ヘルニアで働けない。生活保護は?

生活保護の申請をしている人

結論:ヘルニアや病気の有無に関係なく、収入や生活状況など一定の条件を満たせば申請できる。

※スポンサーCM

野崎さん30代男性

30代男性、仮名:野崎さん
からの相談。

今現在、
腰椎椎間板ヘルニアを
患われています。

そして、仕事に就くこと
が出来ずにいます。

「腰椎椎間板ヘルニアで
働けなくなりました。

そして、会社を
クビになりました。
ヘルニアでクビになった
生活保護を受けられる
のでしょうか?

それとも、
ヘルニアくらいなら、
働けって役所の方に
言われてしまう
のでしょうか?

このような相談です。

健康状態は
どうなのか?

たぶん、野崎さん自身が、

「ヘルニアぐらいなら」

とおっしゃられる
のですから、

今現在、介護なしでも
なんとか日常を過ごす
ことができている
のでしょう。

例えば、
病気やケガで働けない
といっても、区役所などへ
生活保護の申請のために
自分の足で歩いて移動が
可能
なわけですよね。

ヘルニアの患者さんにも
色んな方がおられます。

病気があまりにも酷くて
自力で役所への申請が
不可能な方もおられます。

野崎さんの病気の程度が
どのぐらいかは分かり
かねるのですが、

ヘルニアだからすべてが
生活保護を受けられる
というわけでもありません。

受給条件がある。

野崎さんはヘルニアで
働けないわけですが、

生活保護には受給条件が
あります。

ヘルニアの有無は関係なく、
受給要件を満たせば
申し込むことは出来ます。

逆に、ヘルニアがあっても、
受給要件を満たさなければ
生活保護は受けられませんし、

ヘルニアが無くても、
要件を満たせば
受けられます。

受給要件とは
端的に言えば、
以下の三つです

◆生活保護受給要件

生活が維持していける
収入がない。


生活の援助を家族から
受けられない


資産、財産がない

この条件をすべて
満たせば、生活保護を
申請することができます。

稼働性

まず、生活をしていく
収入が本当にないのかを
証明することが必要になります。

今現在、腰が痛くて
働けないのだとします。

でも、現実問題として
歩いたり日常の生活は
出来ています。

収入がないこと自体は
簡単に証明できる
ことでしょう。

ところが、一番の問題は

「稼働能力の活用」

です。

つまり、
働く能力があるのか
どうかを問われます。

①十分に働く能力があるけど
働いていないのか?


それとも、

②働く能力があって
就職活動をしているけど、
会社側に雇ってもらえない
のか?


③持病によって
働くことが不可能
なのか?


