靴下だけでのフローリング
生活はぎっくり起こす

フローリング

結論:絨毯を敷く、もしくはスリッパを履こう。

※スポンサーCM

ぎっくり腰の患者の家庭の多くは
フローリングがむき出しである。
ソファーに倒れこむ女性

ぎっくり腰は何も準備
していないときに起こります。

一生の中で1回は絶対に
患うのがぎっくり腰。

にもかかわらず、災害と比べて、
何の備えもありません。

でも、備えが無いからこそ
起こってしまうものかもしれません。

ぎっくり腰になられた患者様の
ご家庭から出張整体のご依頼を
いただきます。

そのときに高い頻度で見かける光景が
あり、それが、

フローリングがむき出しになって

いることです。
フローリングの上を

靴下だけで
靴下

歩いて移動する光景があります。

これが腰痛の原因となるので
注意したいものです。

※スポンサーCM

そもそも、ご家庭によって
「風習の違い」
が大きく現れるのが、
自宅の通路の移動スタイル
ではないでしょうか?

中には小まめに
スリッパを履かれる
ご家庭もあります。
家族の皆さんが、
スリッパを履く。

屋内では常に
スリッパを履いている。

トイレやお風呂に入るときだけ
スリッパを脱ぐ。

スリッパを履く最大の理由は、
衛生面の理由でしょう。

靴下って汚い。
靴下は下着であり、
不衛生。
絨毯や床が汚れてしまう。

出来るだけ靴下は
直接触れないようにする。

もしくは、床や絨毯が汚れている。
だから足元や靴下を汚したくない。
こういう理由で履くこともあります。

もちろん、そういった観点ではなくて、
ただ、靴下で歩くと底が擦り切れて
しまう。
穴の開いた靴下
だからスリッパを履く。
という価値観の
ご家庭もあるかと思います。

確かにスリッパを履くだけで、
靴下の消耗は大幅に減ります。

スリッパを履かない家庭も
結構多い。

※スポンサーCM

屋内で素足で過ごされる
ご家庭も決して珍しくはありません。
ですが、大抵のご家庭はスリッパか、
靴下を履いて過ごされます。

僕が実感している限りでは、

10件中、
スリッパ派は5件、
靴下派は4件、

特に気にせず素足や、
靴下など、
「何でもあり派」は
1件といったところ

今回問題視しているのは、
靴下派と、何でもあり派に
該当する人たちです。

フローリングは
冷えの影響が大きい。

冷たいフローリングの上を
靴下や素足で移動すると、
ぎっくり腰を患うリスクが高まります。

なぜならば冷えの
影響を強く受けてしまうからです。

床下からの冷え

熱は暖かいところから
冷たいところへと、
移動します。

温かい体温は、
冷えた床へと、
常に奪い取られてしまいます。

こういった熱の移動を
「熱伝導」と言います。

熱伝導によって、
体の一箇所でも
冷えたところに接していると、
持続的に体温が
奪われてしまいます。

体温が奪われて、
冷えると、足腰が緊張して
コリが出来ます。
寒さによるコリ
そして、細胞の働きが妨げられて、
痛みが起こります。

多くの方は寒さが体に悪いことは
ご存知です。

寒さが血圧を高くしたり、
風邪を引いたり、
あらゆる体調の不良を招く
ことは知っています。

実際に寒いときにはエアコンや
ストーブを使ったり
厚着をしますからね。

厚着

でも、いくら防寒が万全でも、
足元が疎かですと、足から
熱を奪われてしまいます。

熱伝導に関しては、
多くの方は無防備です。


だから足元の防寒のために、
屋内ではスリッパを
履いていただきたい。

できれば絨毯を敷くと、
床の断熱材として、
冷えから体を守ってくれます。

長年の腰痛にお困りの方には、
スリッパを履く習慣を心がけていただく。

それぐらいの対策でしたら
手軽なものだと思いますよ。

理想は床暖房ですけどね。
床暖房

ぎっくり腰中でしたら、
屋外用のクツを屋内に使ってみる。

では、今現在ぎっくり腰中の方は
どうしたらよいのでしょうか?

