荘A[NX̉@

マッスルシーネサポーティング療法とは?

結論:
筋肉の弛みを調整し、
腰の安定を改善する療法

ぎっくり腰の原因のの多いものについて。
・1番:力学的不利な体の使い方。
・2番:コンディションの低下。
腰の疲労の蓄積によってエネルギーが損なわれたとします。
そうすることで筋肉は赤い色から、ドス黒い色の固いものとなります。

固くなる理由は以下のもの。
①筋肉は収縮にも弛緩にもエネルギーを要するから。
②エネルギーが尽きると脳が運動命令を強くするから。
こうした理由で緊張を強めます。
腰が固くなるのは表と裏の筋肉の働きが不均衡となっているから。

腰には腸腰筋という筋肉があります。
立位ではこれがストレッチされて一定のテンションを保ちます。
ところがデスクワークになると弛んだ状態が長く続く。
すると、次第に運動神経の命令が少なくなる。
そして緊張が失われてピンク色の弛みきったものとなる。

マッスルシーネサポーティング療法(MSS療法)は、
弛んだテンションを改善する。
そうすることで姿勢保持を補います。
脊柱起立筋の負担を軽減する。
そして、慢性腰痛の克服など、
腰痛の治療に有効となりうるのです。

※スポンサーCM

MSS療法の筋肉の偏り

ぎっくり腰治療におけるMSS療法についてです。
今回はこれについてお話させていただきたいと思います。

ぎっくり腰と言いますと多くの方が抱くイメージがあります。
それは例えば不意に重たいものを持上げて起こってしまうもの。
偶然の事故のようなもの。
こういうイメージです。

例えばレストランのアルバイトをしていたとします。
イスをテーブルの上に乗せようとしました。
こうして陥ってしまうなんて典型的です。

※スポンサーCM

ぎっくり腰は不運ではない。
一番が力学的な要因。
の力の弱い動作によって起こる。

イスを持ち上げるときのぎっくり腰

ちなみにこの図のイスの持ち方は腰を痛めやすいです。
力学的に脆い持ち方をしております。

本来ならば背もたれを持つのではない。
イスの座面に近い部分を持つようにする。
すると腰を痛めずに持てます。

ですが、力を入れづらいところを持っております。
座面から遠く離れたところを持つ。
このため持上げたときに力が十分に発揮できません。
そして、腰を痛めます。

したがって一番の原因は、決して悲運や偶然ではない。
力学的な要因によってもたらされるものであると言えます。

2番目の原因はコンディション低下によるもの。
岩盤のような腰をしている。

しかし、力学的な要因だけが発生の全てを決めるわけではありません。
力学的な要因は全体の6割です。
残る4割を占めるのはそういった動作の方法ではない。

体のコンディションの低下によって起こるもの。

例えば陥った腰部を触診してみます。
このときには例外なく腰周りが岩盤のように硬直しております。
まさに岩の固さのまま日常をお過ごしになられているのです。

腰がガチガチ

岩盤のように固くなってしまいます。
すると不意に荷物を持上げたときに問題が起こります。
腰が負担に耐えられずぎっくり腰を起こしてしまうわけです。

※スポンサーCM

岩盤のように固くて脆い腰
どうでしょうか?
ガチガチに固まった腰部のまま無理な動作をする。
そうすることで引き起こされてしまう。
このことがイメージできましたよね。
こういった要因に目を向けずにぎっくり腰を対策するのは困難。
力学にだけ着目しても日常生活の動作は沢山のものがあります。

例えばイスを持上げるだけでないもの。
自転車を操作する。
スポーツをする。
通勤通学でカバンを持上げる。

1つのものなら気をつけられる。
でも他の全てに意識を向けることはとても困難。
だからこそ何度も繰り返してしまうわけです。
本質的な改善のためにはコンディションを常に高めておく。
こうすることで少々無理をしたぐらいでは陥らない体。
これを目指す必要があります。

固さは筋肉から由来する。
疲労が蓄積するほど固くなる特性を持つ。

ではこの固さは何からもたらされるのか?
ここに大きく関係しているものが筋肉です。
ガチガチに硬直しているのは岩ではありません。
本来ならば焼肉やお寿司を食べたときのように肉は柔らかくて赤色のもの。

赤みを帯びた筋肉本来
の筋肉は赤みを帯びております。

ところが酷使されて疲労が蓄積したとします。
すると筋っぽくて色の黒いガチガチに固くなる特性を持っているのです。

ドス黒い筋肉

日常でお肉を食べたときに美味しいものほど柔らかい。
マズイものほど固いです。
これの大きな違いはそもそも加工用とそれ以外の用途の違いがある。
畑で働いている水牛や馬の肉はエネルギーに乏しいです。
固くてとても食べれないほど不味いです。

固くなる理由:
①筋肉は弛緩するのにエネルギーを必要とする。

ではどうして疲れると固くなってしまうのか?

