運転中にぎっくり腰になったら?

自動車を運転する人

結論:周囲の状況を判断し、静かに停車する。

※スポンサーCM

これはもう、
自動車学校で教わった
とおりではない
でしょうか?

ともかく体調に
少しでも心配があるなら
速やかに自動車の運転を
中止するべきですよ。

過労運転だって同じ
ですよ。

「このままだとまずい。」

そう感じたときには
極力ハンドルを握らない
ようになさってください。

万が一交通事故を
起こすと何の罪もない
他人を事故に巻き込んで
しまいます。

教科書的な内容を
言えば、

落ち着いてあわてず、
周囲の状況を
確認する。

方向指示器で
後方に合図して
車道の左側に車を
寄せましょう。

そして、状況を
判断して、

パートナーに運転を
交代してもらう。

友達や家族を呼んで
運転を変わってもらう。

必要に応じて
代行運転を依頼
したり、誰かに代わりに
運転を依頼するべき
でしょう。

たぶん、
こういったときには
代行運転を呼ぶことが
一般的なのではない
でしょうか?

あとは周囲の状況にも
よりますよ。

しばらくハザードを
つけてその場で停車
していられそうなら
休んでみましょう。

周囲に車や歩行者が
いないことが分かれば、
徐行しながらいつでも
止まれるように注意して
走行してみる。

そして、最寄のパーキング
まで移動したら、
そこに車を止めて車中泊
したり、最寄の整形外科
を探してみては
どうでしょうか?

やはり安全第一なので、
最悪ならお金が掛かっても
レッカー移動するのは
やむを得ないです。

ドライバーの余力が
どの程度あるのか?
そこが重要でしょうね。

何とか最寄の停車できる
場所へと移動できれば
良いでしょう。

まったく行動不能
でしたら、レッカー車を
手配し、

レッカー車の到着を待って、
車を引き渡してから
救急車を呼ぶ。

※スポンサーCM

そういった対応も
あるでしょう。

最優先すべき
ことは?

こういったときに最優先
すべきことは、やはり
安全ですよね。

どんなことがあっても
周囲を事故に巻き込んで
許されるはずが
ありません。

運転操作が十分でない
状況でハンドルを
握るべきではありませんよ。

例え、周囲に迷惑をかけて
交通渋滞になっても
しかたがありません。

レッカーを呼ぶなり救急車を
呼ぶなり、回りを事故に
巻き込まないことを
選んでください。

まとめ

①まず周囲の状況を確認して
止まる。
②自分の状態を確認する。

  • 最寄のパーキングまで運転操作可能か?
  • その場で休憩できそうか?
  • 休憩して一時的な運転が可能そうか?
  • 休憩も無理なら、代わりの人に運転を依頼する。
  • 最悪は救急車とレッカーサービスを手配する。

任意保険に
付帯すること

近年ではこういった
予期せぬ自動車トラブルが
生じたときのために
自動車の任意保険に
レッカーサービスの
手配が出来るようになって
おります。
レッカー車
そういったサービスに
よって代行運転もたぶん
可能なのではないでしょうか?

保険選びのときの
判断基準として
レッカーサービスの
有無に着目されると
良いでしょうね。

また、正確な記録は
ありませんが、腰痛に
よって運転操作を誤り
死亡事故に至る事例も
あります。

運転中に急に
腰に痛みが走ってしまい、
小学校の集団登校の列に
トラックが突っ込む事故が
過去にあったことを記憶
しております。

こういったことを踏まえて
いただき、運転中に
万一ぎっくり腰になったとき
には無理に運転をしない
ようにしましょう。

ギックリ腰は
負担の蓄積でも
起こる。

ぎっくり腰というと、
重たいものを持ち上げたり、
ゴルフをしたり、
ぎっくり腰
力仕事をしている
最中に起こる
イメージがありますよね。

ところが全体の発生件数
ではむしろ、そういった
分かりやすいきっかけは
珍しいです。

どちらかというと、
デスクワーク中に
腰が徐々に痛くなったり、
運転中に腰が痛くなったり
します。

荷物を持ち上げたり
力仕事をしているとき
には1回の動作で腰が
痛くなります。
大きなダメージが腰に
加わって損傷します。

こういった損傷を
急性損傷といいます。
または動力学的腰痛
とも言います。
動いた拍子に起こります。

でも、デスクワークや
車の運転のような
弱い負担が持続的に
加わっても少しずつ
腰に負担を蓄積
していきます。
腰を痛めたデスクワークの男性
例えば、針金を何度も
曲げ伸ばしすると
金属疲労によってポキンと
壊れます。

これと同じで、どんなに
弱い負担でも持続的に
腰に蓄積するとやがて
腰が壊れて痛くなります。
腰を痛めた女性
弱い刺激でも蓄積すると
確実に腰を患います。
でも弱い刺激は患者さんは
自覚しません。
こういった障害を亜急性損傷
と呼びます。

