荘A[NX̉@

ぎっくり腰防止のための栄養学、食物渇望

結論:無性に食べたいものに必要な栄養素が含まれている

ぎっくり腰は従来は重たい荷物を持上げたりと無理を重ねて発生した。
だが、近年では体の虚弱によって引き起されることが増えた。

その背景には食事による栄養不足がある。
食事によるエネルギー量は十分でも必要な栄養素が満たされていないことが上げられる。
栄養学は忙しい現代人には学ぶことは難しい。
だが食物渇望に着目すること。
無性に食べたくなる食材は体にとって必要な栄養素が含まれている。
積極的に摂取を心がけよう。

※スポンサーCM

とくに女性の方に多いぎっくり腰として近年では休息に増加しているのが栄養不足から由来するぎっくり腰です。ギックリ腰と言いますと男性の方だけに起こるものという印象があるかもしれません。土木工事で重たい荷物を運んだり、セメント袋を担いだり、もしくは運送屋さんなどで力仕事をされたりするイメージです。

もちろん従来ではそういったイメージどおりでぎっくり腰のほとんどは力仕事によるものでした。ところが近年では重たいものを持上げたり、無理をしてなってしまうというよりも、人の力が衰えてしまって発生することが増えているのです。つまり肉体労働は減少して体の虚弱が原因での発生が増えているのです。

そういった方々の主なぎっくり腰の原因として挙げられるのが栄養不足です。

多くの方が食をおろそかにしており、空腹を我慢して過ごしている。力が弱まって腰を痛め安い

ではどうして栄養不足になるとぎっくり腰になりやすいのか?ここはザックリとお答えしますと栄養不足になるほど体が虚弱になりますので力が弱ってヘッピリ腰になってしまうからなのです。弱々しい体になれば当然力が弱まりますので普通の方なら何も問題なくできるような肉体作業であっても腰を痛めてぎっくり腰に陥ってしまうわけです。

※スポンサーCM

問題となるのが栄養学の知識、忙しい現代人には何から手をつければ良いのか分からない。

ではどうしたらこういった問題を解決できるのかと申しますとやはり栄養をしっかり摂って体に必要なエネルギーや栄養素を不足させないことが大切です。

エネルギーと栄養素は少し内容が異なります。米やパン、お肉、マーガリンなどの食べ物に代表される糖質・脂質・タンパク質はエネルギーとなります。このエネルギーを存分に働かせるために体の構成材料として必要となるのがその他のビタミンやミネラルなどの微量栄養素です。エネルギー源がいくらしっかり有っても微量栄養素が不足していると体が機能しないこともあります。例えば昔の船乗りは長期間の航行でパンや米、付け合せのスープと漬物など質素なものだけを食べておりました。そうしたところ航行期間が長くなるほどにしっかりと食事をしているにも関わらず病気で倒れてしまい中には死んでしまうものも現れるようになったのです。これの多くはビタミンB1不足による脚気という病気によるものです。脚気の対策としてオレンジなどのフルーツを食べるようになったら船乗り達の病気が起こらなくなったということから微量栄養素に着目されるようになりました。

ところがこういった栄養素も無数に存在して、基本的には不足していてはダメなのですが、どれから摂取したら良いのか?今自分にとって必要な栄養素とは一体何なのか?これが分かりません。十分に充足しているものを一生懸命に摂取しても栄養素の無駄になってしまいます。過剰に体内に溜めておくことはできないからです。

食物渇望に着目する。、無性に食べたくなるものに必要な栄養素が含まれている。

※スポンサーCM

では具体的にはどうしたら良いのかと申しますと、さすがに皆様がお忙しい時間を縫って難しい栄養学や薬学の知識を身につけることは不可能です。そこで着目していただきたいのが『食物渇望』です。これはどういったものなのかともうしますと、普段の生活を過ごす中で無性に『あ!これが食べたい!』という欲求に駆られてしまうことがあると思います。こういった無性に沸き起こってくる特定の食材に対しての渇望のことを食物渇望と呼びます。

私達の体内の不足している栄養素とは多くの場合がこの食物渇望に沿ってお召し上がりになっていただくと不足した栄養素を補うことができるように出来ております。

ネコや犬は毎日365日キャットフードやドッグフードを食べますが、人間の食べ残した残飯である猫マンマなどを与えると大喜びでキャットフードをそっちのけでそちらを食べます。彼らにとって食物渇望によって普段食べ飽きたフードはもはや栄養素が過剰になっているため、不足しているものを食べるためにそういった違う栄養を求めているのです。これと同じく皆様も難しい栄養学の知識がなくても食物渇望に着目していただければきっと不足した栄養を補うことができることでしょう。

もりもり食べてぎっくり腰に負けない体を作りましょう。

腰痛と食事・栄養

結論:食事は長期的な対策

ぎっくり腰のときの料理は?

ぎっくり腰にカレーは?

ぎっくり腰の食料

ぎっくり腰、腰が痛くて食材の買い物に行けない

猫舌対策で腰痛は治る

食事による長期的な腰痛対策

結論:好き嫌いせず何でも食べる。

食事中体幹前傾になってしまう。

坐骨神経痛が不足している栄養素を知る方法

坐骨神経痛に良い食事

坐骨神経痛患者の現代女性が陥りがちな食事要因

坐骨神経痛にかいわれ療法

坐骨神経痛と食事との関係

ぎっくり腰のときの食事

食事制限による体重コントロール

インスタントフードの弊害と野菜の必要性

食物渇望

飲み物

結論:温かいものを飲む

ぎっくり腰に野菜ジュース

ダイエットと食事

結論:無理な食事制限は続かない。

食事制限が嫌な人向けの方法

サプリメント

結論:お金が無い人はサプリメントは選ばない

坐骨神経痛にグルコサミン・コンドロイチンは?

坐骨神経痛に馬プラセンタ

坐骨神経痛にハーブ

核酸サプリメント

DHAサプリメントとの関係について

筋肉硬直 L(某サプリメント)

坐骨神経痛 便秘 サプリメント

腰痛持ちどんなサプリメントを飲んでますか?

プロテイン

結論:筋トレしてる人だけ、プロテイン飲むと筋肉がつく

ぎっくり腰を早く治したい。プロテインは?

プロテインで慢性腰痛は治るか?

プロテイン

腰痛とカルシウム

結論:カルシウムは日本人のすべてが不足している

子供用のカルシウムサプリは?

腰痛防止に重要な栄養素はカルシウム

防止のためのカルシウム摂取について<

腰痛とお酒

結論:腰が痛いときには飲まない

ぎっくり腰中の飲酒

ぎっくり腰、アルコールはいつから?

お酒を止めると腰痛が治る

いつまで禁酒するのがいい?

なぜ泥酔者の施術をお断りするのか?

禁酒をしたら筋肉がついた

ぎっくり腰、分かっているけどお酒が飲みたい

酒で腰痛を治す方法

たばこ

結論:タバコには害悪しかない

慢性腰痛とタバコとお酒

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

慢性期判断、検査

⑤-1医療機関の対処①

⑤-2

⑤-3手術関連

ケア

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

食事療法

総合案内
クリックで展開

ぎっくり腰専門