膝裏を伸ばす方法は?

中川式ストレッチベンチ
出典:楽天市場

結論:ストレッチベンチを用いることが良い

※スポンサーCM

ご高齢者には、
膝の曲がった方が大勢
おられます。

膝が曲がった高齢者

横から見たときに、
明らかに膝が前に
突き出して、
腰を軽く落とした
姿勢になっています。

この膝の曲がった姿勢は、
腰痛を招きやすい
のです。

膝が曲がると
筋肉を使う

どうして膝が曲がると
腰痛を招くのか?

それは膝が曲がると、
下半身の骨格が支柱
としての役を果たさないから
です。

骨格は垂直に配列
されると支柱としての
役割を果たします。

例えば、煙突や電柱は、
まっすぐだから、ずっと
安定しています。
まっすぐな煙突

ほんのわずかにでも
煙突が傾けば、
すぐに倒れてきます。

安定を欠くと、
途端に倒れてしまいます。

人の下半身も
膝が前に突き出すと、

下半身の骨格が傾く
ため、まっすぐ安定
しつづけることが
できません。

傾いた姿勢を保つために
足腰に負担を招いて
それが腰痛の原因と
なってしまうのです。

座りすぎて膝が
固まっている。

※スポンサーCM

では、どうして高齢者では
膝が曲がってしまうのか?

一番に関係しているのは
やはり、座って過ごす
日常です。

座って過ごす高齢者

多くが日常の
大部分を座って
過ごします。

若いころはお仕事を
されていたため、
立って過ごす時間が
長かったはずです。

そのころと比較して、
明らかに座って過ごす
時間が増えているのです。

椅子に座る時間が増える
ことで膝に曲がった
クセが付いてしまいます。
座って過ごすと膝や股関節が曲がる

膝や股関節、足首の
関節などが座りすぎる
ことで、本来の形と
異なる状態のまま
固まってしまいます。

固まったまま立ち上がる
から、

膝が曲がったまま
戻らなくなってしまう
わけです。

ストレッチベンチ

では、このときの曲がった
膝を伸ばす方法について
ですが、おすすめするのは
ストレッチベンチです。
中川式ストレッチベンチ
出典:楽天市場、中川式ストレッチベンチ

膝を伸ばした状態に
固定したまま、前屈して、
バーにつかまります。

これによって固まった
膝裏を伸ばして
行きます。

こうすると、主に太ももの
裏にあるハムストリングス
という筋肉を伸張できます。
ハムストリングス

ハムストリングスは
太ももの裏にある筋肉の
ことです。

椅子に座って腰かけていると
常にハムストリングスが
ゆるんだ状態で過ごします。

ハムストリングが伸ばされる
機会がありませんので、
やがてハムストリングスが
硬くなってきて膝が伸びにくく
なってしまいます。

ストレッチベンチで毎日
膝裏を伸ばせば、

やがて膝が伸びるものだと
おもわれます。

ストレッチボードで腓腹筋を

次に、
取り組んでいただきたい
ことが足首の筋肉の
ストレッチです。

※スポンサーCM

ふくらはぎには、
腓腹筋(ひふくきん)
という筋肉があります。


座って過ごすと腓腹筋が
固まってしまいます。

すると、やはり膝が
伸びなくなってしまう
のです。

このときには傾斜板、
(ストレッチボード)
を用いていただくことを
おすすめします。
ストレッチボード

ボードの上にのって
足首を反らすことで
ふくらはぎをストレッチ
することができます。

リガベントバイク

ストレッチだけで、曲がった
膝を改善するのは難しい
です。

他にも座りすぎて
衰えた足の筋肉を
鍛えることが膝を
伸ばすためには必要と
なります。

このときにおすすめの
トレーニング器具が、
リガベントバイクです。
リガベントバイク
出典:アマゾン

普通のエアロバイクと
比較したときに座席が
低い位置にあることが
特徴です。

足腰の衰えた高齢者
でも楽に乗り降りが
でき、転倒の危険が
少ないです。

こういったもので屋内で
楽に鍛えていただければ、
弱った足腰もすぐに
良くなってゆくのでは
ないでしょうか?

