荘A[NX̉@

若い人のぎっくり腰

腰が痛い人

結論:ぎっくり腰は若い人にも多い。デスクワークをしていても起こる。

※スポンサーCM

人は誰だって、自分が
いつまでも若いと
思うものです。

一般的には25歳ぐらいが
体力のピークだと言われます。

その後は年々体力が衰え
ます。

一説では30歳と比較して、
70歳では半分しか体の
各機能が残されていない
ともされます。

若い人が半分の力で
こなせる仕事を
高齢者ではほとんど
すべての力を使って
こなしています。

若者も高齢者も、
日常生活を過ごす
上では実感としては
変化はありません。


なので、日常生活を
過ごす限りでは、
どなたも自分は
若者だと実感している
ことでしょう。

でも、スポーツをしたり、
緊急時に走って逃げたり、
登山をしたり、

日常よりも体に負荷の
掛かる場面になると、
体力の衰えを実感
します。


逆に言えば、
体に負荷さえ掛け
なければいつまでも
40代ぐらいの実感で
過ごすこともできます。

ぎっくり腰は
若者にも多い

今日は意外なことを
耳にすることかも
しれません。

世間一般的な
ことですが、腰痛の
発生は多くの場合、

若者にも多い

とされております。
腰痛というと、高齢者に
ばかり起こるものだと
思えてしまいますよね。

「自分はまだ若いから
おかしい。そんな
はずがない。」

そう思うのですが、
実際には若者にも
多いです。

国民生活基礎調査
平成30年度版に
よると

30代男性の腰痛患者は
人口1000人中70人

70代男性の腰痛患者は
人口1000人中170人

若者よりも2.4倍ぐらい
多い計算にはなります。

でも、案外若者も
少ないわけでは
ありませんよね。

ちなみに20代男性でも、
1000人中41人います。

10代未満に関しては
ハッキリしたデータは
新しい研究では
ありません。

でも、決して若い人に、
少ない人数
ではありません。

若い人にも腰痛は
多くあるのです。

なぜなら、労働で足腰を
使うから。

立ち仕事では一日中
立ちっぱなし。

肉体労働だってあります。

デスクワークでも休みなく
腰を働かせます。

仕事中に腰が疲れても
休むことが
出来ませんよね。

腰痛診療ガイドラインでも
身体的負荷が大きい
作業は、腰痛発症の
危険因子であると
しております。

若者は生活の
障害が大きい

高齢者に腰痛は
多いです。

でも若者に決して少ない
わけではありません。

むしろ、
ギックリ腰になったときの
生活の障害は明らかに
若者の方が大きい
ですよね。

まず仕事や学校
があります。

学校に通っている
場合は部活がしんどい。

休めばレギュラーを
はずされてしまう。

仕事だって休めば
お金が入りませんよ。
自由に休ませて
もらえないこともあります。

でも高齢者の場合は、
仕事がありません。

自宅で療養が出来ます。

例えば若者だと、
典型的なぎっくり腰は
荷物の持上げによるもの、
立ち仕事によるものが
あります。

他にはデスクワークで
ずっと腰を使って腰を
患います。

でも、高齢者の場合は
仮に腰が疲れても自分の
ペースで休憩して過ごせます。

なので、総じて若者のような
社会的なダメージは少ないです。

※スポンサーCM

若者の方が
ぎっくり腰の
症状が重い。

正確なデータによる
根拠は証明できませんが、
私が患者さんと接する
限りでは、ぎっくり腰では
若者の方が症状が
重たい傾向があります。

というのも、若い人ほど
力があります。

高齢者も腰を患いますけど、
