荘A[NX̉@

ストレスで筋肉がなくなるの?

ストレスを溜め込む男性

結論:なくなる。ストレスホルモンや行動の変化による。

※スポンサーCM

難しい話は、ご興味の
ある方だけにしたいので
詳細は割愛します。

ストレスで筋肉が
なくなることがある


とお答えします。

これは、
ストレスホルモンの
コルチゾールの作用に
よるものです。

コルチゾールは、
体が緊急事態のときに
血糖値や血液中の
エネルギーを増やす
働きを持っています。

コルチゾールは、
脂肪や筋肉、体を構成
する組織を分解して、
エネルギーを取り出します。

このときに筋肉量を
減らしてしまうのです。

長期的にストレスが
続くと筋肉量が減って
しまうこともあるでしょう。

ストレスが行動を
変化させる。

また、ストレスは単に
ホルモンを変化させる
だけでなく行動をも
変化させますよね。

眠れなくなったり、
食欲を失わせたり、
過食気味になったり、
買い物をやたらと
したくなったり、
何かで発散させたく
なったりもします。

このストレスを
発散するための
代償行動
(代わりの行動)
が起こります。

代償行動が閉鎖的な人は
きっと運動不足になったり、
肥満によって身動きが
つらくなったり、
自宅に引きこもって
ゲームをしたり、

動かないことで
筋肉の衰えを招きます。

急激に体重が
減るときには

ただし、
最大限注意して
いただきたいことが
あります。

それは、
体重の減少が
あまりにも短期間で
起こるときです。


こういったときには
悪性腫瘍によって体中の
栄養を奪い取られて
痩せてしまったり、

精神病によって
絶食状態だったり、

何らかの内臓の
病気の影響が
ありえます。

※スポンサーCM

必ず医療機関で
診察を受けてください。

普通ストレスで痩せると
しても何年もかけて
体重が減っていくもの
です。

短期間で傍目から見て
分かるぐらいのやせ方、
日ごろよく
お会いする方から、

「最近やせたん
じゃないの?」

こういった声を掛け
られたときにはまず
医療機関を受診
なさってください。

思わぬ病気の可能性
があります。

生活習慣そのものは
変化していないのに
急に体重が落ちることは
通常ありえないこと
なのですね。

腰痛と考え方

腰痛は気持ちが変われば治るか?

腰痛持ちにボクシングは?

腰痛持ちは治らないのか?

腰から離れた場所が原因となる腰痛の考え方

虫歯治療と腹痛治療からの間違った対策

坐骨神経痛がしつこい理由は治療のモチベーション

痛みを治したければ腰の症状に囚われてはダメ

腰痛の対応で最大に心がけるべきこと

ぎっくり腰は発生は減らせるがなくならない

腰痛習慣は分かっていても変えられない

腰痛患者にとってのもっとも優しいアドバイス

腰痛の根本治療に絶対必要な考え方

腰痛とモチベーション

腰を大切にするとは?

腰痛対策の心がけについて

慢性腰痛患者の心理特徴、情報化社会への不安と信頼

防止するための考え方、未病について

考え方・捉え方

ぎっくり腰の原因となる因果関係

F1レーサーのぎっくり腰の症例

精神状態と腰痛の関係

精神的な緊張はぎっくり腰の発生を増やす

ぎっくり腰を毎回繰り返している人が気をつけること

無知から起こる「腰痛は体質」のせいだという考え

腰痛とストレス

ストレス腰痛の痛みの強さ

腰痛とストレス反応

ストレス腰痛を減らす処世術

ストレス反応説

子育てストレスによる腰痛

ストレス腰痛の代表的な随伴症状

ストレスを受けると痛みは強くなる

ストレス反応と腰痛

被暗示状態とストレス腰痛

正直者は腰痛になる

ストレスが不注意を招いてぎっくり腰を起こす

腰痛対策でのストレスとの向き合い方

精神的ストレスによる腰痛の根本的改善法

ストレスによる腰痛を防止する方法:家庭内での会話

ストレスがぎっくり腰を招く仕組み

仕事でストレスを抱えるとぎっくり腰になりやすい

ストレス性反応と腰痛

ストレス性ぎっくり腰を防ぐには体型を考慮する

ぎっくり腰の痛みとストレスの関係について

ストレス腰痛は競争に蝕まれて起こる

心因性腰痛の特徴

腰を曲げて痛ければヘルニア、反らして痛ければ狭窄症は嘘

心因性腰痛の種類

心理腰痛の発生タイミング

ぎっくり腰とがっくり腰の違い

心因性腰痛は力みによって起こる

心因性腰痛の簡単な目安となる水平運動

普段は全く痛くないのは心理腰痛

本当は心因性腰痛なのでは?

