荘A[NX̉@

柔道のスタミナトレーニングは?

柔道の稽古

結論:試合と同等の力を日ごろの練習で出そう

※スポンサーCM

率直に思うことは、

トレーニング方法そのもの
の問題ではないこと。

スタミナを鍛える方法は
沢山ありますよ。

乱取りをしたり、
打ち込みをしたり、
マラソンをしたり、
神社の階段を
駆け上ったり、

いろいろやってみても、

試合の時の苦しさは
変わりません

なぜ変わらないのか?
それは一番に、
試合の時と同じぐらい
追い込んでいない
からです。

試合の時は勝ちたいから
一生懸命に動きます。

このときの力を100%
だとしましょう。

スタミナに悩む人の
多くは日ごろの練習で、
60%から70%の力に
抑えて鍛えています


だから試合で
全力を出すとあっと
言う間に体の中の
酸素を使い果たして
息が上がってしまう

のです。

酸素負債

激しい運動をしたときには、
口から吸いこんだ空気
だけでは酸素の供給が
追い付かなくなります。

口から吸いこんだ空気
だけで運動が成り立つ
強度のトレーニングの
ことを有酸素運動と呼びます

試合の時に息が苦しくなる
のは口から吸いこんだ空気
だけで酸素の供給が
追い付かないからです。

酸素供給が追い付かない
運動のことを無酸素運動
と呼びます


無酸素運動では、
酸素供給が追い付かない
ため、あらかじめ体内に
取り込まれている酸素を
消費して運動をします。

筋肉の内部に溜まっている
酸素を使います。
筋肉

例えば、
仮にいま呼吸がピタッと
止まったとします。

それでも、
体内には3分間ぐらい
なら生存できる
酸素量の蓄えがあります。

交通事故や水難事故で
呼吸が止まる人がいても、
3分以内に蘇生すれば
辛うじて生きていられます。

柔道で試合中に苦しく
なるのは、体内に溜まっている
酸素を一挙に消費
するからです。

激しく動くほど酸素が
減ります。

酸素がみるみると減ると、
運動後に息が上がって、
しばらく呼吸が苦しい
状態が続きます。

使い果たした酸素を
取り返そうとして
しばらく呼吸が苦しい
状態が続きます。

この状況を酸素負債と
呼びます。

柔道でスタミナを伸ばしたい
のでしたら、
この酸素負債の能力を
高める必要があります。

※スポンサーCM

筋肉量

酸素負債能力は、
一般的に筋肉量に
比例します。

筋肉がたくさんあるほど、
筋肉の内部にも酸素が
沢山蓄えられます。

息が上がらないように
したいのでしたら、
単純に筋トレをして
筋肉量を増やし、
体脂肪率を減らせば
酸素負債が高まります。

でも、
筋肉量が増えるほど、
発揮するパワーも
増えますから
結果的に酸素の
消費も増えて
やっぱり苦しくなります。

体内にため込める
酸素量を増やすのも
有効ですが、

酸素を取り込む能力
も平行して高める必要が
あります。

この時に必要なのは、
やはり試合と同じ条件で
乱取りや打ち込みを
することです


100%の力で乱取りを
したり、息が上がるほど
追い込んで打ち込みを
してみてください。

運動後に呼吸が数分間
苦しい状態になるぐらいの
強度の練習が
スタミナを高めるために
重要な条件となるでしょう。

結局は試合でスタミナ切れを
起こすのは日ごろの
追い込みが
不足しているわけです。

自分では追い込んでいる
つもりでも追い込みが
不足していることがたびたび
あります。

試合と同じ動き

スタミナを改善したいの
でしたら、試合の時に出す
100%のパワーを、
日ごろの練習のときに
出来るだけ出し切る
ことです。

追い込みが足りないから、
試合の時にだけ100%
の力を出してしまい、

慣れない心肺負担によって
すぐに息が上がって苦しく
なります。

100%の力を出し慣れて
いると、すぐには息が
上がらなくなります。

優れたアスリートほど、
限界の力を日ごろから
当たり前のように出して
いるわけですね。

※スポンサーCM

ピリオタイゼーション

スタミナを高める上では
ピリオタイゼーション
という方法があります。

例えば、マラソンなどで
一定期間、スタミナを
鍛えるとあるときに停滞期
があらわれます。

陸上競技ではタイムが
伸びなくなったり、

