ぎっくり腰 寒い

冬場の女性

結論:寒さそのものよりも、寒さによって起こる防御反射がぎっくり腰を起こす

※スポンサーCM

寒くなると、ぎっくり腰や
腰痛の発生が増えます。
神経痛など体の故障の
多くが冬場に増加します。

夏場の暑い時期になると
逆に発生は減りますよね。

どうしてなのか?
そこにはいくつもの
理由があるのです。

寒いときに
力が入って
しまう

やはり最大の要因を
あげると、寒い時期になると
無意識に体に力をこめることが
関係していると
言えます。
寒さに震える人

体に力が入るほど
ぎっくり腰の発生が
増えます。

力んだ組織は
損傷にもろい

では寒さによって体に
力が入ることは
なぜ良くないのか?

それは力んだ筋肉は、

硬くて脆くなるからです。

体が力んでいるときに
咄嗟に腰を曲げ伸ばし
すると、鉛の棒を
曲げたように腰が
「グキッ」
と壊れてしまいます。

やわらかい筋肉は
衝撃を受け止めてくれる
車でいうサスペンション
の働きをしています。

ところが寒さで
力んで硬直すると
サスペンションの働きを
なしません。

したがって腰に
負担が蓄積して
腰を痛めやすく
なってしまうのですね。

不意に腰を
曲げたり反らした
ときに肉離れで
筋肉がブツンと千切れて
しまうこともあるでしょう。

筋肉の
亜急性損傷
を招く

また、冬場は何ヶ月も
続きます。

ずっと寒さをガマンして
すごしていると、
筋肉に力をこめっぱなし
になります。
筋肉
筋肉は線維の束で構成
されています。

寒さをガマンして
筋肉に力をこめて
いると線維が短縮しっぱなし
の状態が続きます。

すると、顕微鏡で
見たときに筋肉の
線維が微細な肉離れを
起こしてきます。

この肉離れがひどくなると
筋肉の強い炎症を
起こします。

私達は日常で筋肉を
休ませながら使って
いるためどこも痛く
なりません。

でもずっと力みっぱなし
だと筋線維がやがて
傷んで、断裂してきます。

デスクワークや
座りっぱなしの
中高年の方の腰の
痛みの多くはこの
亜急性損傷によって
もたらされる筋肉の
炎症だったのですね。

構成成分
そのもの
が硬くなる。

また、物質の分子の
構造上、温度と
分子の動きは比例した
関係があります。

暑くなると、体を構成
する成分そのものが
やわらかくて滑らかに
なります。

血流もさらさらに
なりますし、

アキレス腱や指の腱
もやわらかくて弾力性
が高まります。

たぶん寒い冬場よりも
夏場の方がスポーツの
競技成績も高くなるはず
ですよ。

逆に寒くなるほど、
構成成分が硬くて
脆くなります。

血流もドロドロに
なるでしょう。

全般的に体の
あちこちを痛め
やすいです。

たぶん人の体だけでなく
車やコンピューターなどの
機械部品の故障も
冬場に増えますよね。

夏場は熱によるショートが
ありえますが、
