荘A[NX̉@

腰をサポートするアイテムを教えてください

結論:腰痛の予防、治療、予後に用いるものがある

Q腰部をサポートする道具はありませんか?→腰部をサポートする道具には腰部を守ったり・鍛えたりする予防用、腰の牽引や温熱などの治療用、腰部の変形や痛み・衰えを軽減して日常を維持する予後用の3種類があります。

※スポンサーCM

大きく分けると3つ、防止・治療・予後

ではどんな用具があるのかについてお話しますと、基本的には3段階の対策があると思っていただければ良いと思います。①事前に腰痛にならぬための防止用(防止)、②腰痛になった患者の治療用(治療)、③慢性期のケアや緩和のための道具(予後用)

第一段階、腰痛防止のための道具

どんなものでもそうですが、一旦腰部を壊してしまうと治療とはとても大変です。ですから、転ばぬ先の杖という考えだったり、石橋を叩いて渡るという考えをもって未然に対策をすることが大切です。腰痛防止用の道具で代表的なものをいくつかご紹介いたしましょう。

  1. リフト

    重たいものを持ち上げるときには腰を痛めてしまうリスクが沢山あります。腰の筋肉を酷使しなようにリフトを用いると楽です。

  2. 台車

    重たいものを水平移動するのに便利です。もったまま歩くと著しく太腿の筋力を酷使します。すると腰を落とす動作が難しくなりどうしても中腰を多用して腰を痛めます。したがいまして台車に乗せて運ぶと足腰の筋力を温存することができます。

  3. サポートウェア

    続いてはサポートウェアです。重たいものを持ち上げるときに使うようなパワーリフティング用の革ベルトでも良いですが、そういったものは胴体を締め付けて圧迫しますので腰部の血行に良くありません。また、腹筋や背筋が衰えてしまう原因となりますので着用できるサポートウェアが近年では人気があります。

  4. 高性能イス

    それほど負担が大きくなくても、長時間に渡るデスクワークなどでずっと腰を使っているのも腰部を悪くさせる原因となりかねません。したがいまして座面や背もたれが高性能なイスを用いていただくことがおすすめできます。腰が疲れないように設計されているイスは座り姿勢の腰部の疲労をサポートしてくれます。

  5. ※スポンサーCM

    矯正装具

    腰が曲がらないように体にクセをつけたり、腰部の骨の配列を正常に保つために矯正装具を身につけていただくことはとても手軽です。

  6. 運動器具

    腰部の筋肉を保つことも腰部のサポートには欠かせません。室内運動器具やストレッチ器具を活用して機能性の高い腰部を保っていただければ腰の安全にもつながることです。

  7. サプリメント

    やはり腰部のサポートを考えた上ではサプリメントなどの栄養補助は大切な要素ですね。

第二段階、治療用

次には、もしも腰部が腰痛を患ってしまったときには、本格的な重症になる前に症状を軽減することが必要です。これが治療を左右するとも言えます。

  1. 牽引装置

    腰部の狭まった骨の隙間を拡張することが必要となる治療があります。このときには牽引装置を用いることが効果的であると言われております。

  2. 温熱療法

    腰部の急性期の症状が治まったときに用いることがおすすめできるのは温熱療法です。温めるための道具ならば近年は様々なものがあります。赤外線装置や保温機などを用いてみることも良いでしょう。

  3. アイスパック

    一般的に言われる氷嚢と同じものだと思っていただければよろしいかと思います。アイスノンなどを用いることが良いでしょう。急性期のように腰部の炎症が強いときには温熱療法よりも冷却療法の方が良いとされます。近年では蓄熱材を用いた急性期の冷却と慢性期の温熱のどちらにも対応したものが人気があります。

  4. コルセット

    胴体をまっすぐ保持するのには腹筋や背筋を活用します。ところが腰痛のときにはこれらが極度な疲労を伴っておりますので、筋肉を使えば使うほど治癒が長引いてしまいます。コルセットは腰部の疲労を軽減するのに有効です。

※スポンサーCM

第3段階、予後

万が一腰部の痛みが慢性化してしまったときには予後のケアとして腰部の保護をするアイテムを利用することが良いです。後遺症などがある方でも日常の苦労を少しでも軽減することができれば病気のストレスも少なくできるはずです。

