荘A[NX̉@

ぎっくり腰の施術で気をつけること

ぎっくり腰は急性期の痛みが強いときにボキボキと関節を矯正する方法は患部に悪影響があり、優しくユックリと患部の筋肉を弛める。また罹患した筋肉の興奮性を見極めて沈静化・活性化と人によって適切な状態へと導く

※スポンサーCM

ボキボキは急性期の腰痛には用いません

主に手技療法を行いますが、それを実施するときには幾つかの方法があります。急性期のものに対しては、基本的にはボキボキと骨を鳴らすような矯正方法は行ないません。これは、慢性期に入っていることを確認できる場合にもちいる方法で、背骨の配列を整える働きがあり、即効性があることが魅力でもありますが、その反面急性期には炎症を悪化させてしまう恐れがあるからです。

緩やかな関節矯正や筋を緩める方法を用いる

したがって、そのようなときに用いるのは主に関節の配列を矯正方法とよばれるゆっくりとした骨を動かす操作をしたり、筋肉の固くなった部位を緩める手法を用いたり、もしくはストレッチングによって筋肉を伸ばしたり、点穴という有効なツボを刺激する方法だったり、血流を促進したり、痛みの感受性を操作する手法などを用います。
このときの固くなった筋肉を緩めるときには、幾つかのポイントがあります。

最初はゆっくりと優しい刺激を送り込み段階的に強くする。

それは、ぎっくり腰になった部分の筋肉に対して最初はゆっくりと弱い刺激を送り込んで、徐々に段階的に刺激を強くすることが大事になります。
なぜならば、最初に強い刺激を与えてしまうと、機械的侵害受容器で構成されている高閾値侵害受容器が反応してしまい、患者様のお体が反射を起こして逆に固くなってしまうからです。

※スポンサーCM

ゆっくり刺激を送り込むと抵抗を感じることなく罹患筋に刺激を送り込むことができる。

ゆっくりと弱い刺激から斬増させるように力を加えることで刺激をキャッチする受容器をポリモーダル侵害受容器というものにだけにはたらきかけることを可能にするのです。
これによって、患者様のお体は術者の刺激に抵抗を感じることなく罹患した筋肉に対して刺激を送り込むことを可能にするのです。

患者様のお体の状態によって鎮静と興奮を使い分ける

また、ポリモーダル受容器から送り込まれた刺激は、興奮生のシナプスと抑制性のシナプスに刺激が連絡されます。ここで大事なことはこれらを患者様の状態によって使い分けることが必要になるのです。
すなわち、患部の状態が興奮状態にあって痛みに過敏になっているのであれば、抑制性の優しい刺激を必要とし、鎮静状態でグッタリとしているものに対しては、興奮生の刺激を送れるようにメリハリのある刺激を用いることが重要になるのです。つまり、この刺激を使い分ける上でもっとも大事なことは、患者の精神状態を敏感に感じ取って臨機応変に刺激を使い分けることであるのです。つまり、手技療法においてもっとも大切なことは患者に適合されたものがなんであるかを知ることであり、それに柔軟に応じることであるのです。

緩和処置・慢性期

結論:体の抵抗力をつける

血中酸素濃度を上げると腰痛が治る

痛みを和らげる方法

施術

脊髄に伝わる痛みの緩和法

座面療法

牽引療法

どういったことに注意して施術するの?

バランスを見極めた調整が必要

MSS療法

腰部の筋緊張が過剰な方が心がけるべきこと

ぎっくり腰は痛くない範囲で動く

慢性腰痛治療のための治療法選択のポイント

慢性腰痛患者の腰部のコンディショニング法

苦労せず地道に自分で治せる方法

ぎっくり腰移動

長すぎる休憩はギックリ腰の原因となる

なぜ腰を反らすことが腰部に良いのか?

温熱療法

結論:温めると細胞の働きが活発化する

(入浴は別カテゴリー)

めやす

目的

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

慢性腰痛には温湿布とホットカイロどちらが良いか

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

ぎっくり腰の防止にオススメする温熱療法について

誰にでもできる防止のための基礎体温上昇法

時間

お風呂の腰痛治療効果

結論:慢性腰痛は温めて緩和することがある。ただし・・

ヘルニアに効く温泉は?

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

温泉後の体の痛み

坐骨神経痛に電気風呂は?

ぎっくり腰の治りかけに温泉は?

お風呂の鎮痛の仕組み

腰部ケアのための入浴法

温浴法

温泉で坐骨神経痛を治したい

お風呂の適応判断

腰痛の温浴療法

シャンプーハットの腰痛防止効果

良い入浴剤

お風呂の弊害

結論:患部に染みて痛みが悪化する人もいる。

温泉に入ると腰が痛くなる

お風呂のありがちな間違い

腰痛にスーパー銭湯は?

