ぎっくり腰を防止するために日常で心がけていただきたいこと。

結論:布団の中で手足を動かす体操をすると腰を痛めずに済む。

ぎっくり腰を防ぐためには日常で体を冷やさないように十分に保温のできる服装をすること。
また、体温がもともと低い人はカイロや温かい飲み物で体を温めると良い。
起床直後は特に体が冷えて故障の原因となる。
できるだけ布団の中で手足を動かす体操をするなど
柔軟性を高めてから動くようにすることが良い。

※スポンサーCM

ぎっくり腰とは決して防ぐことができないものではありません。毎年繰り返していらっしゃる方も絶対に諦めてはなりません。日常の心がけ次第で防止することが可能ですから気をつけましょう。

①寒さを甘くみないこと。

やはりぎっくり腰対策とは寒さをどれだけ念入りに防止できるのかが関わってきます。私達の体は分子から構成されております。水は温度が低くなると固形化し、沸騰すると気化します。このように温度の変化によって私達の分子の構造もその都度変化しているのです。

ぎっくり腰を繰り返されている方ではこの寒さ対策があまりにもずさんなことがたびたび。

例えば秋口の冷え込んでくるシーズンでも室内をスリッパではだしで歩き回っていたり、寒くてもハーフパンツのようなラフな服装を好んだりとかなり寒さにさらされていることが多いです。

寒くなるほど体の分子が固形化し、故障の原因となりますので十分に体を保温できるように寒さ対策として服装を少し厚めにしたり、日中暖かいときでも寒暖の変化も考慮してカバンに上着を入れておくなどしたり、汗をかいたときに体を冷やさないようにシャツの替えを容易したりタオルでしっかり汗をふき取ったりと寒さを甘く見ないことが大切です

※スポンサーCM

②体温がもともと低い人はカイロを用いたり体温をあたためよう。

また、どうしても高齢者や女性ではもともと体温が低い場合もございます。そういった場合ですと、しっかりと保温を図るためにホッカイロなどのカイロで体温を補うようにすることも良いです。また、保温ポットなどに日本茶を入れておいて仕事の休憩時間や手の空いたときに体を温めるようにしますと体の心からポカポカとあたたまりますので柔軟性の高い体のコンディションを保つことができます。

③特に体温が冷えている起床直後は布団の中で体操をしよう。

また、ぎっくり腰を毎年繰り返されているケースではやはり起床直後のもっともコンディションの低い時間帯に無理に体を動かしていたりすることがたびたびございます。起床直後は体が固まっておりますので急に動き回ったりせずに布団の中で手足を左右に動かすような小さな体操を行ってみると体の体温が温まってきます。その後ルームランナーなどで15分ほど室内を歩きますと体温が十分に温まり、体の組織の柔軟性が向上しますのでぎっくり腰の発生リスクは随分と軽減されることでしょう。