  1. 腰に痛みが出てしまい腰を屈めたままの状態で日常を過ごしておりますと腰骨が変形してしまったり腰椎の病気などに陥る可能性があります。上半身の負担を軽減して日常生活をすぐにでも再開させることは筋力維持にもつながります。近年では杖もたんなるシルバー用ではなく、歩いたときに周囲から目立たぬように傘と一体化されたステッキ傘など便利なものはたくさんあります。

  2. シルバーカー

    腰の曲がったご高齢者など慢性的な腰痛をお持ちの方では、手押し車を押しておりますが、あれはただ荷物を載せるだけのものではありません。上半身の体重を預けて腰の負担を軽減することもできますし、シルバーカーに腰掛けて体を休めることのできる優れたものなのです。

  3. キャリーバッグ

    腰の痛みが慢性化して重たい荷物がもてなくなってしまわれたときにはキャリーバッグを活用します。ご高齢者でキャリーバッグを引いているお姿をお見かけることがありますが、あれは旅行に行くわけではありません。荷物を運ぶのに便利なので用いているのです。

  4. 三輪自転車

    やはり腰が衰えてしまっているとどうしても遠出するときに通常の自転車では転倒してしまう危険があります。転倒するリスクが少ない三輪自転車は近年では急速に需要が増加しております。数十年来の腰の障害は治らなくても日常生活をつづがなく過ごせることは大切です。

腰痛対策の道具の考え方

腰痛に効くもの

腰痛患者の道具の考え方

役に立つグッズの考え方

腰痛対策の道具、使うは一時の恥

腰痛対策の道具は買うべき?

役立つアイテム

腰をサポートするアイテムを紹介してください。

力仕事補助アイテム

引越しで腰を痛めないための道具

重たい家具を持上げるには?

リフトを導入するのは?

重たいものを持上げる道具には何がある?

荷物運びで腰痛を防止するなら運搬ワゴンを使う

健康器具

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

腰痛持ちにフラフープは?

腰痛の電気治療の効果は?

ぎっくり腰のときにマッサージ機はいいの?

坐骨神経痛に中山式指圧器はどうか?

ヘルニア患者に人気の牽引療法器具

青竹ふみで腰痛が治る仕組み

コスモトロンは慢性的なお尻の痛みにどう?

坐骨神経痛にパワーポジションボール

中殿筋の疲労を手軽にそして優しく癒すための金魚運動マシン

坐骨神経痛にはヘルストロン

坐骨神経痛の方にはVアップシェイパー

腰痛に低周波治療器のオムロンは?

ぎっくり腰に赤外線治療器は?

家庭用の治療器具による腰痛治療効果

カバン・バッグ

結論:余程の重量、長時間でなければカバンの影響は少ない

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ショルダーバッグをすると腰が痛くなる

反り腰のカバンは?

リュックとバッグ、ぎっくり腰になりやすいのは?

ウェストポーチ療法

リュックとショルダーはどっち?

キャリーバッグの腰の負担は?

クツ

結論:努力をしたくない人に最もおすすめする腰痛対策が靴である。

腰痛に悩むなら靴で予防しよう

腰痛持ちにヒールは?

坐骨神経痛は革靴を止めてスポーツシューズを履く

磨り減った靴は腰を痛める

予防のための靴選び

ハイヒールとの関係

クツ選び

クツとの関係は?

腰痛防止のクツ選びの考え方

ダイエットしたいけど靴のサイズが合わない

足元対策

インソールによる予防

転倒対策には足袋を履こう

スベリ止めマットと腰痛

立ち仕事の腰痛を緩和するなら踏み台

踏み台に足を乗せると腰痛を防げる

ぎっくり腰に松葉杖は?

ぎっくり腰における松葉杖の必要性

一本松葉杖は?

杖を用いるのは?

ぎっくり腰と杖

高齢者の防止のアイテムは杖

松葉杖の使い方、片方の腰の痛み

腰痛と股関節が痛いとき、松葉杖で歩くのはいいか?

杖の弊害について

腰痛に松葉杖は?

軽いぎっくり腰の対処では杖を使う

衣類・身につけるもの

ぎっくり腰では柔らかい服を着る

マスクを使うと腰痛が治る

リストバンドは腰痛予防にどう?

防止のために役に立つ衣類は?

坐骨神経痛に良い下着は?

メガネと腰痛

サポーターの有効性

腰痛を和らげる股引

耳栓を使った腰痛の簡単な対策法

腹巻で温めるとぎっくり腰を防げる

ぎっくり腰防止のための手軽で効果の高いアイテム

ぎっくり腰防止のおすすめグッズは?