部品の破損による
故障は少ないはずです。

神経痛

寒さは神経痛による
ぎっくり腰の発生も
増やしてしまいます。

寒さは体の
細胞の働きも妨げて
しまいます。

細胞では、体を
動かすエネルギー
をミトコンドリアで
作っています。

ミトコンドリア

ところが寒さによって
ミトコンドリアの働きが
妨げられてしまうと、

体を動かすための
エネルギーを作り
出せなくなることも
あります。

次第に細胞が弱って
死んでしまいます。

弱った細胞に、
痛みをつかさどる
神経細胞があれば、
神経痛を引き起こして
しまいます。

神経痛に悩む方は
まず寒さの対策が
必要でしょう。

※スポンサーCM

また、単に外気温が
寒いだけでなく、

筋肉量が少ない人、
活動量が少ない人も、

体温が冷えがちです。

冷えによる体の
故障が増えますので、
毎日、屋内で
運動をすると体の
悩みも減るはずですよ。
おすすめは
ステップマシンです。
ステッパー

力みを避ける

このページで最後に
お伝えしたいことは、

寒さで力むことは
出来るだけ避けて
いただくことです。


体を力ませると、
寒さをごまかすことが
出来ます。

でも表面的に
寒さをごまかしている
だけです。

無意識に力が入るのは
仕方がありませんが、
意図的に力を込めている
ときには力を
抜きましょう。


そして、
十分な厚着をする。

カイロや暖房で体を
温めること。

体を動かして
体温を高くすること。

体が温まると、
自然と力が抜けます。

寒いときに力を込めるのは
無意識に起こるのは
防御反射のなのでどうしようも
ありません。

でも意図的に行っている
力みは、脳の感覚を
誤魔化している
だけです。

脳は複数の情報を
一度に処理できません。

寒さの苦痛に耐え
がたいときに
筋肉を力ませると筋肉に
触感によって寒さの
感覚を紛らわすことが
できます。

脳が一時的に寒さを
感じなくなります。

でも、実際には体は
寒さにずっとさらされて
います。

むしろ筋肉のコリを
招いたり、

故障を増やす
だけなんですね。

意図的に力を
入れていることに
気が付いたら必ず
力を抜きましょう。

リラックスしていても
気にならないぐらいの
温度が体にとって
最適の温度だといえます。

痒みは腰の血流障害による

腰の筋肉が凝り固まることで血流障害が起こると痒くなる

ぎっくり腰を防止する上では特に下半身の不快症状であるかゆみに着目することが良いでしょう。日常的に足や股間、お尻などに痒みを感じてポリポリしている方は腰部の筋肉のコリによって下半身に巡る血流を障害されていることがあります。イスに腰掛けた状態から股の間に頭を潜らせる団子虫体操をすると足の痒みが取れて尚且つ腰のコンディションも改善されることがありますので長年水虫やインキンタムシをお持ちになられる方は試してみてください。

