アークス整体院|Q&A

結論:ご不明な点はお電話でご質問ください。

よくある質問を掲載

Q&A(がよくある質問)

◆他店ホームページにも同じようなものが掲載されています。どちらが理に適った説明をしているかを是非とも見比べてください。そしてどちらが納得する説明なのかを見定めてください。すべての回答において他店を上回る正確かつ詳細な情報を掲載させていただいております。


  • 『揉み返しは?安全性は?健康被害は?』

    安全性の追求による他店との徹底した差別化に成功


  • 『柔道整復師(整骨院資格)とはどのような資格ですか?』ケガ・外傷などの安全性に関する専門知識・技術を有していることを証明する資格です。


  • 『女性スタッフは?』男性スタッフが在籍


  • 『プライバシーは?』いかなることであってもすべて秘密厳守いたします

    個人情報はもちろん、患者様の病態・施術中の会話内容など含めていかなる秘密事項も厳守いたします。どのような方でもご心配はありません。また、問診表など、あえて記録をとらないこともできます。もちろんお求めがあれば身分証の提示など必要な身分確認には最大限協力いたします。


  • 『どこまで出張してくれるの?』神奈川県・埼玉・東京都専門です。

    曜日や時間帯・料金のご相談があれば遠方にも出張いたします。遠くなればなるほど出張料金や交通費が加算されますので、他県の場合はよほどの重症か、多人数でないとおすすめできません。継続利用していただける店舗のお客様を優先しているため、遠くにお住いなら、事前にスケジュールを組んでいただき平日や午前など時間帯を調整させてください。土日のビジネスホテルなど反復利用できない方は、時間帯の調整にご協力ください。また、そのような場所から緊急で依頼するのであればささやかなお気持ちなど善意ある対応を宜しくおねがいいたします。


  • 『保険は使えますか?』全て実費診療です

    健康保険や社会保険・医療保険などは万一の傷病に対して適応されるものです。肩こりや腰痛などの慢性的な肉体疲労は仕事や家事・育児などで必然的に発生するものであり、法的には病気としては扱われておりません。したがって整体で取り扱う治療は、保険適応の対象外です。しかし、ご心配がないようにリーズナブルな料金設定ですので安心してご利用ください。もし疲労回復などで保険診療の整骨院などを利用しているとしたら、その保険はすべて骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷という疾患名として扱われており、肩こり・腰痛・肉体疲労は適応範囲ではありません。 利用した医療費はすべて子供達の世代に重い負担として残りつづけます。目先の安さのために保険診療を利用しているのだとしたら将来、非難を受けてしまうことでしょう。すべては子供達のためなのです。どうか理解ある治療院選びをお願いします。少なくともこの文を読んだ人だけは、知らん顔はしないでください。当方は保険資格を所持していますがそのような目的から利用はしていません。

    なぜ安易に負担を背負わせるのですか?


  • 『クレジットカードは使えますか?』使えません。

    お支払いは現金のみとなります。ツケなども効きません、事前にお金を用意してから来店ください。


  • 『予約は必要ですか?』完全予約制ですが、スタッフが空いていればお受けしてます。

    完全予約制とする理由は以下のとおりです。

    1. 予約が混み合っていてご利用できないケースがある
    2. 出張により不在のことがある
    3. 24時間営業としているため、空き時間に身の回りの所用を済ませている。

    スタッフが空いていれば飛び込みや当日予約でもお受けします。ただし、充分な説明などに応じることが難しくなります。ご自身が納得の行く施術をご希望になられるのでしたらできるだけ事前にご予約をいれていただくことをおすすめいたします。


  • 『何分ぐらいで来れる?』訪問の到着時間について★★


  • 『駐車場は?』ありません

    • ご自分の責任で近辺のパーキングをお探しください。
    • 当院は車での来院は奨励しておりません。

  • 『赤ちゃん連れでも大丈夫ですか?』大丈夫です。

    ただし、お母さんから少しでも離れるとグズッてしまう場合は、途中で整体を中断したりするケースがありますので、ご利用いただくお時間について十分に検討させてください。


  • 『2名同時に受けられますか?』2名同時でも大丈夫です。

    ただし、物理療法と平行させていただきます。手揉みの2名同時はできません。この質問は女性のお客様が始めてご来店なされるときに多いです。初めてのお店にお一人で来店されることに抵抗があるからでしょう。低周波治療器・ヘルストロン・ホットパック・足裏整体機などの各種物理療法と平行させていただきます。お一人が整体を受けている間、もう一人は物理療法を受け、終了後にローテーションで入れ替わる形となります。したがって施術時間はお二人でトータル2時間を目安にしてください。物理療法は無料です。お一人につきたっぷり2時間も体を癒せます。来店前に必ず2名同時を希望だとお伝えください。


