荘A[NX̉@

長年の腰痛持ちに杖は?

長年の腰痛持ちです。杖を用いてみようと考えております。→脊柱管が狭窄するタイプでは有効、前屈みになって寄り掛かると腰の症状が軽減される。

※スポンサーCM

Q、長年の腰痛持ちで、杖を使おうと考えておりますがいかがでしょうか?

長年の腰痛を患っているのですが、どうやら軽減するために杖を用いてみようと御考えになられているようですね。

A、腰部脊柱管狭窄症ではおすすめできる。

さて、杖ですが、腰痛疾患にも様々なものがございまして、とくにおすすめできるのは腰部脊柱管狭窄症です。

この病気では腰を前傾させなければ神経症状が出る。

この病気とは一般的には腰部の脊柱管と呼ばれる骨のトンネルの神経の通り道が狭まってしまい、神経が障害されてしまう症状を呈します。したがいまして、体を真っ直ぐ起こしてしまうとどうしても腰椎の周辺筋群の緊張などでこのトンネルが狭まってしまいます。だから腰を前傾させると症状が治まります。逆に前傾させずにいると腰がすぐに辛くなってしまうのです。

上半身を前傾させて寄り掛かることができる。

そこで杖を用いるのですが、杖を用いた場合には上半身の体重をそれに寄りかけてしまうことができますよね。だからこそ腰の筋肉の緊張が緩和されて症状が改善されてしまうのです。ところが杖を用いずに前傾すると、上半身が水平に近づいた分だけ重力の影響を受けてしまい余計に腰周りの緊張が増加して痛みが強くなってしまうのです。

※スポンサーCM

転倒防止にもつながる。

また、これを使っていただく最大のメリットしましては転倒の防止があげられます。ご高齢者や身体障害者などでは慢性的な運動障害によって、身動きが自由にとれませんので骨に重力の刺激が加わらず、発育がさまたげられてしまい、全身の骨密度が低下してしまっております。こういった足の神経に痺れを来たすような病気では、下半身の筋力の低下によって踏ん張りが利かず転倒しやすいです。ご高齢者の健康を考えたときにもっとも大切なのは筋力をつけたりすることよりも転倒などによる骨折事故を予防することです。杖を使うかどうかという問題ではなく、安全性への配慮のため常に携帯していられることは理想です。

ただし、依存しすぎれば筋力が衰える。

ただし、いくら便利なものでも常に寄り掛かったりと依存しすぎてしまえばやはり筋肉が怠けて、筋力が衰えてしまいます。転んでも大丈夫な砂浜や芝生などで歩く訓練をするときなどには杖を使わないことも一つの方法です。

使わずに過ごすと、腰の痛みによって下半身の神経が障害されてしまい歩けぬようになる。

これを使うべきかどうか?という判断については一概に言えぬものですが、症状が出るときには早めに杖を用いるようにし、前傾姿勢で過ごされることも一つの方法です。

『私はまだ80になったばかり!じいさんじゃないよ!』
などと意地をはっていつまでも腰を起こして生活をしておりますと、そのうちに歩けなくなったり、下半身の神経が麻痺してしまうことにもつながります。それこそ手術のお世話になることも考えられます。

実際に初めてこのタイプのぎっくり腰になった患者の多くは腰を起こして脚が痺れだしてしまう。

※スポンサーCM

皆様は信じられぬと思いますが、私が臨床の患者様を見させていただいているケースでは真剣にお悩みになられて当院にご相談されます。
『腰が辛いんです。起き上がると脚先がジンジンして振るえてきてしまいます。』

などとおっしゃれる患者様でも実は杖に寄り掛かって、腰を曲げて日常を過ごせばまったく問題なく過ごすことができたりすることもあります。要するには、ついにご自身が『杖を使う年齢になってしまった』ということが出来るかもしれません。