筋肉は力を入れるときに収縮をします。

筋肉の弛緩した状態
例えば模式図は筋肉を表現しております。
本当はもっと複雑な絵になります。
ですが簡略化して単純な絵にしました。
この線維は図のように2種類のフィラメントと呼ばれるものから構成されております。
二つが引き寄せあうことで短縮します。

筋収縮
フィラメント同士がスライドして重なることで収縮します。
このことをフィラメント滑走説と呼びます。

収縮するのにエネルギーを必要とします。
両者が離れるときにも一定のエネルギーを要します。

ところが毎日のお仕事で体がクタクタに疲れていた。
完全にエネルギー失われてしまいますと戻らなくなってしまうのです。
戻らない状態になりますと固く強張った状態に陥るわけです。
マッサージでここに供給する血流を増加させる。
するとエネルギーが回復して柔らかい状態に戻ります。
しっかりと体を休めて休息をとっても戻ることがあります。

②運動神経の興奮による筋テンションの上昇

次の理由としましては、
エネルギーが尽きると運動神経の興奮性が高まります。
すると、筋肉のテンションを上昇させる働きが挙げられます。

脳からの運動命令
筋肉のエネルギーが足りなくなってきたとします。
すると、力を補うために脳が沢山筋肉に運動命令を与えます。
この過剰な命令が筋肉にテンションを働かせます。
これによって固くなってしまうのです。

腰がパンパンになる理由:
表と裏の筋肉が均等に働いていないから。

ではどうしてこんなにも固くなってしまうのか?
もちろん毎日お仕事でクタクタになるまで働いております。
ですから多かれ少なかれ腰周りに疲労が蓄積している。
これは確かです。
また、人によって筋肉量の多い人や少ない人もおります。
ですから疲労や痛みの度合いも個人差はあります。
しかしそれを含めてもそこまで固くなるはずがありません。

つまり量の多い少ないやデスクワークだからなどという問題ではありません。
それ以外のところに要因があるのです。

その一つが表と裏の筋肉の不均衡な働きによるものです。
多くの場合はこの両者が均衡を保って働いておりません。
一方だけが過剰に働いている。
このために固く疲労しているのです。

体の裏側の脊柱起立筋が過剰に動員されている。
腹側の筋肉は全く働いておらず

では腰のどれが過剰に動員されるのか?
これが体の裏側にある脊柱起立筋です。
逆に全く働いていないのが本来使われるべき腹側のものです。

表の弛みと裏の固さ
腰の裏側の脊柱起立筋が酷使されて固くなっております。
ですが、それに相反してお腹側の腸腰筋と呼ばれる深層は弛みきってます。
赤色からピンク色となる。
背骨を全く支えておりません。
本来ならば前後でサンドイッチをするように背骨をあらゆる方向からささえます。

表と裏ともに赤色のもの。
これで背骨が支えられているのが均衡の保たれた状態です。

前後の腰の筋肉の均衡が保たれた状態
本来ならば表と裏が均衡に働いております。
そうすれば図のように赤色が保たれるはずです。
表が全く働かず、裏にばかり負担を強いる。
だから先ほどのような偏った腰部の状態を作り上げてしまうわけです。

腸腰筋は腰かけた状態を取り続けることで機能不全に陥る。

ではどうして腸腰筋が弛んでしまうのか?
これが働いていれば脊柱起立筋の負担を軽減できるはずです。
この弛んでしまう一番の理由は現代人の多くがイスに腰かけ続けること。
これによってこれの機能不全が引き起こされるからです。

腸腰筋は立ち上がっておりますと柱のように背骨を真っ直ぐに支えてくれます。

腸腰筋がストレッチされる
立ち上がっておりますと股関節が真っ直ぐになっております。
ですから筋肉が常にストレッチされている状態になります。

ストレッチされているとテンションを司る受容器 が一定の興奮をし続けます。
そのため一定のテンションが保たれるのです。

受容器の興奮により脳が筋肉のテンションを高める
立ち上がるとストレッチされて受容器が引っ張られて興奮します。
脳に
『頑張ってますよ』
という情報を送り続けます。
すると脳は
『よし、もっと頑張れ!』
とこれを保つように働きかけます。
これが腰の裏と表の均衡を保っているわけです。

ところがイスに腰かけておりますとどうなるか?
常に股関節が曲がった状態が続きます。
腸腰筋は一切ストレッチされません。

腰かけていると腸腰筋が弛んで受容器の興奮が無くなる
腰かけておりますとストレッチされず常に弛んだ状態が続きます。
すると受容器が
『休んでます』
という情報を脳に送ります。
脳からも
『じゃあお休みなさい』
テンションを弛めるように働きかけます。