  • 『移動手段は?』主にスクーターで移動します

    移動に時間がかかりすぎる場合には電車で移動します。

    この質問の真意には

    • 自宅に駐車場は無いけど大丈夫か?
    • どれくらいの到着時間になるのか?
    • 雨が降っていても大丈夫か?
    • 遠くてもこれるのか?
    • 出張を頼める状態なのか?

      など様々な意味合いが含まれています。基本は、スクーターや近隣なら自転車です。


  • 『服装は?』希望があれば着替えをご用意します。

    店舗での施術の場合だけ、無料でご用意しております。普段着のままでも大丈夫です。出張の場合は有料となりますので事前にお申し付けください。。★★

    固いデニムやジーンズより動き安いスウェットやジャージ・パジャマが適しています。

    店舗で着替える場合は、予約時間よりも早めにお越しください。ギリギリにこられて、次の予約までの猶予がない場合はお着替えも時間に含めさせていただきます。

    髪が肩にかかる方は髪留めを持参してください。

    もっと詳しく知りたい方はこちら→服装の詳細


  • 『オフィスなどでも大丈夫?』大丈夫です。

    会社オフィスやスポーツ大会の会場、ビジネスホテル、各種イベント会場などご自宅以外の場所へも出張いたします。ただし、その施設の運営者の許可を必ずお取りください。ご予約のご連絡の際にその旨をスタッフにお伝えください。


  • 『アンチエイジングの効果も期待できますか?』期待できます。

    整体の人体に及ぼす作用の中でもっとも高い効果が『血流改善』なのです。全身の血行が良くなると体がホカホカとあたたまり新陳代謝が活性化されます。最初は腕や足などの末端の冷えが解消されていきます。次に全身の細胞の栄養供給がみるみると向上していくのです。すなわち、美肌効果・若返り効果を促します。また高血圧の解消にもつながり内臓の負担も和ぐことで、長寿にも寄与します。


  • 『何回ぐらいで治りますか?』見てからでないと申し上げられません


  • 『事前の飲酒は?』飲酒した状態はダメです。

    筋肉を揉み解して血流を改善するとお酒が周りやすくなり悪酔いして気持ち悪くなることがありますのでご遠慮いただいております。また、泥酔状態のお客様は意思疎通が困難なため施術ができません。ご注意ください。もし泥酔状態のまま来店された場合や出張を呼ばれた場合は、施術をお受けにならなくともキャンセル料を申し受けます


  • 『ベッドはもってきてくれるの?』マットを100円でお持ちします


  • 『事前の食事は?』お腹いっぱいだと苦しくなります。

    理由

    1. 満腹だと、うつ伏せになったときに苦しくなります。
    2. 麺類や汁物を召し上がった直後に横向きになると、逆流する可能性があります。
    3. 筋肉をほぐして血流が活発化すると胃に集まる血液を分散させてしまい消化によくありません。
    4. 満腹で眠くなったりするとせっかく治療を受けていても眠ってしまい気持ちよさを味わうことができなかったりします。

    ・しかし、お腹が減りすぎて空腹を我慢していることも体によくありません、おやつ程度に抑えていただくといいでしょう。あまり神経質になりすぎるのもよくありません。


  • 『妊娠中なんだけど?』腰・お腹・骨盤の治療は不可


  • 『何歳ぐらいまで受けられますか?』お子様も高齢者もOK

    これまで最高齢で103歳、最年少で5歳の方々が受けられています。ただし、70歳以上の高齢者になってしまうと、触られる刺激に極端に弱くなっていますので強い刺激の施術は行えません。また、自然治癒力が衰えてしまっているために、元通りの状態にまで回復することを目的にするよりも現在の痛みからわずかにでも改善する・気持ち良くなってその場だけでも和らげていただくことが目的になります。どんなに高齢者でも生きている以上は、少しでも楽しみたいものです。また、最近では年少者による熾烈なお受験勉強などでお子様でも肩こりや首の疲れからくる眼精疲労・視力の低下が著しいです。日頃のボディーケアによって視力低下を防ぎ健康な生活を送りましょう。


