ぎっくり腰防止の考え方|使用度の低い部分を意識する必要性

健康な人でも体を鍛えることには多くの方が抵抗を抱いてしまうため、治療家が病人や怪我人に特別なトレーニングを説明したところで上手く行くものではなく、その方が日常生活の中で意識が薄れてしまっている動作や正しい動作を教えて出来る範囲のことをやっていただくことが大切な考え方となる。

※スポンサーCM

「先生、助かりましたよ。腰の痛みを回復させてくださってありがとうございます。」
「A様、良かったですね。」

運動が苦手で体に合わぬ人はどうしたらいいの?

「ところで先生が術前にご説明してくださったとおりでもう10年ぐらい運動不足の状態が続いておりました。これでは腰を痛めてしまっても無理はないと思います。しかし、私は運動が苦手でどうも体を鍛えることは無理なのです。もともと運動が体に合わぬのだと思いますが。先生こんな私はどうしたら宜しいのでしょうか?」
ということで今回は運動が不足していることをご自信で分かっておりながらどうしても運動ができぬという方の場合はどうしたら良いのかについて述べさせていただきたいと思います。

苦手な人は運動に抵抗を抱いてしまう

こういったものは基本的には幾らご本人にやる気があっても、仕事がお忙しすぎて時間を作れぬ方の場合は当然のことながら体を鍛えることはできません。また、仮に時間に余裕があってもご本にがどうしても運動は苦手だとお感じになられてしまいますとどうしても抵抗を抱いてしまうことでしょう。

※スポンサーCM

日常生活で弱いところをきちんと使う

では、苦手意識がある方にも抵抗なく運動をするためにはどうしたら良いのかと申しますとそれは特別運動をして過ごすことではなく、日常生活の中でできるだけ、体の弱いところをきちんと使うように意識することが必要となるのです。つまり、このページをご覧になっていらっしゃる方の場合は共通して腰周りの筋力の低下を持っているのですから、それを克服するために腰周りの筋肉を活用していただく必要があるのです。

立っている姿勢をできるだけ増やす。胴体の力で体を真っ直ぐ保持する。

では、具体的にはどうしたら良いのかと申しますと、例えばできるだけ立っている姿勢を増やすようにすること、そして、体を起しているときにはできるだけ腕で体を支えたり、することがないようにして胴体の筋力で体をまっすぐ保持するようにします。

片側の筋肉に負担を掛けぬように左右均等を意識する。

たり、立ち上がるときに毎回左足を前に出して立ち上がったりしますと、片側の筋肉にばかり負担を強いてしまいますので、右足を前に踏み出すようにしたりと体の左右両側を均等になるように意識して使っていただければと思います。

日常動作を意識しなければ運動をしても変化にはつながらず。

実はこういった日常動作で用いる筋肉というのがもっとも体の運動に大きく関わっており、これを直さぬことには多少マラソンをしたりスポーツジムで1時間ほど体を鍛えたどころで大した変化には繋がらぬのです。なぜならば私達の日常というものの方が圧倒的に体を使っているからです。24時間の中でもっとも過ごすことが多い日常をトレーニングにできることこそが一番の改善となるといっても良いわけです。

※スポンサーCM

健常者でも運動を嫌うのに衰えてしまった人に指導してもできるわけがない。

こういった考え方とはとても大切なことです。私達健常者でも多くの方は運動を嫌います。にもかかわらず腰が極端に衰えてしまった方に運動を指導しても取り組むことができるはずがありませんよね。したがいまして、こころが弱くなってしまってもできるそれがトレーニングメニューを考える上で大切なのです。

できるだけ日常で取り組めることを提案しております。

したがいまして当院では個別のメニューを組んで患者様に一方的に御願いするようなことはせずにできるだけ日常で取り組める範囲のことをご提案するようにし、日常の中で意識が低くなっていることだけを意識的に補っていただくようにご提案させていただくわけです。

