荘A[NX̉@

坐骨神経痛に良い下着は?

結論:
長時間のお尻の圧迫を緩和する
パットの付いたものがデスクワークで有効になることもある。

→A、関係している。長時間の座位姿勢によってお尻が圧迫されることが原因しているが、それを回避するためにパット付きインナ-ショーツが開発されております。

※スポンサーCM

Q、当方は慢性的な坐骨神経痛持ちです。お尻や腰が常に痛いのですが、下着など関係しているのでしょうか?

ぎっくり腰の場合はどうしても急性のために頂くお便りそのものの数が少ないのでどうしても慢性腰痛の方などのお悩みの方が多いので、今回は腰部疾患の中でも坐骨神経痛の患者様のお便りにお返事して参りたいと思います。

A、密接な関係を持っている。

では、回答と致しましては坐骨神経痛の患者様には下着はとても大きく関係しており、密接だといえます。

イスの座面とお尻の接触圧が影響している

なぜならば、坐骨神経痛の症状では近年ではイスや座面などの接触圧が原因となっていることが指摘されるようになって来ているからです。

座面の圧迫が特に問題となるのが長時間のデスクワーク

※スポンサーCM

とくに近年では労働体型が従来の営業などではなく、事務職などのオフィスワークが増えております。したがって長時間の座位姿勢がお尻の圧迫を起こしてしまっていることが大きな問題となるのです。

お尻が座面に圧迫され続けると、次第に坐骨神経の促通障害を招く

では、お尻がイスの座面などに圧迫され続けるとどうなるのかと申しますと、お尻を走行している人体で最も太いと呼ばれる坐骨神経や、その他の重要な動脈が圧迫されてしまい、神経の伝導の障害を招いてしまうのです。そして神経の促通が障害されてしまうようになってしまうわけです。

神経の促通障害によって、筋力が著しく減弱化する。

このような神経の促痛障害とはお尻は下半身に供給する重要な動脈の血流を妨げてしまいますので、筋肉の出力が低下してしまうことはもちろんですが、栄養が欠乏を起こしますので、筋力が著しく低下してお尻が痩せ落ちてしまうのです。

次第に末梢神経が損傷しはじめる。

そして、その状態が進行して行きますと、最初のうちは正座のように姿勢を変えることで痺れて血行不良を起こしていたところもすぐに治るのですが、次第に治らなくなって慢性的に抹消神経が損傷していってしまうのです。

坐骨神経の損傷部分に負担を加える姿勢や動作で激痛を発するようになる。

坐骨神経が損傷してしまいますとどうなるのかと申しますと、例えば中腰になるような股関節を曲げる動作や、イスにドスンと腰を落して腰掛ける動作をするときなど、お尻の坐骨神経部分にテンションが加わったり、強い衝撃が加わると発作的な激痛に陥るのです。

近年ではイスの開発が盛んであり、お尻のダメージを減らせるようになる。

近年では、そういったお尻の負担を考慮するようになり、お尻のダメージを減らすために様々なイスが開発されるようになりました。座面がメッシュ状で柔らかなトランポリン素材を利用したアーロンチェアのようなものがそういった負担を軽減してくれるということで人気があります。

会社の規定により禁止されている場合もある。

しかし、そういった優れたイスが日々開発されていてもどうしても、職場や会社の理解がなかなか得られず、規定によって私物を利用することがそもそも禁止されてしまうこともあるのです。また、イスなど定められたものがそもそも存在しないこともありますよね。事務所にいくつかのパソコンがあってソフト内部が全てのパソコンで共有されているような場合は、誰がどのデスクに座っても問題ありませんので自分の席が決められておらぬこともあるはずです。

※スポンサーCM

機密上一切の私物の持込ができぬ場合もある。

そして、職種によっては機密事項を守るために一切の私物を職場に持ち込めぬことだってあるはずでしょう。この場合は底反発クッションのようなものを持参することも許されません。

一切の私物が持ち込めぬ状態でも利用することができるのがパット付きインナーショーツ

このようなときに重宝するのが、お尻の部分にパットなどを用いたインナーショーツです。下着ならばどのようなものを着用しようとも問題ありませんし、日常の自転車や座椅子、胡坐、電車・バス・職場などあらゆる場面で腰掛けるときにお尻をサポートしてくれます。手荷物ともなりませんので重宝するはずです。