この3点が重要に
なりますよね。

ヘルニアで働けないのだと
しても、完全に働けない
わけではありません。

今現状、
日常生活ぐらいでしたら
過ごせるわけです。

簡単な仕事でしたら
出来るものもあるかも
しれません。

仮に生活するのに、
毎月10万円必要だと
します。

ヘルニアがあっても
何とか努力すれば
5万円ぐらいは稼げる
とします。

なのに病気を理由にして
働かない場合は、

「稼働能力の活用を
していない」


働く能力がありながら、
働く意思がないものとして
生活保護は
受けられません。

つまり、働ける能力が
僅かにでもあれば
ヘルニアを
理由に生活に必要なお金を
すべて補助してもらうことは
できないのです。

部分的に補助してもらう
ことは出来ても、
全額負担はあり得ないこと
でしょう。

稼働能力が
あれば

仮にヘルニアがあっても
ある程度の仕事が
できたとします。

この場合は稼働能力が
あると判断されます


生活保護を受給する
ためには何らかの
就職活動をしないと
いけません。

毎日のように企業の
面接を受けて回る
ことになります。



実際に企業の
採用試験や、
面接、説明会
などに参加することに
なります。

そして、
企業の採用担当者に
書類を提出して、
担当者の捺印をもらいます。

それを生活保護の
担当者に提出します。

どこそこの企業に
面接にいった。
説明会を受けた、
企業の担当者の押印、
これらを書面にして
提出します。

こういったことを
毎回繰り返します。

これによって、働く能力が
あっても働けないのだと
初めて認めてもらえます。


一回でも手続きを怠ると
生活保護の受給を
打ち切られる
こともあるでしょう。

こういった活動を
怠ると、働く能力があっても
働く意欲がないものとして
判断されます。

持病によって働けないなら

ヘルニアによって働くことが
出来ないのだとします。

その場合は、野崎さんが

「俺は痛くて働けない!」

といくら訴えても、
役所の職員は認めて
くれません。

この場合は、
病院の専門医の
診断書
が必要でしょう。

この診断書を提出します。

もちろん、診断書を提出
するだけで生活保護を
もらえるわけではありません。

継続的に病院へと
通院しないといけません。

通院して、治療を受けて
社会復帰を目指すことが
求められます

こういった手続きを怠って、
必要な治療を受けず、
社会復帰の努力を
怠れば生活保護の受給は
打ち切られてしまう
ことが
あります。

また、お医者さんによっては、

「ヘルニアによって力仕事は
無理だけど、デスクワークなら
出来る


と判断することもあるかも
しれません。

そうしたら、職業訓練所に
通う
ことになります。

※スポンサーCM

たぶん、
ヘルニアになられた
方の大部分は最初の段階で
職業訓練を提案されます。
職業訓練校
ヘルニアによって
力仕事が出来ないの
ですから、

別のデスクワークや、
簿記、パソコンを
使った作業など、

事務系の仕事の
訓練を受けることに
なります。

この訓練を受けなかった
場合は、

稼働能力の活用を
していない


ものとして、生活保護は
打ち切りにされたり、
最初の時点で生活保護の
申請を断られる可能性も
あるでしょう。

ヘルニアで働けなくなった
からといって、すべての
働く能力をうしなったわけでは
ありません。

新しい能力を身に付ける
ことで社会復帰が
可能な場合もあります。

こういった努力義務を
課せられます。

「俺はデスクワーク
なんて嫌!」

と職業訓練を放棄
することは認められません。

つまり、生活していく
収入が得られないと
しても、

何もせず生活保護で
お金をもらえるわけ
ではないのです。


きちんと
治療を受けたり、

職業訓練を受けたり、

就職活動をしたり、

努力は強いられます。

労せずお金をもらえる
はずがないのです。


労せずお金をもらえたら
まじめな人が働く意欲を
失ってしまいます
よね。
ぐうたらした人
だから生活保護の受給
は厳しいです。

不正受給者問題

仮に生活保護を
申請したとします。

でも、現実の受給は
厳しい壁があります。

そう簡単には受給は
認められません。

それは不正受給者が
実際にいるからです。
生活保護不正受給者

収入があるにも関わらず
所得を隠したり、

財産があるのに隠したり、

自動車を所有していても
隠したり、


働く能力がありながら、
わざと面接試験で不採用に
なる失言を繰り返したり、

横柄な態度で面接を
受けに行ったり、

僕も会社で面接を
担当したことがあります。

考えられない人も
いますよ。

お前が頼むなら、
働いてやっても
いいぞ!

不採用目的の企業の応募者

こういった態度の
応募者がいるんですよ。

それも、10代や20代の
若者ではありません。

40代、50代の十分な
社会経験があるはずの
人がまじめにそんな
態度で企業を応募します。

明らかな
不採用目的です。

会社側から
したら思いっきり
迷惑ですよね。

こういった人がザラに
いるため、役所の窓口も
相当厳しい調査をします。

すんなりとは
生活保護は
受けられません。

仮に受けられても
「うっとおしい!」
イライラする上司

と思えるぐらい、
面倒な手間が掛かります。

まず
普通に働けるなら、
嘘をついてまで受給
するメリットは
ありません。

普通に働いた方が、
良いと思えるぐらい
面倒な手間が掛かる
ものだと思ってください。

ホームレス問題

日本には生活保護法が
あります。

働いていて、万一
失業したり、
病気で働けなくなったり
しても、最悪でも
生活保護によって生きて
いくことができる安心が
生活保護によって保証
されています。

俗に、
セーフティーネットと
呼ばれます。

セーフティーネットが
最後の受け皿として
あるため、
私たちは、病気やケガなど
不安におびえることなく
仕事に明け暮れることが
できます。

ところが、生活保護の
実際は、

憲法で、

「健康的で文化的な、
最低限度の生活を
営む権利を有する」

とありながらも、
矛盾した現象が
現実にあります。

それはホームレス
問題です。
ホームレス

駅前や地下道、
ガード下には
決まってホームレスが
います。

本来なら、
生活保護があれば、
ああいった路上生活者は
出ないはずです。

ところがいくらでも
そういった人が現実に
います。

ホームレスの多くは、
好きで野宿をしている
わけではありません。

仕事が嫌いで
路上生活をしている
わけでもありません。

皆さん、本当は働きたい。

働きたいけど、
雇ってもらえない。

年齢を理由に雇って
もらえない場合も
あるでしょう。

働きたいけど雇って
もらえない。

現実にホームレスを
していても、空き缶集めを
したり、労働をされている
方は大勢おられます。
空き缶を集めるホームレス

台車に山積みの空き缶を
乗せて歩いている
ホームレスは東京では
いくらでも見かけます。

労働意欲が高いです。

どんな状況でも
絶望せず、熱心に
働いています。

山ほどの空き缶、
集められますか?

