荘A[NX̉@

打診器の見方|腰痛検査

打診器では反射の検査を行い、反射が亢進しているときには脳の病変が疑われ、減弱しているときには末梢神経の障害が疑われる。健側との左右差を基準に判定する。

※スポンサーCM

※当院に来院できない遠方の方へ

どうか、読んで役に立ったと思った方だけでも下記のコメント欄を書いてください。
来院不能なほど遠い場所に住んでいる方にも、このページに質問され、いままで回答しつづけたつもりです
また、相談事項のある方も下記のコメント欄を使ってください。皆さんの相談をお受けした実績を目に見える形で残させてください。検索アクセスなどの目に見えない形で相談されるとなんの実績も残りません。モチベーションを下げます。僕が姿を見せない人にも相談にも応じた事実をしっかりと評価する義務が皆さんにはあります。

クシャミをしただけでぎっくり腰になる。反射亢進が疑われる。

しかし、最初に受傷機転を聞いたときに単なるクシャミをしたぐらいでぎっくり腰になられてしまわれたということなので、ひょっとすると反射が亢進しているのでは?という疑いをもてたのです。

オートマチックな危険回避能力の反射

人間にはオートマチックで危険を回避する能力である反射という機構が備わっております。例えば転んだときに咄嗟に手を付いてしまうのも反射ですし、画鋲を踏みつけたときにすぐに足を引っ込めるのも反射です。火鉢に触れたときに手を素早く引くことも反射の一つといっても良いでしょう。

考えてから回避すると大事に至るので、考えるよりも先に危険から回避するため

では、なぜこういった機能が必要なのかと申しますと、頭で考えて危険を回避しようとしたのでは反応が遅れてしまうからでもあるからです。火鉢に手が触れたときに「あ!熱い・・・避けよう!」などと悠長に体を動かしていたら大やけどをしてしまいますよね。したがいまして大事にいたらぬように頭で考える前に、先に体を猛スピードで動かして危険から回避しようと働かせるのです。

反射が過剰に働きすぎるとぎっくり腰になることもある。

しかし、こういった反射が時としてぎっくり腰などのように過剰に働いてしまうことで返って毒となってしまうこともあるのです。本来ならばクシャミというものも風邪や喉の粘膜の反射の一つであります。気道に何らかの異物が入り込んだときにそれを吐き出すためにこの反射があるのですが、この反射が余りにも強烈だとぎっくり腰のように腰部をグキっと悪くすることもあるわけです。

強烈な反射亢進が災いして患部を損傷する。

このような状態を反射の亢進と呼びます。反射の亢進は普通ならば何でもないような回避動作がご本人にとって大きな負担となり体を痛めてしまうことにつながるのです。さながらその有様はロケットの発射などに例えられるのではございませんでしょうか?一旦勢い良く打ち出されてしまえば、強制的に停止しようものならば爆発をしてしまうことでしょう。人間の反射の亢進もこのように強烈な推進力によって生じているものであるのです。そして、それが災いして患部を損傷してしまうわけです。

これは脳の運動制御中枢が関係している。反射は脳や脊髄の統制を受けて抑制されている。

では、これに関係しているものは何なのかと申しますと、脳の運動制御をする中枢のはたらきです。人間の末梢神経(手足の神経)とは本来は脳や脊髄の統制を受けており、そこで抑制を掛けられているのです。普段出力する力とは本来のポテンシャルの30%程度だといわれており、トップアスリートになるほどこのポテンシャルの限界に近い能力を発揮することが出来るとも呼ばれております。

※スポンサーCM

※当院に来院できない遠方の方へ

どうか、読んで役に立ったと思った方だけでも下記のコメント欄を書いてください。
来院不能なほど遠い場所に住んでいる方にも、このページに質問され、いままで回答しつづけたつもりです
また、相談事項のある方も下記のコメント欄を使ってください。皆さんの相談をお受けした実績を目に見える形で残させてください。検索アクセスなどの目に見えない形で相談されるとなんの実績も残りません。モチベーションを下げます。僕が姿を見せない人にも相談にも応じた事実をしっかりと評価する義務が皆さんにはあります。

