荘A[NX̉@

ヘルニアに効く温泉は?

温泉がすき
出典:旅と温泉の無料写真素材 おんふぉと
(写真はイメージです。
ヘルニアを治す
温泉ではありません。)

結論:せっかくの温泉旅行ですから、治療は忘れて楽しんでください。

※スポンサーCM

率直な意見ですが、
テレビや健康関連雑誌
では
「どこそこの湯は
ヘルニアに良い」

「神経痛が治った」

とか言いますよ。

でも、

温めるだけで
治る腰痛なんて
ありませんよ。

その場の痛みが
和らいだり、
腰の治癒が早く
なることはあるでしょう。

やはり、
元々弱っている
腰を強くしないかぎり、
ヘルニアは治りません。

でも、その場の
痛みに対しては
良い効果も期待
できます。

そのことは科学的にも
言われています。

※抜粋①

「急性腰痛に対する温熱療法は内服と比較して治療開始後4日目の疼痛およびRoland-Morris Disability Questionnaire(RDQ)を有意に改善する。」
腰痛診療ガイドライン2012 監修:日本整形外科学会、日本腰痛学会 P46

※抜粋②

「発症3ヶ月以内の急性および亜急性腰痛に対する温熱療法と運動療法の併用は、温熱療法単独、または運動療法単独よりも治療開始7日後の疼痛軽減と機能改善を有意に認めた」
腰痛診療ガイドライン2012 監修:日本整形外科学会、日本腰痛学会 P46

急性の腰痛患者さんでは
温熱療法、すなわち温泉が
良いと腰痛診療ガイドライン
では記しています。

※スポンサーCM

ヘルニアにも
種類がある。

ヘルニアに温泉が
良いのか?

実はヘルニアにも
種類があります。

慢性腰痛と、急性腰痛
のヘルニアがあります。

例えばヘルニアによって
心が病んでしまった方
では慢性腰痛に陥ります。

慢性腰痛の患者さんでは
お風呂は効果を見ません。


腰痛診療ガイドラインでは、
慢性腰痛のお風呂の
効果は以下のように
記しています。

※抜粋

温熱療法の慢性腰痛に対する質の高いエビデンスは存在しない。また寒冷療法の腰痛治療に対する質の高いエビデンスも存在しない。

腰痛診療ガイドライン2012 監修:日本整形外科学会、日本腰痛学会 P46

つまりヘルニアの患者さん
が仮に慢性腰痛であれば、
温泉に入っても腰痛が
一時的にも緩和されることは
ありません。

そもそも慢性腰痛は
レントゲンでも、原因が
分からない。

患者さんの恐怖心や
防衛本能からもたらされる
ものだといわれております。

温泉で痛みが
緩和されるなら

皆さんは病院で
腰椎椎間板ヘルニア
という診断を受けられて
いるはずです。

でも、皆さんに
ヘルニアだと診断した
整形外科医は、
日本整形外科学会に
加入していることでしょう。

日本整形外科学会の
腰痛診療ガイドラインでは、
慢性腰痛であれば
温泉は科学的な根拠が
ないとしているのです。

にもかかわらず、皆さんが
温泉に入って腰痛が
緩和されるのだとしたら、
ひょっとすると、それは
慢性腰痛ではなくて、
急性腰痛なのでは
ないでしょうか?

弱った筋肉が
炎症を起こして
いるだけ

つまり、もともとヘルニア
による慢性腰痛などでは
なく、

単なる足腰の筋肉の
衰えではないでしょうか?


衰えて弱った筋肉は、
座っている姿勢を1日
保つだけで、腰に炎症を
起こします。

ヘルニアによる慢性腰痛
ではなく、

筋肉の弱りによって
急性腰痛を何度も
繰り返している
だけではない
でしょうか?

急性腰痛だからこそ、
ガイドラインで科学的に
根拠を示すように、
腰の痛みが一時的にも
治癒する。

だから、弱った足腰を
鍛えればヘルニアだったと
しても腰痛は改善
されるのだと言えます。

ヘルニアが治る温泉は
ありません。

でも上手く利用して、
腰痛の治癒を促進
しましょう。

出来るだけ行動的な
毎日を過ごしましょう。

山奥の秘湯に、
温泉を楽しみに
出かけましょう。

そういった活動的な
毎日を過ごしていただく
ことで足腰を鍛える
ことにもつながります。

急性腰痛も少しずつ
減ってヘルニアも
治るのではないでしょうか。

入浴剤

個人的には、どこの温泉
というよりも興味のお持ちに
なられた温泉へと片っ端
から旅を楽しまれると
良いと思います。

でも、お金も掛かりますし、
旅行はハードルが
高いです。

なので出来るだけ
入浴剤を楽しむことが
ヘルニアの患者さんには
オススメできます。


体の芯から温める
ラジウムの入った入浴剤
を用いることがオススメ
ですね。

これなら、
自宅にいながら
楽しめます。

温泉めぐりよりも簡単
ですし、旅よりも自宅で
運動療法をするのも
楽しいですよ。

僕がオススメするのは
入浴剤の中でも
ラジウム鉱石です。


ラジウムの熱伝導
効果によって体の
芯までホカホカに
なりますよね。

やはり、温泉は
使いきりの入浴剤も
いいですけど、

鉱石のように
ずっと使い続けられる
ものが経済的にお得
ですよ。

これをお風呂のお湯に
入れて、毎日温泉を
楽しまれるとヘルニアも
和むのでは
ないでしょうか?