柔道でも成長が
感じなくなることがあります。

この停滞期に、
無理にスタミナを高めようと
してもあまり伸びません。

体がトレーニングの刺激に
慣れてしまうため、
伸びなくなってしまうのです。

トレーニング刺激にあえて
体を慣らせないようにする。

刺激を変化させることで、
体に不慣れな刺激を与え
続ける
ことを

ピリオタイゼーション

と呼びます。

一定期間スタミナを
鍛えて伸び悩んだら、

今度は筋肉量を鍛える
トレーニングをしてみる
のも良いでしょう。

呼吸の苦しさよりも
筋肉を追い込んで鍛える
ことに着目します。

筋肉の発達が停滞
してきたら、今度は
呼吸を苦しくする運動へと
切り替えます。

このように目的とする
刺激を交互に切り替える
ことで体をトレーニングに
適応させないように意地悪
することでスタミナを
持続的に伸ばせるのでは
ないでしょうか?

相手がムキになる

対人競技ってなんでもそうだと
思います。

下手に本気を出すと、
相手がムキになります。
ムキになって起こる人
意地の張り合いになって
しまう


これが中々、気まずいん
ですよね。

練習で本来なら、
100%の力で
追い込むとスタミナが
伸びます。

でも、下手に本気を
出すと、相手がムキに
なる。

喧嘩に近い状態になる
こともあるでしょう。

意外に粗暴な
柔道家は大勢
おります。

強い先輩に本気を
出そうものなら
叩きのめされて
しまうでしょう。

だから、どうしても
試合以外ではそこまで
追い込めない方も
いるかもしれません。

格闘技なのですから、
本当は気持ちが弱いのは
いけないのですけどね。

そういった場合は、
乱取りや稽古の場面
ではなく、

マラソンや神社の
階段上りなど

走り込みの場面で全力を
出し切ってみると
良いでしょう。

ただし、この方法でも
スタミナは鍛えられますけど、
本来の柔道の力とは
ちょっと違った筋肉を
鍛えます。

とくに上半身のスタミナが
発達しません。


そのことは念頭に
入れておいてください。

相手との衝突が怖くて、
気持ちが弱くて
追い込めない方は、
正直に言えば、柔道に
向いていないの
かもしれません。

大掃除でのぎっくり腰を根本的になくしたい

結論:ハウスクリーニングを利用しよう

ぎっくり腰と言えば年末に大掃除をすることでぎっくり腰腰に負担を加えてしまいぎっくり腰を患ってしまうことがほとんど。そこで大掃除でぎっくり腰を生じずに済む方法についてです。

やはり計画的に実施することなど腰に無理が募らないように早くから取り組むことが最も良いのですがどうしてもお忙しい毎日を過ごしておりますとそう簡単に時間を取ることができません。そして忙しい中で無理に掃除をするからぎっくり腰を患ってしまうのです。

ではどうしたらこういった大掃除によるぎっくり腰の発生を防止することができるのかともうしますとやはり手軽なのはハウスクリーニングを依頼していただくことです。自分で行うからぎっくり腰になってしまうのであり、他人に行ってもらうならばぎっくり腰になるはずがありません。これほど確実な方法はありませんよね。やはり年末になるとお掃除の業者さんも仕事収めになりますのでスケジュールを見合わせて12月後半に掃除を進めておきますとご家族の帰省に間に合いますので良いでしょう。

運動理論

結論:運動は沢山の種類に取り組むほど効果が短期間で得られる

走りはじめに体が重くなるのは?

ジョギングで体が重たい

運動を続けるとどんな体の変化が起こるの?

運動連鎖

仕事と競技スポーツと運動の違い

運動はロコモ予防とはなるが、腰痛予防とはならない

おすすめのエクササイズ

予防における出力系と制御系トレーニング

単関節運動の弊害

体を丈夫にする方法

単関節と多関節運動の違い

トレーニングの種類

優先的に鍛える部位

実施しやすいタイミングの目安。

ジョギングの筋トレ効果

筋トレ、2大メニュー

非連結運動と連結運動の違い

エクササイズの流れ

ストレッチ効果

結論:柔軟性はバランス(平衡感覚)を意識すると短期に改善する。

ストレッチとマッサージのぎっくり腰の治療効果の違い

ストレッチとマッサージはどちらが腰に良いか?