火事場の馬鹿力では安全装置が解除されて考えられぬ力を発揮する。

火事場の馬鹿力という言葉がありますが、それはまさしく脳の抑制を完全に解除してリミッターカットされた状態と言えるわけです。ちなみに余談ですが、リミッターとは車やバイクなどに安全のために設けられた仕組みであり、意図的にある一定の速度以上に速度が出過ぎないようにする安全装置だと思ってください。火事場になるとこの安全装置が解除されますので、お爺さんお祖母さんのような老衰したお体の方が家財道具を抱えて必死になって火事場から脱出したりと通常では考えられぬ力を発揮してしまうのです。

隠された力を持つのは余力の幅を持たせ非常時に備えるため。

しかし、なぜこういった隠された力を私たちは持っているのかと申しますと、ある程度余力の幅がなければ、日々の変化に対応することが難しいからでもあります。たとえば日常的にのんびりとした生活をすごしていても、冬支度などの都合により秋口から忙しくなったりと、余力の限界に近い力の発揮が迫られることがあります。こういった非常事態に備えて隠された力(潜在能力)を秘めておくことで緊急事態に迅速に対応することが可能となるわけです。

脳の異常は反射の亢進を起こす。

ちなみにもしも私たちがこういった反射の亢進が発生するとしたら理由は様々ですが、やはり脳の異常などから運動制御が解除されつつあることが考えられるのです。例えばその代表としてあげることができるのはやはり脳や脊髄の腫瘍、外傷によるダメージなどが上げられるのではございませんでしょうか?

反射亢進は中枢の侵襲だけでなく発熱などでも生じ、咳をしただけでぎっくり腰を起こす。

こういった物理的な侵襲が中枢神経(脳や脊髄)に働けば主要な神経促通が遮断されますので、運動抑制が掛けられなくなり反射が亢進します。しかし、このような重篤な事態だけが原因となるわけではありません。例えば単純な風邪による発熱症状などでも同様のことは生じてしまうのです。風邪を引いたり熱を出したりしますと、やはり脳の温度調整中枢が過剰に働きます。こういった脳の活動性の亢進によって運動神経の興奮性が増大すると反射が亢進し、咳程度でもぎっくり腰を起こしてしまうことがあるわけです。

反射が亢進すると軽く膝を叩くとキックを繰り出すように膝が伸びる。

そして、こういった反射と中枢との連絡の遮断とは分かり安いほどの違いがございます。それは反射の強さになるのです。脳や脊髄が原因となって神経抑制が完全に解除された場合は膝頭を打診器などでコンと叩いてそのときに起こる膝がピョンと動く反射を健側と左右差を見比べるのですが、僅かに叩いたただけなのにさながらキックボクサー並みの強烈なキックを繰り出すように反射が起こります。

失神するときにはグッタリするのとガチガチになるものがある。

皆様も格闘技などでボクシングなどのKOシーンをご覧になっていただきますと、体全体が棒のようにガチガチに固まるような失神もあれば、グッタリと力が抜けたような失神もあることでしょう。前者のガチガチの状態が中枢性の抑制が解除された状態なのです。

ガチガチになるのは危険から身を守るためと、脳に優先的に酸素を供給するのに抹消から酸素をかき集めるため。

なぜこれほどまでに緊張が強まるのかと申しますと、やはり身動きが取れぬ状況で体を周囲の危険から守るためには体の表面の筋肉をプロテクターのように固めてしまうことが防御にとって都合が良いからということでもあると思いますし、筋肉の収縮には酸素を消費するタイプの活動と、酸素の消費を伴わなくても済む活動があるのですが、失神したときは脳に優先的に酸素を供給せねばなりませんので、やはり全身がガチガチに固まり、酸素を消費しないタイプの筋活動を行い、強制的に体の抹消から脳へと酸素をかき集めようと働くのです。

亢進しすぎることは危険

少し話がそれてしまいましたが反射の亢進とはその程度によって危険な状態が隠されているのです。

現弱には末梢神経の障害が関係、筋肉に命令が届けられず生じる。

では、次にこれが減弱してしまうことについて述べて行きましょう。反射が減弱するときには基本的には末梢神経の障害が関係しているといわれております。例えば脳や脊髄が正常な状態ですから運動の制御には問題がありません。

