腰痛発生時のもっとも気をつけるべき時期

結論:痛みが消失してから3週間、

腰痛発生時のもっとも気をつけるべき時期について。
痛みが急激に強くなる受傷から8時間後ではない。
痛みのピークである72時間後でもない。
痛みが完全に沈静するまでの受傷後1週間でもない。

最も注意するべきは痛みが消失してからの受傷3週目まで。
損傷組織の炎症は収まってもダメージを負った組織の治癒にはまだ時間が掛かる。
無理をするとすぐに腰痛が再発してクセになる。

※スポンサーCM

腰痛は発生から8時間後に痛みが急激に辛くなり、72時間でピークに達し、1週間経過後に痛みが緩和されて動けるようになる。

腰痛では一般的な流れとして発生からおおよそ8時間程の時間をかけて痛みが急激に強くなって行き50%ほど炎症が強くなります。そして、発生から72時間後に炎症がピークとなり、峠を越えるとその後1週間ほどかけて痛みが緩和されて炎症が治癒に向かって消失します。

痛みが強い時期にだけ多くの者が注意を払う。

当然のことですが多くの方は腰痛が発生して痛みが強いときには注意を払います。過剰なほど注意を払って僅かにでも腰に負担を掛けないようにすることもあるほどです。

※スポンサーCM

一週間経過して痛みが軽減するとほぼ無警戒になる。

ところが多くの方は炎症が治まる1週間後になると痛みがあったことなど何処ふく風というぐらいでほぼ無警戒になってしまいます。痛みがあるときには過剰なほど注意深く過ごされていた方でも何の考慮もなくもと通りの生活に戻ってしまいます。

発生後3週間は腰部の治癒に時間が掛かる。

このときに注意が必要なのは腰痛とは発生から1週間が痛みのピークとなりますが、痛みが沈静してもトータル3週間はダメージを負った腰部の治癒は測られておりません。これは炎症が治まって痛みが消失するだけでまだダメージを負った組織は治っていないことを意味します。そのため腰部の根本的な治癒には3週ほど時間が掛かることを考慮する必要はあります。痛みが無くなっても腰部の組織の修復には時間が掛かることは承知しておく必要はあります。

※スポンサーCM

中期的な経過判断

結論:発症から3週間で慢性化している

  1. 時間経過と腰痛関節弾力による腰痛は時間が経過しても治らない。
  2. 一ヶ月腰痛が治らない原因すでに慢性化が起こっている。
  3. ぎっくり腰何日かかる?軽い筋肉の炎症なら3日、関節の硬直なら整体で1回で治る。1ヶ月以上痛いものは精密検査を受けよう
  4. ぎっくり腰の仕事復帰一般的には痛みが収まったら復帰されますが、腰をどの程度酷使するのか?そして仕事の考え方にもよります。
  5. 数週間続く腰痛は自然治癒しない慢性化している可能性があるため治療を受けないと治らないこともある。
  6. 3週間続くぎっくり腰は慢性化している自然治癒が期待できるぎっくり腰は発生後1~2週間まで
  7. スポーツ選手のぎっくり腰の復帰の目安スポーツでは人が持っている力の100%の発揮を目指す故に一旦ぎっくり腰を発症したらベストパフォーマンスには3ヶ月ほど要することもある。
  8. ゴルフの再開は?ぎっくり腰からのゴルフの再開は、多くの症例に共通する腰椎の椎間板ヘルニアの突出したヘルニアの誘導操作によって多くの場合痛みが治まるが、結果の良し悪しに関わらず低下した腰部の運動性をリハビリによって克服せねば安全性の補償はできません。
  9. 1ヶ月以上続く腰痛の原因1ヶ月以上腰痛が続くと骨折や悪い病気をイメージしますが、自然治癒メカニズム(血流が悪い)だけのこともあります。寝ていないでキチンと治療を受けましょう。
  10. 安静に寝ている人がぎっくり腰を繰り返す理由痛いときには注意するが治まると同じ動作を繰り返すから。
  11. 腰痛発生時のもっとも気をつけるべき時期最も痛みが強い時期ではなく意外なことに痛みが治まった直後
腰痛の検査・慢性期判断

腰痛の検査・慢性期判断

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

中期的な経過判断

長期的な経過判断

セルフチェック

腰痛の検査データ

検査法について

検査の流れ

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報 

腰痛は気持ちが変われば治るか?

坐骨神経痛と変形性股関節症には違いがない

うつ伏せで足が上がらない、反らない

椎間板

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

中期的な経過判断

結論:発症から3週間で慢性化している

時間経過と腰痛

一ヶ月腰痛が治らない原因

ぎっくり腰何日かかる?

ぎっくり腰の仕事復帰

数週間続く腰痛は自然治癒しない

3週間続くぎっくり腰は慢性化している

スポーツ選手のぎっくり腰の復帰の目安

ゴルフの再開は?

1ヶ月以上続く腰痛の原因

安静に寝ている人がぎっくり腰を繰り返す理由

腰痛発生時のもっとも気をつけるべき時期

腰痛の検査・経過判断関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

中期的な経過判断

長期的な経過判断

セルフチェック

腰痛の検査データ

検査法について

検査の流れ

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)