腰痛患者の症状自慢について

心因性のものの特徴

心因性腰痛の性差は?

心理的なぎっくり腰の性差

根拠の無い不安

心因性のぎっくり腰の特徴

心理的な腰痛の判別

腰痛の心理的影響

心因性腰痛は甘えているのか?

腰痛患者は甘えていない。痛みは無視できない感覚

精神的緊張と腰の痛み

ぎっくり腰と心身

良いということはすべて試したが治らない

感受性によるもの

心の囚われと腰痛の関係

心理的な腰痛を招く思い込みについて

慢性痛患者にみられる「逃避―回避モデル」

ぎっくり腰と心理・社会的要因

いつまでも満たされない思いが腰痛を招く

腰痛心理学

慢性腰痛は自信を失っている

心身の不調との関係

精神的な要因が影響している頻度は3割

腰痛患者にみられる自己肯定

腰痛治療の考え方

治療の取り組みの姿勢について

働きすぎて疲れたときの考え方

どんな病気をも治す大事なこと

治療に望む考え方

考え方は?

従来の医療の考え方

ぎっくり腰は、他人事ではない

陥りがちな排他的活動

心理腰痛治療の心がまえ

生活習慣病改善の心構え|①基本3要素

ぎっくり腰患者に見られる無理な考え方

短絡的な対策を望む背景にあるもの

着目するべき考え方

体の悩みについて

思考回路・思考パターン

認知行動療法は腰痛にどうなの?

慢性腰痛患者の思考傾向

ぎっくり腰と思考パターン

危険回避思考

自動思考に着目しよう

心理的傾向

認知の歪み

認知の歪みによるもの

慢性腰痛の思考

慢性腰痛患者にみられる全か無かの思考

思想・主義・価値感

腰痛に絶対になる人の布団を使わない価値観

根本的な原因は価値感

姿勢の価値観

価値観の溝

完璧主義と腰痛

完全主義はストレス腰痛に苦しむ

腰痛治療におけるパターナリズムの弊害

仕事で忘れてはいけない価値観

ストレス

ストレスで筋肉がなくなるの?

BS-POP

フィーリンググッド効果

子供の最大のストレス

原因であるストレスの軽減について

パレイドリア

病院で精神的なストレスが原因と言われるケース

家庭のストレスを減らす方法

ストレスとの関係

ストレスロスに着目しよう

ストレスが背景となるもの

最大のストレスとは

精神的ストレスとの関係

ストレスの考え方

家族との生活によるストレスから由来する腰痛の改善方法

恐怖

どういった恐怖があるの?

ぎっくり腰は恐怖体験による回避行動が再発をまねく

ぎっくり腰の恐怖

想像力が腰痛を起こす

無知からの脱却について

腰痛患者の運動の恐怖について

転んだら骨折しそうで怖い

怒り対策

精神的にイライラしたときの改善法について。

疲れるとキレやすい理由

イライラする病気

すぐにカリカリして疲れない方法

仕事を抱え込んでカリカリすると腰痛になる

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに18個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性

子供

自然

ぎっくり腰ブログ

※最新ページ

ぎっくり腰と静的ストレス

アークス整体院プライベートブログ

プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

腰痛と考え方

腰痛は気持ちが変われば治るか?

腰痛持ちにボクシングは?

腰痛持ちは治らないのか?

腰から離れた場所が原因となる腰痛の考え方

虫歯治療と腹痛治療からの間違った対策

坐骨神経痛がしつこい理由は治療のモチベーション

痛みを治したければ腰の症状に囚われてはダメ

腰痛の対応で最大に心がけるべきこと

ぎっくり腰は発生は減らせるがなくならない

腰痛習慣は分かっていても変えられない

腰痛患者にとってのもっとも優しいアドバイス

腰痛の根本治療に絶対必要な考え方

腰痛とモチベーション

腰を大切にするとは?

