ぎっくり腰専門ユークル整体院

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

スーパー銭湯

結論:日常ケアとしては良い。ただし、根本的に治すものではない。

※スポンサーCM

筋トレやマラソン。
ダイエット、
多くの方が挫折を
されたことでしょう。

やはり辛い努力は
長続きしないものです。

日本人ならば、
だれもが大好きな、
銭湯で長年の持病の
膝や腰を治したいものです。

※スポンサーCM

特にスーパー銭湯は、
最近では良く見かけます。

マンションの1階が、
銭湯の方もいるのでは
ないでしょうか?

普通の銭湯が400円
ぐらいの入浴料だと
すると、

スーパー銭湯の
場合は1200円ぐらい
でしょう。

1200円で、
丸々1日過ごせる。

サウナもあります。
仮眠を取ったり
ナイトシアターを
楽しめる銭湯もあります。

今後スーパー銭湯の
需要は今まで以上に高く
なるのでしょう。

膝や腰の治療のために、
スーパー銭湯を
利用したい!

このときにいくつか
気をつける
ことがあります。

その場の痛みは「和らぐ」。
ただし相性がある。

温泉は、
昔から「神経痛」や「リウマチ」
などの効能があります。

私の周囲の体験者の話では
総じて足腰の痛みが
入浴後に軽くなったと
いいます。

私が知る限り、
直接見た限りでは、
温泉やスーパー銭湯で
痛みが改善された方は
おります。

しかし、見たことの
ない世界だって
ありますよ。

ネット上のご相談や
投稿を見聞きする
限りでは、

銭湯の湯船に浸かって
激痛になった人もいます。

湯上りに痛みが
ひどくなった人もいます。

ぎっくり腰中に
湯船に入って
痛みが強くなった人も
おります。

なので、スーパー銭湯
には

「相性」

があります。

残念ながら相性の
合わない人もいます。

きっと相性が合わない人は、
どんなスーパー銭湯を
探しても良いところは
見つからない
のかもしれません。

そういった方は源泉掛け流しの
秘湯の温泉めぐりをするのが
良いのでしょう。

人工的なスーパー銭湯では
痛みが改善されるどころか
悪化する場合もあります。

もしくは、ご自宅で「湯の花」や
「バブ」などの入浴剤を
使ってみる。

気分だけでも銭湯を
楽しんでみる。

そういった方法で
相性が合う人もいる
かもしれません。

※スポンサーCM

痛みが改善されるのは
一時的な効果

そして、もう一つ皆さんに
踏まえておいていただきたい
事実があります。

それは膝や腰の痛みの
改善される効果についてです。

スーパー銭湯が痛みを
改善するのは、相性が
あります。

この相性の上でさらに
条件があります。

痛みが改善する人は、
一回入浴しただけで
根治するわけ
ではありません。

一回どころか
100回入浴しても
弱った足腰は
治らないです。

弱った足腰は、

活発に動くことで
鍛えないと
いけません。

つまり、
スーパー銭湯の
鎮痛効果は
一時的なもの。

痛みが改善されたと
いって、それが一生に
渡って続くわけでは
ありません。

この効果の持続時間は
人によって個人差が
あります。

一日続く人もいます。

2~3日続く人もいます。

湯船に浸かっている
ときだけ楽になる人も
います。

湯上りに数時間して、
体温が下がれば
痛みがぶり返す人も
いるでしょう。

個人差はあります。
でも根本的に
スーパー銭湯だけで
治るものでは
ありません。

持続時間の大小が
あっても結局は
一時的なもの
なんですね。

スーパー銭湯が
痛みを治すのは
「悪循環」
を断ち切ること。

昔から「湯治」という
言葉があります。

昔の人々は、
お風呂で膝や腰を
治していました。

でも、現代医学では
この鎮痛効果は、
熱によって血流が促進
される一時的なものと
されます。

湯船に浸かって、
浮力で体が軽くなります。
これによってリラックスする。
リラックス効果による
痛みの改善とされます。

でも、現実に
昔の人々は治していました。

これは科学を超える
何かがある。
神
そういえません
でしょうか?

私は、
この仕組みは

「悪循環」
悪循環
を断ち切ることに
あるのだと思います。

膝や腰が痛いと、
動きたくありません。

でも動かずにいると、
余計に足腰が衰えます。

足腰が衰えると
痛くなる。

痛いから余計に
歩かない。

この悪循環に
よって痛みがなかなか
治らないのです。

ところが、スーパー銭湯で
くつろぐ。
お風呂に入ってくつろぐ

一時的にでも、
痛みを緩和する。

そうすると、日常の
活動が保てます。

活発な動きを
少しでも保てます。
快適な日常を保つ
これが筋肉の衰えを
防止してくれるのです。

悪循環の鎖を
断ち切ってくれます。

もちろん、こういった
仕組みは科学の力
では、証明できません。

ところが先人達の中には、
非科学的なことであっても
成し遂げた人が実在します。


世の中に沢山の
効能書きを謳う、
温泉があります。

神経痛・リウマチに
効くと呼ばれる銭湯は
沢山あります。

それら全てが
インチキなのでしょうか?

科学で証明
できないから、
ウソなのでしょうか?

