荘A[NX̉@

ぎっくり腰を楽に防止する方法

結論:若い頃の筋肉量を老後もキープできるように一定量の運動を若いうちから続けること

※スポンサーCM

ぎっくり腰の防止のためには物理的な持上げ方だけに着目したのでは難しい。
加齢による体力の低下によっていずれ物をもてなくなりぎっくり腰が発生する。
基礎体温に着目することが大切。基礎体温が高ければ全ての疾患やぎっくり腰の発生率が下がる。
筋肉量の影響を受けており、高齢になってから鍛えて筋肉を増やそうとするのにはどうしても無理がある。
若い頃の筋肉量を少しでも保持したまま老後を迎えられるように一定量の運動を継続的に続けることが大切。

※スポンサーCM

ぎっくり腰を防止するためには出来るだけ上半身を鉛直(垂直)に保ち、前屈みにならず。低いところに手を伸ばすときに膝を曲げてしゃがみ込むと良い。などとあらゆる文献に書かれております。ある程度筋力のある方でしたら引越しなどの荷物運びのときにだけ気をつけてそれを実践することでぎっくり腰が防止できますが、人間は歳を取るもの。年々体力が衰えて行きますと次第に軽いものを持上げるとき、何も持たずに立ちあがろうとするときでもぎっくり腰が発生するようになることがあります。こうなると常にそういったことを意識しないといけませんのでとても面倒くさくなります。

もっとも楽な方法は基礎体温・基礎代謝に着目すること。

ではどうしたら最も楽に、何もせずにぎっくり腰を防止できるのかともうしますと、最も楽な方法はやはり基礎体温・基礎代謝に着目していただきたいと思います。基礎体温は何もせずじっとしているときの体温のことです。一般的に運動をしたりすると体温は上昇します。このときには基礎代謝が増えて沢山のエネルギーを使って熱を作り出しているわけです。そのエネルギーが体を動かすわけです。基礎体温は言ってみれば車などの排気量に相当すると言えます。若いアスリートが何千CCのスポーツカーだとしたら、年々歳を取るたびに排気量が少なくなり、子供や高齢者になりますと原付バイクぐらいエンジンが少なくなりますので基礎体温は常に低くなります。

この基礎体温が高い方は何もせずにして高齢者などでいうところのジョギングやウォーキングをしているときぐらいの体温を保つことができますので体の組織を構成する分子が活発に動いて柔軟な状態が保たれぎっくり腰の発生リスクは限りなく少ないです。ところが中高年になったりと次第に代謝が落ち込んで基礎体温が下がると余程体温を上昇させてから運動に挑まないとすぐにぎっくり腰を起こします。

※スポンサーCM

基礎体温を高めるためには鍛えるのではなく、若い頃の状態を保つこと。

では私たちはどうしたら基礎体温を高めることができるのでしょうか?これは高齢者になってから慌てて体を鍛えて筋肉を増やし、熱産生量を高めようとがんばってもやはり遅いです。筋肉は鍛えるのにとても苦労する特性があります。薄皮を張り合わせるように少しずつしか発達しません。そのような考えでは基礎体温の低下を防止することは困難。そこでオススメすることはできるだけ若い頃の状態を維持することに着目していただくことが良いです。筋肉を鍛えて増やそうとするのではなく今ある筋肉をできるだけ老後まで保っていられるようにするのです。水も冷えた状態から加熱するよりも魔法瓶のようなもので温まった状態を保っていれば、加熱するのは楽です。それと同じく筋肉量を保つべく毎日30分ほどの運動を若い頃から毎日実施することで筋肉量を老後にも残していただければぎっくり腰の発生を防止することにつながるでしょう。

