荘A[NX̉@

ぎっくり腰 寒い

冬場の女性

結論:寒さそのものよりも、寒さによって起こる防御反射がぎっくり腰を起こす

※スポンサーCM

寒くなると、ぎっくり腰や
腰痛の発生が増えます。
神経痛など体の故障の
多くが冬場に増加します。

夏場の暑い時期になると
逆に発生は減りますよね。

どうしてなのか?
そこにはいくつもの
理由があるのです。

寒いときに
力が入って
しまう

やはり最大の要因を
あげると、寒い時期になると
無意識に体に力をこめることが
関係していると
言えます。
寒さに震える人

体に力が入るほど
ぎっくり腰の発生が
増えます。

力んだ組織は
損傷にもろい

では寒さによって体に
力が入ることは
なぜ良くないのか?

それは力んだ筋肉は、

硬くて脆くなるからです。

体が力んでいるときに
咄嗟に腰を曲げ伸ばし
すると、鉛の棒を
曲げたように腰が
「グキッ」
と壊れてしまいます。

やわらかい筋肉は
衝撃を受け止めてくれる
車でいうサスペンション
の働きをしています。

ところが寒さで
力んで硬直すると
サスペンションの働きを
なしません。

したがって腰に
負担が蓄積して
腰を痛めやすく
なってしまうのですね。

不意に腰を
曲げたり反らした
ときに肉離れで
筋肉がブツンと千切れて
しまうこともあるでしょう。

筋肉の
亜急性損傷
を招く

また、冬場は何ヶ月も
続きます。

ずっと寒さをガマンして
すごしていると、
筋肉に力をこめっぱなし
になります。
筋肉
筋肉は線維の束で構成
されています。

寒さをガマンして
筋肉に力をこめて
いると線維が短縮しっぱなし
の状態が続きます。

すると、顕微鏡で
見たときに筋肉の
線維が微細な肉離れを
起こしてきます。

この肉離れがひどくなると
筋肉の強い炎症を
起こします。

私達は日常で筋肉を
休ませながら使って
いるためどこも痛く
なりません。

でもずっと力みっぱなし
だと筋線維がやがて
傷んで、断裂してきます。

デスクワークや
座りっぱなしの
中高年の方の腰の
痛みの多くはこの
亜急性損傷によって
もたらされる筋肉の
炎症だったのですね。

構成成分
そのもの
が硬くなる。

また、物質の分子の
構造上、温度と
分子の動きは比例した
関係があります。

暑くなると、体を構成
する成分そのものが
やわらかくて滑らかに
なります。

血流もさらさらに
なりますし、

アキレス腱や指の腱
もやわらかくて弾力性
が高まります。

たぶん寒い冬場よりも
夏場の方がスポーツの
競技成績も高くなるはず
ですよ。

逆に寒くなるほど、
構成成分が硬くて
脆くなります。

血流もドロドロに
なるでしょう。

全般的に体の
あちこちを痛め
やすいです。

たぶん人の体だけでなく
車やコンピューターなどの
機械部品の故障も
冬場に増えますよね。

夏場は熱によるショートが
ありえますが、
部品の破損による
故障は少ないはずです。

神経痛

寒さは神経痛による
ぎっくり腰の発生も
増やしてしまいます。

寒さは体の
細胞の働きも妨げて
しまいます。

細胞では、体を
動かすエネルギー
をミトコンドリアで
作っています。

ミトコンドリア

ところが寒さによって
ミトコンドリアの働きが
妨げられてしまうと、

体を動かすための
エネルギーを作り
出せなくなることも
あります。

次第に細胞が弱って
死んでしまいます。

弱った細胞に、
痛みをつかさどる
神経細胞があれば、
神経痛を引き起こして
しまいます。

神経痛に悩む方は
まず寒さの対策が
必要でしょう。

※スポンサーCM

また、単に外気温が
寒いだけでなく、

筋肉量が少ない人、
活動量が少ない人も、

体温が冷えがちです。

冷えによる体の
故障が増えますので、
毎日、屋内で
運動をすると体の
悩みも減るはずですよ。
おすすめは
ステップマシンです。
ステッパー

力みを避ける

このページで最後に
お伝えしたいことは、

寒さで力むことは
出来るだけ避けて
いただくことです。


体を力ませると、
寒さをごまかすことが