有効となるパートナーストレッチ

ストレッチでパワーアップして腰痛を防げる仕組み

筋トレとストレッチは表裏一体

ストレッチ効果を高める方法

ストレッチの正しい目的

筋膜リリース治療とストレッチングの治療効果の違い

体が柔らかくなるのしくみ

ストレッチの神経伝達効果

ストレッチの医学的効果について

ダイナミックストレッチとスタティックストレッチの使い分け

ぎっくり腰防止のためのストレッチ、ストレッチの3つの種類

動的ストレッチは筋肉を固くする。

ぎっくり腰の防止の静的ストレッチの効果

ぎっくり腰と柔軟性

ぎっくり腰患者が陥りがちな柔軟性についての誤解

ぎっくり腰になりにくい体質を作るには柔軟性を養うこと

ならないための拘縮予防

危険性のセルフチェック法と柔軟性の重要性

立位体前屈がぎっくり腰を防止になる理由は?

柔軟性の必要性

結論:固い体はすぐに故障する

柔軟性を高めるメリット

柔軟性低下は腰痛の発生を増やす

股関節の柔軟性とぎっくり腰

股関節を反らすストレッチの必要性

ストレッチ理論

結論:心身ともにリラックスした状態で行おう

腰痛のストレッチはリラックスして行う

腰に良いストレッチには機能解剖が必要

ぎっくり腰治療のためのストレッチは一人ひとり異なる

ぎっくり腰防止のストレッチのポイントは抵抗感

体の動きを柔らかく保つには?

柔軟性とぎっくり腰

ストレッチ運動のポイント

ストレッチ なぜ柔らかくなる

ぎっくり腰の防止のためのコリをほぐすストレッチ

ストレッチは体温が上昇してから行う

腰痛と体操

結論:痛みを伴わない範囲で行う。主体的に取り組めばどれも効果がある。

骨盤ヨガについて率直に思うことを、まとめたよ

腰痛体操では苦手な方向を取り入れる

腰痛の体操法

金魚運動の効果

団子虫体操

予防のためのラジオ体操は?

ゴムバンド体操

口開け体操の感想

再発防止のための腰を曲げる体操

キャット&キャメル

ラジオ体操の腰痛治療効果

腰を曲げ伸ばしする体操法について

小まめに腰を反らすとぎっくり腰を防げる

フィットネスクラブの腰痛体操は?

腰痛防止に野口体操は?

急性期のぎっくり腰の緩和のための膝抱え体操

ぎっくり腰防止に有効な「の」の字療法について

ぎっくり腰防止のための呼吸ポンプ法

レジスタンストレーニングの基本

結論:文庫本一冊ぐらいのトレーニングの知識が必要である。

過負荷の原則

筋トレ前の大切なこと。

実施時間帯

筋トレ、体にとっての理想的な時間

筋トレの4つの目的

トレーニング、長期的に続けるコツ

筋トレと遺伝

筋トレ、超回復

筋肉量を増やす方法

筋トレ後の筋力向上の2つの仕組み

筋トレでは筋肉の追い込みが必要

レジスタンストレーニング理論

結論:運動そのものは筋肉を破壊する行為。修復のときに元よりもパワーアップする。

ローイングはなぜ前傾姿勢になるのか?

筋トレは1日やって3日休む

筋トレは長期的な腰痛の改善法

ヒップリフトでお尻を鍛えよう。

慢性腰痛の運動は静止性筋収縮

超回復理論の必要性について

多裂筋トレーニングは?

トレーニングビギナーの筋力アップの仕組み

筋力発達の3つの目安

筋トレと筋肉の固さの関係

レジスタンストレーニングの種類

テレビで紹介するトレーニングは無駄

筋トレゆっくり行う理由

筋トレの速度

筋トレと交感神経と副交感神経の作用

有酸素運動

短時間で筋肉を鍛える方法

筋トレの効果を得るためのポイント

筋トレ、クールダウンの目的

筋トレの間違い、導入3週間目で挫折する理由

筋トレ、正しく運動が出来ているかどうかの目安

小筋群だけを選択的に鍛えることはできない

自体重トレーニングの欠点

トレーングビギナーの筋力アップのメカニズム

筋トレ、筋力の無い方の自体重トレーニング

細マッチョになってぎっくり腰を防止するには?

