荘A[NX̉@

杖の弊害について

結論:
依存することでバランス感覚や
筋力の低下にはなる

※スポンサーCM

ご高齢者の方や身体障害者の方の場合では杖や歩行器などを日常で用いることがあるかと思います。

杖には目的があり、使わずに済む方が用いるものであらず。

こういったものを長期的に使い続けることで体とはどういう変化が生じるのかについて今回は触れて行くのですが、その前に皆様には杖のそもそもの目的について充分にご理解いただきたいと思います。つまり、その目的があるから止むを得ず使用しているのであって、そもそも使わずに済む方が用いるものではないということだけご理解いただければ良いかと思います。

杖の目的

  1. 足腰の痛みの軽減

    体重を免荷することができ下半身に加わる過重の一部を杖に分散することができますので足腰の負担が軽減されて痛みも軽減します。
  2. 足腰の筋力の補助

    筋力の補助と言いますと高齢者や障害者を一番に思い浮かべると思いますが、筋力が充分にある方や青壮年ぐらいの健常者であっても富士登山をするような常人の体力では過酷と思えるような環境では足腰の筋力の補助に杖は有効ですし、スキーなどの競技目的で杖を使うことは適切と言えます。
  3. 体重支持

    杖を用いることができれば体重を杖で支えることができますので体重支持が楽になり姿勢を楽に保つことができます。これによって筋力の衰えたご高齢者などでも立位姿勢の保持が容易になります。
  4. バランス機能

    下肢の筋力や、バランス能力、平衡機能が悪くなっているときでも杖で体を支えることができるためバランスを保ちやすく、転倒による怪我のリスクを防止することができるのです。

ということが代表的な目的になるのです。

一番の目的は転倒防止

そして、やはり何と言ってもやはり一番大きい目的は、やはりバランス機能を補助することによる転倒の防止であるといっても良いでしょう。

転んで大怪我をするのを防ぎ安全にリハビリをするのに必要

ご高齢者や身体障害者の場合は転倒によって骨が折れてしまったり、僅かにコケただけでも大怪我をすることがあるのです。したがいまして、ご高齢者などがリハビリのために運動をしようと思っても外出すること事態が怖くなってしまい出かけることができなくなってしまうのです。そして出かけられずに自宅で安静な生活を過ごすうちにさらに体の廃用が進んで行ってしまうのです。

無理に運動をして怪我をしたら取り返しがつかぬため止むを得ず杖を用いる

※スポンサーCM

したがいまして、本来ならばこのようなものを使わずに日常を過ごした方が筋力を鍛える効果が高いことは間違いありません。バランス能力も杖を使わぬ方が鍛えられることでしょう。しかし、無理に歩行をすることで転倒してしまえば取り返しの付かぬ怪我につながるリスクがありますし、恐怖を払拭せねばまともなリハビリとはなりませんから止むを得ず杖を使っているわけです。

弊害は杖に対しての依存により胴体や足腰の筋力の衰えを招くこと

ではこれを長期的に用いる弊害は何なのかと申しますと、やはり杖に対しての依存が大きいと思います。上半身を前傾させたときとは本来ならば腰に過度な負担が掛かりますので長くその状態を保持することは困難です。すぐに腰が悲鳴を上げるほど辛くなるのが普通です。ところが上半身の過重を杖に分散することができれば腰が曲がった姿勢を取っていても腰がすぐには疲れません。ただし背筋や腹筋などの胴体の筋肉が使われませんし、足腰の負担も軽くなるため、筋力の衰えを呈してしまうのです。

杖に対しての依存はバランス感覚の低下にもつながる。

また、杖でバランス保持を依存しているため、両手でヤジロベーの両腕のようにバランスを取るような動作も困難になります。

したがってバランス感覚も低下しますし、杖無しではふらつき易くなって転びやすくなるのです。

骨粗鬆症の原因ともなる。

また、人間の骨とは常に適度な体重ストレスを骨の内部に与え続けねば骨が脆くスカスカになってしまいます。したがいまして長期的な杖の依存が余計に骨粗しょう症の原因となってしまうのです。

