荘A[NX̉@

荷重偏移による腰痛のセルフケア方法

結論:臥位のつま先の開きを調整する。外開きは内へ、内閉じは外へ矯正する。

ぎっくり腰は、左右への重心偏移によって体を不均衡に使用して負担を蓄積して起こる。
左右の均衡を仰向けになったときのつま先の開き具合から判別する。
外旋している側を内旋するように調整し、
内旋している側を外旋側に調整すると均衡が保たれる。

※スポンサーCM

ぎっくり腰では日頃から左右の片側に偏った荷重が加わっており疲労が偏って蓄積することで生じる。

腰痛やぎっくり腰、肩こりなど疲労性の痛みの多くのものには荷重偏移というものが関係しております。

全身で均等に力を使っていればこういった体の痛みはまず起こることはありません。ところが私達の体の使い方には必ず偏りがあります。

なぜならば体を操作して大きな動作をするときには必ず一歩どちらかの足を踏み込んで、その足を軸足として全体を動かすことで全身の力を用いて動作をするからです。

※スポンサーCM

このため日頃から偏った体の使い方を必ずしております。セルフケアをするときにはこの偏りをどれだけ意識するかが重要であり、意識しない人は意識する人の倍ぐらい手間がかかってしまい面倒になってしまうのです。

この偏って使っている側に日頃は必ず重心が偏移しておりますので重心の偏移を見極めることが必要になります。

仰向けになったときにつま先が外に傾いている側が重心側

では簡単に重心が左右どちらかに偏っているかを判別する方法についてですが仰向けに寝転んでいただき、両足のつま先が外に傾いている側が重心側だと思ってください。大抵は足の開き具合が不均衡になるはずです。

※スポンサーCM

外に開く側を内旋し、正常側を外に開く

ではこの重心偏移の調整法ですが、簡単に御伝えしますと外に開いたつま先を内側に捻りを加えてストレッチをすることで改善して行きます。このときに正常と思えるつま先が内側に入っている側を外に開くように調整すると左右の均衡を保ち易いです。

緩和処置・慢性期

結論:体の抵抗力をつける

血中酸素濃度を上げると腰痛が治る

痛みを和らげる方法

施術

どういったことに注意して施術するの?

MSS療法

腰部の筋緊張が過剰な方が心がけるべきこと

温熱療法

結論:温めると細胞の働きが活発化する

(入浴は別カテゴリー)

めやす

目的

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

お風呂の腰痛治療効果

結論:慢性腰痛は温めて緩和することがある。ただし・・

ヘルニアに効く温泉は?

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

温泉後の体の痛み

坐骨神経痛に電気風呂は?

ぎっくり腰の治りかけに温泉は?

お風呂の鎮痛の仕組み

温泉で坐骨神経痛を治したい

お風呂の適応判断

良い入浴剤

お風呂の弊害

結論:患部に染みて痛みが悪化する人もいる。

温泉に入ると腰が痛くなる

お風呂のありがちな間違い

腰痛にスーパー銭湯は?

温泉に入ったら痛みが強くなりましたどうしてですか?

入浴で気をつけること

結論:強い痛みのときには入らない。

どうしてもお風呂に入りたいなら?

腰痛では部分浴にも気をつける

慢性腰痛ケア

結論:体を動かす生活習慣を意識する

MSS療法

荷重偏移による腰痛のセルフケア方法

アイシング

結論:冷やすことは治療よりも鎮痛効果が期待できる

ぎっくり腰の時のアイシングの流れ

ぎっくり腰、冷やす効果

発生時のアイシングの目的

ぎっくり腰冷やす期間

間違ったケア

結論:楽なことは体にとって必ずしも正解ではない

ケア

ぎっくり腰のケアで気をつけること

ぎっくり腰は揉んで治るのか

エステは腰痛にどうなの?

腰痛対策に吸い玉は?

信じられない日本の独自療法

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

慢性期判断、検査

⑤-1医療機関の対処①

⑤-2

⑤-3手術関連

ケア

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

食事療法

総合案内
クリックで展開

ぎっくり腰専門