ぎっくり腰専門ユークル整体院

ぎっくり腰に寒さは厳禁、体を緊張させるから

寒い北国

結論:寒さによる緊張は動きを狭めて、腰の不必要な動きを招く。

※スポンサーCM

今現在ぎっくり腰を患っているとします。
このときに絶対に守っていただきたいこと、
それは、体を冷やさないことです。
寒さに気をつけてください。

寒さは体を緊張させてしまい、
動きを狭くします。
狭い動きは腰の不必要な
動作を招いて、
ぎっくり腰を悪化させるでしょう。

ぎっくり腰では、寝ていることに
着目するが・・・・

突如ぎっくり腰に陥ったとします。

予期せぬ事態に陥ってしまい
どうするべきか呆然とします。
ぎっくり腰は前触れがありませんからね。

ぎっくり腰で倒れる

こういったときにネットを検索すると、

「とにかく寝ていろ!」

「下手なことはするな!」


などの保守的なアドバイスが多いです。
誰も自分の発言に責任を持ちたくない。

だから保守的な意見が
圧倒的多数を占めます。

ぎっくり腰では助かりたい一心になりますから、
特に発言は慎重にならざるを得ません。

痛みが悪化した人は
「寒さ」に着目しましょう。

※スポンサーCM

こういった保守的な意見にしたがって、
寝て過ごしたとします。

ところが腰の痛みが悪化!

「どうしてなのだろう?」

疑問を感じてしまうことでしょう。
悩む

このときに着目していただきたいことが寒さです。

多くの方はぎっくり腰のときに寝て過ごします。
寝て過ごすことで腰を安定させる。

体位が安定していれば通常ならば
腰の痛みは現れません。

ところがそれにも関わらず痛みが強くなってしまう。
その多くの原因にあるのが寒さ、つまり冷えです。

冷えた部屋で寝ている人

図は仰向けに寝ている人を
頭側から見たものです。
空気が寝ている体の周囲にあります。

空気中の熱は、暖かい空気は高いところに集まります。
そして冷えた空気は低いところに集まります。

ぎっくり腰のときに布団をしいて寝ると、
冷たい空気の中にどっぷりと浸かって
眠ることになるでしょう。

寒さによって体が冷えてしまいます。
するとぎっくり腰が悪化します。

なので、横になって寝るだけでは、
ぎっくり腰は楽にならないこともあります。

このときに心がけていただくことは、
布団をかけること。
「体温の保温」に努めましょう。

掛け布団を使うと、
体温が保たれます。
寒い空気をシャットアウトできます。
布団を使って体を保温する

体温が保たれると、
体の治癒も促進されることでしょう。

冷えると緊張し、体の動きを狭める。
腰の不必要な動きを招く。

※スポンサーCM

ではどうして、冷えることはいけないのでしょうか?
それは「寒さ」は体にとって強いストレスだからです。

寒さで体が緊張する

寒いときには無意識に力が入ります。
力が入ると体は丸くなります。
首をすくめて背中がまん丸になりますよね。

この丸くなった姿勢がぎっくり腰の
痛みを悪化させます。

では、丸くなった悪い姿勢と、
正しい姿勢では
どのような違いがあるのか?
以下の図をご覧ください。
寒さで丸くなった人と、普通の人

向かって左が寒さによって丸くなった人、
右が普通の人です。

普通の人は体がまっすぐなので安定します。
安定すると少ない力で姿勢を保てます。

丸くなっていると、姿勢が不安定です。

姿勢は不安定なほど、
無駄な力を必要とします。

不必要な力を使うほど、
筋肉が緊張します。
緊張するほど、動きが固いです。

固さは、体の動きを妨げます。

動きが狭くなると、
不必要な腰の動きを招きます。

例えば下図をご覧になってください。
体の柔らかい人と固い人の足を持ち上げたときの比較
左が普通の柔軟性の人の
足を持ち上げる角度です。

右は体の固い人の
足を持ち上げる角度です。

体の固い人が、同じ高さまで
足を持ち上げると、腰が反ってきます。

このような不必要な腰の動作が、
あらゆる動作で起こります。

これが腰を刺激して、
ぎっくり腰の痛みを悪化させて
しまうのですね。

寒さは大きなストレスです。
ストレスを遠ざけること。

そのために布団をしっかりと使う。


部屋をストーブで温める。

寒さのストレスの影響を
出来るだけ少なくすると、
ぎっくり腰の治癒も早まります。

応急処置

結論:湿布を張って体を保温して寝る

軽いのになったら?

ぎっくり腰の2種類の対処法

旅先での応急処置

応急処置は安静にする

緩和処置・急性期

結論:力を抜く

健康器具はぎっくり腰の予防とはなるが、治療にはならない

RICE処置について

患者の周囲の人の対応

結論:やさしく労わってあげる

ぎっくり腰の看病は?

周囲の人ができること保護・介護・救護

ぎっくり腰の動き方

結論:ハイハイする

一人暮らしでぎっくり腰になったらどうしたらいい?

足が持ち上がらないのは背中の緊張による。

ぎっくり腰で立てない

腰痛を起こさない立ち上がり方

ぎっくり腰のときの車の運転について

ぎっくり腰は動いた方が良いの?

腰の靭帯を傷めた。どうやって動けば良い?

腰が痛いときの歩き方

間違った対処

結論:軽い痛みを放置して悪化している

陥ったときによるある間違い

鉄棒にぶらさがって伸ばすのは?

寒さは筋肉を緊張させる

月曜日まで放置することの危険性

腰の治療を受けているつもりがほとんど腰に治療をしてもらっていないもの

放置すると(無理すると)どうなる?

選んではいけない療法

痛みの出ている場所と間違った対処について

勘違いしやすい症例

ぎっくり腰を放置するとどうなるの?

どうしても動きたいときには

ぎっくり腰のあと自転車は乗っていいか?

安静

結論:最悪3日は安静にする。
理想は2週間。だけど、そんなに休んだら職場の心証を害する。

腰痛は寝ていて治るのか?

ゴルフ腰の痛み安静期間

絶対安静の是非

ぎっくり腰が癖になるのは安静治療による椎間板のゆがみ

急性期のトイレ

結論:トイレに行けない。だから飲み食いを最小限に控える。

トイレで踏ん張ってぎっくり腰になった

ギックリ腰は大便が出ないって本当?

長時間トイレに行けずつらい

トイレの行き方

ぎっくり腰対処その他

臥位の徒手検査には異常所見はないが、立ち上がると腰に痛みがある

疼痛誘発検査

ぎっくり腰を繰返さないためには痛みの場所を詳しく知ること

ぎっくり腰判別のセルフチェック

ぎっくり腰何日かかる?

ぎっくり腰の仕事復帰

スポーツ選手のぎっくり腰の復帰の目安

ゴルフの再開は?

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

医療機関の対処①

⑤2

ケア・予防

手技

腰痛対策

腰痛対策②

コルセット

※最近更新しているブログです。
https://gikkurisennmonn.blog.fc2.com

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開