ぎっくり腰専門ユークル整体院

胸部痛と腰痛の関係|脊椎疾患の判別法

結論:胸の痛みは、心臓や肺などの重要臓器の疾患を意味する

※スポンサーCM

今回の参考としている出典は
腰痛診療ガイドライン2012
の第三章「診断」の
P27です。

腰痛の診察では、
稀に命に関わる重篤(危険)な
脊椎疾患があります。

腰痛診療ガイドラインの
(表1)では、その一覧を紹介しております。

今回扱うのは、
その表に紹介されている

胸部痛

についてです。

稀にですが、腰痛の
患者さんでは、
胸に痛みを訴える
こともあるからです。

※スポンサーCM

といっても僕の整体院を
利用される患者様には
心臓の痛みを訴える方は
おりませんでした。

すくなくとも施術中に、
そういった症状を訴える
方はみたことがありません。

でも、ネットの匿名掲示板などを
拝見させていただくと、
確実にそういった方もおります。

ヤフー知恵袋なんかでも、
腰の痛みとともに
胸の痛みを相談される方も
珍しいですがおられます。

ではどういった意味
があるのでしょうか?

胸には「心臓」や
「肺」がある。

患者さんが胸の痛みを
訴えたときには
一度病院を受診して
いただくことを治療院では
提案するべきです。

今現在胸の痛みを
感じている方も、
念のため病院の循環器科
や呼吸器科、などを
受診するべきでしょう。

分からなければ病院の
窓口に相談すればナースが
担当診療科を案内してくれます。

胸の痛みでは真っ先に疑うものは、
やはり
心臓
ですよね。
心臓

心臓は全身に血液を
送り出す臓器です。

ポンプの役割を果たします。

心臓の衰えた患者さんや、
心筋梗塞をわずらった方でも
たびたび腰痛を見ることがあります。

※スポンサーCM

心臓は血液を送り出します。

心臓の働きが弱まると、
足腰に十分な血液を
送り出せません。

そのため足腰が冷えたり、
筋肉の働きが弱まって
腰に痛みをもたらすことが
あるのですね。

また、足腰に一生懸命に
血液を送り出そうと心臓が
頑張りすぎると、
心臓がバクバクと
休まずに働き続けて
やがて痛みが起こります。

心筋梗塞によって心臓が
詰まったりすると胸の強い
痛みを訴えるとも言います。

筋肉量が少ない人ほど、
心臓の負担が増す。

余談ですが、心臓の病気になりやすい
人は特徴があるようです。

それは全身の筋肉量が少ない人、
そして運動量が少ない人です。

腕や足腰の筋肉も、
心臓と同様に、ポンプの働きを
成します。

歩いたり適度に動くと、
筋肉が血流を循環させて
くれるのです。

ところが動かない生活習慣が
続くと、手足の筋肉が働きません。

心臓が単独で血流を循環
させるため、やがて心臓が疲れて
くるわけです。

とくにもともと体の大柄な方は
心臓に加わる負担が大きくなります。

私の知り合いも、
50代にして心筋梗塞によって
亡くなりました。

やっぱり、恰幅の良い方でしたよ。

体が大きい人ほど、
沢山血液を循環させるのに
心臓が一生懸命に働く
わけですね。

ある有名な大学を卒業された
方でした。

学問を積んで、知識は
十分にあっても、病気は
避けられませんでした。

「学ぶ」ことよりも、
「実践する」ことが
大事なのだと
私も思わされました。

心臓は一番生命にとって
重要な臓器でもあります。

胸が痛いときには
一番に疑うべきなのでしょう。

他にも心臓には色んな種類の
病気があります。

上手く血液が送り出せなくなると
すぐに命を落とすことがあります。

肺の病気もある。

次に挙げられるのは「肺」
ではないでしょうか?
肺
胸には肺があります。
この肺が風船のように
膨らんだりしぼんだり
することで、肺の中に空気が
取り込まれて、呼吸が出来ます。