足腰が弱っているため、
大きな損傷を起こすほどの
ダメージに至ることは総じて
少ないです。

若い人は、
同じ腰を痛めるのも
肉離れを起こします。
派手に体を故障させます。

高齢者は自分の体を
破壊するだけの力が
ありません。


例えば、
運動後に見られる
筋肉痛も、中高年になると
二日間ぐらい遅れて
痛みが現れますよね。

若い人だと、運動中や
その翌日にすぐに
痛みが現れます。

それだって、筋肉に
あたえるダメージが
若い人ほど大きいことを
物語っています。

若者は仕事中
の発生が多い

若者のぎっくり腰の
発生原因をお聞きすると、
多くの場合はデスクワーク
中に腰がだんだんと
痛くなって最後にはガマン
できなくなったものが多いです。

また、そういった疲労が
蓄積した腰部は筋肉が
硬く凝り固まっています。

凝り固まった筋肉のまま、
日常で不意に腰を
かがめて腰を痛めて
しまうケースが
たびたびあります。

また、肉体労働で
荷物を持上げて起こる
ものも多いです。

若者のぎっくり腰は
圧倒的に仕事に起因
するタイプが多いと
言えます。

高齢者の場合は仕事と
直接的には関係のない、
足腰の弱りが背景に
あるものが多いと言えます。

注意事項、
子供の腰痛

若い人の中には
当然ですが、赤ちゃんや
子供もいます。

定義としては、
法律上18歳(選挙権)
を基準に大人と子供
と区分されます。

この中でも身長の
発達がひと段落する
のは高校生ぐらい
です。

中学生以下の子供の
腰痛では特に注意して
ください。

2週間程度
経過しても腰痛が
続いているときには
必ず精密検査を
受けましょう。

骨の未発達な
時期の子供だと、
腰骨を骨折している
こともあるからです。

また、骨肉腫と
呼ばれる悪性の癌の
こともあります。

心をわずらっている
こともあります。

一般的には子供の
腰痛は症状が悪化
しやすいとされている
のです。

またお子さんがスポーツで
腰痛を患ったときには、
その競技はしばらく
休ませること。

そうしないと骨が折れている
ケースでは治癒が悪いこと
もあります。

ともかく、子供の
腰痛が長引いている
なら必ず精密検査を
受けることをオススメします。

労働者年齢は
筋肉の損傷

では次に、労働者ぐらいの
年齢ではどういった
きっかけのぎっくり腰が
多いのかについてです。

詳しいお話は、ぎっくり腰の診断
をご覧になってください。

ここでは大まかな話に
留めます。

若い人の中でも
労働者年齢の方では
全般的に筋肉の損傷が
多いです。

筋肉を部分的に
断裂したり、

筋肉がケイレンを
起こしたり、

筋肉痛から、腰の
痛みをもたらす
ことが多いです。

スポーツをしていたり、
肉体労働の中でも
力仕事をされる方では、
関節を痛める
ことが多いです


交通事故や余程の大きい
怪我の場合は腰骨を骨折
することもあります。

正確なデータは
ありませんが、
臨床上の記憶では
全体の9割以上は
筋肉が原因だと言っても
良いでしょう。

若い人に
多い疾患

次に比較的に若い人に多い。
腰痛疾患についてです。

ぎっくり腰は急性の痛みの
総称を意味します。

なので、「ぎっくり腰」と
一口に言っても
様々な病態があります。
いかに列挙します。

  1. 腰椎分離症、
  2. 腰椎椎間板ヘルニア
  3. 筋・筋膜性腰痛症
  4. 腰椎捻挫
  5. 腰椎打撲、
  6. 交通事故による腰椎脱臼
  7. 腰部の肉離れ
  8. 腰部の筋肉の痙攣、
  9. 生理や妊娠、

