荘A[NX̉@

うつむくと腰が痛い

結論:うつむくと、姿勢が前に傾くため、倒れないように腰の筋肉に負担が加わる。

※スポンサーCM

うつむくとは
下を向くことです。

イスに腰掛けたり、
座った状態で
うつむくこともあります。

寝転んでうつ伏せに
寝ることも「うつむく」
といいます。

うつむくことは腰痛を
起こす大きな原因と
なります。

腰痛持ちの方では、
多くの方がそのことを
普段から自覚しつつ、
分かっていてもうつむいて
しまうものです。

下をうつむく
とバランスが
偏る

ではどうして下を
うつむいては
いけないのか?

それは下をうつむく
ことでバランスを崩して
しまうからです。

図のように首を前に倒して
下をうつむくと、
上半身に倒れこむ力が
働きます。

バランスが偏ると
腰の負担となります。

腰の筋肉が働いて
前に倒れないように
がんばります。


前に倒れない
ために体の裏側の
筋肉が常に働きます。

筋肉は、
たくさんの筋線維から
構成されます。

線維の束が筋肉です。
筋線維が収縮する
ことで骨を引っ張って
体を動かします。

うつむいたときには
腰の筋肉が収縮して
上半身を真っ直ぐに
保とうとします。

このときに筋線維が
つねに倒れる力によって
引っ張られます。

すると、やがて腰の
筋肉が傷ついて
炎症を起こします。

あまりにもひどくなると、
怪我と同じような
腰の痛みになることも
あります。

※スポンサーCM

分かっていても
下をうつむいて
しまう。

ところが、こういった姿勢は
分かっていても、
下をうつむいてしまいます。

スマホを操作したり、
パソコンを操作するとき、
テレビを見るとき、
読書をするとき、

いつも下を覗き込んで
しまいます。

出来るだけ
覗き込まない
ようにしましょう。

なるべく、本やスマホを
手に持たない。

テレビやパソコンの
画面の位置は
高い場所に設置する。

手に持って扱う道具は
台に立てかけます。


ブックスタンドに
本やスマホ、
タブレットを立てかけて
いただくと

両手が開きます。

お菓子を食べたり、
飲んだり、
別のことに手を
使うことができます。

ブックスタンドに
立てかけた本や
スマホ、タブレットを
出来るだけ高い位置に
おいてください。

そうすると、
うつむくことが
なくなります。

うつぶせに寝ると
腰が反る。

また、うつぶせになって
寝ながら本を見る方も
おられることです。


こういった姿勢は、常に
腰を反らし続けます。
わずかな時間だけなら
良いのですが、
何時間も続くとさすがに
腰の関節が反りすぎて
痛んできます。

関節を痛めないためには
うつぶせで読書したり、
うつぶせでスマホを
操作するのは控えましょう。

寝るときは、体位変換
しつつ、本を読むと
良いでしょう。

※スポンサーCM

ぎっくり腰は上半身の重さで起こる

特に重たい荷物を持っていなくても上半身の重みそのものが腰の負担となる。

ぎっくり腰はふとした腰を屈める瞬間に生じることがあるが何も手荷物を持っていない状態であっても上半身の体重が一挙に腰椎に加わると一瞬にして腰を痛めるためまずとても大きな重量物である上半身を腰で支えているのだという認識を持つことがぎっくり腰の防止には大切です。

頬杖・肘を使った姿勢、寄りかかり姿勢

結論:肘で寄りかかると筋肉が落ち、背が丸くなる。

リスクを高める頬杖・立て肘

腰痛患者にみる寄りかかる姿勢

頬杖姿勢

内臓を蝕み、腰部を脆弱化させる危険な姿勢

頬杖との関係について

頬杖姿勢とぎっくり腰の関係

X脚・O脚・ガニまた

結論:ガニ股は足腰の筋肉のコリを作る

ガニ股姿勢のぎっくり腰

女性がX脚になる解剖学的な理由

O脚のぎっくり腰の筋肉

O脚患者のぎっくり腰

O脚の発生メカニズムと腰痛の関係

O脚とぎっくり腰の関係

O脚のメカニズム

男性がO脚のぎっくり腰に陥る解剖学的理由は骨盤の形状

ガニ股(O脚)の関係

O脚と坐骨神経痛の関係

ガニマタ姿勢と腰痛

O脚

姿勢の悪さ

結論:悪い姿勢は無関心によって起こる

姿勢が悪いのもぎっくり腰の原因ですか?