地味なトレーニングも
自宅でテレビをご覧に
なりながら気楽に鍛えると
良いでしょうね。

注意事項

年末年始のぎっくり腰を防止するには大掃除後に休むこと

結論:大掃除を終えてから休みを挟まずにすぐに帰省すると長時間の運転でぎっくり腰になる。

では、ぎっくり腰に陥ってしまわれる要因ですがやはり私が思うには年末の大掃除が大きく関係しているのではないかと思います。年末の大掃除とは普段運動不足の方にとってはかなりの重労働となります。しかし、気持ちよく一年を締めくくるためにはどうしても欠かすことができません。

こうして無理を押して掃除を行って体がクタクタになるのが典型的なのですが、ここからが悪しき風習でもあるのです。間髪をあけずに行われるのが帰省ラッシュなのです。

長時間車の運転をすることで最後に腰に激痛をもたらしてしまうわけです。

ぎっくり腰防止のためには大掃除に取り掛かる日程を早めにして、帰省前に休日をはさむことが必要。

ではどうしたらこういった重労働によるぎっくり腰を防止できるのか?ということですが、やはり年末に行われる掃除が終わってから間髪あけずに長時間の運転をすることが体にこたえるのだと思います。

したがいまして、家での仕事を終えたらそのまま1日ほどしっかりと体を休めていただき、スーパー銭湯などでのんびりとくつろぎそれからゆっくりと帰省していただければよろしいかと思います。

高齢者の腰痛の仕組み

高齢者の原因

高齢者の関節拘縮によるもの

おじいさんのぎっくり腰

80代女性のぎっくり腰

ご高齢者のぎっくり腰

高齢者にも腰椎椎間板ヘルニアは起こる

高齢者のぎっくり腰の特徴は関節痛

高齢者の腰部疾患を背景としたぎっくり腰の症例

加齢による腰痛の変化

腰痛が起こる5つの原因

慢性的に繰り返す理由

なぜ不具合が大きくなる前に気がつかないのか?

防止のためのプロテオグリカンの働き

解剖学的変化

腰痛と自己治癒力

高齢者と若者のぎっくり腰の違い

高齢者の慢性したものの骨嚢胞について

高齢者の慢性腰痛の原因は関節軟骨の磨耗

高齢者で腰を丸っきり動かせないもの

老人性の背景

高齢者の慢性腰痛と膝・股関節の関係

高齢者の慢性腰痛に合併する膝や股関節、など末端の痛みの原因

高齢者の脊柱所見

中高年の腰痛にとても大きく関係する幼少期由来のもの

高齢者の腰痛対策

膝裏を伸ばす方法は?

高齢者の腰痛は時間をずらせば治る

高齢者にも出来る手軽な防止法

老後の慢性的なものを防止するためには?

高齢者の腰痛の原因となるロコモを防止するための3要素

高齢者の慢性腰痛の寝るときの姿勢

高齢者のもので気をつける病気との判別法

高齢者、早期に治療をはじめる必要のある人

老人性でやってはいけないこと。

腰部の加齢変性によるものを防止するために心がけたいこと

間違ったケア方法

グルコサミン・コンドロイチンは?

リハビリのコツ

リハビリ法

立ち上がるときの痛みの対策

治療の選択肢

腰の痛みの評価基準

腰痛の防止の方法

対策で気をつけること

治療のポイント

高齢者と筋肉

なぜ歳をとると尻の筋肉が落ちるの?

老人性の原因は本当に筋力低下なのか?

大腰筋が衰えてしまう理由

体が衰えて老後に歩けなくなりそう

ぎっくり腰の防止のためのミルキングアクション

高齢者が陥る原因は足の細さ

防止するために特に鍛えたい筋肉

原因は筋肉が衰えた

原因として良く見られるもの脊柱起立筋の衰え

高齢者の腓腹筋が伸張できない理由

高齢者の腰痛の症状

受動動作時痛

慢性腰痛とリウマチ

関節可動域の減少

老化の腰痛と、関節症による腰痛の違い

虚血性型

注意すべきこと

関節の強張り

朝方の強張り

関節を動かしたときのゴリゴリ音

関節肥大

痛みの特徴は地味でしつこい

関節圧痛

意外な症状

腰部変形を背景としたものの馬尾神経圧迫症状

高齢者の慢性化したものの辛さ

高齢者の腰痛の考え方

動かない高齢者が腰痛になる理由

刺激が無くても腰痛になる理由

腰痛は加齢のせいではない

原因は運動への恐怖心による筋肉の衰え

ステレオタイプの腰痛緩和メカニズム

腰痛に対しての誤解

腰痛が悪化する要因

慢性腰痛はなぜ起こるのか?