シャワー中に起こったもの

ぎっくり腰のときのお風呂の偏った考え

温泉に入ったら痛みが強くなりましたどうしてですか?

坐骨神経痛に入浴の姿勢は関係あるか?

入浴で気をつけること

結論:強い痛みのときには入らない。

ぎっくり腰のときのお風呂は軽く流す

どうしてもお風呂に入りたいなら?

腰の負担の少ない頭の洗い方

神経痛のときの入浴は?

理想的な腰痛での入浴

お風呂と腰痛

ぎっくり腰に温泉は良いのか?

腰痛では部分浴にも気をつける

慢性腰痛ケア

結論:体を動かす生活習慣を意識する

意識するべきは恒常性

慢性腰痛に良い素足健康法

腰に加わるストレスを解消する方法

MSS療法

経絡療法について

腰のセルフケアでは首を反らす

動いてケアする腰痛と休んでケアする腰痛

痛みの緩和に効果があるもの

腰痛防止のための日常的な筋肉の調整法

腰痛のツボ

アクティブケア

ぎっくり腰に陥らないための日常ケア

サーティーワンメソットの有効な例と無効な例

背骨の変形が背景となる高齢者のぎっくり腰のセルフケア

セルフケアのあり方

自分で出来る防止のセルフケア

防止のための腰の筋肉の緊張を緩める方法

荷重偏移による腰痛のセルフケア方法

短時間で腰痛のセルフケアをするためのコツ

高齢者の慢性腰痛の日常ケア

高齢者の日常ケア方法

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

ぎっくり腰ブログ

※最新ページ

ぎっくり腰と静的ストレス

アークス整体院プライベートブログ

プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

緩和処置・慢性期

結論:体の抵抗力をつける

血中酸素濃度を上げると腰痛が治る

痛みを和らげる方法

施術

脊髄に伝わる痛みの緩和法

座面療法

牽引療法

どういったことに注意して施術するの?

バランスを見極めた調整が必要

MSS療法

腰部の筋緊張が過剰な方が心がけるべきこと

ぎっくり腰は痛くない範囲で動く

慢性腰痛治療のための治療法選択のポイント

慢性腰痛患者の腰部のコンディショニング法

苦労せず地道に自分で治せる方法

ぎっくり腰移動

長すぎる休憩はギックリ腰の原因となる

なぜ腰を反らすことが腰部に良いのか?

温熱療法

結論:温めると細胞の働きが活発化する

(入浴は別カテゴリー)

めやす

目的

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

慢性腰痛には温湿布とホットカイロどちらが良いか

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

ぎっくり腰の防止にオススメする温熱療法について

誰にでもできる防止のための基礎体温上昇法

時間

お風呂の腰痛治療効果

結論:慢性腰痛は温めて緩和することがある。ただし・・

ヘルニアに効く温泉は?

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

温泉後の体の痛み

坐骨神経痛に電気風呂は?

ぎっくり腰の治りかけに温泉は?

お風呂の鎮痛の仕組み

腰部ケアのための入浴法

温浴法

温泉で坐骨神経痛を治したい

お風呂の適応判断

腰痛の温浴療法

シャンプーハットの腰痛防止効果

良い入浴剤

お風呂の弊害

結論:患部に染みて痛みが悪化する人もいる。

温泉に入ると腰が痛くなる

お風呂のありがちな間違い

腰痛にスーパー銭湯は?

シャワー中に起こったもの

ぎっくり腰のときのお風呂の偏った考え

温泉に入ったら痛みが強くなりましたどうしてですか?

坐骨神経痛に入浴の姿勢は関係あるか?

入浴で気をつけること

結論:強い痛みのときには入らない。

ぎっくり腰のときのお風呂は軽く流す

どうしてもお風呂に入りたいなら?

腰の負担の少ない頭の洗い方

神経痛のときの入浴は?

理想的な腰痛での入浴

お風呂と腰痛

ぎっくり腰に温泉は良いのか?

腰痛では部分浴にも気をつける

慢性腰痛ケア

結論:体を動かす生活習慣を意識する

意識するべきは恒常性

慢性腰痛に良い素足健康法

腰に加わるストレスを解消する方法

MSS療法

経絡療法について

腰のセルフケアでは首を反らす

動いてケアする腰痛と休んでケアする腰痛

痛みの緩和に効果があるもの

腰痛防止のための日常的な筋肉の調整法

腰痛のツボ

アクティブケア

ぎっくり腰に陥らないための日常ケア

サーティーワンメソットの有効な例と無効な例

背骨の変形が背景となる高齢者のぎっくり腰のセルフケア

セルフケアのあり方

自分で出来る防止のセルフケア

防止のための腰の筋肉の緊張を緩める方法

荷重偏移による腰痛のセルフケア方法

短時間で腰痛のセルフケアをするためのコツ

高齢者の慢性腰痛の日常ケア

高齢者の日常ケア方法

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)