静力学的腰痛とも
呼びます。

だから、運転中に不意に
起こってしまうのですね。

なので対策としては、
運転中に腰に疲れを
感じたら無理をせず
すぐに最寄のパーキング
にでも停車しましょう。

軽く30分ぐらい休憩
してから運転を再開すると
ぎっくり腰の発生リスクも
減らせるでしょうね。

ぎっくり腰の緊急判断

結論:痛みの強さに関係なく、医療機関では軽症扱いとなる

  1. ぎっくり腰で絶食するのは?絶食は命に関わる。状況を判断し、トイレの我慢のためなら最悪は漏らそう。
  2. 腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?筋肉や靭帯、関節軟骨によるもの。不意に動くとなる。ゆっくり動こう。
  3. ぎっくり腰の診断は?医者でないと難しくて患者にはできない。
  4. 運転中にぎっくり腰になったら?あわてずに周囲の状況を良くみて静かに停車する。
  5. 救急患者の判断基準緊急患者には優先順位がありトリアージタッグによって定められている。
  6. ぎっくり腰の症状チェックどういった症状が出たらぎっくり腰で、どんな症状が出たらそれ以外の腰の病気なのか?
  7. ぎっくり腰のステージレベル1:腰だけの痛み、レベル2:片足の痛み、レベル3:両足の痛み
  8. 緊急なのは?ぎっくり腰そのものには緊急性はなくどれほど痛みがあっても寝ていることで時間は掛かってもそのうちに治まる。ただし類似しているものがあり、稀なものの中に危険性のあるものが潜んでいる。最も代表的な目安としてはどのような体勢・姿勢をとっても痛みが一定で一瞬も和らぐことがないもの。ご不明なことがあればまずは相談しよう。
  9. 第一印象で判断するべき患者腰痛だけでなく、全ての病気にあてはまる患者が心因性疾患、多くの治療院や病院で治療を捜し求めている。
  10. 外因性発痛と内因性発痛の判別患者さんによってどの程度心理的な要因が関係しているのかは大きく異なります。治療の最初の段階で心因性の度合いがどれぐらい関係しているのかを把握することは大切なことです。
  11. 軽いぎっくり腰、どうしたら良いの?ネット上で見られる『軽いぎっくり腰』や『軽い腰痛』というキーワード、実はとても危険なものが潜んでいる可能性がある。
  12. ぎっくり腰で病院に入院する意味はない自宅で過ごそうとも、入院しようとも結局寝て過ごすだけ。
  13. ぎっくり腰で入院することはあるの?救急車で緊急搬送されると入院確定となる。なぜなら自力で帰れないから。
  14. 日常生活に支障の無い軽い腰痛はどうしたら良いの?安静にし無理は避ける、1週間経過しても改善しないなら治療を受ける
  15. 腰痛治療では診断により原因を見極める特殊なことをするのではなく、患者の個別の原因に沿ったことを選択する。
  16. 直ぐに相談していただきたいもの大きなきっかけのあるものやふくらはぎなどの痛みをともなうもの、発熱や嘔吐を伴うものなど
  17. ぎっくり腰は通院途中で痛くなる痛みで動作に時間が掛かりすぎてしまい、移動中に悪化しやすい。
  18. ぎっくり腰で最も耐えられないもの自力でトイレに行けないこと。
  19. 深呼吸は腰痛を緩和する緊張性の腰の痛みが緩和される
  20. ぎっくり腰の判断基準と体型体型で痩せ型なら何とか予定を強行することが出来ても肥満者だと取り返しがつかないことにもなる
  21. 痛くて通院できないぎっくり腰に陥って通院したいけどどうにも出来ないときには出張治療を利用するべきです。
  22. ぎっくり腰通院ぎっくり腰の通院回数、通院期間、通院方法など
  23. 深夜にぎっくり腰に陥ってしまったら?病院に行っても専門医が不在でムダ足になる。出張治療を受けるといい

急性期の腰痛対処

結論:ぎっくり腰中は安静にする。動くと悪化する。

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

ぎっくり腰の前兆

初期の経過観察

緊急判断

急性期症状

急性期経過

対処

問診

応急処置

緩和処置急性期

患者の周囲の人の対応

ぎっくり腰の動き方

間違った対処

どうしても動きたいときには?

安静

トイレ・排泄(受傷早期・受傷原因)

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

椎間板

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

緊急判断

結論:痛みの強さに関係なく、医療機関では軽症扱いとなる

ぎっくり腰で絶食するのは?

腰がピキッと一瞬、痛くなったのは?

ぎっくり腰の診断は?

運転中にぎっくり腰になったら?

救急患者の判断基準

ぎっくり腰の症状チェック

ぎっくり腰のステージ

緊急なのは?

第一印象で判断するべき患者

外因性発痛と内因性発痛の判別

軽いぎっくり腰、どうしたら良いの?

ぎっくり腰で病院に入院する意味はない

ぎっくり腰で入院することはあるの?

日常生活に支障の無い軽い腰痛はどうしたら良いの?

腰痛治療では診断により原因を見極める

直ぐに相談していただきたいもの

ぎっくり腰は通院途中で痛くなる

ぎっくり腰で最も耐えられないもの

深呼吸は腰痛を緩和する

ぎっくり腰の判断基準と体型

痛くて通院できない

ぎっくり腰通院

深夜にぎっくり腰に陥ってしまったら?

急性期の腰痛対処

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

ぎっくり腰の前兆

初期の経過観察

緊急判断

急性期症状

急性期経過

対処

問診

応急処置

緩和処置急性期

患者の周囲の人の対応

ぎっくり腰の動き方

間違った対処

どうしても動きたいときには?

安静

トイレ・排泄(受傷早期・受傷原因)

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)