柔道は、筋トレで強くなるか?

柔道

結論:強くはなる。しかし、社会では違う能力が求められる。

※スポンサーCM

筋トレをやれば、
柔道は強くなると
思いますよ。

鍛錬は、地道ですけど、
確実に効果が出ます。

でも、僕は言いたい。

そんなに強くなって
どうなるというのか?

君が強くなって
だれが喜ぶのか?

喜ぶのは君だけ。

そうですよね。

武道の目的

強くなるときには、
試合で勝ったリ、

トップ選手のように、
実業団でお給料を
もらって柔道が出来る
のが望ましいです。

オリンピック三冠
金メダリストの
野村さんのように

歴史に残る
柔道家になれたら
すばらしいですよ。

でも、武道の本来の
目的を見失っては
いけない。
武道
現実的に言えば、
僕が高校時代や
柔道をしていたときの

同期の選手は、
99%が20年後には
柔道と全く関係のない
仕事をしています。

中には
学生チャンピオンや
プロ格闘家になった
人もいました。

君がどんなに、
一生懸命に肉体を
鍛錬しても、
筋トレ
20年後には何も
残らないです。

肉体は例外なく
衰えます。

ひょっとしたら、
プロ格闘家として、

お金をもらって
戦うことが
出来るぐらいには
なるのかもしれません。

でも、
歳をとったときに
残るものは、

技術、知識だけ。

鍛えた筋肉は何も
残らないです。

僕は、

柔道をしている
みんなに言いたい。

稽古で鍛錬して、

一番やるべきことは、

まず、危険なときに

自分の身を
自分で守れること。

家族や、
自分の財産を
守れること。

※スポンサーCM

この日本では、
警察だって当てに
ならないです。

事件が起こらないと
出動してくれません。

だから、最低限、
自分や周囲の人の
安全を未然に守る。

武道で目指すのは、
それで十分だと
思います。

柔道で鍛えれば、
人の何倍も強く
なるのかもしれません。

試合で勝てると
嬉しいでしょう。

でも、柔道で培った
技術は残念だけど、

社会では
生かせません。

社会では、
役に立たない
ことが多いです。

腕っぷしがどんなに
強くても、

会社の営業成績は
変わらないです。

会社は残酷です。

むしろ柔道時代と
まったく違います。

頭が低くて、
何度も頭を下げて、
他人にペコペコ
する人ほど。
社会で出世する人
社会では出世します。

お客さんを良い気分に
させるように、
自分の感情を
押し殺して、

相手をひたすら
に立てるほど、
接客業でも、
お客さんに好まれます。

柔道時代とは
違いますよ。

社会では、他人を
立てる人ほど、

他人を尊重する人
ほど、

大切にされます。

他人を立てる大人

上司から可愛がられ、

取引先から
気に入られ、

お客さんから、
何度も利用して
もらえます。

柔道でどんなに
背負い投げが
上手でも、

筋肉がモリモリでも、

会社では
怖がられます。

有り余る力を、
自分に向けられるのでは
ないかと不安に
思いますよ。
怖がる職場の人たち

そして、
体が大きいだけで
威張っていれば、

そんな人と仲良く
したくありません。

どんなに会社で頑張って
働いても、誰にも
見向きもされなくなります。

武道で、自分や家族を
守れる力は大切です。

それがなければ、
どんなに会社で上手く
行っても、悪い人に
すべてを奪い取られて
しまいます。

でも、
力がどれほどあっても
社会では役に立たない。

武道では、最低限
悪い人から身を守れる
ぐらいの成果に
留めないと、

社会人としての
能力が不足して
しまいます。

※スポンサーCM

だから、
本来の目的は
見失わないように
してください。

トップ選手になれない
人の方が圧倒的に
多いですし、

20年後には、
たぶん柔道着の袖に
手を通すこともなくなる
のが大部分の実情です。


働くだけに明け暮れて、
毎日が過ぎていきます。

1日1時間鍛える

悪い人から身を守るのが
武道の本来の目的です。

そういった意味では
簡単な心得があること、

そして、継続的に
体をある程度鍛えること。

例えば、1日1時間ぐらい
マラソンをしたり、
マラソンをする
筋トレをすれば、
それで十分だと
思います。

そもそも悪い人は、
努力をしない
人が多いです。

まじめに体を
鍛えません。

だから柔道で勝つために
すべての時間を費やす
必要はありません。

道場で、柔道の
基本的な技を学ぶ、

黒帯が取れるぐらいの
技を身に着ける。
柔道の黒帯
そこまで習得したら、

あとは、
マラソンをしたり、

日ごろから体を
継続して鍛えること。

これで十分に、
悪い人には
立ち向かえます。

社会人として、
会社で求められる
人になることを
まず優先してください。

学業を頑張ったり、

資格を取得
したり、

知識や技術を
身につけましょう

知識や技術は、
何年たっても
なくなりません。

筋肉を付けて
柔道の試合で
勝っても、

飯のタネには
つながりません。


社会で生きていくためには、
ご飯を食べられることを
まず最優先しましょう。、

試合で頑張るのは、

空き時間に
出来る範囲で取り組めば
それでよいのです。

例え、試合で
勝っても負けても、

鍛錬している人は、
悪い人よりも絶対に
強いです。

運動理論

結論:運動は沢山の種類に取り組むほど効果が短期間で得られる

走りはじめに体が重くなるのは?