  • 『揉み返しはありませんか?』筋肉に無理な負担はかけません。


  • 『痛くないですか?』ご希望をお申し付けください。


  • 『強すぎないですか?』ご希望をお申し付けください。


  • 『弱すぎないですか?』ご希望をお申し付けください。


  • 『ボキボキしませんか?』最新のマイクロ振動発生器をつかって同じ効果の治療を安全に行えます。ただしご希望を事前にお伝えください。★★


  • 『施術は道具をつかったりしますか?』基本は手技のみがメインです。施術コースによっては道具を用いることもあります。


  • 『押された場所が痛みを感じた場合は我慢したほうがいいですか?』痛すぎる・不快な場合はご遠慮なくお申し付けください。


  • 『ストレッチで体は柔らかくなりますか?』柔らかくなります。


  • 『施術してもすぐにまた元に戻りませんか?』慢性化した疲労などは、数回通っていくうちに改善されていきます。


  • 『とくに痛みがなくても受けて大丈夫ですか?』もちろんです、ささいなことでも大歓迎です。


  • 『生理中ですが大丈夫ですか?』腰やお腹周り以外なら問題ありません。


  • 『ダイエットや美容などの基礎代謝を高めるメニューはありますか?』基礎代謝を向上させるメニューは確かにあります。


  • 『強もみコースと、通常の違いは?』95%以上の方が通常のコースで十分ご満足いただけますのでヘビーユーザーだけがご覧ください。


  • 『マイクロ振動発生器って何?』振動で関節をほぐす治療器


  • 『ヘルストロンって何?』コリを和らげる健康器具


  • 『低周波治療器って何?』筋肉に局部電流を加えてコリをほぐす


  • 『どこまで分かりやすく説明して くれるの?』説明には4つのコースがあります。


  • 『日本語がしゃべれない・・・』通訳をつれてきてください。


  • 『屋外でも大丈夫?』大丈夫です。ブルーシートを下に敷きます。100円


  • 『なんで24時間営業・年中無休なの?』複数名のスタッフが在籍しており、交代制で働いておりますのでご遠慮は要りません。

    交代制で働いておりますので、ぜひともご遠慮なさらずにお体が御辛いときにはいつでもお申し付けください。(ただし2名同時利用は条件付きとなります。)疲労が蓄積した不十分な体力・精神状態で施術を受け持つことはお客様に対して失礼に当たりますからその点をわきまえて、充分な休息をとるように心がけております。しかし、本心では寝る間を惜しんででも皆様の施術を受け持たせていただきたいと考えているのです。なぜならば、それが私にとっての生きがいでもあり、お客様の喜ぶ笑顔こそが最大の報酬であると考えているからです。私自身、この整体師というお仕事を自分にとっての天職であると思っております。ですから、皆様から整体という貴重な機会を与えていただけることに感謝するばかりであるのです。当然のことながら皆様が困っていらっしゃればすぐにでも駆けつけて少しでも楽になっていただきたいと考えております。困っているときに役に立ってこその治療家でもあるのです。したがって、一般のお店も営業をお休みしている年末年始やお盆・祝日などでも営業しているわけです。簡単に言えばアークス整体院のスタッフ一同は、整体が何よりも大好きでやる気に満ち溢れているからなのです。