これによって腸腰筋が働かなくなる。
慢性的に弛んだピンク色の状態に陥ってしまうわけです。
これまでに何度もぎっくり腰を繰り返している方もおられることです。
それは、深層が常に機能不全に陥った状態になっている。
これによって脊柱起立筋に負担を蓄積している。
そしてぎっくり腰に陥り易い状態になっていたわけです。

腰や背中をマッサージで弛めるだけでは根本的な対策とはならず。

こういったものの治療についてです。
多くは岩盤のように固まった腰周りをマッサージでほぐします。
そして弛めることが良いと思えてしまうことです。
ところが、これでは根本的な対策とはなりません。
時間をかければ腰はほぐれます。
しかし、表と裏の均衡は崩れたままです。
ですから直ぐにまた裏側が凝り固まってしまいます。

もちろん時間にもお金にも余裕がある。
それならば毎回腰が固くなるたびにマッサージを受けても良いのでしょう。
しかし、これでは丈夫で痛みの出ない体に改善されることはまずありません。
世に2700万人もの慢性腰痛がいると言われております。
その多くはそういった場当たり的な対処を何回も繰り返している。
そして、毎月治療に多額のお金と時間を掛け続けているのです。

表側のテンションを高める。
そうすることで相対的に裏側の負担を軽減する。
治療ではこれが求められる。

そこでどうするべきかと申します。
すると、それが表側のテンションを高めることです。
そして裏側の過度な働きを軽減する。
これが求められるわけです。
腸腰筋がしっかりと背骨を真っ直ぐに安定させます。
これができれば多くの場合裏側の負担の軽減につながります。

腸腰筋のテンションを高める方法がMSS療法

では結果的にどういったことをするのか?
弛んだ腸腰筋のテンションを高めたい。
そのためにはどうしたら良いのか?
それがMSS療法です。
Muscle・chiene・upporting療法
マッスル・シーネ・サポーティング療法:筋肉副子療法
です。

MSS療法
腸腰筋の失われたテンションを取り戻す。
そうするべく、神経の反射応答の仕組みを利用します。
そして運動神経の興奮性を高めます。

興奮性を高めること脳で調整しているの筋肉の張力をコントロールします。
そして、結果的に腸腰筋をコルセットのように用いる。
これによって腰部を支え、脊柱起立筋の負担を軽減します。
MSS療法の詳細はこちら

MSS療法は長引く慢性腰痛に特に有効!

この療法は急性期の腰部の痛みにも有効です。
特に期待できるのが長引く慢性腰痛の方。
坐骨神経痛などを患っている方。
腰が大きく曲がっている方。
いっつもジワジワと痛むような方です。
これまでのケースでは1~3回の通院される。
そして長年の持病が完治された方もおられます。

もしも皆様が急に腰が痛くなってしまわれた。
色々と治療を受けた。
でも、これと言った変化が実感できない。
こういったときには幅広い方にMSS療法をご利用していただきたい。

緩和処置・慢性期

結論:体の抵抗力をつける

血中酸素濃度を上げると腰痛が治る

痛みを和らげる方法

施術

脊髄に伝わる痛みの緩和法

座面療法

牽引療法

どういったことに注意して施術するの?

バランスを見極めた調整が必要

MSS療法

腰部の筋緊張が過剰な方が心がけるべきこと

ぎっくり腰は痛くない範囲で動く

慢性腰痛治療のための治療法選択のポイント

慢性腰痛患者の腰部のコンディショニング法

苦労せず地道に自分で治せる方法

ぎっくり腰移動

長すぎる休憩はギックリ腰の原因となる

なぜ腰を反らすことが腰部に良いのか?

温熱療法

結論:温めると細胞の働きが活発化する

(入浴は別カテゴリー)

めやす

目的

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

慢性腰痛には温湿布とホットカイロどちらが良いか

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

ぎっくり腰の防止にオススメする温熱療法について

誰にでもできる防止のための基礎体温上昇法

時間

お風呂の腰痛治療効果

結論:慢性腰痛は温めて緩和することがある。ただし・・

ヘルニアに効く温泉は?

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

温泉後の体の痛み

坐骨神経痛に電気風呂は?

ぎっくり腰の治りかけに温泉は?

お風呂の鎮痛の仕組み

腰部ケアのための入浴法

温浴法

温泉で坐骨神経痛を治したい

お風呂の適応判断

腰痛の温浴療法

シャンプーハットの腰痛防止効果

良い入浴剤

お風呂の弊害

結論:患部に染みて痛みが悪化する人もいる。

温泉に入ると腰が痛くなる

お風呂のありがちな間違い

腰痛にスーパー銭湯は?

シャワー中に起こったもの

ぎっくり腰のときのお風呂の偏った考え

温泉に入ったら痛みが強くなりましたどうしてですか?

坐骨神経痛に入浴の姿勢は関係あるか?