ヘルニアの温泉
で気をつけること

ヘルニア患者さんでは、
温泉に入って腰痛が
悪化する方が稀に
おられます。

神経障害性腰痛という
タイプの腰痛だと、
お湯が腰に触れた瞬間に
腰に激痛を起こします。

なので、お風呂に入る
ときには最初に体を
お湯に慣らしましょう。

急に湯船に入らず、
ぬる目の温度に体を
慣らします。

そして、長湯は
避けましょう。

意外に温泉は体力を
消耗します。

湯上りには湯冷めを
しますので、早めに
厚着をして部屋に
戻りましょう。

ヘルニア治療
よりも楽しむ

また、温泉選びでは、

「ヘルニアを治したい!」

と思って温泉地を選ぶのは
別に悪くはありません。

でも、楽しむことを
一番に考えてください。

温泉地のパンフレットに
仮に

当ホテルの温泉で
多くの方が腰の痛みを
治しています。


と記されていても、
それを決して
鵜呑みには
しないでください。

ネットの投稿板
などにそういった
情報提供があっても
あえて気にしないで
ください。

ヘルニアを治そうという
ことも大切ですが、
一番に楽しむことを
優先しましょう。


旅を楽しんでください。

ヘルニアを治すのは
そう簡単なものでは
ありません。

ヘルニア治療を
第一優先して
旅先を決めると、
旅行が楽しくないものに
なってしまいますよ。

実にもったいない
じゃないですか!

ヘルニアが治れば
それに越したことが
ありません。

でも、ヘルニアに
縛られたくありません
よね。

楽しみましょう。

思い出を
作りましょう。

贅沢をしましょう。

足腰が痛い。

でも、あえて
ヘルニアのことを
忘れましょうよ。

病気のことは
別にしましょう。

せっかくの旅行
なのですから。

楽しむことだけで
いいじゃないですか。


まじめ
すぎますよ!

がんばりすぎ
ですよ!

気負いすぎですよ。

だから病気に
なったんですよ!

純粋にもっと
楽しめば
いいと思います。

心から楽しんで
きてください。

好きなところに
行ってください。

きっとヘルニアにも
良いはずですよ。

緩和処置・慢性期

結論:体の抵抗力をつける

血中酸素濃度を上げると腰痛が治る

痛みを和らげる方法

施術

脊髄に伝わる痛みの緩和法

座面療法

牽引療法

どういったことに注意して施術するの?

バランスを見極めた調整が必要

MSS療法

腰部の筋緊張が過剰な方が心がけるべきこと

ぎっくり腰は痛くない範囲で動く

慢性腰痛治療のための治療法選択のポイント

慢性腰痛患者の腰部のコンディショニング法

苦労せず地道に自分で治せる方法

ぎっくり腰移動

長すぎる休憩はギックリ腰の原因となる

なぜ腰を反らすことが腰部に良いのか?

温熱療法

結論:温めると細胞の働きが活発化する

(入浴は別カテゴリー)

めやす

目的

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

慢性腰痛には温湿布とホットカイロどちらが良いか

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

ぎっくり腰の防止にオススメする温熱療法について

誰にでもできる防止のための基礎体温上昇法

時間

お風呂の腰痛治療効果

結論:慢性腰痛は温めて緩和することがある。ただし・・

ヘルニアに効く温泉は?

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

温泉後の体の痛み

坐骨神経痛に電気風呂は?

ぎっくり腰の治りかけに温泉は?

お風呂の鎮痛の仕組み

腰部ケアのための入浴法

温浴法

温泉で坐骨神経痛を治したい

お風呂の適応判断

腰痛の温浴療法

シャンプーハットの腰痛防止効果

良い入浴剤

お風呂の弊害

結論:患部に染みて痛みが悪化する人もいる。

温泉に入ると腰が痛くなる

お風呂のありがちな間違い

腰痛にスーパー銭湯は?

シャワー中に起こったもの

ぎっくり腰のときのお風呂の偏った考え

温泉に入ったら痛みが強くなりましたどうしてですか?

坐骨神経痛に入浴の姿勢は関係あるか?

入浴で気をつけること

結論:強い痛みのときには入らない。

ぎっくり腰のときのお風呂は軽く流す

どうしてもお風呂に入りたいなら?

腰の負担の少ない頭の洗い方

神経痛のときの入浴は?

理想的な腰痛での入浴

お風呂と腰痛

ぎっくり腰に温泉は良いのか?