腰痛とスクワット

結論:効果は高い。しかし、間違った方法は膝や腰を痛めやすい

腰痛にスクワットは有効?

スクワットについて

筋トレメニュー

足腰が衰えても出来るスクワットは?

ウェイトトレーニングのコツ

筋肉に有効な刺激

セット数について

1セットでは不十分

満遍なく刺激を与える方法

最大挙上重量

レベルアップしたときの対策

筋肉量を増やす種類

最大挙上重量

強度

効率的な方法とは?

抵抗の加え方

筋肉に加える抵抗とは?

複数メニュー行う場合は?

降ろしきる動作

ストリクト法

ストリクト法とチーティング法

チーティング法

早い筋トレは難しい

スピードは速すぎず遅すぎず

柔道

柔道を1年で強くするには?

柔道を強くするには柔道の練習しかないか?

柔道で強くなるトレーニング法

柔道は筋トレで強くなるか?

柔道のスタミナトレーニングは?

アスリート向けの内容

筋力を短期間で高める方法

インターバルの重要性

ミドルパワートレーニング格闘技

ミドルパワートレーニング空手

トップアスリートに短期間でなる

トップアスリートの条件

パワーとスタミナを同時に高める

ミドルパワートレーニング方法は?

オーバーワーク

運動・ダイエット

「運動・ダイエット」カテゴリーを以下の7つに区分します。

歩く

腰痛患者の運動

運動の安全対策

運動理論

運動の誤解

ダイエット

運動器具

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

※ご意見やご要望は下記のコメントボックス
から直接送信できます

アクセス解析でメッセージを送信される方がいますが、ログインの手間が無駄です。1か月に1回しか見ていません。

山ほどのデータを見ることは不可能です。
アークス整体院プライベートブログ


プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

運動理論

結論:運動は沢山の種類に取り組むほど効果が短期間で得られる

走りはじめに体が重くなるのは?

ジョギングで体が重たい

運動を続けるとどんな体の変化が起こるの?

運動連鎖

仕事と競技スポーツと運動の違い

運動はロコモ予防とはなるが、腰痛予防とはならない

おすすめのエクササイズ

予防における出力系と制御系トレーニング

単関節運動の弊害

体を丈夫にする方法

単関節と多関節運動の違い

トレーニングの種類

優先的に鍛える部位

実施しやすいタイミングの目安。

ジョギングの筋トレ効果

筋トレ、2大メニュー

非連結運動と連結運動の違い

エクササイズの流れ

ストレッチ効果

結論:柔軟性はバランス(平衡感覚)を意識すると短期に改善する。

ストレッチとマッサージのぎっくり腰の治療効果の違い

ストレッチとマッサージはどちらが腰に良いか?

有効となるパートナーストレッチ

ストレッチでパワーアップして腰痛を防げる仕組み

筋トレとストレッチは表裏一体

ストレッチ効果を高める方法

ストレッチの正しい目的

筋膜リリース治療とストレッチングの治療効果の違い

体が柔らかくなるのしくみ

ストレッチの神経伝達効果

ストレッチの医学的効果について

ダイナミックストレッチとスタティックストレッチの使い分け

ぎっくり腰防止のためのストレッチ、ストレッチの3つの種類

動的ストレッチは筋肉を固くする。

ぎっくり腰の防止の静的ストレッチの効果

ぎっくり腰と柔軟性

ぎっくり腰患者が陥りがちな柔軟性についての誤解

ぎっくり腰になりにくい体質を作るには柔軟性を養うこと

ならないための拘縮予防

危険性のセルフチェック法と柔軟性の重要性

立位体前屈がぎっくり腰を防止になる理由は?

柔軟性の必要性

結論:固い体はすぐに故障する

柔軟性を高めるメリット

柔軟性低下は腰痛の発生を増やす

股関節の柔軟性とぎっくり腰

股関節を反らすストレッチの必要性

ストレッチ理論

結論:心身ともにリラックスした状態で行おう

腰痛のストレッチはリラックスして行う

腰に良いストレッチには機能解剖が必要

ぎっくり腰治療のためのストレッチは一人ひとり異なる

ぎっくり腰防止のストレッチのポイントは抵抗感

体の動きを柔らかく保つには?