それぐらいまじめに
働きたいと思っています。

この方々はどうして
生活保護を受けられ
ないのか?

生活保護の仕組みが
あることを知らない人も
いるのでしょう。

でも、それだけでは
ありませんよね。

生活保護の申請を
したときに相当厳しい
調査が入ります。

この調査によって
生活保護が簡単には
認めてもらえません。

生活保護が仮に
認められても
共同生活施設に入所
させられたりもします。

そこでの生活が
いやだったり、

入所者同士の
人間関係に
うんざりしたり、

生活保護を受給
することが
現実には厳しいため、

多くの方がやむなく
ホームレスを選ばれる
のでしょう。

なので、
ヘルニアがあるから
働けない。

生活保護が
受けられるか?

このように疑問に思われる
のでしたら、
余裕のあるうちに
早めに窓口に相談したり、

実際の詳しい手続きに
ついて聞いてみると
良いでしょう。

※スポンサーCM

私たちの命を守る
セーフティーネットですが、

そう簡単には受給できない
ものだと思った方が
良いです。

ユーチューブの

「ニッポン貧困社会~
生活保護は助けてくれない」

をご覧になって
いただいても、現実の
生活保護の受給は
そう簡単には行かない
ことが分かります。

生活が立ち行かなくなる
前に早めに手を打つ
ことが不可欠でしょう。

ホームレス者の人数は
厚生労働省の調査では
日本中に6200人しか
いないことになっています。

統計上は年々減少傾向に
なっているとされます。

でも僕が見る限りでは
減っているとはとても
思えません。

少なくとも東京
都内で生活していて
ホームレス者が減っている
とは思えません。

日本全国には
もっと大勢のホームレスが
いるはずです。

ホームレスをすべて
生活保護で救済すると、
財政が破綻します。

なので、
多くのホームレスが
生活保護を受けられずに
野垂れ死にしているのが
現実なのかもしれません。

国の財政や制度改革
によって、ホームレスが
社会復帰したり、

ホームレスになる人が
減ったのではなく、

現実は、路上で
野垂れ死にしている


貧困な男性

飢えと病気で、
死んでいる。

生活が豊かになって、
ホームレスが減った
わけがない。

僕たちの暮らしは
年々貧しくなって
いるはず。

厚生労働省の
国民生活基礎調査でも、
平成28年の国民の
生活意識で56%が
「生活が苦しい」
と回答
しています。

また、
国民生活基礎調査
では、児童のいない世帯
は年々増加をたどり、
平成28年で76%を示して
います。

生活が苦しくなって、
子供が減っているのに

ホームレスの暮らしが向上
して数が減るはずが
ありませんよ。

ホームレスが死んで
数が減ったのが
現実なのだと思った
方が良いでしょうね。

だから、野崎さんは、
決して社会が
助けてくれるとは
思わない方がよいでしょう。

ヘルニアがあって、
まともに働けなくても
出来ることはやる。

日銭で1000円ぐらいの
仕事であっても、

生き延びるためだと
思っていただきたいです。

生活保護を申請する
ことは可能でしょう。

でも現状の社会状況
では、貧困者全員を
救済することは
期待しない方が良いです。

もちろん、生活保護は
申請しましょう。

でも、助けてもらえないと
考えてください。

ヘルニアがあって働けない
場合でも、何らかの
職業訓練を受けて、
働ける業務を見つける
ことにはなるでしょう。

それを放棄すると、
最悪は死にます

ヘルニアがあると、
世間一般的な
幸せな家庭はもう
無理かもしれません。
幸せな家庭

夢も希望もないのかも
しれません。

でも、それでも
生きるんです

どんなことがあっても、
生き延びましょうよ。

ひょっとしたら、
僕も含めて、
多くの方が、
最後は孤独にこの世を
去るのかもしれません。
孤独死

でも、
そのときになって

「俺は力を
尽くした」


「やるだけの
ことはやった。」

そう思って、納得して
死ねれば、
それはそれなりに
立派だと僕は思います。


野崎さん、


どんあことがあっても
諦めずに力を
尽くしましょう。

絶対にあきらめ
ないでください。

家族の援助

ヘルニアの有無に関係なく、
生活保護を申請する上では、
家族に援助を申し込んだ
のかは、

必ず問われます。

家族が生活を援助できない
ことが調査によって明らかに
ならないと生活保護は
原則的に認められないのでは
ないでしょうか?