神経が切断されると命令が送り届けられなくなり動かせない

しかし、例えば腕の神経や脚の神経が途中で切断していたらどうでしょうか?この場合は筋肉を動かそうとしてもその命令が筋肉へ送り届けることができませんので動かすことができませんよね。

※スポンサーCM

※当院に来院できない遠方の方へ

どうか、読んで役に立ったと思った方だけでも下記のコメント欄を書いてください。
来院不能なほど遠い場所に住んでいる方にも、このページに質問され、いままで回答しつづけたつもりです
また、相談事項のある方も下記のコメント欄を使ってください。皆さんの相談をお受けした実績を目に見える形で残させてください。検索アクセスなどの目に見えない形で相談されるとなんの実績も残りません。モチベーションを下げます。僕が姿を見せない人にも相談にも応じた事実をしっかりと評価する義務が皆さんにはあります。

骨や筋肉の隙間に神経が挟まれてしまうって動かなくなったりすることもある。

その他にも、骨と骨の隙間や筋肉の割れ目などの隙間に神経が挟み混まれておりその神経促通がその部分で断たれてしまったらどうでしょうか?この場合は当然のことですが運動ができません。したがいまして反射は弱まったり完全に失われてしまいます。

脳が死んだりしても反射は消失する。

ただし、死んだり、眠ったり、意識を失うことで大元になる活動の命令が下されない場合も脳の興奮性が低下しますので同様に反射の減弱・消失が生じます。極端な話になりますが、死んでいて完全に身動きが取れぬ状態であっても電気を神経に機械的に流せば筋肉にエネルギーさえ残っていれば反射は起こるものです。

今回は熱症状が亢進を招いてクシャミでぎっくり腰になる。

ということで、今回の患者様の場合は発熱による熱症状が神経の興奮性を高めてしまい、それが原因となって反射が亢進されてわずかなクシャミ動作でぎっくり腰に陥られてしまったのです。

中期的な経過判断

結論:発症から3週間で慢性化している

時間経過と腰痛

一ヶ月腰痛が治らない原因

ぎっくり腰何日かかる?

ぎっくり腰の仕事復帰

数週間続く腰痛は自然治癒しない

3週間続くぎっくり腰は慢性化している

スポーツ選手のぎっくり腰の復帰の目安

ゴルフの再開は?