悪い姿勢は放置で直らなくなる

姿勢の悪さによるもの

腰痛の原因が分からないのは不良姿勢によるものだから

起こしやすい力学的に不利な姿勢

腰痛に良い姿勢と悪い姿勢

ぎっくり腰を起こしやすいアライメントは?

ぎっくり腰や腰痛になりやすい姿勢

姿勢の悪い人の価値観

異常姿勢の二つの考え方

なりやすい姿勢を無意識にとってしまう原因

姿勢が悪いのはクセであらず

腰痛と固定姿勢・同一姿勢

結論:自転車でも、止まっているときが一番疲れる

同じ姿勢で関節が固まるからなるの?

固定姿勢が腰痛になる理由

同じ姿勢でいると腰が辛くなる

同じ姿勢が続くと腰痛になる理由

長時間同じ姿勢が続くと腰が痛くなる

腰痛と姿勢矯正、姿勢対策

結論:姿勢を意識すると疲れない

腰痛は地道な日常姿勢の意識によって防ぐ

リポジショニング

腰痛にならないための姿勢の考え方

腰痛は痛みを取ってから姿勢を直す

腰が弱くなる姿勢

滑膜炎防止のための姿勢矯正

自分の姿勢を知るには?

綺麗な姿勢で関節間力を使おう

腰の筋肉が弱い人の腰痛緩和姿勢

腰を休めるためのファウラー位

腰痛になりにくい正しい姿勢

ぎっくり腰を防止するための構えの必要性

荷重偏移による腰痛症のセルフケア方法

良肢位とぎっくり腰

姿勢分析から見た原因

腰痛になりやすい姿勢

結論:下に注意を向けると腰の負担となる

陥ったときにアゴを引いたら悪化した

うつむけ姿勢との関連

ぎっくり腰になりやすい姿勢

うつむけ姿勢との関係

体が辛いのは普段の姿勢?

姿勢との関係

姿勢との関係

日常姿勢と腰痛の関係

骨盤前傾姿勢と骨盤後傾姿勢

胸を張る姿勢と腰痛

ぎっくり腰の原因となるアライメント

高齢者の慢性腰痛で姿勢が原因となるものの特徴

ぎっくり腰を起こしやすい人の姿勢

良い姿勢

結論:物体は一定の速度で動き続けるときに最も安定する

ぎっくり腰にならない姿勢

本当の良い姿勢とは?

解剖学的姿勢と機能的姿勢

ぎっくり腰防止のための正しい姿勢

体を起こした状態でもっとも腰の負担の軽い姿勢

腰痛とポジショニング

キレイな姿勢を意識すると腰痛が減る

腰の負担に強い状態とは?