依存するのではなく安全確保して行動範囲を広げる。依存は必要最低限にする。

※スポンサーCM

したがいまして、杖を安全確保のための準備として考えていただき、飽くまでも行動範囲を広げるためのご用意程度だと考えて見てはいかがでしょうか?つまりはこれに依存することを目的に持ち歩くのではなく、足場の悪い所や、疲れが溜まっているときなど状況を絞って活用することを検討してみることが良いと言えるでしょう。これと同じく最近流行の電動自転車なども、どうしても困難な状況だけ必要最低限の範囲で用いていただければ、過度な依存による足腰の衰えを招かずとも済むのです。

依存が体幹の筋力低下を招きぎっくり腰になりやすくなるので上手く使いましょう

ぎっくり腰の防止とはあまり関係がありませんでしたが、杖の依存が体幹の腹筋・背筋・下半身の筋力の低下を招くことから腰部の脆弱化を招き、ぎっくり腰になりやすい体を招きますのでこれを上手く使ってゆくことが大切だと言えるのです。つまり、私達が心の中で抱く『楽』とか『厳しい』という感覚は主観的に捉えるかそれとも親心として客観的に捉えるかでその後の状態に関わってくると言えるわけです。

腰痛対策の道具の考え方

腰痛に効くもの

腰痛患者の道具の考え方

役に立つグッズの考え方

腰痛対策の道具、使うは一時の恥

腰痛対策の道具は買うべき?

役立つアイテム

腰をサポートするアイテムを紹介してください。

力仕事補助アイテム

引越しで腰を痛めないための道具

重たい家具を持上げるには?

リフトを導入するのは?

重たいものを持上げる道具には何がある?

荷物運びで腰痛を防止するなら運搬ワゴンを使う

健康器具

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

腰痛持ちにフラフープは?

腰痛の電気治療の効果は?

ぎっくり腰のときにマッサージ機はいいの?

坐骨神経痛に中山式指圧器はどうか?

ヘルニア患者に人気の牽引療法器具

青竹ふみで腰痛が治る仕組み

コスモトロンは慢性的なお尻の痛みにどう?

坐骨神経痛にパワーポジションボール

中殿筋の疲労を手軽にそして優しく癒すための金魚運動マシン

坐骨神経痛にはヘルストロン

坐骨神経痛の方にはVアップシェイパー

腰痛に低周波治療器のオムロンは?

ぎっくり腰に赤外線治療器は?

家庭用の治療器具による腰痛治療効果

カバン・バッグ

結論:余程の重量、長時間でなければカバンの影響は少ない

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ショルダーバッグをすると腰が痛くなる

反り腰のカバンは?

リュックとバッグ、ぎっくり腰になりやすいのは?

ウェストポーチ療法

リュックとショルダーはどっち?

キャリーバッグの腰の負担は?

クツ

結論:努力をしたくない人に最もおすすめする腰痛対策が靴である。

腰痛に悩むなら靴で予防しよう

腰痛持ちにヒールは?

坐骨神経痛は革靴を止めてスポーツシューズを履く

磨り減った靴は腰を痛める

予防のための靴選び

ハイヒールとの関係

クツ選び

クツとの関係は?

腰痛防止のクツ選びの考え方

ダイエットしたいけど靴のサイズが合わない

足元対策

インソールによる予防

転倒対策には足袋を履こう

スベリ止めマットと腰痛

立ち仕事の腰痛を緩和するなら踏み台

踏み台に足を乗せると腰痛を防げる

ぎっくり腰に松葉杖は?

ぎっくり腰における松葉杖の必要性

一本松葉杖は?

杖を用いるのは?

ぎっくり腰と杖

高齢者の防止のアイテムは杖

松葉杖の使い方、片方の腰の痛み

腰痛と股関節が痛いとき、松葉杖で歩くのはいいか?

杖の弊害について

腰痛に松葉杖は?

軽いぎっくり腰の対処では杖を使う

衣類・身につけるもの

ぎっくり腰では柔らかい服を着る

マスクを使うと腰痛が治る

リストバンドは腰痛予防にどう?

防止のために役に立つ衣類は?

坐骨神経痛に良い下着は?

メガネと腰痛

サポーターの有効性

腰痛を和らげる股引

耳栓を使った腰痛の簡単な対策法

腹巻で温めるとぎっくり腰を防げる

ぎっくり腰防止のための手軽で効果の高いアイテム

ぎっくり腰防止のおすすめグッズは?