陥り易い理由

認知症の腰部ケア

高齢者の腰痛対策とは安全対策のこと

高齢者は何キロまで持っても大丈夫なの?

高齢者のぎっくり腰のケアの特徴

高齢女性のぎっくり腰で気をつけること

高齢者世代との同居によるストレスから由来する腰痛の改善方法

積極的治療の必要性

高齢者の腰を悪化させないための日常の目安

間違った治療の考え方

間違った運動の考え

治療の誤り

高齢者の慢性腰痛の防止のために心がけること

中高年と腰痛

結論:子供時代に腰骨を怪我した人は高い確率で、中高年期に腰痛が再発します。

中年以降と若年層のぎっくり腰の違い

外見から分からないリスク

幼少期の古傷によるもの

幼少の頃の古傷によるものの即効性の期待できるセルフケア

老後の腰痛対策はいつからはじめるべき?

中高年の関節劣化を防止する方法

中高年の腰痛の関節痛の原因

中高年の痛みの生じる部位

患者の老後

老後の腰痛対策で心がけること

中高年のぎっくり腰の防止は身体機能に着目する

高齢者その他

急に老人がイスから立てなくなる

余命について

高齢者がイスの上で正座をするのは?

老化したお肌をツルツルに蘇らせる

なぜ高齢者はロボットのような動きなのか?

高齢者が動けなくなる理由

なぜ老人の体が固まるのか?

高齢者の慢性的な腰痛が増える社会的背景

遺伝的な腰痛の原因

高齢者の慢性腰痛の遺伝的要因

老眼と腰痛の関係

呼吸について

腰痛とロコモティブシンドロームの関係

腰痛が寿命を短くする理由

驚いて起こるぎっくり腰

老人性の痛みを我慢して過ごしていると?

高齢者の慢性化までの経過

骨粗しょう症

骨粗鬆症対策について

骨粗しょう症で骨がガタガタになると腰を痛める

骨粗しょう症のケース

骨粗しょう症のリスク

骨粗しょう症による腰痛の防止策

骨密度を高めてぎっくり腰を防止するには?

女性が骨粗しょう症を防止するための根本的な方法

骨粗しょう症で腰痛にならないためには?

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに20個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性

子供

心理①

心理②

自然

最新情報 

腰痛で立ち仕事が我慢できない

重い荷物の体への影響

ローイングはなぜ前傾姿勢になるのか?

配達業で何度も車の乗り降りをして膝が痛い

筋肉のつけすぎは老後に腰が曲がるか?

足と脚、下肢の違い

肺疾患の人は湿度が高いと息苦しくなる

高齢者の腰痛の仕組み

高齢者の原因

高齢者の関節拘縮によるもの

おじいさんのぎっくり腰

80代女性のぎっくり腰

ご高齢者のぎっくり腰

高齢者にも腰椎椎間板ヘルニアは起こる

高齢者のぎっくり腰の特徴は関節痛

高齢者の腰部疾患を背景としたぎっくり腰の症例

加齢による腰痛の変化

腰痛が起こる5つの原因

慢性的に繰り返す理由

なぜ不具合が大きくなる前に気がつかないのか?

防止のためのプロテオグリカンの働き

解剖学的変化

腰痛と自己治癒力

高齢者と若者のぎっくり腰の違い

高齢者の慢性したものの骨嚢胞について

高齢者の慢性腰痛の原因は関節軟骨の磨耗

高齢者で腰を丸っきり動かせないもの

老人性の背景

高齢者の慢性腰痛と膝・股関節の関係

高齢者の慢性腰痛に合併する膝や股関節、など末端の痛みの原因

高齢者の脊柱所見

中高年の腰痛にとても大きく関係する幼少期由来のもの

高齢者の腰痛対策

膝裏を伸ばす方法は?

高齢者の腰痛は時間をずらせば治る

高齢者にも出来る手軽な防止法

老後の慢性的なものを防止するためには?

