荘A[NX̉@

ぎっくり腰のときのイスからの立ち上がり方

結論:上半身を振り出す慣性の力を使わずに、膝を伸ばして立ち上がると良い。

イスから立ち上がるときに腰を悪くしないためには出来るだけ足の力を使って立ち上がること。
多くの人は足の力で立ちあがっていると思っているが実際には腰を屈めて上半身を振り出している。
そのときの慣性の力にタイミングを合わせて膝を伸ばしている。
そのため立ち上がりの動作で腰椎の隙間にある椎間板に多大なストレスを蓄積してぎっくり腰を生じ安い。

※スポンサーCM

出来ているようで出来ていない足の力で立つこと

ぎっくり腰のときでなくてもそうですがイスから立ち上がるときに腰を悪くしてしまったという方は意外にも大勢おられます。ぎっくり腰の受傷のキッカケに意外と多いのが立ち上がるときの腰の痛みです。

もし立ち上がるときに腰が痛くなるという方がいらっしゃればそれは端的に言えば足の力で立ちあがる という当たり前のことが出来ていないことを物語っていると思っていただければ良いでしょう。

※スポンサーCM

足の力ではなく胴体を振り出したときの慣性の力で立とうとしている。

では、そういった腰を悪くしてしまう方の立ち上がり方は足の力を使わないとしたらどうやって立っているのかと申しますと、思いっきり深くお辞儀をするようにして足の力ではなく胴体を前方に振り出してそのタイミングにあわせて膝を伸ばしているのです。つまりは物体が一旦動き出すといつまでも動き続ける慣性の力を応用しているのです。例えば車のような大きなものを両手で押したときには一旦動き出すまでは大きな力を要します。ところが動き出してしまえばそれほど大きな力が無くても動き続けます。これと同じです。立ち上がるときも大きな力を要しますが一番力が必要となるのは初動のタイミングであり、このときに上半身を重力の力で前方に振り出すようにすると慣性が働いて足の力をほとんど使わずに楽に立ち上がることができるようになるのです。

足の力を使わないだけで、腰椎を極端に曲げるため背骨の隙間に多大なストレスが加わる。

ところが足の力を使わずに済むことはメリットなのかもしれません。体の筋力がもともと衰えているような方でもこの方法ならば何とか立てることは事実です。ところが足の力を使わないだけであって、その代わりに腰椎を極端に曲げてしまいますから腰椎に大きなストレスが加わってしまうのです。特にその屈曲ストレスは下部腰椎に集中しますので下部腰椎の椎間板に多大なストレスをもたらしてしまいます。背骨の隙間には衝撃吸収のための軟骨があるのですがこの軟骨が狭まった背骨の隙間に挟み込まれてやがて少しずつダメージが蓄積してしまい最終的には腰部椎間板症と呼ばれるような腰部の疾患だったり、皆様も一度は耳にしたことのある腰椎椎間板ヘルニアなどの病気を引き起こしたりそれ以外にもご高齢者のような慢性的に腰の調子が優れない状態になってしまうこともあるほどです。

楽に立ちあがれるのは一時的なものであり、足の衰えを招いてその方法以外では立ちあがれなくなる。

※スポンサーCM

また、こういった腰を深く屈めながら立ち上がる方法は確かにその場は筋力を使わずに楽に立ち上がることができます。しかしそういった楽だと思えることは一時的なものであると思って下さい。例えば健康な方が楽チンだからといつも高齢者のように杖をついて歩いていればやがて足腰が衰えてしまいいつかは杖なしでは歩けなくなるほど筋力が衰えてしまいます。筋力を使って立ち上がればそれまで苦痛を思える動作も毎日何回も繰り返すうちに筋肉が発達しやがて苦痛に思えなくなります。

つまり一時の苦痛を耐えてすごせばそのうちにその動作が苦にもならないほど筋肉が強化されて体が発達するのですが、その場の苦痛に惑わされてしまい楽な動作を取ってしまいますと筋力が衰えてしまいますのでその動作以外では立ちあがれなくなってしまうのです。

今現在イスから立ち上がるときに腰が悪くなってしまうと言う方は少なからずそういった足の力を使わない立ち上がり方をしている傾向がありますから是非とも日常で気をつけるようになさってください。

