことは確かです。

  3. スプレー:皮膚が弱い人でも利用できる。

    ※スポンサーCM

    皮膚が弱い方でも用いることが出きる噴霧タイプ、パウダータイプなどさまざまなものがあります。若い女性の場合は体に直接貼り付けるタイプや臭いが強いもの、肌でベトベトするものは好まれませんので女性やお肌の敏感な方にオススメするのがこのタイプです。

  4. チックタイプ:携帯に便利

    (スティック糊:口紅のようなタイプ):これも塗り薬の一種ですが、指を汚さずとも薬を皮膚に塗ることができて便利です。携帯するのにはもっともおすすめします。基本的にはリップクリームのようにワセリンなどを塗るものだと思っていただければ良いかと思います。

薬は痛みを紛らわすものであり、治す目的であらず。

ということでそれぞれの用法や容量などをお守りになって適切にご利用いただければと思います。しかし、いずれにしてもいえることですが、これらのお薬とは痛みを紛らわすものであり、痛みを治す目的のあるものではありません。例えばワセリンなどには摩擦などの機械刺激を軽減する作用はありますが、精々がその程度であって皮膚感覚を操作することぐらいしか痛みを解消することはありません。

ヘルニア手術

結論:手術は無駄だった

ヘルニア手術後、いつからお酒を飲んでいい?

ヘルニアの手術後、予後が悪いか?

ヘルニア手術後、いつから重いもの持っていい?

ヘルニア、手術後に気をつけること

ヘルニアの手術後の予後は良いのか?

ヘルニアで筋力低下した。手術は?

ヘルニアの手術後に痛みが悪化した

ヘルニアが筋力低下させるのではない。恐怖心が筋力を弱める

ヘルニア手術後、反対側の腰の痛み

ヘルニアの手術後に腰痛になった。なぜ?

椎間板ヘルニア手術後の生活

椎間板ヘルニアでどうしても手術を受けたくない

椎間板ヘルニアは手術後どうなりますか?

椎間板ヘルニア手術後に再発するの?

ヘルニアは将来必ず手術が必要なの?

ヘルニアの手術の必要性

ヘルニア手術後にぎっくり腰になった

ヘルニア手術後 立ち仕事

ヘルニアの手術後にすぐ力仕事は?

ヘルニアで手術後の引越し

ヘルニアのレーザー治療は?

椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛は手術無しで治る?

ヘルニア患者の手術の判断

坐骨神経痛手術

結論:手術は無駄だった

坐骨神経痛、手術を受けて治ったと勘違いしやすいもの

坐骨神経痛、手術を受けたほうが良いケース・良くないケース

坐骨神経痛、手術はなぜ難しいのか?

坐骨神経痛、手術によって治るか?

狭窄症や変形性脊椎症の神経圧迫は手術しか対処方法はないの?

手術失敗

結論:成功・失敗に係わらず、他人任せでは治らない。

手術後の再発の確率

慢性患者の手術の治療成績について

痛みが出たのは手術の失敗のせい?

狭窄症患者の手術の現状

坐骨神経痛、フェイルドバックサージャリー症候群

手術その他

腰の手術後のコルセットの目的

重篤なケースの手術判断

Q狭まった背骨の隙間は手術しかないのか?

どうしたら手術が受けられるか?

手術後のお酒はいつから?

患者都合で手術が仕方ないケース

手術をおすすめする人

慢性腰痛は手術をしないと治りませんか?

病院で手術を勧められたけど嫌です。どうしたら良いでしょうか?

湿布・貼り薬・外用薬

結論:湿布は相性がある。

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

腰にシップを貼るとお腹が痛くなる

ヘルニアは湿布で悪化する

湿布はいつまで貼ればいいの?

ぎっくり腰の湿布の効果

腰が痛い、湿布を貼ったら更に痛い

湿布は痛みが強くなるのか

湿布はいつまで貼るの?

外用薬

アレルギーで湿布が貼れない

湿布を貼ったら痛みが悪化した

シップ(貼り薬)の是非

お尻が安静にしていても痛く湿布が効かない

サロンパス貼った後 腰が痛い

湿布が染みる

湿布が痛い|ヘルニアは湿布で悪化する

ぎっくり腰シップを貼ると痛みが増す

湿布薬

◆モーラステープ

モーラステープで腰の痛みが悪化する原因

モーラステープを痛みに貼ったら余計痛くなった

ぎっくり腰モーラステープ

痛み止め・消炎鎮痛薬

結論:痛み止めはぎっくり腰には効かない

ぎっくり腰治療の薬、ドラッグストアは?

痛み止めは気分が落ち込む

痛み止めの効き目は?

整形外科で用いる薬物療法がなぜ効かない?

鎮痛剤が効かないのはどうして?

慢性化しているぎっくり腰で抗炎症剤を飲み続けている方に必要なこと

ぎっくり腰にロキソニンが効かない

腰が痛いときの痛み止め

ぎっくり腰痛み止めが効かない

慢性腰痛で抗炎症剤を飲み続けている方に必要なこと

ぎっくり腰対処:抗炎症剤を用いるデメリット

ぎっくり腰の鎮痛剤のデメリット

その他飲み薬

結論:多くの飲み薬は気休めにもならない。

腰痛で病院に行ったら抗うつ薬を処方されました。どういうことですか?

慢性腰痛に漢方薬は?

注射

結論:注射が一番危険

腰痛でブロック注射が効かなかったらどうすればいいの?

ブロック注射の副作用

注射VS飲み薬

腰痛治療の神経ブロックの効果

筋弛緩剤の副作用

ブロック注射はどう?