ジョギングで体が重たい

運動を続けるとどんな体の変化が起こるの?

運動連鎖

仕事と競技スポーツと運動の違い

運動はロコモ予防とはなるが、腰痛予防とはならない

おすすめのエクササイズ

予防における出力系と制御系トレーニング

単関節運動の弊害

体を丈夫にする方法

単関節と多関節運動の違い

トレーニングの種類

優先的に鍛える部位

実施しやすいタイミングの目安。

ジョギングの筋トレ効果

筋トレ、2大メニュー

非連結運動と連結運動の違い

エクササイズの流れ

ストレッチ効果

結論:柔軟性はバランス(平衡感覚)を意識すると短期に改善する。

ストレッチとマッサージのぎっくり腰の治療効果の違い

ストレッチとマッサージはどちらが腰に良いか?

有効となるパートナーストレッチ

ストレッチでパワーアップして腰痛を防げる仕組み

筋トレとストレッチは表裏一体

ストレッチ効果を高める方法

ストレッチの正しい目的

筋膜リリース治療とストレッチングの治療効果の違い

体が柔らかくなるのしくみ

ストレッチの神経伝達効果

ストレッチの医学的効果について

ダイナミックストレッチとスタティックストレッチの使い分け

ぎっくり腰防止のためのストレッチ、ストレッチの3つの種類

動的ストレッチは筋肉を固くする。

ぎっくり腰の防止の静的ストレッチの効果

ぎっくり腰と柔軟性

ぎっくり腰患者が陥りがちな柔軟性についての誤解

ぎっくり腰になりにくい体質を作るには柔軟性を養うこと

ならないための拘縮予防

危険性のセルフチェック法と柔軟性の重要性

立位体前屈がぎっくり腰を防止になる理由は?

柔軟性の必要性

結論:固い体はすぐに故障する

柔軟性を高めるメリット

柔軟性低下は腰痛の発生を増やす

股関節の柔軟性とぎっくり腰

股関節を反らすストレッチの必要性

ストレッチ理論

結論:心身ともにリラックスした状態で行おう

腰痛のストレッチはリラックスして行う

腰に良いストレッチには機能解剖が必要

ぎっくり腰治療のためのストレッチは一人ひとり異なる

ぎっくり腰防止のストレッチのポイントは抵抗感

体の動きを柔らかく保つには?

柔軟性とぎっくり腰

ストレッチ運動のポイント

ストレッチ なぜ柔らかくなる

ぎっくり腰の防止のためのコリをほぐすストレッチ

ストレッチは体温が上昇してから行う

腰痛と体操

結論:痛みを伴わない範囲で行う。主体的に取り組めばどれも効果がある。

骨盤ヨガについて率直に思うことを、まとめたよ

腰痛体操では苦手な方向を取り入れる

腰痛の体操法

金魚運動の効果

団子虫体操

予防のためのラジオ体操は?

ゴムバンド体操

口開け体操の感想

再発防止のための腰を曲げる体操

キャット&キャメル

ラジオ体操の腰痛治療効果

腰を曲げ伸ばしする体操法について

小まめに腰を反らすとぎっくり腰を防げる

フィットネスクラブの腰痛体操は?

腰痛防止に野口体操は?

急性期のぎっくり腰の緩和のための膝抱え体操

ぎっくり腰防止に有効な「の」の字療法について

ぎっくり腰防止のための呼吸ポンプ法

レジスタンストレーニングの基本

結論:文庫本一冊ぐらいのトレーニングの知識が必要である。

過負荷の原則

筋トレ前の大切なこと。

実施時間帯

筋トレ、体にとっての理想的な時間

筋トレの4つの目的

トレーニング、長期的に続けるコツ

筋トレと遺伝

筋トレ、超回復

筋肉量を増やす方法

筋トレ後の筋力向上の2つの仕組み

筋トレでは筋肉の追い込みが必要

レジスタンストレーニング理論

結論:運動そのものは筋肉を破壊する行為。修復のときに元よりもパワーアップする。

筋トレは1日やって3日休む

筋トレは長期的な腰痛の改善法

ヒップリフトでお尻を鍛えよう。

慢性腰痛の運動は静止性筋収縮

超回復理論の必要性について

多裂筋トレーニングは?