入浴で気をつけること

結論:強い痛みのときには入らない。

ぎっくり腰のときのお風呂は軽く流す

どうしてもお風呂に入りたいなら?

腰の負担の少ない頭の洗い方

神経痛のときの入浴は?

理想的な腰痛での入浴

お風呂と腰痛

ぎっくり腰に温泉は良いのか?

腰痛では部分浴にも気をつける

慢性腰痛ケア

結論:体を動かす生活習慣を意識する

意識するべきは恒常性

慢性腰痛に良い素足健康法

腰に加わるストレスを解消する方法

MSS療法

経絡療法について

腰のセルフケアでは首を反らす

動いてケアする腰痛と休んでケアする腰痛

痛みの緩和に効果があるもの

腰痛防止のための日常的な筋肉の調整法

腰痛のツボ

アクティブケア

ぎっくり腰に陥らないための日常ケア

サーティーワンメソットの有効な例と無効な例

背骨の変形が背景となる高齢者のぎっくり腰のセルフケア

セルフケアのあり方

自分で出来る防止のセルフケア

防止のための腰の筋肉の緊張を緩める方法

荷重偏移による腰痛のセルフケア方法

短時間で腰痛のセルフケアをするためのコツ

高齢者の慢性腰痛の日常ケア

高齢者の日常ケア方法

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

※ご意見やご要望は下記のコメントボックス
から直接送信できます

アクセス解析でメッセージを送信される方がいますが、ログインの手間が無駄です。1か月に1回しか見ていません。

山ほどのデータを見ることは不可能です。
アークス整体院プライベートブログ


プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

緩和処置・慢性期

結論:体の抵抗力をつける

血中酸素濃度を上げると腰痛が治る

痛みを和らげる方法

施術

脊髄に伝わる痛みの緩和法

座面療法

牽引療法

どういったことに注意して施術するの?

バランスを見極めた調整が必要

MSS療法

腰部の筋緊張が過剰な方が心がけるべきこと

ぎっくり腰は痛くない範囲で動く

慢性腰痛治療のための治療法選択のポイント

慢性腰痛患者の腰部のコンディショニング法

苦労せず地道に自分で治せる方法

ぎっくり腰移動

長すぎる休憩はギックリ腰の原因となる

なぜ腰を反らすことが腰部に良いのか?

温熱療法

結論:温めると細胞の働きが活発化する

(入浴は別カテゴリー)

めやす

目的

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

慢性腰痛には温湿布とホットカイロどちらが良いか

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

ぎっくり腰の防止にオススメする温熱療法について

誰にでもできる防止のための基礎体温上昇法

時間

お風呂の腰痛治療効果

結論:慢性腰痛は温めて緩和することがある。ただし・・

ヘルニアに効く温泉は?

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

温泉後の体の痛み

坐骨神経痛に電気風呂は?

ぎっくり腰の治りかけに温泉は?

お風呂の鎮痛の仕組み

腰部ケアのための入浴法

温浴法

温泉で坐骨神経痛を治したい

お風呂の適応判断

腰痛の温浴療法

シャンプーハットの腰痛防止効果

良い入浴剤

お風呂の弊害

結論:患部に染みて痛みが悪化する人もいる。

温泉に入ると腰が痛くなる

お風呂のありがちな間違い

腰痛にスーパー銭湯は?

シャワー中に起こったもの

ぎっくり腰のときのお風呂の偏った考え

温泉に入ったら痛みが強くなりましたどうしてですか?

坐骨神経痛に入浴の姿勢は関係あるか?

入浴で気をつけること

結論:強い痛みのときには入らない。

ぎっくり腰のときのお風呂は軽く流す

どうしてもお風呂に入りたいなら?

腰の負担の少ない頭の洗い方

神経痛のときの入浴は?

理想的な腰痛での入浴

お風呂と腰痛

ぎっくり腰に温泉は良いのか?

腰痛では部分浴にも気をつける

慢性腰痛ケア

結論:体を動かす生活習慣を意識する

意識するべきは恒常性

慢性腰痛に良い素足健康法

腰に加わるストレスを解消する方法

MSS療法

経絡療法について

腰のセルフケアでは首を反らす

動いてケアする腰痛と休んでケアする腰痛

痛みの緩和に効果があるもの

腰痛防止のための日常的な筋肉の調整法

腰痛のツボ

アクティブケア

ぎっくり腰に陥らないための日常ケア

サーティーワンメソットの有効な例と無効な例

背骨の変形が背景となる高齢者のぎっくり腰のセルフケア

セルフケアのあり方

自分で出来る防止のセルフケア

防止のための腰の筋肉の緊張を緩める方法

荷重偏移による腰痛のセルフケア方法

短時間で腰痛のセルフケアをするためのコツ

高齢者の慢性腰痛の日常ケア

高齢者の日常ケア方法

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書