荘A[NX̉@

ぎっくり腰治療におけるアクティブケア

アクティブケアについて。ぎっくり腰では長期の安静はやむを得ぬが、慢性腰痛に関しては長期安静は体にとって弊害となりうるため、受傷早期からの痛みの伴わぬ範囲での運動が善しとされる。ただし、専門家の指導は必須。

※スポンサーCM

今回の患者様からご連絡を頂戴したのはぎっくり腰を受傷されてから1ヶ月ほどの期間がすでにすぎておりました。

1ヶ月以上満足に歩けぬのが整体によって簡単に治る。

ご連絡をいただいて出張させていただき、整体を実施しますと、思いの他簡単にぎっくり腰は治ってしまいました。患者様のA様は立ち上がって軽く伸びをするとこのようにおっしゃられるのです。

これまで以上に安静に過ごして腰を痛めないようにする過剰な対応を検討される。

「先生、治してくださってありがとうございました。すでに1ヶ月ほど寝たきりで過ごしていましたがなかなか治らず本当に困っておりましたよ。しかし、ここまで改善したので本当にありがたいです。今後はこれ以上に腰を痛めぬようにもっと体を労って、寝て安静に過ごす時間を長くしたいと思います。

恐怖体験により過剰な逃避行動を選ぶ人が近年では多い

このようにおっしゃられるのです。近年ではAさんのようなぎっくり腰の痛みを伴う恐怖経験によって明らかに間違った逃避行動をお選びになられることが多いです。

腰部は適度に動かさねば良い状態を保てず。

私たちの腰部とは常に適切に動かしていなければ良い状態を保つことができません。

※スポンサーCM

長期間の安静は腰部の機能性低下から腰痛を引き起こす

そして長期間安静にし続けることによってその機能性が失われてしまいますと、腰痛を引き起こしやすくなってしまうのです。アメリカ・オレゴン健康科学大学のリチャード・デヨ教授(参考文献「腰痛は頭で治す。」著者伊藤和磨)によると、2日間の床上安静と、2週間の床上安静では同じぐらいの効果であるということなのです。

ぎっくり腰では長期間の臥床を余儀無くされることは珍しくない。

ただし、私が思うには短期間の安静を善しとするのは飽くまでも一般的な腰痛症であり、ぎっくり腰の場合は処置の状態によっては長期間の臥床を余儀なくされてしまうことも決して珍しいことではありません。

腰部の脆弱化がある場合は早期の運動は有効

今回のA様の場合ですと慢性腰痛によって腰部の筋力が脆弱化を起こしており、腰椎の機能性も低下してしまっているためたまたまぎっくり腰になってしまわれたのですが、そもそも炎症の度合いなどが低いため、リチャード教授の意見のように早期の運動を行うことが有効であるわけです。

受傷早期の運動で機能低下を防止することをアクティブケアと呼ぶ。

このような受傷早期からの運動の再開によって体の機能性の低下をできるだけ防止しようという取り組みをアクティブケアと呼び近年の慢性腰痛のケアにはとても重要な考え方として認識されているわけです。

アクティブケアでは受傷早期から可能な運動を実施することが良いとされる。

そして、このアクティブケアの考え方では、安静にするという考え方ではなく、受傷早期から可能な運動を実施することが善しとされているのです。例えば腰に痛みはあっても寝たまま行う両手の動作や、つま先の曲げ伸ばしなどは腰に痛みを誘発せずとも実施することができますよね。

このような早期の運動により機能性の低下を防止すれば痛みの再発を防止できる。

このように受傷早期から小さな運動を再開し、動ける範囲を増やして行くことで、機能性の低下なく復帰に繋げられれば、痛みの再発を極力防止することにつながるのです。

※スポンサーCM

注意:痛みを我慢して運動することは誤り。痛みを伴わずにできる運動を行いましょう。

ただし、このアクティブケアとは決して、根性論ではございません。痛みを我慢して運動することは大きな誤りだとお考えになっていただければ良いでしょう。痛みを伴わずに実施できる範囲の運動を行うことが大切なのです。

アクティブケアの実施に当たっては必ず専門家の指導を受けよう。

ということで次にアクティブケアを実際に実施するにあたって最も大切なことをお伝えいたしますと、絶対にお守りいただきたいことは専門家の指導を受けていただくことです。これを怠って自己判断で怪我をした状態で運動をしますと、余計に持病が悪化する可能性があります。それでは皆さま安全に運動を実施して慢性腰痛を克服できるように取り組んでいってみてください。

緩和処置・慢性期

結論:体の抵抗力をつける

血中酸素濃度を上げると腰痛が治る

痛みを和らげる方法

施術

脊髄に伝わる痛みの緩和法

座面療法

牽引療法

どういったことに注意して施術するの?

バランスを見極めた調整が必要

MSS療法

腰部の筋緊張が過剰な方が心がけるべきこと

ぎっくり腰は痛くない範囲で動く

慢性腰痛治療のための治療法選択のポイント

慢性腰痛患者の腰部のコンディショニング法

苦労せず地道に自分で治せる方法

ぎっくり腰移動

長すぎる休憩はギックリ腰の原因となる

なぜ腰を反らすことが腰部に良いのか?

温熱療法

結論:温めると細胞の働きが活発化する

(入浴は別カテゴリー)

めやす

目的

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

慢性腰痛には温湿布とホットカイロどちらが良いか

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

ぎっくり腰の防止にオススメする温熱療法について

誰にでもできる防止のための基礎体温上昇法

時間

お風呂の腰痛治療効果

結論:慢性腰痛は温めて緩和することがある。ただし・・

ヘルニアに効く温泉は?