楽と苦痛は常に隣り合わせにあり、私たちはついつい楽な方向へと流されてしまう傾向がありますが、そこに気がつくことができれば意図的に辛い立ち上がり方を取ることで筋力が発達し、腰の負担も随分と軽減されて行くことでしょう。毎日の繰り返しの動作は長期的に体に与える影響が大きいので是非気をつけたいものです。

腰痛対策の体の使い方

ぎっくり腰にならないための筋肉の使い方

腰痛防止の筋肉の使い方

ぎっくり腰のちょっとした防止法は構えを作る

動作経済4原則について

踏み台に片足を乗せると腰の負担が和らぐ理屈

一歩踏み込むと腰の負担が減る

腰痛にならないための体の使い方

動作をゆっくり行なうぎっくり腰防止法

腰に負担の掛けない起き上がり方

ぎっくり腰にならない動きのワンポイント

ぎっくり腰防止に気をつけることはヘソ

腰を入れるとぎっくり腰にならない

しゃがむ動作で腰を温存

防止のためのマザーハンドの考え方

ぎっくり腰の慢性化を防止するための体の使い方

低いところに手を伸ばすときのぎっくり腰防止

腰痛防止のための歩行の足の使い方

予備動作で止まればぎっくり腰は防げる

急に動くとぎっくり腰を起こす

極端な動作に気をつける

ぎっくり腰は一瞬だけ注意すれば防げる

斜めに動けばぎっくり腰を防げる

飛行機バランス

※低いところに手を伸ばすときに後ろ足を後方に持ち上げてバランスを取ること

結論:軽いものを持ち上げるなら便利

ぎっくり腰防止のための飛行機バランス

片足を持上げる前屈動作と腰部負担

片足を後方に持上げるとなぜ楽に腰を屈めることができるのか?

後ろ足を持上げながら低い位置に手を伸ばすとぎっくり腰になりにくい理由

立ち上がりの腰痛

結論:軽く腰を落とすと立位の腰の痛みが和らぐ

椅子に座るとすぐに立てず、中腰になってしまう

腰痛持ちのベッドからの立ち上がりのときの注意点

立ち上がるときの腰痛の防止法

立ち上がり動作に見られる腰痛発作

イスからの楽な立ち上がり方

膝を鋭角に曲げると腰を痛めずにイスから立てる

イスから立ち上がろうとしてぎっくり腰になった

イスから立ち上がるときの痛みについて

着替え

結論:腰をかがめないこと。座って着脱する

靴下を履くときのぎっくり腰の対策

靴下を履くときのぎっくり腰対策はイスに座る

靴下を履いてぎっくり腰になりやすい人

靴下を履くときにぎっくり腰になった

靴下を脱ぐときにぎっくり腰になった

ズボンをはく動作でのぎっくり腰対策

ストッキングを履いて起こるもの

ストッキングを履いて悪化

中長期的観点でのトイレ・排泄

結論:トイレに手すりをつけると排便が楽

きばると腰が痛くなる

トイレで力むと腰が痛い

便意を我慢するとお尻が痛い

便意をもよおすとお尻が痛くなる

長便所と腰痛

オシッコで目が覚めて眠れず

トイレ行きたくて目が覚めるが漏らしてしまう

便秘と排便反射について

抑うつ状態でオシッコを漏らしてしまう

深夜のオシッコはぎっくり腰の危険大

楽に取り組める対策

結論:テレビやパソコンの画面を高くしてうつむかないこと。

楽に防止する方法

手軽に実施できる意外な防止法

足腰が衰えて歩けない患者のものの対策

ぎっくり腰防止のための腰の負担の緩和法

防止するためのキーワード

これさえやれば腰痛が治るものとは

どうしたら弱まった腰でも無理せず日常を過ごせるのか?