体力の衰えた方では、
マラソンや運動をすると、
呼吸が苦しくなります。

肺の呼吸能力が
追いつかなくなると
胸が痛くて苦しくなるわけです。

意外なことに、
体力があまりにも落ちると、
ちょっとした精神的な動揺や、
歩くぐらいの僅かな運動によって
胸が痛くなることもあります。

喫煙者も、
ニコチンによる血管収縮作用により、
喫煙直後に運動をすると
胸が痛くなることがあります。

胸が痛くなることは、
通常の腰痛では起こりえないことです。

これらの症状が見られた方は
病院で検査を受けましょう。

他にも胸の奥にある
太い動脈の破裂などでも
痛みがあるでしょう。

臨床上で良くあるものが
胸鎖関節の障害

また、胸の痛みについて
「紛らわしいもの」
があります。

まったく健康な方にも

たびたび見る胸の痛みです。

それが「胸鎖関節」の障害です。

胸鎖関節とは、
胸の中央にある
「胸骨」という骨と、
「鎖骨」という骨で
構成される関節のこと。


ここでは、文字だけで
知っていただければ
十分だと思います。

日頃から姿勢が悪い方で、
猫背
ですごされることが多いと、
胸鎖関節に頭の重量が
ずっと加わり続けます。

すると、重さを受け止め続ける
ことでやがて胸鎖関節が
痛んできます。

整体では胸を反らすようにして
この関節のズレを矯正します。

すると「ボキッ」と
音を立てた後に、

それまでの苦悶が、
一瞬にして消えてしまう
ことがあります。

胸鎖関節が、軽い脱臼(亜脱臼)を
起こすことで胸に
持続的に痛みを
起こすケースがあります。

この症例をわずらう患者さんは、
実際の患者さんでは相当数が
おられるはずです。

胸の関節のズレのことを、

「心臓の病気」

だと思って
しまうわけです。

頭を抱える男性

これは、患者さんに
とっては、
相当なストレスだと
思いますよ。


脱臼しているだけなのに、
毎日、心臓病だと思って、
過ごすわけですから。

「いつ死ぬか分からない。」

「明日死ぬかもしれない。」


仕事だって身が入りません。

貯金だって全部、
食いつぶしてしまいます。

また、紛らわしいものとして、

「肋間神経痛」

や、

「わき腹の筋肉の痙攣」

などもあるでしょう。

一度、病院で検査を受けて
異常がなければ、整体で
矯正を受けることも安心に
つながるでしょう。

※このページでご紹介している
内容は、「一個人」の見解です。

鵜呑みにして
実践しないでください。

あくまでも参考に留めてください。

ぎっくり腰の前兆

結論:前兆は単純ではない。

立ち仕事で筋肉性のぎっくり腰を回避する方法

ぎっくり腰の寸前

ぎっくり腰の前兆

こむら返りはギックリ腰の前ぶれ

ぎっくり腰の前触れ・腰が布団から浮いている

坐骨神経痛の前兆でお尻が痛くなる。改善は?

なりやすい人

前触れの改善方法

何の前触れもなくなってしまう

靴下の履き易さとの関係

腰痛初期の経過観察

結論:5時間様子をみたら治療を受ける

いつまで様子を見るの?

経過観察の重要性について

筋攣縮による腰痛の治癒経過

急性期症状

結論:痛みが悪化するものは専門家に依頼する

力を抜いた瞬間に痛くなるぎっくり腰

腰をバットで殴られたような痛み

ぎっくり腰で気が遠くなる

ぎっくり腰が酷くなったなら安静を見直せ

急性期経過

結論:寝て過ごせば2週間続く、ぎっくり腰専門の受診で翌日には働けることも多い

ぎっくり腰の時間

靭帯損傷によるぎっくり腰の治癒経過

腰痛の自然治癒の日数の目安

治療のタイミング

問診

結論:話すことをメモにまとめる

問診項目「胸痛」につい

問診項目「時間や活動性に関係ない腰痛」

重篤な脊椎疾患判別の年齢について

ぎっくり腰治療のときの伝えるべきこと

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

医療機関の対処①

⑤2

ケア・予防

手技

腰痛対策

腰痛対策②

コルセット

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開