柔軟性とぎっくり腰

ストレッチ運動のポイント

ストレッチ なぜ柔らかくなる

ぎっくり腰の防止のためのコリをほぐすストレッチ

ストレッチは体温が上昇してから行う

腰痛と体操

結論:痛みを伴わない範囲で行う。主体的に取り組めばどれも効果がある。

骨盤ヨガについて率直に思うことを、まとめたよ

腰痛体操では苦手な方向を取り入れる

腰痛の体操法

金魚運動の効果

団子虫体操

予防のためのラジオ体操は?

ゴムバンド体操

口開け体操の感想

再発防止のための腰を曲げる体操

キャット&キャメル

ラジオ体操の腰痛治療効果

腰を曲げ伸ばしする体操法について

小まめに腰を反らすとぎっくり腰を防げる

フィットネスクラブの腰痛体操は?

腰痛防止に野口体操は?

急性期のぎっくり腰の緩和のための膝抱え体操

ぎっくり腰防止に有効な「の」の字療法について

ぎっくり腰防止のための呼吸ポンプ法

レジスタンストレーニングの基本

結論:文庫本一冊ぐらいのトレーニングの知識が必要である。

過負荷の原則

筋トレ前の大切なこと。

実施時間帯

筋トレ、体にとっての理想的な時間

筋トレの4つの目的

トレーニング、長期的に続けるコツ

筋トレと遺伝

筋トレ、超回復

筋肉量を増やす方法

筋トレ後の筋力向上の2つの仕組み

筋トレでは筋肉の追い込みが必要

レジスタンストレーニング理論

結論:運動そのものは筋肉を破壊する行為。修復のときに元よりもパワーアップする。

ローイングはなぜ前傾姿勢になるのか?

筋トレは1日やって3日休む

筋トレは長期的な腰痛の改善法

ヒップリフトでお尻を鍛えよう。

慢性腰痛の運動は静止性筋収縮

超回復理論の必要性について

多裂筋トレーニングは?

トレーニングビギナーの筋力アップの仕組み

筋力発達の3つの目安

筋トレと筋肉の固さの関係

レジスタンストレーニングの種類

テレビで紹介するトレーニングは無駄

筋トレゆっくり行う理由

筋トレの速度

筋トレと交感神経と副交感神経の作用

有酸素運動

短時間で筋肉を鍛える方法

筋トレの効果を得るためのポイント

筋トレ、クールダウンの目的

筋トレの間違い、導入3週間目で挫折する理由

筋トレ、正しく運動が出来ているかどうかの目安

小筋群だけを選択的に鍛えることはできない

自体重トレーニングの欠点

トレーングビギナーの筋力アップのメカニズム

筋トレ、筋力の無い方の自体重トレーニング

細マッチョになってぎっくり腰を防止するには?

腰痛とスクワット

結論:効果は高い。しかし、間違った方法は膝や腰を痛めやすい

腰痛にスクワットは有効?

スクワットについて

筋トレメニュー

足腰が衰えても出来るスクワットは?

ウェイトトレーニングのコツ

筋肉に有効な刺激

セット数について

1セットでは不十分

満遍なく刺激を与える方法

最大挙上重量

レベルアップしたときの対策

筋肉量を増やす種類

最大挙上重量

強度

効率的な方法とは?

抵抗の加え方

筋肉に加える抵抗とは?

複数メニュー行う場合は?

降ろしきる動作

ストリクト法

ストリクト法とチーティング法

チーティング法

早い筋トレは難しい

スピードは速すぎず遅すぎず

柔道

柔道を1年で強くするには?

柔道を強くするには柔道の練習しかないか?

柔道で強くなるトレーニング法

柔道は筋トレで強くなるか?

柔道のスタミナトレーニングは?

アスリート向けの内容

筋力を短期間で高める方法

インターバルの重要性

ミドルパワートレーニング格闘技

ミドルパワートレーニング空手

トップアスリートに短期間でなる

トップアスリートの条件

パワーとスタミナを同時に高める

ミドルパワートレーニング方法は?

オーバーワーク

運動・ダイエット

「運動・ダイエット」カテゴリーを以下の7つに区分します。

歩く

腰痛患者の運動

運動の安全対策

運動理論

運動の誤解

ダイエット

運動器具

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書