  • 『出産後間もないんだけど?』骨盤の歪みを直す大チャンスです。


  • 『利用するかどうか迷っているんだけど?』判断がつかない場合はご覧ください


  • 『胸やお尻に触るの?』触りません。しかし、例外もあります。


  • 『体を触って邪な気分になったりは?』そのようなことは絶対にありません。


  • 『整体ではなぜ保険が使えないの?』保険が使えないのは、万が一に備えるのが本来の保険のあるべき姿だから。

    万が一とは命に関わるような重度な傷病のことです。慢性疲労など真面目に働くものならば誰にでも自然に生じる肩こりや腰痛が保険対象になれば保険財政は破綻します。

ぎっくり腰の代表的質問

結論:ぎっくり腰は整体で治るものが多い

  1. ぎっくり腰とは?ぎっくり腰とは医学的には「急性腰痛症」と呼び、幅広い腰の急性腰痛の総称である。
  2. 症状急激に起こる腰部の激痛により歩行困難、起立困難となり臥位姿勢を余儀なくされ、生活が障害され、極度な精神的な不安を呈すること。
  3. 原因直接的な原因は過度な疲労と背骨の彎曲、そしてスリップディスク(椎間板のズレ)、関節的な背景には3大外傷要因のディスユーズ・ミスユーズ・オーバーユースがある。
  4. 放置すると(無理すると)?椎間板の圧迫症状を解消せぬまま歩き回れば椎間板の変形や、痛みによる逃避歩行など痛い部位をかばった偏った姿勢により余計に痛みが強くなり、永続した椎間板ヘルニアなどに進行するケースがある。
  5. 救急車は?命に関わる方が利用するものであり、その場で動かずに居れば大丈夫なときは利用すべきではありません。まずは様子を診ることが必要です。
  6. 応急処置は? 急性期の炎症症状と、慢性期の患部の血行障害の2つを同時に併せ持つ複雑な病態。湿布を貼付して体を保温し、安静に過ごすが正しい対応。
  7. いつまで様子を診るの? どれだけという決まりはないが症状の経過を見ることが必要。一般的には受傷早期の血管反射(交感神経反射)が過敏な半日(6時間~12時間)だけ様子を見て、痛みが鎮まらない場合は速やかに整体を受診するべき。
  8. 病院は?ぎっくり腰専門というものは民間療法の当院だけの特徴であり、総合病院や整形外科よりもぎっくり腰の臨床経験が豊富です
  9. 緊急性があるのは?①体位変換しても楽なポジションの無い痛み、②排尿排便不能、③我慢できぬほどの安静時痛で痛みが徐々に悪化する。、④発熱・嘔吐などの症状の随伴、⑤明らかな強大な外力によって負傷
  10. 後遺症にはなりませんか?後遺症は椎間板の変形による腰椎椎間板ヘルニア、自宅で寝ていて過ごしていることで生じやすい。受傷早期に見られるスリップディスクを速やかに解消しよう。
  11. クセには?初期に適切な処置を受けなかった場合や、長期間の安静だけの治療では再発する可能性があります。
  12. 死ぬことは?ぎっくり腰ならば直接の死因となることはありません。
  13. 急性期の過ごし方は?初期処置をきちんと受けねばどれほど気をつけても悪化の可能性があります。安静第一、無理は禁物、中腰動作に充分に気をつけ、動くときには油断しないようにゆっくり慎重に動きましょう。
  14. どんな施術?原因となる急激な力によって生じた過重な反射抑制による自然治癒の妨げに対して、①経絡療法による反射抑制の解除、②筋膜リリース操作、③マニュピレーション、④アジャストメント・モビライゼーション、⑤化学物質のドレナージなど原因に対応した方法を行います。
  15. 病院との違い病院では器質的な側面を重視してレントゲンなどの画像診断をし、痛み止めを処方するが、ぎっくり腰は運動器疾患であるため、異常を見つけることもできず、さらにはこの一次痛にはお薬は効かず。整体では機能的な側面にアプローチするため治癒が見出される。
  16. 他院との違い他との違いの一番は熱意!国家資格、高い専門性、きめ細かなギックリ腰患者様へのサポート
  17. 自然治癒まで寝るのは?寝ていて収まるのは炎症反応と筋肉の疲労のみ。挟み込まれた椎間板や捻じれた関節を戻さなければ痛みは容易く再発する。
  18. 自然治癒の期間整体による初期処置の有無により早いものは即改善、受けぬ場合は10日ほどを要することも多い、治癒までに要する日数には性別・年齢・受傷機転など様々な条件によって大きく異なる。
  19. 温めるのと冷やすのは?温めも冷やしもせずに湿布を貼付して、体を毛布や衣類で充分に保温してください。
  20. どうやったら治るの?原因を取り除くことにあります。直接的な原因のスリップディスクの解消、そして間接的な複数の要因を適切に対処することが必要です。多くのものには過剰な伸張反射が影響しております。
  21. 予防トレーニングトレーニングの秘訣は「自分の体力レベルに見合った運動をすること」
  22. 湿布は?ぎっくり腰はアイシングも温熱も症状の悪化につながります。したがって湿布によるリラクゼーション効果を期待しましょう。気持ちよさでリラックスできます。温湿布・冷湿布など気持ちよい方を選ぼう。
  23. 難しいのは?体位変換しても楽なポジションの無い痛み、②排尿排便不能、③我慢できぬほどの安静時痛で痛みが徐々に悪化する。、④発熱・嘔吐などの症状の随伴、⑤明らかな強大な外力によって負傷
  24. 整体で治るの?多くの方がご利用いただいた直後に多くのお喜びのお言葉を残されます。それまでまったく身動きが取れぬ方が自由に起き上がれるようになることもたくさんあります。
  25. 何回ぐらいで治るの?これまでの多くの方が1回で改善を実感されております。わずかな回数で済んでしまうことがほとんどです。
  26. どこが痛くなるの?第四腰椎と第五腰椎の間、そして腰仙関節、この2箇所だけで90%の発生率。その他にも仙腸関節、傍脊柱起立筋群、長期化した例では逃避運動により痛みの箇所がお尻や太もも、ふくらはぎ、背中など広範囲に拡大する

