ぎっくり腰の初期の対応|コルセット活用

ぎっくり腰の初期は安静にしてアイシングと腰痛ベルトで痛みを抑えましょう。1週間後からぎっくり腰体操を導入して体を四つんばいで揺すります。腰の筋肉を緩めていくと痛みが和らぐこともあります。整体を利用することで多くの方がご満足されておりますので是非ご相談ください。

※スポンサーCM

ぎっくり腰の初期は安静にしてアイシングとコルセット固定をしましょう。

ぎっくり腰の治療と言いましても、初期症状は過ぎております。
ぎっくり腰が発症した直後では、安静にすることが必要です。
その上で、患部をアイスパックなどで冷やし、応急処置をしていきます。
応急処置としては、整体治療を受けていただくことと、腰痛ベルトなどで腰を固定することです。

コルセットが無い場合はサラシで代用、もしくはドラッグストアで購入する。

ご自宅にこれがないような時には、サラシなどで固定しても大丈夫です。
ドラッグストアなどでもベルトは販売されていますので、購入しておいても良いかもしれませんね。ただしドラッグストアにあるものは腰痛ベルトだけでなく産後の骨盤矯正などの目的のベルトもありますので目的に合ったものをお選びください。

術後1週間後からぎっくり腰体操を実施する。

この2つによって少しは身動きがとれるようになってきますので、術後1週間後ぐらいから、ぎっくり腰体操を行ってみましょう。

四つんばいの体勢にて前後にゆっくりと体を揺らす

ぎっくり腰体操とは、四つん這いの体勢になって行うもので、四つん這いのまま手と膝の位置は動かさずに前後へ身体を揺すります。急激に身体を動かしてしまいますと、痛みがぶり返してくることがありますので、ゆっくりと無理のない範囲で行うようにして下さい。

次第に動かせる範囲を大きくし、ゆっくりと移動できるようにする。

痛みが取れていくことで少しずつ動かせる範囲が大きくなってきます。
身体を前後に揺する以外にも、お尻を左右にゆっくりとふることも出来れば体操としてやっておきたいですね。
最終的には、四つん這いでゆっくりと移動出来ることを目標にして下さい。
回復していくと、柱などを支えにすることでゆっくりと立つことが出来るようになってきます。

コルセットその他

結論:コルセットは専門家に説明を受けた上で装着する

  1. 腰痛ベルトについて腰痛ベルトの着用の注意点について。トコチャンベルトは妊婦用
  2. コルセットの種類について腹圧を高めるもの椎間板由来の疼痛を軽減するものと回旋や運動制限を目的とした捻挫に適応するものが主にある
  3. コルセット購入の判断本来はコルセットを用いることが良いが手元になく、通販などで取り寄せるまで待てない方、金銭的余裕が無い方にはサラシやズボン、帯などを用いる方法もある。
  4. サポートグッツでおすすめはコルセットやはり一番のサポートグッズはコルセット、腰の負担が加わるときに装着しよう。
  5. コルセットの活用法初期は安静にしてアイシングと腰痛ベルトで痛みを抑えましょう。
  6. コルセットは自分の目的に応じたものを用いるコルセットにも色々と種類があって自分の目的に応じたものを使わないと意味の無い結果となります。また装着方法が間違っているケースも多いので先生に診てもらうべきでしょう。
  7. 湿布とコルセットどちらが腰に良いか湿布は鈍い痛み、コルセットは比較的鋭い痛みに効く
  8. 農作業・農業 腰痛 コルセットお勧めするのは中腰をサポートするサポートコルセットのラクニエ
  9. コルセットの種類コルセットには種類があって、全て同じ目的ではありません。①腹圧補助、②殿筋補助、③骨盤の矯正、④プレート型があり目的が大きく異なります。緊急時になったときに購入するとかなり高いものになりますので、事前に準備すると良いでしょう。
  10. コルセットの有効性腰部の疾患全体では、賛成派と反対派に分かれるが急性腰痛のぎっくり腰ではコルセットにより腰部の過労をいち早く回復させることが治癒を促進する。
  11. コルセットで傷口が痛い杖を使って腰の負担を軽減する。もしくはサポートウェアも便利
  12. 代わりになるものコルセットの本来の目的は筋肉を補助することではなく、圧迫感によって痛みを紛らわすこと。圧迫できればなんでも良い。

コルセット関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

基本事項

装着期間

過信

弊害

その他

コルセット以外の固定

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

椎間板

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

コルセットその他

結論:コルセットは専門家に説明を受けた上で装着する

腰痛ベルトについて

コルセットの種類について

コルセット購入の判断

サポートグッツでおすすめはコルセット

コルセットの活用法

コルセットは自分の目的に応じたものを用いる

湿布とコルセットどちらが腰に良いか

農作業・農業 腰痛 コルセット

コルセットの種類

コルセットの有効性

コルセットで傷口が痛い

代わりになるもの

コルセット関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

基本事項

装着期間

過信

弊害

その他

コルセット以外の固定

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)