※スポンサーCM

楽に取り組める対策

結論:テレビやパソコンの画面を高くしてうつむかないこと。

  1. 効率的に腰痛を防止する腰痛は使いすぎる部位に起こり、使わないところにはほとんど負担が掛かっていないため使うところと使わないところのバランスを取る
  2. 腰痛防止と呼吸息を吐きながら腰を曲げると深く曲がる
  3. 楽に防止する方法防止のためには基礎代謝を高めるべく筋肉量を増やすことが良い。
  4. ぎっくり腰防止では日常に着目する動かない関節は固まるので、小まめに動かして固まらないようにする
  5. 手軽に実施できる意外な防止法重たい荷物の持上げ方にだけ気をつけても不十分であり、できるだけ日常の腰部の負担を軽減することが必要。デスクワーク中は腰を真っ直ぐ伸ばすのに足元の踏ん張りが必要となり、足元をフットレストで斜めにすると背もたれに寄りかかったときの体の軸と足元が直行するため体が安定しやすく腰の負担が軽減される。
  6. 使わない動きの意識がぎっくり腰防止となる首や股関節などを小まめに反らすと良い
  7. 足腰が衰えて歩けない患者のものの対策筋肉量の減少による基礎代謝の低下・血液循環能力低下によって血行の悪い所に発痛成分が蓄積することによって発生するメカニズムがあり、足腰の衰えた高齢者に多い。足腰が衰えて満足に歩くことすらできなくても上半身や腕の運動で筋肉量を増やして代謝を高めることで腰痛が軽減することもある。
  8. ぎっくり腰防止のための腰の負担の緩和法姿勢の悪さを矯正すると、背中の筋肉の不必要な動員を改善できる。
  9. 防止するためのキーワードぎっくり腰防止のためにはベクトルを絞って日頃から対策を測ることが大切。簡単に言うと『血流を良くする』ことを心がけていただくことが良く、整体やマッサージ、運動、音楽によるリラックス、ストレッチ、温かいものを食べるなど血流を良くするアプローチは沢山ある。
  10. これさえやれば腰痛が治るものとはそんな甘いものは無いと言われるが、実際には足首の柔軟性を養うと足腰の怪我が2.5倍減るといわれる説があるようです。
  11. どうしたら弱まった腰でも無理せず日常を過ごせるのか?金魚運動マシンで腰を動かし、腰部の動きを良くすること
  12. 無駄な力への意識でぎっくり腰は防げる動作に必要最低限の力の度合いを見切ると腰に余裕が生まれる。
  13. ぎっくり腰を簡単に防止するなら画面の位置を高くする。テレビの画面の位置が適正だと姿勢がきれいに保たれる
  14. 動作前の準備意識でぎっくり腰は防げる「よし!今からやるぞ!」と意識するだけでもぎっくり腰の発生は減る
  15. 腰は消耗品老人になってからぎっくり腰を頻繁に繰返して泣かないためには、腰が消耗品であることを理解して腰以外の部分を出来るだけ運動に参加させることを意識しましょう。
  16. ぎっくり腰防止のために心がけていただくべき日常習慣衣服で体を保温すること
  17. 夜間のぎっくり腰を防止には通路照明が良い暗い通路で躓いたきっかけにぎっくり腰を起こすことがあるから。
  18. 防止するために日常で心がけていただきたいこと気をつけつべきことが寒さ、寒くなるほど体を構成する分子の動きが悪くなるため腰を悪くしやすい。
  19. 簡単な対策法簡単に出来るのが準備運動とウォーミングアップ、体温が上昇してホカホカになると体の組織が柔らかくなる。

腰痛対策関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

お皿洗いでの腰痛対策

作業場面での腰痛対策

一般防止策

生活場面での腰痛対策

腰痛対策の体の使い方

飛行機バランス動作

立ち上がり

着替え

中長期的観点でのトイレ・排泄

楽に取り組める対策

意識だけで出来る対策

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

ほとんど治りかけた腰、仕事でまた痛くなった

腰痛持ちに軽作業は?

腰の負担が少ない仕事って何?

ヘルニアで働けない。生活保護は?

膝裏を伸ばす方法は?

ぎっくり腰の看病は?

モーラステープで腰の痛みが悪化する原因

ぎっくり腰のあと、抱っこはいつからいいの?

腰痛持ちは立ち仕事は止めるべきか?

足のすね鈍器で殴られたような痛み

まっすぐ寝ると足がしびれた感じがする

楽に取り組める対策

結論:テレビやパソコンの画面を高くしてうつむかないこと。

効率的に腰痛を防止する

腰痛防止と呼吸

楽に防止する方法

ぎっくり腰防止では日常に着目する

手軽に実施できる意外な防止法

使わない動きの意識がぎっくり腰防止となる

足腰が衰えて歩けない患者のものの対策

ぎっくり腰防止のための腰の負担の緩和法

防止するためのキーワード

これさえやれば腰痛が治るものとは

どうしたら弱まった腰でも無理せず日常を過ごせるのか?

無駄な力への意識でぎっくり腰は防げる

ぎっくり腰を簡単に防止するなら画面の位置を高くする。

動作前の準備意識でぎっくり腰は防げる

腰は消耗品

ぎっくり腰防止のために心がけていただくべき日常習慣

夜間のぎっくり腰を防止には通路照明が良い

防止するために日常で心がけていただきたいこと

簡単な対策法

腰痛対策関連症状

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

お皿洗いでの腰痛対策

作業場面での腰痛対策

一般防止策

生活場面での腰痛対策

腰痛対策の体の使い方

飛行機バランス動作

立ち上がり

着替え

中長期的観点でのトイレ・排泄

楽に取り組める対策

意識だけで出来る対策

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)