出来ます。

でも表面的に
寒さをごまかしている
だけです。

無意識に力が入るのは
仕方がありませんが、
意図的に力を込めている
ときには力を
抜きましょう。


そして、
十分な厚着をする。

カイロや暖房で体を
温めること。

体を動かして
体温を高くすること。

体が温まると、
自然と力が抜けます。

寒いときに力を込めるのは
無意識に起こるのは
防御反射のなのでどうしようも
ありません。

でも意図的に行っている
力みは、脳の感覚を
誤魔化している
だけです。

脳は複数の情報を
一度に処理できません。

寒さの苦痛に耐え
がたいときに
筋肉を力ませると筋肉に
触感によって寒さの
感覚を紛らわすことが
できます。

脳が一時的に寒さを
感じなくなります。

でも、実際には体は
寒さにずっとさらされて
います。

むしろ筋肉のコリを
招いたり、

故障を増やす
だけなんですね。

意図的に力を
入れていることに
気が付いたら必ず
力を抜きましょう。

リラックスしていても
気にならないぐらいの
温度が体にとって
最適の温度だといえます。

痒みは腰の血流障害による

腰の筋肉が凝り固まることで血流障害が起こると痒くなる

ぎっくり腰を防止する上では特に下半身の不快症状であるかゆみに着目することが良いでしょう。日常的に足や股間、お尻などに痒みを感じてポリポリしている方は腰部の筋肉のコリによって下半身に巡る血流を障害されていることがあります。イスに腰掛けた状態から股の間に頭を潜らせる団子虫体操をすると足の痒みが取れて尚且つ腰のコンディションも改善されることがありますので長年水虫やインキンタムシをお持ちになられる方は試してみてください。

自然要因時期

結論:風にさらされると体温を奪われて腰痛を起こす。

外部環境要因

真夏と真冬に発生しやすいもの

季節との関係

なぜ6月に多発するのか?

ぎっくり腰が好発する時期

低気圧の寒さで体調を崩した女性

気温と体の関係

睡眠時間は季節の影響を受ける

秋の体の痛みと通院患者数

ぎっくり腰は気温差が激しいときに起こる

ぎっくり腰が発生しやすい場面と時間帯について

夕方になると辛くなるぎっくり腰

ぎっくり腰になりやすい時間帯

ぎっくり腰になり難い時間帯

耳を澄ませば腰痛を防げる

天気

6月の腰痛は?

梅雨時にぎっくり腰が増えるのは?

天候で腰痛になるのは心因性

腰痛は天候に応じた活動で防げる

雨の日のこと

雨降りはぎっくり腰になりやすい

気象条件が厳しくてもぎっくり腰を防止するには?

天候とぎっくり腰の関係

ぎっくり腰の誤解、気象条件

寒さ・冬

結論:あらゆる病気は冷えからもたらされる。

ぎっくり腰を緩和したいなら「床断熱」に着目する

ぎっくり腰 寒い

冬場にギックリ腰が増えるのは?

寒い季節に起こり易いのは?

冬場のもの、痩せている女性

急に冷えるとぎっくり腰になる

冬場のぎっくり腰防止は食事量を増やすこと

屋外での寒さにさらされて生じたもの

冷えで腰から太腿が痛い

雪の日のぎっくり腰

寒さによるもの

寒さとの関係について

体の冷えとぎっくり腰の関係

寒さによるぎっくり腰の防止法

寒さが招く理由

寒さによる体の緊張によるぎっくり腰を治療しました

寒さを我慢するからぎっくり腰になる

ぎっくり腰は寒さよりも、寒暖差による

寒いときに外出するとぎっくり腰になる

暑さ・夏

エアコンの冷えぐらいで坐骨神経痛になるのか?

夏のぎっくり腰の防止は食事量を控え目にする

夏は小食、冬は沢山食べるとぎっくり腰を防げる

暑いときには関節付近をアイシングしよう

自然な方法で暑さを克服する

クーラーを使わずに涼む方法は鉢巻

暑さに強くなる仕組み

手軽な暑さ対策は鉢巻

夏場に体調良く過ごすには?

真夏に快適にお金を掛けずに過ごす方法

意外な夏風邪の原因は水分補給にあり

夏風邪を防ぐにはどうしたら良いの?

エアコンによる夏風邪の防止法

熱疲労の原因と対策

熱中症対策の水分補給

夏場の不眠症の根本的改善は?