ロードバイクなど長距離レースやバイクツーリングなどでお尻の保護に用いられる。

パット付きインナーショーツでしたら、手荷物にもなりませんし、職場の規定に引っかかることもありませんので安心してご利用いただけるはずです。また、保温性にも優れておりますから神経痛のような慢性型の血行不良が原因となるものにも良いです。これらは本来ならばロードバイク(自転車競技)やツーリングなどで、お尻の圧迫から守るために開発されたものですが、やはりイスで長時間腰掛けるときのお尻の負担の軽減にも繋がりますので着用していただければと思います。

腰痛対策の道具の考え方

腰痛に効くもの

腰痛患者の道具の考え方

役に立つグッズの考え方

腰痛対策の道具、使うは一時の恥

腰痛対策の道具は買うべき?

役立つアイテム

腰をサポートするアイテムを紹介してください。

力仕事補助アイテム

引越しで腰を痛めないための道具

重たい家具を持上げるには?

リフトを導入するのは?

重たいものを持上げる道具には何がある?

荷物運びで腰痛を防止するなら運搬ワゴンを使う

健康器具

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

腰痛持ちにフラフープは?

腰痛の電気治療の効果は?

ぎっくり腰のときにマッサージ機はいいの?

坐骨神経痛に中山式指圧器はどうか?

ヘルニア患者に人気の牽引療法器具

青竹ふみで腰痛が治る仕組み

コスモトロンは慢性的なお尻の痛みにどう?

坐骨神経痛にパワーポジションボール

中殿筋の疲労を手軽にそして優しく癒すための金魚運動マシン

坐骨神経痛にはヘルストロン

坐骨神経痛の方にはVアップシェイパー

腰痛に低周波治療器のオムロンは?

ぎっくり腰に赤外線治療器は?

家庭用の治療器具による腰痛治療効果

カバン・バッグ

結論:余程の重量、長時間でなければカバンの影響は少ない

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ショルダーバッグをすると腰が痛くなる

反り腰のカバンは?

リュックとバッグ、ぎっくり腰になりやすいのは?

ウェストポーチ療法

リュックとショルダーはどっち?

キャリーバッグの腰の負担は?

クツ

結論:努力をしたくない人に最もおすすめする腰痛対策が靴である。

腰痛に悩むなら靴で予防しよう

腰痛持ちにヒールは?

坐骨神経痛は革靴を止めてスポーツシューズを履く

磨り減った靴は腰を痛める

予防のための靴選び

ハイヒールとの関係

クツ選び

クツとの関係は?

腰痛防止のクツ選びの考え方

ダイエットしたいけど靴のサイズが合わない

足元対策

インソールによる予防

転倒対策には足袋を履こう

スベリ止めマットと腰痛

立ち仕事の腰痛を緩和するなら踏み台

踏み台に足を乗せると腰痛を防げる

ぎっくり腰に松葉杖は?

ぎっくり腰における松葉杖の必要性

一本松葉杖は?

杖を用いるのは?

ぎっくり腰と杖

高齢者の防止のアイテムは杖

松葉杖の使い方、片方の腰の痛み

腰痛と股関節が痛いとき、松葉杖で歩くのはいいか?

杖の弊害について

腰痛に松葉杖は?

軽いぎっくり腰の対処では杖を使う

衣類・身につけるもの

ぎっくり腰では柔らかい服を着る

マスクを使うと腰痛が治る

リストバンドは腰痛予防にどう?

防止のために役に立つ衣類は?

坐骨神経痛に良い下着は?

メガネと腰痛

サポーターの有効性

腰痛を和らげる股引

耳栓を使った腰痛の簡単な対策法

腹巻で温めるとぎっくり腰を防げる

ぎっくり腰防止のための手軽で効果の高いアイテム

ぎっくり腰防止のおすすめグッズは?