腰痛では部分浴にも気をつける

慢性腰痛ケア

結論:体を動かす生活習慣を意識する

意識するべきは恒常性

慢性腰痛に良い素足健康法

腰に加わるストレスを解消する方法

MSS療法

経絡療法について

腰のセルフケアでは首を反らす

動いてケアする腰痛と休んでケアする腰痛

痛みの緩和に効果があるもの

腰痛防止のための日常的な筋肉の調整法

腰痛のツボ

アクティブケア

ぎっくり腰に陥らないための日常ケア

サーティーワンメソットの有効な例と無効な例

背骨の変形が背景となる高齢者のぎっくり腰のセルフケア

セルフケアのあり方

自分で出来る防止のセルフケア

防止のための腰の筋肉の緊張を緩める方法

荷重偏移による腰痛のセルフケア方法

短時間で腰痛のセルフケアをするためのコツ

高齢者の慢性腰痛の日常ケア

高齢者の日常ケア方法

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書

※最新ページ

ぎっくり腰と静的ストレス

アークス整体院プライベートブログ

プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

緩和処置・慢性期

結論:体の抵抗力をつける

血中酸素濃度を上げると腰痛が治る

痛みを和らげる方法

施術

脊髄に伝わる痛みの緩和法

座面療法

牽引療法

どういったことに注意して施術するの?

バランスを見極めた調整が必要

MSS療法

腰部の筋緊張が過剰な方が心がけるべきこと

ぎっくり腰は痛くない範囲で動く

慢性腰痛治療のための治療法選択のポイント

慢性腰痛患者の腰部のコンディショニング法

苦労せず地道に自分で治せる方法

ぎっくり腰移動

長すぎる休憩はギックリ腰の原因となる

なぜ腰を反らすことが腰部に良いのか?

温熱療法

結論:温めると細胞の働きが活発化する

(入浴は別カテゴリー)

めやす

目的

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

慢性腰痛には温湿布とホットカイロどちらが良いか

なったときにお腹を温めるのはどうか?

腰を温めるのは?

ホットパック療法をするときの注意点

腰部の温熱治療

腰痛治療における温めることと冷やすことの変遷

腰痛は温めても冷やしても変わらない

あたためる治療法

温熱療法や電気療法の弊害

ぎっくり腰の防止にオススメする温熱療法について

誰にでもできる防止のための基礎体温上昇法

時間

お風呂の腰痛治療効果

結論:慢性腰痛は温めて緩和することがある。ただし・・

ヘルニアに効く温泉は?

膝や腰の痛みに効くスーパー銭湯は?

温泉後の体の痛み

坐骨神経痛に電気風呂は?

ぎっくり腰の治りかけに温泉は?

お風呂の鎮痛の仕組み

腰部ケアのための入浴法

温浴法

温泉で坐骨神経痛を治したい

お風呂の適応判断

腰痛の温浴療法

シャンプーハットの腰痛防止効果

良い入浴剤

お風呂の弊害

結論:患部に染みて痛みが悪化する人もいる。

温泉に入ると腰が痛くなる

お風呂のありがちな間違い

腰痛にスーパー銭湯は?

シャワー中に起こったもの

ぎっくり腰のときのお風呂の偏った考え

温泉に入ったら痛みが強くなりましたどうしてですか?

坐骨神経痛に入浴の姿勢は関係あるか?

入浴で気をつけること

結論:強い痛みのときには入らない。

ぎっくり腰のときのお風呂は軽く流す

どうしてもお風呂に入りたいなら?

腰の負担の少ない頭の洗い方

神経痛のときの入浴は?

理想的な腰痛での入浴

お風呂と腰痛

ぎっくり腰に温泉は良いのか?

腰痛では部分浴にも気をつける

慢性腰痛ケア

結論:体を動かす生活習慣を意識する

意識するべきは恒常性

慢性腰痛に良い素足健康法

腰に加わるストレスを解消する方法

MSS療法

経絡療法について

腰のセルフケアでは首を反らす

動いてケアする腰痛と休んでケアする腰痛

痛みの緩和に効果があるもの

腰痛防止のための日常的な筋肉の調整法

腰痛のツボ

アクティブケア

ぎっくり腰に陥らないための日常ケア

サーティーワンメソットの有効な例と無効な例

背骨の変形が背景となる高齢者のぎっくり腰のセルフケア

セルフケアのあり方

自分で出来る防止のセルフケア

防止のための腰の筋肉の緊張を緩める方法

荷重偏移による腰痛のセルフケア方法

短時間で腰痛のセルフケアをするためのコツ

高齢者の慢性腰痛の日常ケア

高齢者の日常ケア方法

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

④-1医療機関の対処①

④-2医療機関の対処②

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

※ご案内

施術の依頼

口コミ

来店方法

ぎっくり腰の施術内容

料金

お断りするもの

適応範囲

注意事項

東京都豊島区南長崎
3-15-12 402

アークス整体院

院長
施術者

国家資格証明書
証明書