靴下派や、「何でもあり派」
の方にとって急なぎっくり腰に
なったときに、
スリッパの備えがありませんよね。

このときの対応法としては、

①靴下を重ね履きする:

靴下は2枚まででしたら、
同じサイズでも重ね履きできますよね。
1枚余分に重ねるだけでもずいぶんと
足元の冷えを防止できます。

②屋外用のシューズがあれば、
一時的に屋内用として使う。

靴底を洗って綺麗にすれば、
屋内でもはけますよね。

こういった方法があるでしょう。

生活場面での腰痛対策

  1. 腰痛持ちの自転車は?妥当なのは電動自転車
  2. 腰痛持ちにディズニーは?心理学的には非常に厳しい。
  3. 腰痛持ちにクロスバイクは?腰痛の度合いにもよる。
  4. 雪かきの腰痛は?雪かきと全く関係ない東京都民が考えたいと思います。
  5. 腰痛持ちに飛行機は?飛行機で不安があるなら、海外や旅行先はもっと不安があると思いますよ。
  6. 靴下だけでのフローリング生活はぎっくり腰を起こす高頻度で見かけるぎっくり腰患者の家庭の光景
  7. 読書によるぎっくり腰の防止のコツぎっくり腰の防止にはできるだけ下をうつむかないようにすることが大切
  8. カートを押したら腰が痛い手の力だけで押すと腰に負担を与える。体重を使って全身で押し出すようにすると良い。
  9. 寝起きのぎっくり腰の防止法布団の中で簡単な体操をして体をほぐしてから起き上がる
  10. ぎっくり腰の発生率を40%減らす方法は起床直後に気をつける発生率を簡単に激減させる方法は確かに存在する。たった一つの配慮をするだけでよい。
  11. 腰を痛めずに顔を洗う中腰になって顔を洗面台に近づけると腰を悪くするため、洗面器にお湯を入れて顔に近づけて腰をかがめない。
  12. 犬を飼う腰痛の効果意外な予防法は犬を飼うこと。散歩など楽しみながら世話することで体を鍛えることにつながる。
  13. 気をつけるべき生活習慣姿勢に気をつけ、規則正しい生活と睡眠、食事と入浴をしましょう。
  14. 対策で習慣付けることはフィードフォアード。ブレーシングをしてから動作をするようにクセ付けて腰椎を守りましょう。
  15. 画面の位置を変えるだけで腰痛は治る綺麗な姿勢になって顔の正面に画面が来るようにすると姿勢が楽に保たれます。
  16. 若者はタクシー習慣を止めようついつい歩くことが面倒くさくてタクシーに乗ったりするものだがお金も掛るし、足腰の衰えを招きます。若い方でしたら1時間ぐらいの徒歩移動は良い運動だと思って積極的に体を動かすようにし、タクシー代を節約しましょう。
  17. 自転車に乗るときの腰の負担強く蹴り出すほど反作用を受けて体がぶれるため姿勢を安定させるために腰の力を沢山必要として腰痛になる。
  18. 防止のために心がけたい日常習慣ぎっくり腰になり安い猫背姿勢は日常習慣として対策すべきものであるが、人体の最大の弱点である内臓を外気や外敵から守るために背を丸めるという防衛本能によるものであり、手のひらでお腹をさするクセをつけると内臓が活発化して猫背が矯正されるため日常でお腹をさする習慣をもつことが良い。
  19. 気をつける日常習慣重たい荷物の持上げ方だけでなく日常の体のコンディションにも気をつけるべき
  20. 床暖房で腰痛リスクを減少腰痛患者の多くが裸足で屋内で過ごすことが多い。スリッパや靴下を履くことで体の熱の漏出を防ぐと腰痛のリスクを減らせるが、これらの履物は足裏の感覚を衰えさせる要因ともなり、安定力を損なわせる。そのため床暖房で裸足でも屋内で過ごせるように出来ることが腰痛対策では理想
  21. 車から降りるときのぎっくり腰の防止車から降りるときには腰を捻って降りようとすると痛めてしまう。到着前に背筋を真っ直ぐに保って骨盤ごと数回の動作に分けて向きを変えることが良い
  22. 規則正しい生活のぎっくり腰防止効果人にはバイオリズムがあり、不規則な生活をしていると調子のムラがどうしても出来てしまう
  23. 怠惰な人でもできるぎっくり腰対策どうしても努力したくはないという方はともかくグリップ力のある靴を履きましょう。
  24. 椅子から立ち上がるときのぎっくり腰の防止法立ち上がるときに先にお尻を持ち上げてから腰をかがめると良い。お尻をくっ付けたまま腰を深く屈めたり腰を動かすと痛めてしまう
  25. 朝早くのぎっくり腰は洗顔や歯磨きの中腰に気をつける片足を踏み台の上にのせると中腰の負担が減る
  26. 関節可動域を高めるために必要な動き関節は真っ直ぐな動きでストレッチをしても可動域を高めることはできず捻る動きを取り入れることが良い。
  27. 腰痛を防ぐには関節を動かす正常な関節は存在を感じないもの
  28. 帰省の長時間の運転でのぎっくり腰対策2時間に1回サービスエリアに立ち寄ること
  29. 慢性腰痛患者が注意するべきエレベーター筋肉には筋紡錘というセンサーがあり、過剰な伸張反射を招くと腰痛を悪化させる。とくに気をつけるのがエレベーターの落下のタイミング
  30. 自動車運転によるぎっくり腰前方に進むときの力によって常に後ろに体が引っ張られるため体の前面の筋肉が固まることが多い

