荘A[NX̉@

腰部固定でコルセットとサラシの判断は?

経済的な都合でコルセットの購入に迷ってしまうときにはサラシを用いることも良いが判断としては1年に1回以上腰痛になるかどうかを基準とすると良い、少ないときにはサラシでも十分。

※スポンサーCM

畑で大根を引き抜こうとしたときに腰に激痛が出てしまったとのことでした。

『いや~困ったものだよ。少しでも生活費を浮かそうと自家菜園をはじめたのだけど、大根が立派に育ちすぎて、腰が抜けてしまったようだ』

ぎっくり腰の整体を終えた患者様はこのように仰います。それにしてもずいぶんと立派で大きな大根だったのでしょうね。腰が軽度の捻挫をしておりました。

L5L1関節の捻挫、マニュピレーションにより改善

※スポンサーCM

今回の施術では、腰部のL5S1関節に捻挫が発生しておりましたので、マニュピレーションという手法によってL1~L4までの可動域と仙腸関節の可動域を高めることで疼痛を改善することができました。しかし、整体を終えたお客様からこのような質問を受けたのです。

すこしでもお金を節約したいのだけどコルセットを買った方がいいのかな?

今回はこの質問に対して回答させていただきたいと思います。

ぎっくり腰のほとんどは10日ほどで改善する

基本的にぎっくり腰は長くても10日ほどの症状であると思います。それ以上長引いてしまうことは全体の症例の中でも10分の1ぐらいです。ほとんどは短期間で完治してしまうものです。

年に1回以上コルセットを使うなら購入、使わないならサラシで代用でも良い

ここでいえることは、もし仮に年間で1回以上コルセットを使うのでしたら購入したほうが良いということです。しかし、1に1回未満の低確率ならば正直なところサラシなどの包帯で固定したほうが良いと思います。

さらしは手伝ってもらわねば取り付けできない。しかし、値段が安く、体型が変わっても利用できる。

※スポンサーCM

というのもサラシは決して安定性には劣りません。ただし自分で巻くのは苦労しますので、奥様や友人に取り付けをお手伝いしていただくことが望ましいです。でも決して自分一人で巻けないわけではありません。サラシは高い物でも1000円未満で購入できますし、再び数年後に症状が発生したときに体型が変わっていても使えます。ところがコルセットの場合は10年も経てば体型の変化によって再利用はできないこともあります。購入希望も1万円以上するものもあります。

つまり、腰痛の発生頻度を考慮してどちらを選ぶか判断するべし

あまりにも発生頻度が少ないのでしたら、サラシなどを使って安価に抑えていただくことがオススメです。慢性腰痛ならば購入しておいていただればよいでしょう。いずれにせよ、普段から巻きつけたままにすると筋力の衰えを生じさせますのでご注意ください。でもコルセットはサッとまくことができて急なぎっくり腰には便利ですね。

コルセット基本事項

結論:コルセットは痛いところを圧迫するもの

腰痛コルセットは痛みの緩和が目的

コルセットの鎮痛作用とは?

ぎっくり腰のコルセットは痛みの強いところを圧迫する

コルセットは何を使うのか?

陥ったのときのコルセットの目的について

コルセットは装着法の間違いが多い

コルセット寝るときは?

コルセットはきつめに巻く

コルセットの装着期間

結論:炎症のある2週間装着する。ただし、痛みが無ければすぐに外す

3週間腰痛バンドをしたら筋力が衰えますか?

ぎっくり腰のコルセットの装着期間について

脊柱管狭窄症 コルセット いつまで?

コルセットいつまで着ける?

腰痛コルセットの過信

結論:コルセットをつけても無理はしない

ゴルフプレーに腰痛コルセットをしても良いか?

着ければ腰痛を防げるか?

ゴルフのとき腰痛バンドした方が良い?

コルセット弊害

結論:コルセットには相性がある。不快なら使わない

コルセットで痛みが悪化するのは局所性不快感

コルセットで腰痛が悪化するのは恐怖心によるもの

コルセットをつけててもぎっくり腰になる?

コルセットがすれる

お腹が敏感でコルセットを巻けない

コルセットは胴体が弱くなるのでは?

痩せてるとコルセットは意味ないか?

コルセットで治るのか?

コルセットその他

結論:コルセットは専門家に説明を受けた上で装着する

腰痛コルセットを付けると背中が痛くなる?

腰痛ベルトについて

コルセットの種類について

コルセットの活用法

農作業・農業 腰痛 コルセット

コルセットの有効性

コルセット以外の固定法

結論:少々の出費を惜しまない。
それよりも専用のサポーターを買う方が間違いない。

腰痛にバストバンドは?

コルセットと包帯の違い

リスクを高める帯

腰部固定でコルセットとサラシの判断は?

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

慢性期判断、検査

⑤-1医療機関の対処①

⑤-2

⑤-3手術関連

ケア

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

食事療法

総合案内
クリックで展開

ぎっくり腰専門