そんなことは
ありませんよ。

人は科学では
動かない。


人は理屈で
動くものではない。

人が動くのは、

「心」

だけです。

その心を満たす
仕組みが、
スーパー銭湯には
きっとあるはずです。

これで一発で
治るわけでは
ありません。

温泉や銭湯で
一発完治するほど
痛みは甘く
ありませんよ。

でも、治療の要素として
組み入れることで、
痛みを上手くコントロール
して行けるはず。

痛みをコントロールして、
日常をつつがなくこなす。

これが治療につながるのだと
私は信じています。

現実的に通い続けることは
困難・・・

ただし、悪循環を断ち切って
痛みを治す効果があることは
事実でも、現実には
いくつかの問題があります。

スーパー銭湯に通う
最大の問題は、

やはり・・・・・




やはり・・・・




お金!
お金

普通の銭湯でも、
入浴料は安くても
400円
は掛かりますよ。

スーパー銭湯は
1000円以上します。


銭湯に1ヶ月通えば、
30日×400円で、
1万2000円!
金額に驚く主婦
「む・・
無理!」

そう、無理なんですよ。

庶民にとって1万2千円は
大きいですよ。

1万2千円払って、
一発完治するなら
安いです。

でも現実は何度
通っても治らない。

あくまでも一時的な
効果ですよ。

それが、スーパー銭湯に
なると3倍!

3万円
金額に驚く男性
えっ!
ウチの家賃よりも
高いぞ!


背筋が凍りついた
人もいるのでは
ないでしょうか?

一時的な効果に、
そんな大きなお金を
払い続けられませんよ。

だからこそ、スーパー銭湯で
膝や腰を治すことは
難しいのかもしれません。

入浴剤を使うこと。

では、どうしたらよいのか?
それはお金を掛けない方法を
考えることです。

自宅のお風呂を使っていただく。
温泉の変わりに入浴剤を
用いてみる。
入浴剤とお風呂

これならば、多くの方にとって
無理がありませんよね。

そして、入浴剤でしたら
楽しみながら色々と、
アレンジできます。

楽しみながら
毎日出来ることに
取り組む。

毎日の体の痛みを、
癒せること。

悪循環を起こさせない。

こういった心がけによって
少しずつ良くなるのだと
思いますよ。

お金が無いなら
「日光浴」をする。

「お金を掛けずに自宅の
お風呂に入る。」

とは言っても、
湯船にお湯を張るのも
そこそこのお金が
掛かります。

1ヶ月数千円の
出費にはなるでしょうね。

毎日の入浴は、
ササッとシャワーを
浴びる。
シャワー
これぐらいに
留めないと
いけないご家庭も
あるでしょう。

そういったお金を
掛けられない
ご家庭では、さらにお金の
掛からない方法を考え
なくてはなりません。

この場合は無料で
取り組める方法として
「日光浴」があります。

要するに屋内の日の
当たる場所で、
「日向ぼっこ」
をする。

日向ぼっこ

猫も気持ち良さそうに
日向でくつろいで
いますよね。

こうしていただくと
お金を掛けずに
お風呂に入るのと
同等の効果を
得られるはずです。

猫がうらやましいですね。

緩和処置

結論:体の抵抗力をつける

痛みを和らげる方法

施術

どういったことに注意して施術するの?

MSS療法

温熱療法

結論:温めると細胞の働きが活発化する

(入浴は別カテゴリー)

めやす

目的

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

お風呂の腰痛治療効果

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

温泉後の体の痛み

ぎっくり腰の治りかけに温泉は?

お風呂の鎮痛の仕組み

お風呂の適応判断

お風呂の弊害

結論:患部に染みて痛みが悪化する人もいる。

温泉に入ると腰が痛くなる

お風呂のありがちな間違い

腰痛にスーパー銭湯は?

温泉に入ったら痛みが強くなりましたどうしてですか?

入浴で気をつけること

結論:強い痛みのときには入らない。

どうしてもお風呂に入りたいなら?

腰痛では部分浴にも気をつける

アイシング

結論:冷やすことは治療よりも鎮痛効果が期待できる

ぎっくり腰の時のアイシングの流れ

ぎっくり腰、冷やす効果

発生時のアイシングの目的

ぎっくり腰冷やす期間

間違ったケア

結論:楽なことは体にとって必ずしも正解ではない

ぎっくり腰で揉み返しになった

ケア

ぎっくり腰のケアで気をつけること

ぎっくり腰は揉んで治るのか

予防策

床に直接寝るのはぎっくり腰にとってどう?

ぎっくり腰の予防の重要性

ぎっくり腰の防止法

靴下だけでのフローリング生活はぎっくり腰を起こす

読書によるぎっくり腰の防止のコツ

ぎっくり腰の発生率を40%減らす方法は起床直後に気をつける

ぎっくり腰にならないための筋肉の使い方

動作をゆっくり行なうぎっくり腰防止法

ぎっくり腰にならない動きのワンポイント

ぎっくり腰防止に気をつけることはヘソ

しゃがむ動作で腰を温存

ぎっくり腰の慢性化を防止するための体の使い方

低いところに手を伸ばすときのぎっくり腰防止

靴下を脱ぐときにぎっくり腰になった

ストッキングを履いて起こるもの

ストッキングを履いて悪化

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

医療機関の対処①

⑤2

ケア・予防

手技

腰痛対策

腰痛対策②

コルセット

※最近更新しているブログです。
https://gikkurisennmonn.blog.fc2.com

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開