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

温泉後の体の痛み

坐骨神経痛に電気風呂は?

ぎっくり腰の治りかけに温泉は?

お風呂の鎮痛の仕組み

腰部ケアのための入浴法

温浴法

温泉で坐骨神経痛を治したい

お風呂の適応判断

腰痛の温浴療法

シャンプーハットの腰痛防止効果

良い入浴剤

お風呂の弊害

結論:患部に染みて痛みが悪化する人もいる。

温泉に入ると腰が痛くなる

お風呂のありがちな間違い

腰痛にスーパー銭湯は?

シャワー中に起こったもの

ぎっくり腰のときのお風呂の偏った考え

温泉に入ったら痛みが強くなりましたどうしてですか?

坐骨神経痛に入浴の姿勢は関係あるか?

入浴で気をつけること

結論:強い痛みのときには入らない。

ぎっくり腰のときのお風呂は軽く流す

どうしてもお風呂に入りたいなら?

腰の負担の少ない頭の洗い方

神経痛のときの入浴は?

理想的な腰痛での入浴

お風呂と腰痛

ぎっくり腰に温泉は良いのか?

腰痛では部分浴にも気をつける

慢性腰痛ケア

結論:体を動かす生活習慣を意識する

意識するべきは恒常性

慢性腰痛に良い素足健康法

腰に加わるストレスを解消する方法

MSS療法

経絡療法について

腰のセルフケアでは首を反らす

動いてケアする腰痛と休んでケアする腰痛

痛みの緩和に効果があるもの

腰痛防止のための日常的な筋肉の調整法

腰痛のツボ

アクティブケア

ぎっくり腰に陥らないための日常ケア

サーティーワンメソットの有効な例と無効な例

背骨の変形が背景となる高齢者のぎっくり腰のセルフケア

セルフケアのあり方

自分で出来る防止のセルフケア

防止のための腰の筋肉の緊張を緩める方法

荷重偏移による腰痛のセルフケア方法

短時間で腰痛のセルフケアをするためのコツ

高齢者の慢性腰痛の日常ケア

高齢者の日常ケア方法

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

※最新ページ

ぎっくり腰と静的ストレス

アークス整体院プライベートブログ

プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

緩和処置・慢性期

結論:体の抵抗力をつける

血中酸素濃度を上げると腰痛が治る

痛みを和らげる方法

施術

脊髄に伝わる痛みの緩和法

座面療法

牽引療法

どういったことに注意して施術するの?

バランスを見極めた調整が必要

MSS療法

腰部の筋緊張が過剰な方が心がけるべきこと

ぎっくり腰は痛くない範囲で動く

慢性腰痛治療のための治療法選択のポイント

慢性腰痛患者の腰部のコンディショニング法

苦労せず地道に自分で治せる方法

ぎっくり腰移動

長すぎる休憩はギックリ腰の原因となる

なぜ腰を反らすことが腰部に良いのか?

温熱療法

結論:温めると細胞の働きが活発化する

(入浴は別カテゴリー)

めやす

目的

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

慢性腰痛には温湿布とホットカイロどちらが良いか

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

ぎっくり腰の防止にオススメする温熱療法について

誰にでもできる防止のための基礎体温上昇法

時間

お風呂の腰痛治療効果

結論:慢性腰痛は温めて緩和することがある。ただし・・

ヘルニアに効く温泉は?

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

温泉後の体の痛み

坐骨神経痛に電気風呂は?

ぎっくり腰の治りかけに温泉は?

お風呂の鎮痛の仕組み

腰部ケアのための入浴法

温浴法

温泉で坐骨神経痛を治したい

お風呂の適応判断

腰痛の温浴療法

シャンプーハットの腰痛防止効果

良い入浴剤

お風呂の弊害

結論:患部に染みて痛みが悪化する人もいる。

温泉に入ると腰が痛くなる

お風呂のありがちな間違い

腰痛にスーパー銭湯は?

シャワー中に起こったもの

ぎっくり腰のときのお風呂の偏った考え

温泉に入ったら痛みが強くなりましたどうしてですか?

坐骨神経痛に入浴の姿勢は関係あるか?

入浴で気をつけること

結論:強い痛みのときには入らない。

ぎっくり腰のときのお風呂は軽く流す

どうしてもお風呂に入りたいなら?

腰の負担の少ない頭の洗い方

神経痛のときの入浴は?

理想的な腰痛での入浴

お風呂と腰痛

ぎっくり腰に温泉は良いのか?

腰痛では部分浴にも気をつける

慢性腰痛ケア

結論:体を動かす生活習慣を意識する

意識するべきは恒常性

慢性腰痛に良い素足健康法

腰に加わるストレスを解消する方法

MSS療法

経絡療法について

腰のセルフケアでは首を反らす

動いてケアする腰痛と休んでケアする腰痛

痛みの緩和に効果があるもの

腰痛防止のための日常的な筋肉の調整法

腰痛のツボ

アクティブケア

ぎっくり腰に陥らないための日常ケア

サーティーワンメソットの有効な例と無効な例

背骨の変形が背景となる高齢者のぎっくり腰のセルフケア

セルフケアのあり方

自分で出来る防止のセルフケア

防止のための腰の筋肉の緊張を緩める方法

荷重偏移による腰痛のセルフケア方法

短時間で腰痛のセルフケアをするためのコツ

高齢者の慢性腰痛の日常ケア

高齢者の日常ケア方法

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書