腰痛対策関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

お皿洗いでの腰痛対策

作業場面での腰痛対策

一般防止策

生活場面での腰痛対策

腰痛対策の体の使い方

飛行機バランス動作

立ち上がり

着替え

中長期的観点でのトイレ・排泄

楽に取り組める対策

意識だけで出来る対策

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

椎間板

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

生活場面での腰痛対策

腰痛持ちの自転車は?

腰痛持ちにディズニーは?

腰痛持ちにクロスバイクは?

腰痛持ちに飛行機は?

雪かきの腰痛は?

靴下だけでのフローリング生活はぎっくり腰を起こす

読書によるぎっくり腰の防止のコツ

カートを押したら腰が痛い

寝起きのぎっくり腰の防止法

ぎっくり腰の発生率を40%減らす方法は起床直後に気をつける

腰を痛めずに顔を洗う

犬を飼う腰痛の効果

気をつけるべき生活習慣

対策で習慣付けること

画面の位置を変えるだけで腰痛は治る

若者はタクシー習慣を止めよう

自転車に乗るときの腰の負担

防止のために心がけたい日常習慣

気をつける日常習慣

床暖房で腰痛リスクを減少

車から降りるときのぎっくり腰の防止

規則正しい生活のぎっくり腰防止効果

怠惰な人でもできるぎっくり腰対策

椅子から立ち上がるときのぎっくり腰の防止法

朝早くのぎっくり腰は洗顔や歯磨きの中腰に気をつける

関節可動域を高めるために必要な動き

腰痛を防ぐには関節を動かす

帰省の長時間の運転でのぎっくり腰対策

慢性腰痛患者が注意するべきエレベーター

自動車運転によるぎっくり腰

腰痛対策関連症状

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

お皿洗いでの腰痛対策

作業場面での腰痛対策

一般防止策

生活場面での腰痛対策

腰痛対策の体の使い方

飛行機バランス動作

立ち上がり

着替え

中長期的観点でのトイレ・排泄

楽に取り組める対策

意識だけで出来る対策

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)