急性期の腰痛対処

結論:ぎっくり腰中は安静にする。動くと悪化する。

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

ぎっくり腰の前兆

初期の経過観察

緊急判断

急性期症状

急性期経過

対処

問診

応急処置

緩和処置急性期

患者の周囲の人の対応

ぎっくり腰の動き方

間違った対処

どうしても動きたいときには?

安静

トイレ・排泄(受傷早期・受傷原因)

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

サブサイト
類似性の高いテーマは
別サイトでご紹介
していきます。

整体師
徳増 豊行
のページ

最新情報

坐骨神経痛は運動してもいいの?

民間医療が痛みを止める仕組み

坐骨神経痛のセルフチェックは?

坐骨神経痛の寝方、痛い方は?

坐骨神経痛の経過

坐骨神経痛にエレキバンは?

坐骨神経痛の休職は?

坐骨神経痛で足の甲が痛い

坐骨神経痛に牽引療法は?

坐骨神経痛とアルコール依存症は関係ある?

坐骨神経痛で座ると痛い

坐骨神経痛がウォーキングで悪化した

坐骨神経痛は整形外科?整骨院?

坐骨神経痛のツボの押し方

坐骨神経痛は首が原因

腰痛の電気治療の効果は?

立ち仕事の坐骨神経痛は?

坐骨神経痛、おすすめの病院は?

坐骨神経痛のむくみ症状

坐骨神経痛の妊婦の症状は?

ぎっくり腰の代表的な質問

結論:ぎっくり腰は整体で治るものが多い

ぎっくり腰とは?

症状

原因

放置すると(無理すると)?

救急車は?

応急処置は?

いつまで様子を診るの?

病院は?

緊急性があるのは?

後遺症にはなりませんか?

クセには?

死ぬことは?

急性期の過ごし方は?

どんな施術?

病院との違い

他院との違い

自然治癒まで寝るのは?

自然治癒の期間

温めるのと冷やすのは?

どうやったら治るの?

予防トレーニング

湿布は?

難しいのは?

整体で治るの?

何回ぐらいで治るの?

どこが痛くなるの?

急性期の腰痛対処

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

ぎっくり腰の前兆

初期の経過観察

緊急判断

急性期症状

急性期経過

対処

問診

応急処置

緩和処置急性期

患者の周囲の人の対応

ぎっくり腰の動き方

間違った対処

どうしても動きたいときには?

安静

トイレ・排泄(受傷早期・受傷原因)

対応・対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

アークス整体院サブサイト
類似性の高いテーマは
別サイトでご紹介
していきます。

ぎっくり腰

◆住所:

東京都豊島区
南長崎
3-15-12
402