荘A[NX̉@

モーラステープで腰の痛みが悪化する原因

結論:心理的に不安定だと、不慣れな感覚をストレスに思ってしまう

※スポンサーCM

モーラステープとは、
貼り薬のひとつで、

シップのようなウェット感、
濡れた触感が苦手な方の
ための

ドライな肌触りの
貼り薬のことです


薬局でも手軽に入手
できますし、サロンパス
と呼ばれるタイプの貼り薬
にも多くドライな肌触りの
ものが採用されています。

ときにはこういった
モーラステープを腰に
貼ってみたところ腰痛が
悪化するケースもあるようです。

局所性不快感による

モーラステープやシップを
腰に貼って痛みが悪化
する多くの理由は、

一言で説明すれば、

相性の問題です。

相性が合わない人では、
腰の痛みが悪化した
ように思えますし、

相性が合う人では
痛みが緩和されたと
思えるかもしれません。

でも、相性だと
一言で説明されても
納得行きませんよね。

相性に大きく関係している
ものは局所性不快感です。

詳細はリンク先に
ご紹介しております。

端的に言えば、
不慣れな感覚を
不愉快に思えてしまう
ことが一因しています。

※スポンサーCM

マッサージなどでも、
初めて受けられる方は、
ときには過敏な反応をして
不愉快に思えることが
あります。

モーラステープでは、
表面に粘着成分が
ぬられています。

この粘着成分があるから
体に貼りつきます。

ときにわずかな粘着成分が
皮膚に合わなくて、
体が慣れない感覚を
不愉快に思ってしまうことが
あります。

不愉快に思うと、
体にストレスが生じて
腰の痛みが悪化した
ように思えてしまうのです。

心理状態が影響する

モーラステープを腰に
貼りつけたときに
不愉快に感じたり、

心地よく思えることが
あると思います。

こういったものはいつでも
同じように認識している
のではなく、私たちの
心理状態がある程度影響
してきます。

心理的に不安定で、
恐怖を感じている
とします。

こういった心理状態の
ときに体験した物事は
すべてが、ネガティヴに
認識されやすいです。

恐怖に心病んでいるときに、
風でたなびくカーテンを
見れば、それを幽霊だと
思えてしまうことも
あるかもしれません。

私たちの心理状態は、
物事をどのように認識
するのかに影響を
来します。

悪く認識すると、
モーラステープをはった
ときの感覚まで不愉快に
思えますし、体が拒絶反応を
起こしてしまいます。

相性が合わなければ
はがす

もしも、整形外科などで
モーラステープを処方された
とします。

お医者さんから、

「これを使いなさい。
大丈夫だから」

と言われても、実際に
腰に貼ってみて症状が
悪化するようでしたら、
すぐはがして構いません。

そうしたら、処方した
整形外科や、病院の
担当医にその旨を
申し出て処方する貼り薬
を違うものに変えてもらう。

もしくは、通う医院を
別のところに変えて
もよいでしょう。

※スポンサーCM

何も使わない

こういったケースでは、
ひょっとすると、シップや
貼り薬を別の物に変えて
みたり、痛み止めのお薬を
飲んだりと対処方法を
変えても、

どんな方法でも
痛みが悪化する
ことがあるかも
しれません。

心理的な安定が
図られていない
状況で、どうこうと
方法を求めてもすべてが
悪い症状につながる
こともあります。

なので、何も貼らない。

何もしない。

普段通りに日常を
過ごしていただくことも
一つの方法です。

こういった、副作用や
局所性不快感が出やすい方
の対処として、

相性が合うものは
杖が良いと思います。

松葉杖をぎっくり腰の
ときに使う方も多く
おられます。

杖でしたら、体に直接
貼りつけるわけでも
ありませんし、

飲み薬のように
胃腸にストレスを
与えることもありません。

杖は体重を支えて
腰の負担を緩和します。

理論上は腰の痛みを
軽減するはずですし、
なんら不快感を伴う
ものでもありません。

医療機関は受診する

こういったモーラステープ
によって元々の痛みが
悪化するケースですと、

まれな確率ですが、
神経障害性腰痛と
呼ばれるタイプの腰の
損傷もあります。

要するに、腰の神経
そのものが壊れてしまった
状態です。

こういった状態だと、
些細な刺激に敏感に
痛みを感じてしまうことも
あります。

余りにも痛みがひどければ
一度、様子を見た上で
医療機関を受診してください。

※参考
体に何らかの不調が
見られたときの対応

注意事項

長い柄の掃除機でぎっくり腰を防ぐ

結論:ぎっくり腰になりやすい中腰を防止できる。

どなた様も新年をすがすがしい気分で迎えたいということから年内のうちに無理を承知で頑張って大掃除をされて腰を痛めてしまうことがとても多いです。しかし、やはり腰に負担を抱えすぎてしまってギックリ腰を患ってしまう方が続出することもこのときならではのこと。

ではどうしたらぎっくり腰を防止できるのでしょうか?大掃除の体の負担は何が最も影響するのかを考えていただくと良いです。

やはりお掃除中に腰を悪くしてしまう一番の理由は中腰になって過ごすことが多いからではないでしょうか?ホウキやチリトリ、一般的な両手で持つような柄の短いタイプの掃除機などでは中腰に構える必要があります。近年ではハンディータイプなのですがとても吸引力のあるものがいくつも販売されておりますのでそういったものを用いていただき特に柄の長いタイプを用いれば腰を屈める必要がありませんのでぎっくり腰を防止できるはずです。

湿布・貼り薬・外用薬

結論:湿布は相性がある。

ぎっくり腰、湿布を貼ったら痛いところが散るのは?

ヘルニアは湿布で悪化する

湿布はいつまで貼ればいいの?

ぎっくり腰の湿布の効果

腰が痛い、湿布を貼ったら更に痛い

外用薬

シップ(貼り薬)の是非

お尻が安静にしていても痛く湿布が効かない

◆モーラステープ

モーラステープで腰の痛みが悪化する原因

痛み止め・消炎鎮痛薬

結論:痛み止めはぎっくり腰には効かない

痛み止めは気分が落ち込む

鎮痛剤が効かないのはどうして?

ぎっくり腰にロキソニンが効かない

注射

結論:注射が一番危険

腰痛でブロック注射が効かなかったらどうすればいいの?

腰痛治療の神経ブロックの効果

ブロック注射はどう?

ブロック注射を受けても治らないぎっくり腰も改善しました

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

慢性期判断、検査

⑤-1医療機関の対処①

⑤-2

⑤-3手術関連

ケア

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

食事療法

総合案内
クリックで展開

ぎっくり腰専門