腰痛対策の体の使い方

ぎっくり腰にならないための筋肉の使い方

腰痛防止の筋肉の使い方

ぎっくり腰のちょっとした防止法は構えを作る

動作経済4原則について

踏み台に片足を乗せると腰の負担が和らぐ理屈

一歩踏み込むと腰の負担が減る

腰痛にならないための体の使い方

動作をゆっくり行なうぎっくり腰防止法

腰に負担の掛けない起き上がり方

ぎっくり腰にならない動きのワンポイント

ぎっくり腰防止に気をつけることはヘソ

腰を入れるとぎっくり腰にならない

しゃがむ動作で腰を温存

防止のためのマザーハンドの考え方

ぎっくり腰の慢性化を防止するための体の使い方

低いところに手を伸ばすときのぎっくり腰防止

腰痛防止のための歩行の足の使い方

予備動作で止まればぎっくり腰は防げる

急に動くとぎっくり腰を起こす

極端な動作に気をつける

ぎっくり腰は一瞬だけ注意すれば防げる

斜めに動けばぎっくり腰を防げる

飛行機バランス

※低いところに手を伸ばすときに後ろ足を後方に持ち上げてバランスを取ること

結論:軽いものを持ち上げるなら便利

ぎっくり腰防止のための飛行機バランス

片足を持上げる前屈動作と腰部負担

片足を後方に持上げるとなぜ楽に腰を屈めることができるのか?

後ろ足を持上げながら低い位置に手を伸ばすとぎっくり腰になりにくい理由

立ち上がりの腰痛

結論:軽く腰を落とすと立位の腰の痛みが和らぐ

椅子に座るとすぐに立てず、中腰になってしまう

腰痛持ちのベッドからの立ち上がりのときの注意点

立ち上がるときの腰痛の防止法

立ち上がり動作に見られる腰痛発作

イスからの楽な立ち上がり方

膝を鋭角に曲げると腰を痛めずにイスから立てる

イスから立ち上がろうとしてぎっくり腰になった

イスから立ち上がるときの痛みについて

着替え

結論:腰をかがめないこと。座って着脱する

靴下を履くときのぎっくり腰の対策

靴下を履くときのぎっくり腰対策はイスに座る

靴下を履いてぎっくり腰になりやすい人

靴下を履くときにぎっくり腰になった

靴下を脱ぐときにぎっくり腰になった

ズボンをはく動作でのぎっくり腰対策

ストッキングを履いて起こるもの

ストッキングを履いて悪化

中長期的観点でのトイレ・排泄

結論:トイレに手すりをつけると排便が楽

きばると腰が痛くなる

トイレで力むと腰が痛い

便意を我慢するとお尻が痛い

便意をもよおすとお尻が痛くなる

長便所と腰痛

オシッコで目が覚めて眠れず

トイレ行きたくて目が覚めるが漏らしてしまう

便秘と排便反射について

抑うつ状態でオシッコを漏らしてしまう

深夜のオシッコはぎっくり腰の危険大

楽に取り組める対策

結論:テレビやパソコンの画面を高くしてうつむかないこと。

楽に防止する方法

手軽に実施できる意外な防止法

足腰が衰えて歩けない患者のものの対策

ぎっくり腰防止のための腰の負担の緩和法

防止するためのキーワード

これさえやれば腰痛が治るものとは

どうしたら弱まった腰でも無理せず日常を過ごせるのか?