私が見聞きする
限りでは、

労働者年齢、

学生さん、

受験生、

子供、
どなたも総じて筋肉の
炎症による腰痛が
多いです。

とくに近年はインドアの
活動によって起こる
ぎっくり腰が増えている
実感があります。

デスクワーク、
受験、
テレビゲーム、
など、
座りすぎて起こる腰痛も
増えています。

デスクワーク
も筋肉を傷める

中には、
「俺はデスクワーク
なんだけど・・・」
若い男性

ずっと座っている
だけで、腰を痛める
原因が思い当たらない
方もおられます。

でも座って過ごすだけでも
上半身の体重をずっと
腰の筋肉が支えることに
なるでしょう。

体重が仮に60キロの
方だとします。

単純に体の半分
である上半身なら30キロ
の重さです。

30キロを腰の筋肉で
支え続けることになり
ますよね。

これだけの負担を
ずっと筋肉で支えていると、
運動をしてもしなくても、
腰には相当な負担を
与えることになります。

腰の筋肉は、いくつもの
筋線維で構成されています。
何本もの筋線維が、腰を
ひっぱっています。

例えば
ヒモで荷物をつるすと
時間が経過すると、
荷物の重さでやがて
ひもが切れてしまいます。

どんなに些細な力でも、
ずっと力を出すと、
大きな力となります。

腰の筋肉も自分が
出す力によって
やがて傷んできて
しまうのです。

なので、デスクワークを
される若い方で、
仮にぎっくり腰になっても
不思議に思うことは
ありません。

スポーツをやろうとも
力仕事をしようとも、
高齢者だろうとも、

上半身の重さは
皆さん体重の半分
ぐらいです。

50%の重みを
筋肉で支えれば
どなたも筋肉が
自分の力によって
傷ついてしまうのです。

※スポンサーCM

ぎっくり腰は
痛みに応じた
対応をする。

では、仮に自分の
腰の痛みの原因が
力仕事によるぎっくり腰、

もしくは
デスクワークによる
ぎっくり腰だったとします。

結果的にどうする
べきなのでしょうか?

このときには
痛みに応じた対応を
してください。

痛みに比例した
対応をとります。

少々の痛みなのに、
寝込んでしまわない。

3日休んで仮に何とか
仕事が出来るぐらいに
なったとします。

こういったときに
大事をとり過ぎないこと。


過保護な対応を
しないでください。

痛みに応じた活動性を
保つことが腰痛診療ガイドライン
でも推奨されています。

過保護にしていると、
逆に復帰が遅れます。
少々の痛みならば、
普段どおりに過ごすことで
体の活動性が保たれます。

くれぐれも
過保護にしない。
そして無茶もしない。

痛みに比例した
対応をなさって
ください。

こまめに
立ち上がる。

座りすぎて起こる腰痛の
多くは立ち上がって
いただくと腰の負担が
緩和されます


(厳密には痛くなる前に
時折立ち上がってください。
一旦痛くなってから
立ち上がっても痛みは
改善しません。)