生活保護を申請する者は
当然、現状の財産や収入、
仕事の状況をつぶさに調査
されます。

でも、生活保護を申請する
上では、たぶん家族も調査を
受けるはずです。

野崎さんは、ご家族の方にも
調査に協力してもらうように
お願いすることになります。

家族の理解が
得られないと
生活保護が
受けられません。

きちんと家族の方の現況を
調査して、その上で
経済的な援助が出来ないと
立証しないと保護は
受けられないはずです。

窓口で、いくら

「家族はとても
俺のことを助けられない!」

言い張っても、
相手にもされません


何度、窓口に足を運んでも
きちんと、証拠を窓口に
提示できないと保護は
認めてもらえないはずです。

なので、家族にきちんと
説明しましょう。

家族の説得に
時間がかかります。

家族の理解と、
協力が必要になります。

資産、財産

生活保護を申請する
上では資産状況や財産の
有無も調査の対象に
なります。

野崎さんが今現在、
持ち家をお持ちだったり、
自動車、株、土地、
不動産などをお持ちなら
それらも調査の
対象となります。

銀行の預金なども
調査を受けます。

また、調査員は自宅にも
やってくるはずです。

資産価値のあるものは
すべてお金に換金
するように指導を受けます。

家や自動車も、
状況によっては売りに
出して手放すことも
あるでしょう。

お金に換金できるものは
すべて手放したことを
立証しないといけません。

万が一、自動車を隠したと
します。

後からそれが発覚すれば
生活保護は打ち切りに
なります。

テレビも贅沢品として
取り上げられます。

携帯電話も場合に
よっては手放す
ことになります。

本当に娯楽のない
生活を過ごすことにも
なるでしょう。

実際の生活保護受給者
の多くはお酒もたばこも
たしなみません。

今現在の娯楽や嗜好品の
多くを失うことになります。

仮にお金が手に入っても、
まったく娯楽のない生活に
耐えられますか?

精神的にはしんどいですよ。

普通に働いた方が、
生活保護よりもずっと
楽しく暮らせます。

生活保護は、あくまでも
生きるための最後の
セーフティーネットであり、
私たちを楽させる
ためのものではありません。

受給する以上は
それなりの代償を
払うことになります。

苦労や面倒を
背負いこむことになります。

それらの不自由を
すべて受け入れた上での
生活の保護です。

野崎さんが、もしも
働けるなら、まっとうに
働いた方が良いに
決まっています。

安易に受給は考えない方が
良いでしょう。

本当にやるだけのことを
すべてやり尽くした方が
最後に利用するものです。

大掃除のぎっくり腰を減らすためには?

結論:作業をできるだけ分担することで腰をスッキリ楽に過ごしましょう。

年末年始のぎっくり腰の予防のためには大晦日の一日に大掃除のスケジュールが集中しすぎぬように早めに取り掛かっていただき、日程を分散することで腰に負担を溜め込まぬようにすることをおすすめいたします。

ぎっくり腰とは筆舌にできぬほど耐えがたい痛みに襲われるものです。新年からこのようなもの陥ってしまい貴重な家族行事を無駄にすることが無いようにしたいものです。

年始にぎっくり腰が多い理由は年末にかけて行う大掃除による肉体疲労。

では、なぜ年始にぎっくり腰が多いのでしょうか?そこに一番関係しているものが大掃除なのです。誰だってそうなのですが、縁起を担ぐ意味でも新年はお住まいになられるご自宅が綺麗な状態でお過ごしになれるようにピカピカになるまでお掃除されるのではございませんでしょうか?このときの体に加わる疲労度とはとても大きく腰を痛めてしまわれることはとても多いのです。

おすすめする対策法は早めのスケジュール、大晦日に掃除が集中せぬようにしましょう。

ご提案する方法としましてはやはり皆様が腰を痛めぬためにも早めのスケジュールを立てていただくことを是非ともご提案させていただきたいと思います。

やはりまとめて一日で仕上げたいと思われたり、お仕事によってなかなか時間が取れなかったりすることがほとんどだと思います。そのような方ほど1ヶ月前ぐらいから数日間かけて少しずつ作業を進めていっていただければ腰に負担もそれほど溜め込まず新年を気持ちよく過ごすことにつながることでしょう。