1ヶ月以上続く腰痛の原因

安静に寝ている人がぎっくり腰を繰り返す理由

腰痛発生時のもっとも気をつけるべき時期

セルフチェック

結論:セルフチェックはあくまでも目安

簡単に出来るWH法

壁を用いた腰痛のセルフチェック法

ぎっくり腰判別のセルフチェック

下肢の内外旋のセルフチェックによる腰痛予防

四点支持による腰痛予備軍のチェック法

鏡を使った視覚による歩行の修正について

腰痛体操前のセルフチェック

快適な腰部を保つためのチェック法

目を閉じて足踏みするバランステスト

遺伝的なリスクを判定する方法

体重計を二つ用いた検査

ぎっくり腰を繰返さないためには痛みの場所を詳しく知ること

腰痛の検査データ

結論:腰痛は複合した原因がある

腰痛の原因として考えられるもので根拠に基づくものをまとめております。

ここから → 原因

脚伸展力について

腹筋力ついて

背筋力について

腹筋・背筋バランスについて

血圧値について

BMIについて

柔軟性の指標

体脂肪率について

ウエストヒップ比

12分間ウォーキングテスト

疼痛感受性

検査法について

結論:先生に任せれば良い

中腰で起こった腰痛の評価法

臥位の徒手検査には異常がないが、立ち上がると腰に痛みがある。

タイトネスチェック法

打診器の見方

打診器を用いた腱反射テストについて

SLRテストの痛みの出るタイミングとその原因

クラウスウェーバーテスト

ぎっくり腰の2つのタイプ、①曲げて痛い・②反らして痛い

慢性腰痛患者が必ず受けるべき検査

疼痛誘発検査

腰痛の診断で最も確実性が高いもの

腰痛の原因追求

叩打痛との関係

病院の検査では異常がないのに腰痛になった

腰部の高位診断と神経障害の実際

腰痛の痛みの追求方法

診断に用いられるもので、最も有効なもの

トーマステストの注意点

腰椎の側屈評価法

ぎっくり腰の触診法

ぎっくり腰に陥り易い方の評価法

検査の流れ

結論:安静にしても楽なポジションがない腰痛に注意する

一般的な腰痛の検査の流れをご紹介して行きます。

以下の「検査法」のページを最初にご覧になってください。

腰痛の検査法の流れ→ここから検査法

安静時痛有り

安静時痛無し

悪性腫瘍既往歴有り

悪性腫瘍既往歴無し

前かがみで痛い

後ろ反らしで痛い

SLR陽性

SLR陰性

FNS陽性

FNS陰性

ファベレテスト陽性

ファベレテスト陰性

ニュートンテスト陽性

ニュートンテスト陰性

膀胱直腸症状有り

膀胱直腸症状無し

跛行あり

跛行なし

ケンプテスト陽性

ケンプテスト陰性

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

アークス整体院プライベートブログ


プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

中期的な経過判断

結論:発症から3週間で慢性化している

時間経過と腰痛

一ヶ月腰痛が治らない原因

ぎっくり腰何日かかる?

ぎっくり腰の仕事復帰

数週間続く腰痛は自然治癒しない

3週間続くぎっくり腰は慢性化している

スポーツ選手のぎっくり腰の復帰の目安

ゴルフの再開は?

1ヶ月以上続く腰痛の原因

安静に寝ている人がぎっくり腰を繰り返す理由

腰痛発生時のもっとも気をつけるべき時期

セルフチェック

結論:セルフチェックはあくまでも目安

簡単に出来るWH法

壁を用いた腰痛のセルフチェック法

ぎっくり腰判別のセルフチェック

下肢の内外旋のセルフチェックによる腰痛予防

四点支持による腰痛予備軍のチェック法

鏡を使った視覚による歩行の修正について

腰痛体操前のセルフチェック

快適な腰部を保つためのチェック法

目を閉じて足踏みするバランステスト

遺伝的なリスクを判定する方法

体重計を二つ用いた検査

ぎっくり腰を繰返さないためには痛みの場所を詳しく知ること

腰痛の検査データ

結論:腰痛は複合した原因がある

腰痛の原因として考えられるもので根拠に基づくものをまとめております。

ここから → 原因

脚伸展力について

腹筋力ついて

背筋力について

腹筋・背筋バランスについて

血圧値について

BMIについて

柔軟性の指標

体脂肪率について

ウエストヒップ比

12分間ウォーキングテスト

疼痛感受性

検査法について

結論:先生に任せれば良い

中腰で起こった腰痛の評価法

臥位の徒手検査には異常がないが、立ち上がると腰に痛みがある。

タイトネスチェック法

打診器の見方

打診器を用いた腱反射テストについて

SLRテストの痛みの出るタイミングとその原因

クラウスウェーバーテスト

ぎっくり腰の2つのタイプ、①曲げて痛い・②反らして痛い

慢性腰痛患者が必ず受けるべき検査

疼痛誘発検査

腰痛の診断で最も確実性が高いもの

腰痛の原因追求

叩打痛との関係

病院の検査では異常がないのに腰痛になった

腰部の高位診断と神経障害の実際

腰痛の痛みの追求方法

診断に用いられるもので、最も有効なもの

トーマステストの注意点

腰椎の側屈評価法

ぎっくり腰の触診法

ぎっくり腰に陥り易い方の評価法

検査の流れ

結論:安静にしても楽なポジションがない腰痛に注意する

一般的な腰痛の検査の流れをご紹介して行きます。

以下の「検査法」のページを最初にご覧になってください。

腰痛の検査法の流れ→ここから検査法

安静時痛有り

安静時痛無し

悪性腫瘍既往歴有り

悪性腫瘍既往歴無し

前かがみで痛い

後ろ反らしで痛い

SLR陽性

SLR陰性

FNS陽性

FNS陰性

ファベレテスト陽性

ファベレテスト陰性

ニュートンテスト陽性

ニュートンテスト陰性

膀胱直腸症状有り

膀胱直腸症状無し

跛行あり

跛行なし

ケンプテスト陽性

ケンプテスト陰性

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書