これは立ち上がると、
骨盤周りの胴体の筋肉が
働くからです。

図で示すと、
デスクワークで座って
いるときには以下の図の
エリアの腰の筋肉だけが
働きます。
腰の筋肉

著作者:
avaxhome.ws


ところが立ち上がると
胴体の筋肉が働きます。

腰の筋肉に部分的に
負担が集中するのを防止し、
負担が分散されるのです。
体幹の広範囲の筋肉

著作者:
avaxhome.ws


この図では立ち上がったときに
働く筋肉を示しています。

立ち上がると、
座っているときよりも
たくさんの筋肉が姿勢の
保持に働いてくれます。

これが腰の筋肉に
加わる負担を色んな
筋肉に分散することに
つながり腰痛を防止
してくれるのです。

なのでデスクワークで
腰痛にお悩みの方は
こまめに立ち上がって
いただく。

腰の筋肉の負担を
骨盤周りの筋肉に
逃がしましょう。

1時間に1回ほど
立ち上がると
腰も楽に保てるはずです。

背もたれで腰を
休める

他にはデスクワーク中に
こまめに背もたれを
リクライニングさせましょう。

リクライニングチェア

背もたれをリクライニング
させると背中の筋肉が
緩んで休まります。

腰の炎症を防止
することにもつながります。

婦人科系

他に、若い人でも、
女性では忘れては
いけないものが婦人科系
の疾患です。

例えば生理、妊娠でも
腰が痛くなります。

生理に関しては特に
初潮を迎えた女子には
気をつけましょう。

普段の生理が
分かりません。

腰痛を訴えることも
あるでしょう。

月経異常に関しては、
やはり普段との違いに
気をつけてください。

変わったところが
あれば必ず専門医を
受診しましょう。

また、妊娠によって
起こる腰の痛みも
意外に見落とされ
やすいです。

若い女性であれば
可能性として妊娠
していることがある。

どの患者さんも治療家の
先生も想定して
おくべきです。

こういったものが
考えられる場合には
婦人科を受診しましょう。

ぎっくり腰の代表的な質問

結論:ぎっくり腰は整体で治るものが多い

ぎっくり腰とは?

症状

原因

放置すると(無理すると)?

救急車は?

応急処置は?

いつまで様子を診るの?

病院は?

緊急性があるのは?

後遺症にはなりませんか?

クセには?

死ぬことは?

急性期の過ごし方は?

自然治癒まで寝るのは?

温めるのと冷やすのは?

どうやったら治るの?

予防トレーニング

湿布は?

難しいのは?

どこが痛くなるの?

ぎっくり腰の定義

結論:急性に生じた腰の痛みの総称

腰の病気は多くが同じ

腰痛の発生要因

ぎっくり腰と坐骨神経痛の違い

若い人のぎっくり腰

腰痛の場所

どこまでが腰?

ぎっくり腰の由来

ぎっくり腰の特長

ぎっくり腰の定義

腰はどこからどこまで?

ぎっくり腰とは?①

ぎっくり腰とは?②

ぎっくり腰の症状

腰の表現法

ぎっくり腰は医療機関によって定義が異なる

腰痛の分類

ぎっくり腰と類似した病態

腰痛の発生周期から見た分類

基礎用語

足と脚、下肢の違い

股関節の運動方向について

関節間力とは?

腰痛診療ガイドラインとは?

状況整理の5W1Hについて

腰痛の定義は?

股関節の外転とは?

神経根圧迫とは?

基本編

「基礎的な内容」を、
さらに2つのカテゴリーに区分します。

腰痛基礎編

痛み科学

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

※最新ページ

ぎっくり腰と静的ストレス

アークス整体院プライベートブログ

プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

ぎっくり腰の代表的な質問

結論:ぎっくり腰は整体で治るものが多い

ぎっくり腰とは?

症状

原因

放置すると(無理すると)?

救急車は?

応急処置は?

いつまで様子を診るの?

病院は?

緊急性があるのは?

後遺症にはなりませんか?

クセには?

死ぬことは?

急性期の過ごし方は?

自然治癒まで寝るのは?

温めるのと冷やすのは?

どうやったら治るの?

予防トレーニング

湿布は?

難しいのは?

どこが痛くなるの?

ぎっくり腰の定義

結論:急性に生じた腰の痛みの総称

腰の病気は多くが同じ

腰痛の発生要因

ぎっくり腰と坐骨神経痛の違い

若い人のぎっくり腰

腰痛の場所

どこまでが腰?

ぎっくり腰の由来

ぎっくり腰の特長

ぎっくり腰の定義

腰はどこからどこまで?

ぎっくり腰とは?①

ぎっくり腰とは?②

ぎっくり腰の症状

腰の表現法

ぎっくり腰は医療機関によって定義が異なる

腰痛の分類

ぎっくり腰と類似した病態

腰痛の発生周期から見た分類

基礎用語

足と脚、下肢の違い

股関節の運動方向について

関節間力とは?

腰痛診療ガイドラインとは?

状況整理の5W1Hについて

腰痛の定義は?

股関節の外転とは?

神経根圧迫とは?

基本編

「基礎的な内容」を、
さらに2つのカテゴリーに区分します。

腰痛基礎編

痛み科学

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書