腰痛とその他の姿勢

結論:姿勢とは常々の意識である

うつむくと腰が痛い

姿勢と硬膜内圧に関して

蹲踞姿勢から見た腰痛の発生リスク

姿勢保持に必要な筋力は10%

エビのように丸くなる姿勢と腰痛

体のねじれと腰痛

上背部のものにみられる姿勢特徴

腰の捻れとの関係

ぎっくり腰の痛みと姿勢の影響について

腰の痛み方の体位別の3つの痛み方

ぎっくり腰中に心がけていただきたい姿勢

蹲踞姿勢

姿勢保持の筋肉の疲労の特徴

本当の発生原因は姿勢

姿勢

「姿勢」カテゴリーを6つのジャンルに「区分」します。

腰が曲がる

立位姿勢

反り腰

背骨の彎曲した姿勢

座り姿勢・イス

その他

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

※最新ページ

ぎっくり腰と静的ストレス

アークス整体院プライベートブログ

プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

頬杖・肘を使った姿勢、寄りかかり姿勢

結論:肘で寄りかかると筋肉が落ち、背が丸くなる。

リスクを高める頬杖・立て肘

腰痛患者にみる寄りかかる姿勢

頬杖姿勢

内臓を蝕み、腰部を脆弱化させる危険な姿勢

頬杖との関係について

頬杖姿勢とぎっくり腰の関係

X脚・O脚・ガニまた

結論:ガニ股は足腰の筋肉のコリを作る

ガニ股姿勢のぎっくり腰

女性がX脚になる解剖学的な理由

O脚のぎっくり腰の筋肉

O脚患者のぎっくり腰

O脚の発生メカニズムと腰痛の関係

O脚とぎっくり腰の関係

O脚のメカニズム

男性がO脚のぎっくり腰に陥る解剖学的理由は骨盤の形状

ガニ股(O脚)の関係

O脚と坐骨神経痛の関係

ガニマタ姿勢と腰痛

O脚

姿勢の悪さ

結論:悪い姿勢は無関心によって起こる

姿勢が悪いのもぎっくり腰の原因ですか?

悪い姿勢は放置で直らなくなる

姿勢の悪さによるもの

腰痛の原因が分からないのは不良姿勢によるものだから

起こしやすい力学的に不利な姿勢

腰痛に良い姿勢と悪い姿勢

ぎっくり腰を起こしやすいアライメントは?

ぎっくり腰や腰痛になりやすい姿勢

姿勢の悪い人の価値観

異常姿勢の二つの考え方

なりやすい姿勢を無意識にとってしまう原因

姿勢が悪いのはクセであらず

腰痛と固定姿勢・同一姿勢

結論:自転車でも、止まっているときが一番疲れる

同じ姿勢で関節が固まるからなるの?

固定姿勢が腰痛になる理由

同じ姿勢でいると腰が辛くなる

同じ姿勢が続くと腰痛になる理由

長時間同じ姿勢が続くと腰が痛くなる

腰痛と姿勢矯正、姿勢対策

結論:姿勢を意識すると疲れない

腰痛は地道な日常姿勢の意識によって防ぐ

リポジショニング

腰痛にならないための姿勢の考え方

腰痛は痛みを取ってから姿勢を直す

腰が弱くなる姿勢

滑膜炎防止のための姿勢矯正

自分の姿勢を知るには?

綺麗な姿勢で関節間力を使おう

腰の筋肉が弱い人の腰痛緩和姿勢

腰を休めるためのファウラー位

腰痛になりにくい正しい姿勢

ぎっくり腰を防止するための構えの必要性

荷重偏移による腰痛症のセルフケア方法

良肢位とぎっくり腰

姿勢分析から見た原因

腰痛になりやすい姿勢

結論:下に注意を向けると腰の負担となる

陥ったときにアゴを引いたら悪化した

うつむけ姿勢との関連

ぎっくり腰になりやすい姿勢

うつむけ姿勢との関係

体が辛いのは普段の姿勢?

姿勢との関係

姿勢との関係

日常姿勢と腰痛の関係

骨盤前傾姿勢と骨盤後傾姿勢

胸を張る姿勢と腰痛

ぎっくり腰の原因となるアライメント

高齢者の慢性腰痛で姿勢が原因となるものの特徴

ぎっくり腰を起こしやすい人の姿勢

良い姿勢

結論:物体は一定の速度で動き続けるときに最も安定する

ぎっくり腰にならない姿勢

本当の良い姿勢とは?

解剖学的姿勢と機能的姿勢

ぎっくり腰防止のための正しい姿勢

体を起こした状態でもっとも腰の負担の軽い姿勢

腰痛とポジショニング

キレイな姿勢を意識すると腰痛が減る

腰の負担に強い状態とは?

腰痛とその他の姿勢

結論:姿勢とは常々の意識である

うつむくと腰が痛い

姿勢と硬膜内圧に関して

蹲踞姿勢から見た腰痛の発生リスク

姿勢保持に必要な筋力は10%

エビのように丸くなる姿勢と腰痛

体のねじれと腰痛

上背部のものにみられる姿勢特徴

腰の捻れとの関係

ぎっくり腰の痛みと姿勢の影響について

腰の痛み方の体位別の3つの痛み方

ぎっくり腰中に心がけていただきたい姿勢

蹲踞姿勢

姿勢保持の筋肉の疲労の特徴

本当の発生原因は姿勢

姿勢

「姿勢」カテゴリーを6つのジャンルに「区分」します。

腰が曲がる

立位姿勢

反り腰

背骨の彎曲した姿勢

座り姿勢・イス

その他

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書