ぎっくり腰防止のためにお勧めする衣類

ぎっくり腰防止のための便利アイテムとその活用法

その他道具

テントを張ると腰痛が治る

最大の省力化アイテムは水

腰痛対策は柄の長い道具

痛みを軽くするための伸縮テープ

腰痛と住環境

擦らずに落とせる洗剤

お尻の痛い方に助かる食器洗いアイテム

腰痛患者の自転車選び

腰痛持ちのドア選び

ぎっくり腰を何度も繰り返す患者に絶対必要な道具

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

アークス整体院プライベートブログ


プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

腰痛対策の道具の考え方

腰痛に効くもの

腰痛患者の道具の考え方

役に立つグッズの考え方

腰痛対策の道具、使うは一時の恥

腰痛対策の道具は買うべき?

役立つアイテム

腰をサポートするアイテムを紹介してください。

力仕事補助アイテム

引越しで腰を痛めないための道具

重たい家具を持上げるには?

リフトを導入するのは?

重たいものを持上げる道具には何がある?

荷物運びで腰痛を防止するなら運搬ワゴンを使う

健康器具

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

腰痛持ちにフラフープは?

腰痛の電気治療の効果は?

ぎっくり腰のときにマッサージ機はいいの?

坐骨神経痛に中山式指圧器はどうか?

ヘルニア患者に人気の牽引療法器具

青竹ふみで腰痛が治る仕組み

コスモトロンは慢性的なお尻の痛みにどう?

坐骨神経痛にパワーポジションボール

中殿筋の疲労を手軽にそして優しく癒すための金魚運動マシン

坐骨神経痛にはヘルストロン

坐骨神経痛の方にはVアップシェイパー

腰痛に低周波治療器のオムロンは?

ぎっくり腰に赤外線治療器は?

家庭用の治療器具による腰痛治療効果

カバン・バッグ

結論:余程の重量、長時間でなければカバンの影響は少ない

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ショルダーバッグをすると腰が痛くなる

反り腰のカバンは?

リュックとバッグ、ぎっくり腰になりやすいのは?

ウェストポーチ療法

リュックとショルダーはどっち?

キャリーバッグの腰の負担は?

クツ

結論:努力をしたくない人に最もおすすめする腰痛対策が靴である。

腰痛に悩むなら靴で予防しよう

腰痛持ちにヒールは?

坐骨神経痛は革靴を止めてスポーツシューズを履く

磨り減った靴は腰を痛める

予防のための靴選び

ハイヒールとの関係

クツ選び

クツとの関係は?

腰痛防止のクツ選びの考え方

ダイエットしたいけど靴のサイズが合わない

足元対策

インソールによる予防

転倒対策には足袋を履こう

スベリ止めマットと腰痛

立ち仕事の腰痛を緩和するなら踏み台

踏み台に足を乗せると腰痛を防げる

ぎっくり腰に松葉杖は?

ぎっくり腰における松葉杖の必要性

一本松葉杖は?

杖を用いるのは?

ぎっくり腰と杖

高齢者の防止のアイテムは杖

松葉杖の使い方、片方の腰の痛み

腰痛と股関節が痛いとき、松葉杖で歩くのはいいか?

杖の弊害について

腰痛に松葉杖は?

軽いぎっくり腰の対処では杖を使う

衣類・身につけるもの

ぎっくり腰では柔らかい服を着る

マスクを使うと腰痛が治る

リストバンドは腰痛予防にどう?

防止のために役に立つ衣類は?

坐骨神経痛に良い下着は?

メガネと腰痛

サポーターの有効性

腰痛を和らげる股引

耳栓を使った腰痛の簡単な対策法

腹巻で温めるとぎっくり腰を防げる

ぎっくり腰防止のための手軽で効果の高いアイテム

ぎっくり腰防止のおすすめグッズは?

ぎっくり腰防止のためにお勧めする衣類

ぎっくり腰防止のための便利アイテムとその活用法

その他道具

テントを張ると腰痛が治る

最大の省力化アイテムは水

腰痛対策は柄の長い道具

痛みを軽くするための伸縮テープ

腰痛と住環境

擦らずに落とせる洗剤

お尻の痛い方に助かる食器洗いアイテム

腰痛患者の自転車選び

腰痛持ちのドア選び

ぎっくり腰を何度も繰り返す患者に絶対必要な道具

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書