腰痛対策の心がけについて

慢性腰痛患者の心理特徴、情報化社会への不安と信頼

防止するための考え方、未病について

考え方・捉え方

ぎっくり腰の原因となる因果関係

F1レーサーのぎっくり腰の症例

精神状態と腰痛の関係

精神的な緊張はぎっくり腰の発生を増やす

ぎっくり腰を毎回繰り返している人が気をつけること

無知から起こる「腰痛は体質」のせいだという考え

腰痛とストレス

ストレス腰痛の痛みの強さ

腰痛とストレス反応

ストレス腰痛を減らす処世術

ストレス反応説

子育てストレスによる腰痛

ストレス腰痛の代表的な随伴症状

ストレスを受けると痛みは強くなる

ストレス反応と腰痛

被暗示状態とストレス腰痛

正直者は腰痛になる

ストレスが不注意を招いてぎっくり腰を起こす

腰痛対策でのストレスとの向き合い方

精神的ストレスによる腰痛の根本的改善法

ストレスによる腰痛を防止する方法:家庭内での会話

ストレスがぎっくり腰を招く仕組み

仕事でストレスを抱えるとぎっくり腰になりやすい

ストレス性反応と腰痛

ストレス性ぎっくり腰を防ぐには体型を考慮する

ぎっくり腰の痛みとストレスの関係について

ストレス腰痛は競争に蝕まれて起こる

心因性腰痛の特徴

腰を曲げて痛ければヘルニア、反らして痛ければ狭窄症は嘘

心因性腰痛の種類

心理腰痛の発生タイミング

ぎっくり腰とがっくり腰の違い

心因性腰痛は力みによって起こる

心因性腰痛の簡単な目安となる水平運動

普段は全く痛くないのは心理腰痛

本当は心因性腰痛なのでは?

腰痛患者の症状自慢について

心因性のものの特徴

心因性腰痛の性差は?

心理的なぎっくり腰の性差

根拠の無い不安

心因性のぎっくり腰の特徴

心理的な腰痛の判別

腰痛の心理的影響

心因性腰痛は甘えているのか?

腰痛患者は甘えていない。痛みは無視できない感覚

精神的緊張と腰の痛み

ぎっくり腰と心身

良いということはすべて試したが治らない

感受性によるもの

心の囚われと腰痛の関係

心理的な腰痛を招く思い込みについて

慢性痛患者にみられる「逃避―回避モデル」

ぎっくり腰と心理・社会的要因

いつまでも満たされない思いが腰痛を招く

腰痛心理学

慢性腰痛は自信を失っている

心身の不調との関係

精神的な要因が影響している頻度は3割

腰痛患者にみられる自己肯定

腰痛治療の考え方

治療の取り組みの姿勢について

働きすぎて疲れたときの考え方

どんな病気をも治す大事なこと

治療に望む考え方

考え方は?

従来の医療の考え方

ぎっくり腰は、他人事ではない

陥りがちな排他的活動

心理腰痛治療の心がまえ

生活習慣病改善の心構え|①基本3要素

ぎっくり腰患者に見られる無理な考え方

短絡的な対策を望む背景にあるもの

着目するべき考え方

体の悩みについて

思考回路・思考パターン

認知行動療法は腰痛にどうなの?

慢性腰痛患者の思考傾向

ぎっくり腰と思考パターン

危険回避思考

自動思考に着目しよう

心理的傾向

認知の歪み

認知の歪みによるもの

慢性腰痛の思考

慢性腰痛患者にみられる全か無かの思考

思想・主義・価値感

腰痛に絶対になる人の布団を使わない価値観

根本的な原因は価値感

姿勢の価値観

価値観の溝

完璧主義と腰痛

完全主義はストレス腰痛に苦しむ

腰痛治療におけるパターナリズムの弊害

仕事で忘れてはいけない価値観

ストレス

ストレスで筋肉がなくなるの?

BS-POP

フィーリンググッド効果

子供の最大のストレス

原因であるストレスの軽減について

パレイドリア

病院で精神的なストレスが原因と言われるケース

家庭のストレスを減らす方法

ストレスとの関係

ストレスロスに着目しよう

ストレスが背景となるもの

最大のストレスとは

精神的ストレスとの関係

ストレスの考え方

家族との生活によるストレスから由来する腰痛の改善方法

恐怖

どういった恐怖があるの?

ぎっくり腰は恐怖体験による回避行動が再発をまねく

ぎっくり腰の恐怖

想像力が腰痛を起こす

無知からの脱却について

腰痛患者の運動の恐怖について

転んだら骨折しそうで怖い

怒り対策

精神的にイライラしたときの改善法について。

疲れるとキレやすい理由

イライラする病気

すぐにカリカリして疲れない方法

仕事を抱え込んでカリカリすると腰痛になる

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに18個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性

子供

自然