トレーニングビギナーの筋力アップの仕組み

筋力発達の3つの目安

筋トレと筋肉の固さの関係

レジスタンストレーニングの種類

テレビで紹介するトレーニングは無駄

筋トレゆっくり行う理由

筋トレの速度

筋トレと交感神経と副交感神経の作用

有酸素運動

短時間で筋肉を鍛える方法

筋トレの効果を得るためのポイント

筋トレ、クールダウンの目的

筋トレの間違い、導入3週間目で挫折する理由

筋トレ、正しく運動が出来ているかどうかの目安

小筋群だけを選択的に鍛えることはできない

自体重トレーニングの欠点

トレーングビギナーの筋力アップのメカニズム

筋トレ、筋力の無い方の自体重トレーニング

細マッチョになってぎっくり腰を防止するには?

腰痛とスクワット

結論:効果は高い。しかし、間違った方法は膝や腰を痛めやすい

腰痛にスクワットは有効?

スクワットについて

筋トレメニュー

足腰が衰えても出来るスクワットは?

ウェイトトレーニングのコツ

筋肉に有効な刺激

セット数について

1セットでは不十分

満遍なく刺激を与える方法

最大挙上重量

レベルアップしたときの対策

筋肉量を増やす種類

最大挙上重量

強度

効率的な方法とは?

抵抗の加え方

筋肉に加える抵抗とは?

複数メニュー行う場合は?

降ろしきる動作

ストリクト法

ストリクト法とチーティング法

チーティング法

早い筋トレは難しい

スピードは速すぎず遅すぎず

柔道

柔道を強くするには柔道の練習しかないか?

柔道で強くなるトレーニング法

柔道は筋トレで強くなるか?

柔道のスタミナトレーニングは?

アスリート向けの内容

筋力を短期間で高める方法

インターバルの重要性

ミドルパワートレーニング格闘技

ミドルパワートレーニング空手

トップアスリートに短期間でなる

トップアスリートの条件

パワーとスタミナを同時に高める

ミドルパワートレーニング方法は?

オーバーワーク

運動・ダイエット

「運動・ダイエット」カテゴリーを以下の7つに区分します。

歩く

腰痛患者の運動

運動の安全対策

運動理論

運動の誤解

ダイエット

運動器具

最新情報 

腰痛コルセットを付けると背中が痛くなる?

腰痛持ちでも稼げる仕事

猫背だと脊椎の軟骨が減りやすくなるのか?

大腿骨壊死に自転車こぎは良い?

腰椎終板炎による慢性腰痛
過去ページに、
イラストを増や
して理解の促進を
図りました。

柔道を強くするには柔道の練習しかないか?

拘縮

腰痛によりずっと休んでいる、会社に電話しずらい

腰痛は気持ちが変われば治るか?

坐骨神経痛と変形性股関節症には違いがない

うつ伏せで足が上がらない、反らない

椎間板

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

運動理論

結論:運動は沢山の種類に取り組むほど効果が短期間で得られる

走りはじめに体が重くなるのは?

ジョギングで体が重たい

運動を続けるとどんな体の変化が起こるの?

運動連鎖

仕事と競技スポーツと運動の違い

運動はロコモ予防とはなるが、腰痛予防とはならない

おすすめのエクササイズ

予防における出力系と制御系トレーニング

単関節運動の弊害

体を丈夫にする方法

単関節と多関節運動の違い

トレーニングの種類

優先的に鍛える部位

実施しやすいタイミングの目安。

ジョギングの筋トレ効果

筋トレ、2大メニュー

非連結運動と連結運動の違い

エクササイズの流れ

ストレッチ効果

結論:柔軟性はバランス(平衡感覚)を意識すると短期に改善する。

ストレッチとマッサージのぎっくり腰の治療効果の違い

ストレッチとマッサージはどちらが腰に良いか?

有効となるパートナーストレッチ

ストレッチでパワーアップして腰痛を防げる仕組み

筋トレとストレッチは表裏一体

ストレッチ効果を高める方法

ストレッチの正しい目的

筋膜リリース治療とストレッチングの治療効果の違い

体が柔らかくなるのしくみ

ストレッチの神経伝達効果

ストレッチの医学的効果について

ダイナミックストレッチとスタティックストレッチの使い分け

ぎっくり腰防止のためのストレッチ、ストレッチの3つの種類

動的ストレッチは筋肉を固くする。

ぎっくり腰の防止の静的ストレッチの効果

ぎっくり腰と柔軟性

ぎっくり腰患者が陥りがちな柔軟性についての誤解

ぎっくり腰になりにくい体質を作るには柔軟性を養うこと

ならないための拘縮予防

危険性のセルフチェック法と柔軟性の重要性

立位体前屈がぎっくり腰を防止になる理由は?