腰は消耗品

ぎっくり腰防止のために心がけていただくべき日常習慣

防止するために日常で心がけていただきたいこと

簡単な対策法

意識だけでできる対策

結論:片時も腰痛のことを忘れないこと

腰痛予防とは健康を高めること

意識するだけの手軽な防止法

家庭内でのぎっくり腰の簡単な防止法

防止するための未病についての考え方

ぎっくり腰の慢性化を防止するための考え方

発生を抑える誰にでもできる方法

ぎっくり腰の簡単な防止の考え方

ぎっくり腰の防止のために行っていただきたい常識的なこと

ぎっくり腰防止のために役立つ身体シグナル

ぎっくり腰防止で着目するべきこと

使用度の低い部分を意識する必要性

腰痛治療における最も大切な考え方

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

※ご意見やご要望は下記のコメントボックス
から直接送信できます

アクセス解析でメッセージを送信される方がいますが、ログインの手間が無駄です。1か月に1回しか見ていません。

山ほどのデータを見ることは不可能です。
アークス整体院プライベートブログ


プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

腰痛対策の体の使い方

ぎっくり腰にならないための筋肉の使い方

腰痛防止の筋肉の使い方

ぎっくり腰のちょっとした防止法は構えを作る

動作経済4原則について

踏み台に片足を乗せると腰の負担が和らぐ理屈

一歩踏み込むと腰の負担が減る

腰痛にならないための体の使い方

動作をゆっくり行なうぎっくり腰防止法

腰に負担の掛けない起き上がり方

ぎっくり腰にならない動きのワンポイント

ぎっくり腰防止に気をつけることはヘソ

腰を入れるとぎっくり腰にならない

しゃがむ動作で腰を温存

防止のためのマザーハンドの考え方

ぎっくり腰の慢性化を防止するための体の使い方

低いところに手を伸ばすときのぎっくり腰防止

腰痛防止のための歩行の足の使い方

予備動作で止まればぎっくり腰は防げる

急に動くとぎっくり腰を起こす

極端な動作に気をつける

ぎっくり腰は一瞬だけ注意すれば防げる

斜めに動けばぎっくり腰を防げる

飛行機バランス

※低いところに手を伸ばすときに後ろ足を後方に持ち上げてバランスを取ること

結論:軽いものを持ち上げるなら便利

ぎっくり腰防止のための飛行機バランス

片足を持上げる前屈動作と腰部負担

片足を後方に持上げるとなぜ楽に腰を屈めることができるのか?

後ろ足を持上げながら低い位置に手を伸ばすとぎっくり腰になりにくい理由

立ち上がりの腰痛

結論:軽く腰を落とすと立位の腰の痛みが和らぐ

椅子に座るとすぐに立てず、中腰になってしまう

腰痛持ちのベッドからの立ち上がりのときの注意点

立ち上がるときの腰痛の防止法

立ち上がり動作に見られる腰痛発作

イスからの楽な立ち上がり方

膝を鋭角に曲げると腰を痛めずにイスから立てる

イスから立ち上がろうとしてぎっくり腰になった

イスから立ち上がるときの痛みについて

着替え

結論:腰をかがめないこと。座って着脱する

靴下を履くときのぎっくり腰の対策

靴下を履くときのぎっくり腰対策はイスに座る

靴下を履いてぎっくり腰になりやすい人

靴下を履くときにぎっくり腰になった

靴下を脱ぐときにぎっくり腰になった

ズボンをはく動作でのぎっくり腰対策

ストッキングを履いて起こるもの

ストッキングを履いて悪化

中長期的観点でのトイレ・排泄

結論:トイレに手すりをつけると排便が楽

きばると腰が痛くなる

トイレで力むと腰が痛い

便意を我慢するとお尻が痛い

便意をもよおすとお尻が痛くなる

長便所と腰痛

オシッコで目が覚めて眠れず

トイレ行きたくて目が覚めるが漏らしてしまう

便秘と排便反射について

抑うつ状態でオシッコを漏らしてしまう

深夜のオシッコはぎっくり腰の危険大

楽に取り組める対策

結論:テレビやパソコンの画面を高くしてうつむかないこと。

楽に防止する方法

手軽に実施できる意外な防止法

足腰が衰えて歩けない患者のものの対策

ぎっくり腰防止のための腰の負担の緩和法

防止するためのキーワード

これさえやれば腰痛が治るものとは

どうしたら弱まった腰でも無理せず日常を過ごせるのか?

腰は消耗品

ぎっくり腰防止のために心がけていただくべき日常習慣

防止するために日常で心がけていただきたいこと

簡単な対策法

意識だけでできる対策

結論:片時も腰痛のことを忘れないこと

腰痛予防とは健康を高めること

意識するだけの手軽な防止法

家庭内でのぎっくり腰の簡単な防止法

防止するための未病についての考え方

ぎっくり腰の慢性化を防止するための考え方

発生を抑える誰にでもできる方法

ぎっくり腰の簡単な防止の考え方

ぎっくり腰の防止のために行っていただきたい常識的なこと

ぎっくり腰防止のために役立つ身体シグナル

ぎっくり腰防止で着目するべきこと

使用度の低い部分を意識する必要性

腰痛治療における最も大切な考え方

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書