杖を使う年齢であると気づかぬ例は世の中に五万とある。

70代後半~80代ぐらいから杖の必要性が出てくるのですが、多くの方はそのことに気づかず『私は体を起こしていると脚が痺れる・・・・』と慌てて病院に行かれます。そして、精密検査の果てに担当医から脊柱管を拡張するための手術を宣告されたりします。手術を受けて症状が治まるケースもありますが、受けても治らぬケースもあります。しかし、成功するかどうかに限らずその数年後には杖を用いて腰を曲げて歩いております。やっぱりそういうことなんです。もうそろそろ杖の必要な年齢だったということだったわけです。最初から手術をせず杖を使って生活しているのも手術を受けた後に杖を使うようになるのも結果的には同じなのですから。今現在手術をご検討されている方は熟考してみる必要があると言えるでしょう。

腰痛対策の道具の考え方

腰痛に効くもの

腰痛患者の道具の考え方

役に立つグッズの考え方

腰痛対策の道具、使うは一時の恥

腰痛対策の道具は買うべき?

役立つアイテム

腰をサポートするアイテムを紹介してください。

力仕事補助アイテム

引越しで腰を痛めないための道具

重たい家具を持上げるには?

リフトを導入するのは?

重たいものを持上げる道具には何がある?

荷物運びで腰痛を防止するなら運搬ワゴンを使う

健康器具

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

腰痛持ちにフラフープは?

腰痛の電気治療の効果は?

ぎっくり腰のときにマッサージ機はいいの?

坐骨神経痛に中山式指圧器はどうか?

ヘルニア患者に人気の牽引療法器具

青竹ふみで腰痛が治る仕組み

コスモトロンは慢性的なお尻の痛みにどう?

坐骨神経痛にパワーポジションボール

中殿筋の疲労を手軽にそして優しく癒すための金魚運動マシン

坐骨神経痛にはヘルストロン

坐骨神経痛の方にはVアップシェイパー

腰痛に低周波治療器のオムロンは?

ぎっくり腰に赤外線治療器は?

家庭用の治療器具による腰痛治療効果

カバン・バッグ

結論:余程の重量、長時間でなければカバンの影響は少ない

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ショルダーバッグをすると腰が痛くなる

反り腰のカバンは?

リュックとバッグ、ぎっくり腰になりやすいのは?

ウェストポーチ療法

リュックとショルダーはどっち?

キャリーバッグの腰の負担は?

クツ

結論:努力をしたくない人に最もおすすめする腰痛対策が靴である。

腰痛に悩むなら靴で予防しよう

腰痛持ちにヒールは?

坐骨神経痛は革靴を止めてスポーツシューズを履く

磨り減った靴は腰を痛める

予防のための靴選び

ハイヒールとの関係

クツ選び

クツとの関係は?

腰痛防止のクツ選びの考え方

ダイエットしたいけど靴のサイズが合わない

足元対策

インソールによる予防

転倒対策には足袋を履こう

スベリ止めマットと腰痛

立ち仕事の腰痛を緩和するなら踏み台

踏み台に足を乗せると腰痛を防げる

ぎっくり腰に松葉杖は?

ぎっくり腰における松葉杖の必要性

一本松葉杖は?

杖を用いるのは?

ぎっくり腰と杖

高齢者の防止のアイテムは杖

松葉杖の使い方、片方の腰の痛み

腰痛と股関節が痛いとき、松葉杖で歩くのはいいか?

杖の弊害について

腰痛に松葉杖は?

軽いぎっくり腰の対処では杖を使う

衣類・身につけるもの

ぎっくり腰では柔らかい服を着る

マスクを使うと腰痛が治る

リストバンドは腰痛予防にどう?

防止のために役に立つ衣類は?

坐骨神経痛に良い下着は?

メガネと腰痛

サポーターの有効性

腰痛を和らげる股引

耳栓を使った腰痛の簡単な対策法

腹巻で温めるとぎっくり腰を防げる

ぎっくり腰防止のための手軽で効果の高いアイテム

ぎっくり腰防止のおすすめグッズは?