ぎっくり腰防止のためにお勧めする衣類

ぎっくり腰防止のための便利アイテムとその活用法

その他道具

テントを張ると腰痛が治る

最大の省力化アイテムは水

腰痛対策は柄の長い道具

痛みを軽くするための伸縮テープ

腰痛と住環境

擦らずに落とせる洗剤

お尻の痛い方に助かる食器洗いアイテム

腰痛患者の自転車選び

腰痛持ちのドア選び

ぎっくり腰を何度も繰り返す患者に絶対必要な道具

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

アークス整体院プライベートブログ


プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

腰痛対策の道具の考え方

腰痛に効くもの

腰痛患者の道具の考え方

役に立つグッズの考え方

腰痛対策の道具、使うは一時の恥

腰痛対策の道具は買うべき?

役立つアイテム

腰をサポートするアイテムを紹介してください。

力仕事補助アイテム

引越しで腰を痛めないための道具

重たい家具を持上げるには?

リフトを導入するのは?

重たいものを持上げる道具には何がある?

荷物運びで腰痛を防止するなら運搬ワゴンを使う

健康器具

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

腰痛持ちにフラフープは?

腰痛の電気治療の効果は?

ぎっくり腰のときにマッサージ機はいいの?

坐骨神経痛に中山式指圧器はどうか?

ヘルニア患者に人気の牽引療法器具

青竹ふみで腰痛が治る仕組み

コスモトロンは慢性的なお尻の痛みにどう?

坐骨神経痛にパワーポジションボール

中殿筋の疲労を手軽にそして優しく癒すための金魚運動マシン

坐骨神経痛にはヘルストロン

坐骨神経痛の方にはVアップシェイパー

腰痛に低周波治療器のオムロンは?

ぎっくり腰に赤外線治療器は?

家庭用の治療器具による腰痛治療効果

カバン・バッグ

結論:余程の重量、長時間でなければカバンの影響は少ない

ショルダーバッグで腰が痛くならないためには?

ショルダーバッグをすると腰が痛くなる

反り腰のカバンは?

リュックとバッグ、ぎっくり腰になりやすいのは?

ウェストポーチ療法

リュックとショルダーはどっち?

キャリーバッグの腰の負担は?

クツ

結論:努力をしたくない人に最もおすすめする腰痛対策が靴である。

腰痛に悩むなら靴で予防しよう

腰痛持ちにヒールは?

坐骨神経痛は革靴を止めてスポーツシューズを履く

磨り減った靴は腰を痛める

予防のための靴選び

ハイヒールとの関係

クツ選び

クツとの関係は?

腰痛防止のクツ選びの考え方

ダイエットしたいけど靴のサイズが合わない

足元対策

インソールによる予防

転倒対策には足袋を履こう

スベリ止めマットと腰痛

立ち仕事の腰痛を緩和するなら踏み台

踏み台に足を乗せると腰痛を防げる

ぎっくり腰に松葉杖は?

ぎっくり腰における松葉杖の必要性

一本松葉杖は?

杖を用いるのは?

ぎっくり腰と杖

高齢者の防止のアイテムは杖

松葉杖の使い方、片方の腰の痛み

腰痛と股関節が痛いとき、松葉杖で歩くのはいいか?

杖の弊害について

腰痛に松葉杖は?

軽いぎっくり腰の対処では杖を使う

衣類・身につけるもの

ぎっくり腰では柔らかい服を着る

マスクを使うと腰痛が治る

リストバンドは腰痛予防にどう?

防止のために役に立つ衣類は?

坐骨神経痛に良い下着は?

メガネと腰痛

サポーターの有効性

腰痛を和らげる股引

耳栓を使った腰痛の簡単な対策法

腹巻で温めるとぎっくり腰を防げる

ぎっくり腰防止のための手軽で効果の高いアイテム

ぎっくり腰防止のおすすめグッズは?

ぎっくり腰防止のためにお勧めする衣類

ぎっくり腰防止のための便利アイテムとその活用法

その他道具

テントを張ると腰痛が治る

最大の省力化アイテムは水

腰痛対策は柄の長い道具

痛みを軽くするための伸縮テープ

腰痛と住環境

擦らずに落とせる洗剤

お尻の痛い方に助かる食器洗いアイテム

腰痛患者の自転車選び

腰痛持ちのドア選び

ぎっくり腰を何度も繰り返す患者に絶対必要な道具

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書