腰痛と冬・寒さ

結論:あらゆる病気は冷えからもたらされる。

  1. ぎっくり腰 寒い寒さそのものよりも、寒さによって起こる防御反射がぎっくり腰を起こす
  2. 冬場にギックリ腰が増えるのは?寒冷による疼痛感受性の低下が大きく関係している。
  3. 寒い季節に起こり易いのは?椎間板が冷えて硬くなり衝撃を吸収できなくなるから。
  4. 冬場のもの、痩せている女性ぎっくり腰は季節の変わり目などの急激な気温の変化があるときに多く、外部環境要因としての気温低下だけでなく、内部環境要因としての熱産生能力にも関係がある。
  5. 急に冷えるとぎっくり腰になる寒くなると腰の筋肉が熱を作るために働いたり、寒さの刺激に我慢するために体を力ませたりして腰を痛めやすくなります。
  6. 冬場のぎっくり腰防止は食事量を増やすこと食べる量が増えると代謝が高まって体温が上昇し、冬場に体が柔らかくなってぎっくり腰の発生が減ります。
  7. 屋外での寒さにさらされて生じたもの家屋調査にて底冷えした屋外で寒さにさらされてぎっくり腰になってしまう。下部腰椎の椎間板ヘルニアを来たす
  8. 冷えで腰から太腿が痛い冷えによる腰から太腿の痛みは若い女性に多く、生理による出血やホルモンバランスによるものがほとんど。
  9. 雪の日のぎっくり腰寒さによって身動きが取れないほどのぎっくり腰となるが楽に治ってしまう。
  10. 寒さによるもの寒さは肩や首を縮込めてしまい腰の負担を増やしぎっくり腰の要因となりうる。
  11. 寒さがぎっくり腰を起こすわけではない寒くなるからぎっくり腰を起こすと多くは考えるが、寒さ自体ではなく寒さへの過剰な反応が起こしている。
  12. aaa冷えからくる坐骨神経痛坐骨神経痛に限らず病気は冷えからもたらされる。細胞のミトコンドリアの働きが落ちるからだ。
  13. 寒さとの関係について寒くなるとぎっくり腰が発生しやすくなるのは①筋肉の硬直、②神経への寒冷刺激、③体力の消耗によるもの
  14. 体の冷えとぎっくり腰の関係寒さは筋肉の強張りにつながる。水分を控えると冷えの影響を減らせる。
  15. 寒さによるぎっくり腰の防止法足踏み運動などその場で体を動かして熱を作ることが良い。
  16. 寒さが招く理由①ブラウン効果、②交感神経の過剰反応、③疲労、
  17. 寒さによる体の緊張によるぎっくり腰を治療しました寒いと腰の神経痛が起こりやすい。
  18. a寒くて動かないと血流が低下して腰痛になる寒いシーズンは屋内に閉じこもって動かないので血流が悪くなりやすいです。
  19. 冬場こそ腰痛治療のチャンス寒い冬場は代謝が高いので脂肪を燃焼して腰痛を改善しやすい。
  20. a冬場の釣りは腰を痛める寒い冬場に座って屋外で釣りをしていると冷えと体の硬直により腰を痛めやすいです。
  21. a寒さを我慢するからぎっくり腰になる寒さを我慢すると無意識に体を緊張させる。これがぎっくり腰を招く。
  22. aaaぎっくり腰は冬よりも気温の急激な低下で起こる。急激に気温が低下すると、寒さによる反射が起こり、ぎっくり腰になる
  23. a寒さと女性特有の体の不調の関係について筋肉量が少ない女性は、寒くて首をすくめる。肩こり→頭痛→下半身のむくみをもたらす。
  24. ぎっくり腰は寒さよりも、寒暖差による寒暖差が大きいと体はストレスを感じる。
  25. 寒いときに外出するとぎっくり腰になる急激に寒さにさらされると血管反射が起こり腰にこわばりが生じぎっくり腰を起こす。
  26. aa冬場の釣りは腰を痛める寒い屋外で腰の負担の大きい胡坐をするとすぐに腰を痛めます。
腰痛と自然・天気・気候・朝

腰痛と自然・天気・気候関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

自然要因・時期

天気

寒さ・冬

暑さ・夏

早朝・朝方、寝起き

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに19個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性・子供

心理①

心理②

自然

最新情報

椎間板

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

寒さ・冬

結論:あらゆる病気は冷えからもたらされる。

ぎっくり腰 寒い

冬場にギックリ腰が増えるのは?

寒い季節に起こり易いのは?

冬場のもの、痩せている女性

急に冷えるとぎっくり腰になる

冬場のぎっくり腰防止は食事量を増やすこと

屋外での寒さにさらされて生じたもの

冷えで腰から太腿が痛い

雪の日のぎっくり腰

寒さによるもの

寒さがぎっくり腰を起こすわけではない

冷えからくる坐骨神経痛

寒さとの関係について

体の冷えとぎっくり腰の関係

寒さによるぎっくり腰の防止法

寒さが招く理由

寒さによる体の緊張によるぎっくり腰を治療しました

寒くて動かないと血流が低下して腰痛になる

冬場こそ腰痛治療のチャンス

冬場の釣りは腰を痛める

寒さを我慢するからぎっくり腰になる

ぎっくり腰は冬よりも気温の急激な低下で起こる。

寒さと女性特有の体の不調の関係について

ぎっくり腰は寒さよりも、寒暖差による

寒いときに外出するとぎっくり腰になる

冬場の釣りは腰を痛める

自然・天気・気候・朝

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

自然要因・時期

天気

寒さ・冬

暑さ・夏

早朝・朝方、寝起き

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに19個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性・子供

心理①

心理②

自然