ブロック注射を受けても治らないぎっくり腰も改善しました

トリガーポイント

結論:トリガーポイント治療は良い

トリガーポイントブロックが効かない

トリガーポイントを生じるぎっくり腰について

トリガーポイントが出来ると自然治癒が悪い

トリガーポイントについて

ぎっくり腰とトリガーポイント

腰方形筋のトリガーポイントの発生機序

腰方形筋のトリガーポイントと関連痛

坐骨神経痛のトリガーポイントに関して

トリガーポイントの発生原因

トリガーポイントの考え方

アナトミートレインに対してのアプローチの重要性について

ぎっくり腰のトリガーポイントについての一考察

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

ぎっくり腰ブログ

※最新ページ

ぎっくり腰と静的ストレス

アークス整体院プライベートブログ

プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

ヘルニア手術

結論:手術は無駄だった

ヘルニア手術後、いつからお酒を飲んでいい?

ヘルニアの手術後、予後が悪いか?

ヘルニア手術後、いつから重いもの持っていい?

ヘルニア、手術後に気をつけること

ヘルニアの手術後の予後は良いのか?

ヘルニアで筋力低下した。手術は?

ヘルニアの手術後に痛みが悪化した

ヘルニアが筋力低下させるのではない。恐怖心が筋力を弱める

ヘルニア手術後、反対側の腰の痛み

ヘルニアの手術後に腰痛になった。なぜ?

椎間板ヘルニア手術後の生活

椎間板ヘルニアでどうしても手術を受けたくない

椎間板ヘルニアは手術後どうなりますか?

椎間板ヘルニア手術後に再発するの?

ヘルニアは将来必ず手術が必要なの?

ヘルニアの手術の必要性

ヘルニア手術後にぎっくり腰になった

ヘルニア手術後 立ち仕事

ヘルニアの手術後にすぐ力仕事は?

ヘルニアで手術後の引越し

ヘルニアのレーザー治療は?

椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛は手術無しで治る?

ヘルニア患者の手術の判断

坐骨神経痛手術

結論:手術は無駄だった

坐骨神経痛、手術を受けて治ったと勘違いしやすいもの

坐骨神経痛、手術を受けたほうが良いケース・良くないケース

坐骨神経痛、手術はなぜ難しいのか?

坐骨神経痛、手術によって治るか?

狭窄症や変形性脊椎症の神経圧迫は手術しか対処方法はないの?

手術失敗

結論:成功・失敗に係わらず、他人任せでは治らない。

手術後の再発の確率

慢性患者の手術の治療成績について

痛みが出たのは手術の失敗のせい?

狭窄症患者の手術の現状

坐骨神経痛、フェイルドバックサージャリー症候群

手術その他

腰の手術後のコルセットの目的

重篤なケースの手術判断

Q狭まった背骨の隙間は手術しかないのか?

どうしたら手術が受けられるか?

手術後のお酒はいつから?

患者都合で手術が仕方ないケース

手術をおすすめする人

慢性腰痛は手術をしないと治りませんか?

病院で手術を勧められたけど嫌です。どうしたら良いでしょうか?

湿布・貼り薬・外用薬

結論:湿布は相性がある。

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

腰にシップを貼るとお腹が痛くなる

ヘルニアは湿布で悪化する

湿布はいつまで貼ればいいの?

ぎっくり腰の湿布の効果

腰が痛い、湿布を貼ったら更に痛い

湿布は痛みが強くなるのか

湿布はいつまで貼るの?

外用薬

アレルギーで湿布が貼れない

湿布を貼ったら痛みが悪化した

シップ(貼り薬)の是非

お尻が安静にしていても痛く湿布が効かない

サロンパス貼った後 腰が痛い

湿布が染みる

湿布が痛い|ヘルニアは湿布で悪化する

ぎっくり腰シップを貼ると痛みが増す

湿布薬

◆モーラステープ

モーラステープで腰の痛みが悪化する原因

モーラステープを痛みに貼ったら余計痛くなった

ぎっくり腰モーラステープ

痛み止め・消炎鎮痛薬

結論:痛み止めはぎっくり腰には効かない

ぎっくり腰治療の薬、ドラッグストアは?

痛み止めは気分が落ち込む

痛み止めの効き目は?

整形外科で用いる薬物療法がなぜ効かない?

鎮痛剤が効かないのはどうして?

慢性化しているぎっくり腰で抗炎症剤を飲み続けている方に必要なこと

ぎっくり腰にロキソニンが効かない

腰が痛いときの痛み止め

ぎっくり腰痛み止めが効かない

慢性腰痛で抗炎症剤を飲み続けている方に必要なこと

ぎっくり腰対処:抗炎症剤を用いるデメリット

ぎっくり腰の鎮痛剤のデメリット

その他飲み薬

結論:多くの飲み薬は気休めにもならない。

腰痛で病院に行ったら抗うつ薬を処方されました。どういうことですか?

慢性腰痛に漢方薬は?

注射

結論:注射が一番危険

腰痛でブロック注射が効かなかったらどうすればいいの?

ブロック注射の副作用

注射VS飲み薬

腰痛治療の神経ブロックの効果

筋弛緩剤の副作用

ブロック注射はどう?

ブロック注射を受けても治らないぎっくり腰も改善しました

トリガーポイント

結論:トリガーポイント治療は良い

トリガーポイントブロックが効かない

トリガーポイントを生じるぎっくり腰について

トリガーポイントが出来ると自然治癒が悪い

トリガーポイントについて

ぎっくり腰とトリガーポイント

腰方形筋のトリガーポイントの発生機序

腰方形筋のトリガーポイントと関連痛

坐骨神経痛のトリガーポイントに関して

トリガーポイントの発生原因

トリガーポイントの考え方

アナトミートレインに対してのアプローチの重要性について

ぎっくり腰のトリガーポイントについての一考察

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)