柔軟性の必要性

結論:固い体はすぐに故障する

柔軟性を高めるメリット

柔軟性低下は腰痛の発生を増やす

股関節の柔軟性とぎっくり腰

股関節を反らすストレッチの必要性

ストレッチ理論

結論:心身ともにリラックスした状態で行おう

腰痛のストレッチはリラックスして行う

腰に良いストレッチには機能解剖が必要

ぎっくり腰治療のためのストレッチは一人ひとり異なる

ぎっくり腰防止のストレッチのポイントは抵抗感

体の動きを柔らかく保つには?

柔軟性とぎっくり腰

ストレッチ運動のポイント

ストレッチ なぜ柔らかくなる

ぎっくり腰の防止のためのコリをほぐすストレッチ

ストレッチは体温が上昇してから行う

腰痛と体操

結論:痛みを伴わない範囲で行う。主体的に取り組めばどれも効果がある。

骨盤ヨガについて率直に思うことを、まとめたよ

腰痛体操では苦手な方向を取り入れる

腰痛の体操法

金魚運動の効果

団子虫体操

予防のためのラジオ体操は?

ゴムバンド体操

口開け体操の感想

再発防止のための腰を曲げる体操

キャット&キャメル

ラジオ体操の腰痛治療効果

腰を曲げ伸ばしする体操法について

小まめに腰を反らすとぎっくり腰を防げる

フィットネスクラブの腰痛体操は?

腰痛防止に野口体操は?

急性期のぎっくり腰の緩和のための膝抱え体操

ぎっくり腰防止に有効な「の」の字療法について

ぎっくり腰防止のための呼吸ポンプ法

レジスタンストレーニングの基本

結論:文庫本一冊ぐらいのトレーニングの知識が必要である。

過負荷の原則

筋トレ前の大切なこと。

実施時間帯

筋トレ、体にとっての理想的な時間

筋トレの4つの目的

トレーニング、長期的に続けるコツ

筋トレと遺伝

筋トレ、超回復

筋肉量を増やす方法

筋トレ後の筋力向上の2つの仕組み

筋トレでは筋肉の追い込みが必要

レジスタンストレーニング理論

結論:運動そのものは筋肉を破壊する行為。修復のときに元よりもパワーアップする。

筋トレは1日やって3日休む

筋トレは長期的な腰痛の改善法

ヒップリフトでお尻を鍛えよう。

慢性腰痛の運動は静止性筋収縮

超回復理論の必要性について

多裂筋トレーニングは?

トレーニングビギナーの筋力アップの仕組み

筋力発達の3つの目安

筋トレと筋肉の固さの関係

レジスタンストレーニングの種類

テレビで紹介するトレーニングは無駄

筋トレゆっくり行う理由

筋トレの速度

筋トレと交感神経と副交感神経の作用

有酸素運動

短時間で筋肉を鍛える方法

筋トレの効果を得るためのポイント

筋トレ、クールダウンの目的

筋トレの間違い、導入3週間目で挫折する理由

筋トレ、正しく運動が出来ているかどうかの目安

小筋群だけを選択的に鍛えることはできない

自体重トレーニングの欠点

トレーングビギナーの筋力アップのメカニズム

筋トレ、筋力の無い方の自体重トレーニング

細マッチョになってぎっくり腰を防止するには?

腰痛とスクワット

結論:効果は高い。しかし、間違った方法は膝や腰を痛めやすい

腰痛にスクワットは有効?

スクワットについて

筋トレメニュー

足腰が衰えても出来るスクワットは?

ウェイトトレーニングのコツ

筋肉に有効な刺激

セット数について

1セットでは不十分

満遍なく刺激を与える方法

最大挙上重量

レベルアップしたときの対策

筋肉量を増やす種類

最大挙上重量

強度

効率的な方法とは?

抵抗の加え方

筋肉に加える抵抗とは?

複数メニュー行う場合は?

降ろしきる動作

ストリクト法

ストリクト法とチーティング法

チーティング法

早い筋トレは難しい

スピードは速すぎず遅すぎず

柔道

柔道を強くするには柔道の練習しかないか?

柔道で強くなるトレーニング法

柔道は筋トレで強くなるか?

柔道のスタミナトレーニングは?

アスリート向けの内容

筋力を短期間で高める方法

インターバルの重要性

ミドルパワートレーニング格闘技

ミドルパワートレーニング空手

トップアスリートに短期間でなる

トップアスリートの条件

パワーとスタミナを同時に高める

ミドルパワートレーニング方法は?

オーバーワーク

運動・ダイエット

「運動・ダイエット」カテゴリーを以下の7つに区分します。

歩く

腰痛患者の運動

運動の安全対策

運動理論

運動の誤解

ダイエット

運動器具