腰痛ベルトの効果

腰痛ベルトには様々なものがあるが産後に用いるトコチャンベルトは腰痛ケアようではない。主なベルトの目的は保温・圧迫・筋力の代用である。

※スポンサーCM

ぎっくり腰のときに用いる腰痛ベルトについて

の是非についてご紹介して行きましょう。
腰が痛い人や慢性的な腰痛をお持ちな方、おじいさん・おばあさんなどの高齢者では
日常的に腰痛の防止のためにコルセットを着用していることがあります。
これにも沢山の種類があります。

コルセットは適応によって異なる。

ヘルニア用、脊柱側弯用、坐骨神経痛、脊椎分離症などなどとそれぞれの適応によってことなるのです。
そして、女性の皆様なら一度は耳にしたことがある

妊婦さんが用いる『トコチャンベルト』

これは、妊婦さんや出産後のママさんの骨盤のケア用のものです。
ぎっくり腰にはあまり役に立ちません。ご注意ください。
では、なぜベルトを巻くのか?

ベルトは固さによる保護、保温、筋力の代用

これはベルトの固さによって腰部を保護するガードとしての役割もあります。

患部を温めるための保温という意味もあります。
しかし、一番の役目はやはり、疼痛によって抑制された筋力の代用であるのです。
ちなみにトコチャンベルトはお尻の大殿筋を補います。
通常のコルセット型の固いタイプでは、腹筋を補います。

腰が痛いときには代償運動が働き、普段使わぬ筋肉はすぐに疲れてしまう。

腰が痛いときは、左右どちらか片側だけが痛むなんてことも良くあるでしょう。
こういった状態では患部に痛みが走るのを防止するため、その姿勢をしないように
他の筋肉によってその動きを代償しようと働くのです。
例えば肘が痛いときならば、腕力でものを持ち上げようとするのではなく、膝を伸ばす力で体全体を使ったりすることが代償に阿多はまります。
こういった代償運動では普段使わない筋肉を多用してしまうため、そういった筋はすぐに疲れてしまうのです。

代償運動により患部から離れたところに痛みが波及するのでコルセットにより防止する。

すると姿勢を続けるうちに代償作用の筋が疲れきって痛みを生じるようになります。
このようにどんどん痛みが患部から遠く離れた部分へと波及していってしまうのです。
したがって、これを防止するために筋力の代わりに必要なのがコルセットなのです。
コルセットに備わるゴムの弾力、締め付けによる腹圧(腹筋を固める動作)の代わりをしたりと 腰部を安定化させることを可能とします。

注意点は依存しないようにすること。依存すると筋力の衰えを招くため注意が必要

ただし、注意点としましては、あくまでも筋力の代用であって、
これに依存してはならないということです。
日常的に依存してしまえば、筋力を活用する機会がなくなってしまい、使わなければすぐに衰えてしまいます。
つまり、コルセット無しでは日常生活がままならなくなるのです。
ではどういったときに用いるのが適切なのか?
それは、

  1. 痛みが生じるのだけれどもその動作をどうしてもさけることができずやむを得ないとき

    運送業や配送業など物流関連のお仕事の方や、工事や建築など肉体労働の激しい職業の方では重量物を日常的に扱います。これをしなければ仕事になりません。こういった方が重たい物を持ち上げる直前などに予め腰部をサポートするのに用います。また、スポーツ選手が、ケガの防止のために練習中だけこれを用いるというのも適切です。

  2. 腰部を損傷した急性期

    ケガをした直後はどうしても炎症が発生しているため、痛みをともないます。炎症期間が過ぎるまでコルセットで患部を保護することで治癒を促進します。

  3. 病気や怪我でどうしても元通りには戻らないもの

    例えば先天的に腰椎に奇形があったりして生まれつき腰が痛い場合などは、筋力を鍛えたとしても正常な腰にはなりません。ある程度は保てますがそれでも限度があるのです。こういった方が少しでも日常生活を向上するのに用いるのは正しいでしょう。

  4. 高齢により、起立・行動を優先せねばならないとき。

    年齢によって足腰が衰えてしまった方は体を鍛えても、痛みを防止できるレベルにまで腰部を回復させることはできません。これを用いなければ日常生活をどうしても過ごせないということに用いるのは適正でしょう。

コルセットその他

結論:コルセットは専門家に説明を受けた上で装着する

  1. 腰痛ベルトについて腰痛ベルトの着用の注意点について。トコチャンベルトは妊婦用
  2. コルセットの種類について腹圧を高めるもの椎間板由来の疼痛を軽減するものと回旋や運動制限を目的とした捻挫に適応するものが主にある
  3. コルセット購入の判断本来はコルセットを用いることが良いが手元になく、通販などで取り寄せるまで待てない方、金銭的余裕が無い方にはサラシやズボン、帯などを用いる方法もある。
  4. サポートグッツでおすすめはコルセットやはり一番のサポートグッズはコルセット、腰の負担が加わるときに装着しよう。
  5. コルセットの活用法初期は安静にしてアイシングと腰痛ベルトで痛みを抑えましょう。
  6. コルセットは自分の目的に応じたものを用いるコルセットにも色々と種類があって自分の目的に応じたものを使わないと意味の無い結果となります。また装着方法が間違っているケースも多いので先生に診てもらうべきでしょう。
  7. 湿布とコルセットどちらが腰に良いか湿布は鈍い痛み、コルセットは比較的鋭い痛みに効く
  8. 農作業・農業 腰痛 コルセットお勧めするのは中腰をサポートするサポートコルセットのラクニエ
  9. コルセットの種類コルセットには種類があって、全て同じ目的ではありません。①腹圧補助、②殿筋補助、③骨盤の矯正、④プレート型があり目的が大きく異なります。緊急時になったときに購入するとかなり高いものになりますので、事前に準備すると良いでしょう。
  10. コルセットの有効性腰部の疾患全体では、賛成派と反対派に分かれるが急性腰痛のぎっくり腰ではコルセットにより腰部の過労をいち早く回復させることが治癒を促進する。
  11. コルセットで傷口が痛い杖を使って腰の負担を軽減する。もしくはサポートウェアも便利
  12. 代わりになるものコルセットの本来の目的は筋肉を補助することではなく、圧迫感によって痛みを紛らわすこと。圧迫できればなんでも良い。

コルセット関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

基本事項

装着期間

過信

弊害

その他

コルセット以外の固定

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

椎間板

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

コルセットその他

結論:コルセットは専門家に説明を受けた上で装着する

腰痛ベルトについて

コルセットの種類について

コルセット購入の判断

サポートグッツでおすすめはコルセット

コルセットの活用法

コルセットは自分の目的に応じたものを用いる

湿布とコルセットどちらが腰に良いか

農作業・農業 腰痛 コルセット

コルセットの種類

コルセットの有効性

コルセットで傷口が痛い

代わりになるもの

コルセット関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

基本事項

装着期間

過信

弊害

その他

コルセット以外の固定

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)