作業をできるだけ分担することで腰をスッキリ楽に過ごしましょう。

ということで何日かかけて日数が均等になるように負担を分散していただき腰に無理を重ねぬようにしていただければと思います。

節約・お金と腰痛

結論:暇なしで働くと腰痛になる。まず支出を改善する

  1. ヘルニアで働けない。生活保護は?そう簡単に受給できるものではない。
  2. 腰痛持ちが見直すべき優先順位生活コストの中では「食」→「衣」→「住」の優先順位を意識しましょう。
  3. ぎっくり腰なのに仕事を休めない背景とは?経済的な事情
  4. お金が無い人の腰痛対策は?どの程度お金が無いのかにもよる。その日食べるものも無いのでしたら対策のしようがない。生活保護を申請したり、親や身内に資金援助を頼むべきです。
  5. 経済的負担お金の問題についていろいろとお話しましょう。
  6. a節約防寒による坐骨神経痛予防①厚着をする。②狭いスペースに多人数で身を寄せ合う。③運動でエネルギーを燃やす。体内で熱を発生させる
  7. aぎっくり腰を防ぐお金の使い方お金を使うときに投資・消費・浪費の2つの勘定科目を区分するとお金に悩まなくなる
  8. aお金を掛けないぎっくり腰の防止法お金を掛けない方法としては出切るだけ屋内運動器具などを用いて体を動かすこと。ダイエットにもなり、冬場の暖房代の節減ともなる。
  9. お金を掛けないぎっくり腰防止法衣類で保温して体温を一定に保つこと。
  10. エンゲル係数と腰痛の関係性エンゲル係数の先進国での平均は23%程度、高すぎても・低すぎても腰痛を起こす
  11. 発生防止と経済的背景経済的な背景とも大きく関係性があり、労働者階級の中でも肉体労働者に圧倒的に発生が多く、栄養水準が低いと発生はさらに高くなる。経済水準が高くなり栄養も十分になると逆に代謝が高まりすぎて体調を崩すケースもある。ぎっくり腰防止には衣類などを上手く利用して熱産生を少なく抑えることが良い。
  12. 元を取る意識を必ず持とう。腰痛患者の多くは何か目の前の物事があると「そんなことやったってどうせダメだから」という考えを持つことが余りにも多いです。しかし、物事は何でも元を取るんだという考えがなければ努力に見合った成果を得ることはできません。
  13. ホットクックで節約しようアイテムの販売ではありません。我が家で使っているものを紹介しているだけです。
  14. 雪を見逃さない雪は冷蔵庫の冷却につかえます。
  15. 雪を上手に活用する雪の冷却効率を上げる方法をご紹介します。
  16. 雪の派生系雪を冷蔵庫の冷却に活用すると夜間にアレができ節約につながります。
  17. 雪の恩恵は大きかった2週間雪を使うと、電気代は果たしていくら節減されるのか?
  18. アメリカの貧困の現実、日本の未来を見た感想日本よりも貧富の差が激しいアメリカ、誰しも抱く差別と偏見の目に気がつくはず。
  19. 生活保護について思うこと生活保護は世の中に必要な仕組みだけど、今の仕組みには問題点があります。
  20. スクラッチカードについて思うことギャンブルは絶対に辞めましょう。賭け事は良くありません。

腰痛雑学関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

腰痛マメ知識

腰痛社会問題:国政レベルでの考察

漫談

節約・お金と腰痛

腰痛難民

動物学的観点からみた腰痛

書評1

息抜き

「息抜きカテゴリー」を6つに分けてご紹介します。

治療情報選び・治療院選び

腰痛雑学

小屋暮らし

整体同業者用

ショートコラム

最新情報

椎間板

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

節約お金と腰痛

結論:暇なしで働くと腰痛になる。まず支出を改善する

ヘルニアで働けない。生活保護は?

腰痛持ちが見直すべき優先順位

ぎっくり腰なのに仕事を休めない背景とは?

お金が無い人の腰痛対策は?

経済的負担

節約防寒による坐骨神経痛予防

ぎっくり腰を防ぐお金の使い方

お金を掛けないぎっくり腰の防止法

お金を掛けないぎっくり腰防止法

エンゲル係数と腰痛の関係性

発生防止と経済的背景

元を取る意識を必ず持とう。

ホットクックで節約しよう

雪を見逃さない

雪を上手に活用する

雪の派生系

雪の恩恵は大きかった

アメリカの貧困の現実、日本の未来を見た感想

生活保護について思うこと

スクラッチカードについて思うこと

腰痛雑学関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

腰痛マメ知識

腰痛社会問題:国政レベルでの考察

漫談

節約・お金と腰痛

腰痛難民

動物学的観点からみた腰痛

書評1

息抜き

「息抜きカテゴリー」を6つに分けてご紹介します。

治療情報選び・治療院選び

腰痛雑学

小屋暮らし

整体同業者用

ショートコラム