ぎっくり腰防止のためにお勧めする衣類

ぎっくり腰防止のための便利アイテムとその活用法

その他道具

テントを張ると腰痛が治る

最大の省力化アイテムは水

腰痛対策は柄の長い道具

痛みを軽くするための伸縮テープ

腰痛と住環境

擦らずに落とせる洗剤

お尻の痛い方に助かる食器洗いアイテム

腰痛患者の自転車選び

腰痛持ちのドア選び

ぎっくり腰を何度も繰り返す患者に絶対必要な道具

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

アークス整体院プライベートブログ


プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

腰痛対策の道具の考え方

腰痛に効くもの

腰痛患者の道具の考え方

役に立つグッズの考え方

腰痛対策の道具、使うは一時の恥

腰痛対策の道具は買うべき?

役立つアイテム

腰をサポートするアイテムを紹介してください。

力仕事補助アイテム

引越しで腰を痛めないための道具

重たい家具を持上げるには?

リフトを導入するのは?

重たいものを持上げる道具には何がある?

荷物運びで腰痛を防止するなら運搬ワゴンを使う

健康器具

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

腰痛持ちにフラフープは?

腰痛の電気治療の効果は?

ぎっくり腰のときにマッサージ機はいいの?

坐骨神経痛に中山式指圧器はどうか?

ヘルニア患者に人気の牽引療法器具

青竹ふみで腰痛が治る仕組み

コスモトロンは慢性的なお尻の痛みにどう?

坐骨神経痛にパワーポジションボール

中殿筋の疲労を手軽にそして優しく癒すための金魚運動マシン

坐骨神経痛にはヘルストロン

坐骨神経痛の方にはVアップシェイパー

腰痛に低周波治療器のオムロンは?

ぎっくり腰に赤外線治療器は?

家庭用の治療器具による腰痛治療効果

カバン・バッグ

結論:余程の重量、長時間でなければカバンの影響は少ない

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ショルダーバッグをすると腰が痛くなる

反り腰のカバンは?

リュックとバッグ、ぎっくり腰になりやすいのは?

ウェストポーチ療法

リュックとショルダーはどっち?

キャリーバッグの腰の負担は?

クツ

結論:努力をしたくない人に最もおすすめする腰痛対策が靴である。

腰痛に悩むなら靴で予防しよう

腰痛持ちにヒールは?

坐骨神経痛は革靴を止めてスポーツシューズを履く

磨り減った靴は腰を痛める

予防のための靴選び

ハイヒールとの関係

クツ選び

クツとの関係は?

腰痛防止のクツ選びの考え方

ダイエットしたいけど靴のサイズが合わない

足元対策

インソールによる予防

転倒対策には足袋を履こう

スベリ止めマットと腰痛

立ち仕事の腰痛を緩和するなら踏み台

踏み台に足を乗せると腰痛を防げる

ぎっくり腰に松葉杖は?

ぎっくり腰における松葉杖の必要性

一本松葉杖は?

杖を用いるのは?

ぎっくり腰と杖

高齢者の防止のアイテムは杖

松葉杖の使い方、片方の腰の痛み

腰痛と股関節が痛いとき、松葉杖で歩くのはいいか?

杖の弊害について

腰痛に松葉杖は?

軽いぎっくり腰の対処では杖を使う

衣類・身につけるもの

ぎっくり腰では柔らかい服を着る

マスクを使うと腰痛が治る

リストバンドは腰痛予防にどう?

防止のために役に立つ衣類は?

坐骨神経痛に良い下着は?

メガネと腰痛

サポーターの有効性

腰痛を和らげる股引

耳栓を使った腰痛の簡単な対策法

腹巻で温めるとぎっくり腰を防げる

ぎっくり腰防止のための手軽で効果の高いアイテム

ぎっくり腰防止のおすすめグッズは?

ぎっくり腰防止のためにお勧めする衣類

ぎっくり腰防止のための便利アイテムとその活用法

その他道具

テントを張ると腰痛が治る

最大の省力化アイテムは水

腰痛対策は柄の長い道具

痛みを軽くするための伸縮テープ

腰痛と住環境

擦らずに落とせる洗剤

お尻の痛い方に助かる食器洗いアイテム

腰痛患者の自転車選び

腰痛持ちのドア選び

ぎっくり腰を何度も繰り返す患者に絶対必要な道具

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書