高齢者の腰痛の原因となるロコモを防止するための3要素

高齢者の慢性腰痛の寝るときの姿勢

高齢者のもので気をつける病気との判別法

高齢者、早期に治療をはじめる必要のある人

老人性でやってはいけないこと。

腰部の加齢変性によるものを防止するために心がけたいこと

間違ったケア方法

グルコサミン・コンドロイチンは?

リハビリのコツ

リハビリ法

立ち上がるときの痛みの対策

治療の選択肢

腰の痛みの評価基準

腰痛の防止の方法

対策で気をつけること

治療のポイント

高齢者と筋肉

なぜ歳をとると尻の筋肉が落ちるの?

老人性の原因は本当に筋力低下なのか?

大腰筋が衰えてしまう理由

体が衰えて老後に歩けなくなりそう

ぎっくり腰の防止のためのミルキングアクション

高齢者が陥る原因は足の細さ

防止するために特に鍛えたい筋肉

原因は筋肉が衰えた

原因として良く見られるもの脊柱起立筋の衰え

高齢者の腓腹筋が伸張できない理由

高齢者の腰痛の症状

受動動作時痛

慢性腰痛とリウマチ

関節可動域の減少

老化の腰痛と、関節症による腰痛の違い

虚血性型

注意すべきこと

関節の強張り

朝方の強張り

関節を動かしたときのゴリゴリ音

関節肥大

痛みの特徴は地味でしつこい

関節圧痛

意外な症状

腰部変形を背景としたものの馬尾神経圧迫症状

高齢者の慢性化したものの辛さ

高齢者の腰痛の考え方

動かない高齢者が腰痛になる理由

刺激が無くても腰痛になる理由

腰痛は加齢のせいではない

原因は運動への恐怖心による筋肉の衰え

ステレオタイプの腰痛緩和メカニズム

腰痛に対しての誤解

腰痛が悪化する要因

慢性腰痛はなぜ起こるのか?

陥り易い理由

認知症の腰部ケア

高齢者の腰痛対策とは安全対策のこと

高齢者は何キロまで持っても大丈夫なの?

高齢者のぎっくり腰のケアの特徴

高齢女性のぎっくり腰で気をつけること

高齢者世代との同居によるストレスから由来する腰痛の改善方法

積極的治療の必要性

高齢者の腰を悪化させないための日常の目安

間違った治療の考え方

間違った運動の考え

治療の誤り

高齢者の慢性腰痛の防止のために心がけること

中高年と腰痛

結論:子供時代に腰骨を怪我した人は高い確率で、中高年期に腰痛が再発します。

中年以降と若年層のぎっくり腰の違い

外見から分からないリスク

幼少期の古傷によるもの

幼少の頃の古傷によるものの即効性の期待できるセルフケア

老後の腰痛対策はいつからはじめるべき?

中高年の関節劣化を防止する方法

中高年の腰痛の関節痛の原因

中高年の痛みの生じる部位

患者の老後

老後の腰痛対策で心がけること

中高年のぎっくり腰の防止は身体機能に着目する

高齢者その他

急に老人がイスから立てなくなる

余命について

高齢者がイスの上で正座をするのは?

老化したお肌をツルツルに蘇らせる

なぜ高齢者はロボットのような動きなのか?

高齢者が動けなくなる理由

なぜ老人の体が固まるのか?

高齢者の慢性的な腰痛が増える社会的背景

遺伝的な腰痛の原因

高齢者の慢性腰痛の遺伝的要因

老眼と腰痛の関係

呼吸について

腰痛とロコモティブシンドロームの関係

腰痛が寿命を短くする理由

驚いて起こるぎっくり腰

老人性の痛みを我慢して過ごしていると?

高齢者の慢性化までの経過

骨粗しょう症

骨粗鬆症対策について

骨粗しょう症で骨がガタガタになると腰を痛める

骨粗しょう症のケース

骨粗しょう症のリスク

骨粗しょう症による腰痛の防止策

骨密度を高めてぎっくり腰を防止するには?

女性が骨粗しょう症を防止するための根本的な方法

骨粗しょう症で腰痛にならないためには?

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに20個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性

子供

心理①

心理②

自然