腰は消耗品

ぎっくり腰防止のために心がけていただくべき日常習慣

防止するために日常で心がけていただきたいこと

簡単な対策法

意識だけでできる対策

結論:片時も腰痛のことを忘れないこと

腰痛予防とは健康を高めること

意識するだけの手軽な防止法

家庭内でのぎっくり腰の簡単な防止法

防止するための未病についての考え方

ぎっくり腰の慢性化を防止するための考え方

発生を抑える誰にでもできる方法

ぎっくり腰の簡単な防止の考え方

ぎっくり腰の防止のために行っていただきたい常識的なこと

ぎっくり腰防止のために役立つ身体シグナル

ぎっくり腰防止で着目するべきこと

使用度の低い部分を意識する必要性

腰痛治療における最も大切な考え方

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

※ご意見やご要望は下記のコメントボックス
から直接送信できます

アクセス解析でメッセージを送信される方がいますが、ログインの手間が無駄です。1か月に1回しか見ていません。

山ほどのデータを見ることは不可能です。
アークス整体院プライベートブログ


プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

腰痛対策の体の使い方

ぎっくり腰にならないための筋肉の使い方

腰痛防止の筋肉の使い方

ぎっくり腰のちょっとした防止法は構えを作る

動作経済4原則について

踏み台に片足を乗せると腰の負担が和らぐ理屈

一歩踏み込むと腰の負担が減る

腰痛にならないための体の使い方

動作をゆっくり行なうぎっくり腰防止法

腰に負担の掛けない起き上がり方

ぎっくり腰にならない動きのワンポイント

ぎっくり腰防止に気をつけることはヘソ

腰を入れるとぎっくり腰にならない

しゃがむ動作で腰を温存

防止のためのマザーハンドの考え方

ぎっくり腰の慢性化を防止するための体の使い方

低いところに手を伸ばすときのぎっくり腰防止

腰痛防止のための歩行の足の使い方

予備動作で止まればぎっくり腰は防げる

急に動くとぎっくり腰を起こす

極端な動作に気をつける

ぎっくり腰は一瞬だけ注意すれば防げる

斜めに動けばぎっくり腰を防げる

飛行機バランス

※低いところに手を伸ばすときに後ろ足を後方に持ち上げてバランスを取ること

結論:軽いものを持ち上げるなら便利

ぎっくり腰防止のための飛行機バランス

片足を持上げる前屈動作と腰部負担

片足を後方に持上げるとなぜ楽に腰を屈めることができるのか?

後ろ足を持上げながら低い位置に手を伸ばすとぎっくり腰になりにくい理由

立ち上がりの腰痛

結論:軽く腰を落とすと立位の腰の痛みが和らぐ

椅子に座るとすぐに立てず、中腰になってしまう

腰痛持ちのベッドからの立ち上がりのときの注意点

立ち上がるときの腰痛の防止法

立ち上がり動作に見られる腰痛発作

イスからの楽な立ち上がり方

膝を鋭角に曲げると腰を痛めずにイスから立てる

イスから立ち上がろうとしてぎっくり腰になった

イスから立ち上がるときの痛みについて

着替え

結論:腰をかがめないこと。座って着脱する

靴下を履くときのぎっくり腰の対策

靴下を履くときのぎっくり腰対策はイスに座る

靴下を履いてぎっくり腰になりやすい人

靴下を履くときにぎっくり腰になった

靴下を脱ぐときにぎっくり腰になった

ズボンをはく動作でのぎっくり腰対策

ストッキングを履いて起こるもの

ストッキングを履いて悪化

中長期的観点でのトイレ・排泄

結論:トイレに手すりをつけると排便が楽

きばると腰が痛くなる

トイレで力むと腰が痛い

便意を我慢するとお尻が痛い

便意をもよおすとお尻が痛くなる

長便所と腰痛

オシッコで目が覚めて眠れず

トイレ行きたくて目が覚めるが漏らしてしまう

便秘と排便反射について

抑うつ状態でオシッコを漏らしてしまう

深夜のオシッコはぎっくり腰の危険大

楽に取り組める対策

結論:テレビやパソコンの画面を高くしてうつむかないこと。

楽に防止する方法

手軽に実施できる意外な防止法

足腰が衰えて歩けない患者のものの対策

ぎっくり腰防止のための腰の負担の緩和法

防止するためのキーワード

これさえやれば腰痛が治るものとは

どうしたら弱まった腰でも無理せず日常を過ごせるのか?

腰は消耗品

ぎっくり腰防止のために心がけていただくべき日常習慣

防止するために日常で心がけていただきたいこと

簡単な対策法

意識だけでできる対策

結論:片時も腰痛のことを忘れないこと

腰痛予防とは健康を高めること

意識するだけの手軽な防止法

家庭内でのぎっくり腰の簡単な防止法

防止するための未病についての考え方

ぎっくり腰の慢性化を防止するための考え方

発生を抑える誰にでもできる方法

ぎっくり腰の簡単な防止の考え方

ぎっくり腰の防止のために行っていただきたい常識的なこと

ぎっくり腰防止のために役立つ身体シグナル

ぎっくり腰防止で着目するべきこと

使用度の低い部分を意識する必要性

腰痛治療における最も大切な考え方

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書