脱水症状と腰痛の関係

夏のぎっくり腰の防止法

水分過剰摂取とぎっくり腰

夏場特有のぎっくり腰もある

脱水症状で死にそうになった男性のケース

寝起き・朝方・早朝

朝方のぎっくり腰対策

朝方の腰の強張り・腰の固さ

痛みの出やすいタイミングは朝方と夕方

朝方の3時~5時に腰が痛くなる

朝起きたらズシッと腰が重い

早起きはぎっくり腰を防ぐ

朝早くにぎっくり腰が多いのは忙しいから

朝方に強くなる腰痛

朝起きると腰が重くてつらい

早朝の防止法

早朝の痛みの対策

朝方の背骨の固さ

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに18個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性

子供

自然

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

※最新ページ

ぎっくり腰と静的ストレス

アークス整体院プライベートブログ

プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

自然要因時期

結論:風にさらされると体温を奪われて腰痛を起こす。

外部環境要因

真夏と真冬に発生しやすいもの

季節との関係

なぜ6月に多発するのか?

ぎっくり腰が好発する時期

低気圧の寒さで体調を崩した女性

気温と体の関係

睡眠時間は季節の影響を受ける

秋の体の痛みと通院患者数

ぎっくり腰は気温差が激しいときに起こる

ぎっくり腰が発生しやすい場面と時間帯について

夕方になると辛くなるぎっくり腰

ぎっくり腰になりやすい時間帯

ぎっくり腰になり難い時間帯

耳を澄ませば腰痛を防げる

天気

6月の腰痛は?

梅雨時にぎっくり腰が増えるのは?

天候で腰痛になるのは心因性

腰痛は天候に応じた活動で防げる

雨の日のこと

雨降りはぎっくり腰になりやすい

気象条件が厳しくてもぎっくり腰を防止するには?

天候とぎっくり腰の関係

ぎっくり腰の誤解、気象条件

寒さ・冬

結論:あらゆる病気は冷えからもたらされる。

ぎっくり腰を緩和したいなら「床断熱」に着目する

ぎっくり腰 寒い

冬場にギックリ腰が増えるのは?

寒い季節に起こり易いのは?

冬場のもの、痩せている女性

急に冷えるとぎっくり腰になる

冬場のぎっくり腰防止は食事量を増やすこと

屋外での寒さにさらされて生じたもの

冷えで腰から太腿が痛い

雪の日のぎっくり腰

寒さによるもの

寒さとの関係について

体の冷えとぎっくり腰の関係

寒さによるぎっくり腰の防止法

寒さが招く理由

寒さによる体の緊張によるぎっくり腰を治療しました

寒さを我慢するからぎっくり腰になる

ぎっくり腰は寒さよりも、寒暖差による

寒いときに外出するとぎっくり腰になる

暑さ・夏

エアコンの冷えぐらいで坐骨神経痛になるのか?

夏のぎっくり腰の防止は食事量を控え目にする

夏は小食、冬は沢山食べるとぎっくり腰を防げる

暑いときには関節付近をアイシングしよう

自然な方法で暑さを克服する

クーラーを使わずに涼む方法は鉢巻

暑さに強くなる仕組み

手軽な暑さ対策は鉢巻

夏場に体調良く過ごすには?

真夏に快適にお金を掛けずに過ごす方法

意外な夏風邪の原因は水分補給にあり

夏風邪を防ぐにはどうしたら良いの?

エアコンによる夏風邪の防止法

熱疲労の原因と対策

熱中症対策の水分補給

夏場の不眠症の根本的改善は?

脱水症状と腰痛の関係

夏のぎっくり腰の防止法

水分過剰摂取とぎっくり腰

夏場特有のぎっくり腰もある

脱水症状で死にそうになった男性のケース

寝起き・朝方・早朝

朝方のぎっくり腰対策

朝方の腰の強張り・腰の固さ

痛みの出やすいタイミングは朝方と夕方

朝方の3時~5時に腰が痛くなる

朝起きたらズシッと腰が重い

早起きはぎっくり腰を防ぐ

朝早くにぎっくり腰が多いのは忙しいから

朝方に強くなる腰痛

朝起きると腰が重くてつらい

早朝の防止法

早朝の痛みの対策

朝方の背骨の固さ

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに18個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性

子供

自然

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書