意識だけで出来る腰痛対策

結論:片時も腰痛のことを忘れないこと

  1. 腰痛予防とは健康を高めること腰痛予防とは専門家が行うものではなく、自分で取り組むもの。些細な積み重ねによる
  2. 小まめな換気はぎっくり腰を減らすチリによる掃除の手間を減らすと、腰を痛める可能性を低くできる。
  3. 意識するだけの手軽な防止法コンディション不良が背景となっているが、日常の仕事が忙しくて満足な時間をとることができず、中々体のメンテナンスに着手できないことが多い。意識するだけで防止できる方法としては背骨の自然な彎曲であるフィジオロジカルカーブをイメージし、背骨の彎曲を常に正すことが良い。
  4. 老後の腰痛が嫌なら立ってできる趣味を座って過ごす習慣は足腰の衰えを招くため腰痛を防止したいなら立って過ごす趣味を持つことが良い。
  5. 簡単に防止できる装備について足元を見直す、スリッパは踏ん張りが利かないため腰の負担となる。
  6. 簡単な対策は室温を温めることストーブなどで体を温めると腰の筋肉の緊張を生じさせずに安全に作業ができます。
  7. ぎっくり腰防止は普遍的な内容に着目するべき個別の特有の動作に着目してもぎっくり腰は防げない。何事にも共通する内容こそぎっくり腰対策では着目するべき。
  8. テレビゲームは腰痛治療に良いか脳内のやる気ホルモンの分泌を促して痛みを軽減する
  9. aa腰痛防止のブラウン効果温度と分子運動は比例関係にあり、温度が高いほど分子運動は滑らかになるため腰痛は減る。
  10. a家庭内でのぎっくり腰の簡単な防止法出来るだけ若者が階段を使う階上で暮らし、高齢者が階下で暮らすことが良い
  11. 防止するための未病についての考え方重たい荷物の持上げ方など物理的な要因だけに着目しても改善にはならないため
  12. aaa腰痛治療では主体的な受診が大切主体的に腰痛について学ぶ姿勢があると腰痛は治っていく。
  13. aa正しい動作学習で慢性腰痛は治る長期間、動かないと本来の動きを体が忘れてしまう。
  14. aぎっくり腰の慢性化を防止するための考え方腰は消耗品と考える。大切に使うこと
  15. 発生を抑える誰にでもできる方法日頃の肉体疲労にストレスが加わることで生じる。ストレスとは仕事の特性上避けることはできず、他人の面倒を請け負うのが仕事であるためどうしてもストレスが溜まる。他人に話を聞いてもらうだけでも随分と体の疲労が抜けるが聞く方もストレスが溜まるためお金を支払う客と店の関係を築ける場所でできるだけストレスを発散することが良い。
  16. ぎっくり腰の簡単な防止の考え方腰部は駄菓子屋のチューペット(氷棒)、硬直+無理な動作で生じるもの。
  17. ぎっくり腰の防止のために行っていただきたい常識的なことしっかりご飯を食べる
  18. ぎっくり腰防止のために役立つ身体シグナルお腹が鳴ったら、食事を食べよう。
  19. ぎっくり腰を忘れないことが最大の防止となるぎっくり腰は忘れたころに起こる
  20. ぎっくり腰防止で着目するべきことなぜ腰に無理を重ねる日常を避けられないのかに着目する
  21. いつ起こるかわからないぎっくり腰を防止するには?片時もぎっくり腰のことを忘れない
  22. 使用度の低い部分を意識する必要性日常生活の中で意識が薄れてしまっている動作や正しい動作を教えて出来る範囲のことをやっていただくことが大切な考え方となる。
  23. 腰痛治療における最も大切な考え方腰の病気のことを知ろうとすることよりも健康な体が本来どのように機能するかを知る

腰痛対策関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

お皿洗いでの腰痛対策

作業場面での腰痛対策

一般防止策

生活場面での腰痛対策

腰痛対策の体の使い方

飛行機バランス動作

立ち上がり

着替え

中長期的観点でのトイレ・排泄

楽に取り組める対策

意識だけで出来る対策

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

椎間板

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

意識だけでできる対策

結論:片時も腰痛のことを忘れないこと

腰痛予防とは健康を高めること

小まめな換気はぎっくり腰を減らす

意識するだけの手軽な防止法

老後の腰痛が嫌なら立ってできる趣味を

簡単に防止できる装備について

簡単な対策は室温を温めること

ぎっくり腰防止は普遍的な内容に着目するべき

テレビゲームは腰痛治療に良いか

腰痛防止のブラウン効果

家庭内でのぎっくり腰の簡単な防止法

防止するための未病についての考え方

腰痛治療では主体的な受診が大切

正しい動作学習で慢性腰痛は治る

ぎっくり腰の慢性化を防止するための考え方

発生を抑える誰にでもできる方法

ぎっくり腰の簡単な防止の考え方

ぎっくり腰の防止のために行っていただきたい常識的なこと

ぎっくり腰防止のために役立つ身体シグナル

ぎっくり腰を忘れないことが最大の防止となる

ぎっくり腰防止で着目するべきこと

いつ起こるかわからないぎっくり腰を防止するには?

使用度の低い部分を意識する必要性

腰痛治療における最も大切な考え方

腰痛対策関連症状

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

お皿洗いでの腰痛対策

作業場面での腰痛対策

一般防止策

生活場面での腰痛対策

腰痛対策の体の使い方

飛行機バランス動作

立ち上がり

着替え

中長期的観点でのトイレ・排泄

楽に取り組める対策

意識だけで出来る対策

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)