ぎっくり腰防止のためにお勧めする衣類

ぎっくり腰防止のための便利アイテムとその活用法

その他道具

テントを張ると腰痛が治る

最大の省力化アイテムは水

腰痛対策は柄の長い道具

痛みを軽くするための伸縮テープ

腰痛と住環境

擦らずに落とせる洗剤

お尻の痛い方に助かる食器洗いアイテム

腰痛患者の自転車選び

腰痛持ちのドア選び

ぎっくり腰を何度も繰り返す患者に絶対必要な道具

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

※ご意見やご要望は下記のコメントボックス
から直接送信できます

アクセス解析でメッセージを送信される方がいますが、ログインの手間が無駄です。1か月に1回しか見ていません。

山ほどのデータを見ることは不可能です。
アークス整体院プライベートブログ


プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

腰痛対策の道具の考え方

腰痛に効くもの

腰痛患者の道具の考え方

役に立つグッズの考え方

腰痛対策の道具、使うは一時の恥

腰痛対策の道具は買うべき?

役立つアイテム

腰をサポートするアイテムを紹介してください。

力仕事補助アイテム

引越しで腰を痛めないための道具

重たい家具を持上げるには?

リフトを導入するのは?

重たいものを持上げる道具には何がある?

荷物運びで腰痛を防止するなら運搬ワゴンを使う

健康器具

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

腰痛持ちにフラフープは?

腰痛の電気治療の効果は?

ぎっくり腰のときにマッサージ機はいいの?

坐骨神経痛に中山式指圧器はどうか?

ヘルニア患者に人気の牽引療法器具

青竹ふみで腰痛が治る仕組み

コスモトロンは慢性的なお尻の痛みにどう?

坐骨神経痛にパワーポジションボール

中殿筋の疲労を手軽にそして優しく癒すための金魚運動マシン

坐骨神経痛にはヘルストロン

坐骨神経痛の方にはVアップシェイパー

腰痛に低周波治療器のオムロンは?

ぎっくり腰に赤外線治療器は?

家庭用の治療器具による腰痛治療効果

カバン・バッグ

結論:余程の重量、長時間でなければカバンの影響は少ない

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ショルダーバッグをすると腰が痛くなる

反り腰のカバンは?

リュックとバッグ、ぎっくり腰になりやすいのは?

ウェストポーチ療法

リュックとショルダーはどっち?

キャリーバッグの腰の負担は?

クツ

結論:努力をしたくない人に最もおすすめする腰痛対策が靴である。

腰痛に悩むなら靴で予防しよう

腰痛持ちにヒールは?

坐骨神経痛は革靴を止めてスポーツシューズを履く

磨り減った靴は腰を痛める

予防のための靴選び

ハイヒールとの関係

クツ選び

クツとの関係は?

腰痛防止のクツ選びの考え方

ダイエットしたいけど靴のサイズが合わない

足元対策

インソールによる予防

転倒対策には足袋を履こう

スベリ止めマットと腰痛

立ち仕事の腰痛を緩和するなら踏み台

踏み台に足を乗せると腰痛を防げる

ぎっくり腰に松葉杖は?

ぎっくり腰における松葉杖の必要性

一本松葉杖は?

杖を用いるのは?

ぎっくり腰と杖

高齢者の防止のアイテムは杖

松葉杖の使い方、片方の腰の痛み

腰痛と股関節が痛いとき、松葉杖で歩くのはいいか?

杖の弊害について

腰痛に松葉杖は?

軽いぎっくり腰の対処では杖を使う

衣類・身につけるもの

ぎっくり腰では柔らかい服を着る

マスクを使うと腰痛が治る

リストバンドは腰痛予防にどう?

防止のために役に立つ衣類は?

坐骨神経痛に良い下着は?

メガネと腰痛

サポーターの有効性

腰痛を和らげる股引

耳栓を使った腰痛の簡単な対策法

腹巻で温めるとぎっくり腰を防げる

ぎっくり腰防止のための手軽で効果の高いアイテム

ぎっくり腰防止のおすすめグッズは?

ぎっくり腰防止のためにお勧めする衣類

ぎっくり腰防止のための便利アイテムとその活用法

その他道具

テントを張ると腰痛が治る

最大の省力化アイテムは水

腰痛対策は柄の長い道具

痛みを軽くするための伸縮テープ

腰痛と住環境

擦らずに落とせる洗剤

お尻の痛い方に助かる食器洗いアイテム

腰痛患者の自転車選び

腰痛持ちのドア選び

ぎっくり腰を何度も繰り返す患者に絶対必要な道具

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書