視力・目と腰痛

  1. aa視力と腰痛視力が衰えるほど顔をうつむけて文字を見ようとし、背を丸めて腰を痛める。
  2. a視界を遮断されたときのぎっくり腰視界を遮断されると視覚と脊髄の神経の協調が損なわれるため姿勢が不安定になる。
  3. 眼精疲労とぎっくり腰の関係デスクワークやスマートフォン操作によって常に目を酷使しますと視力の衰えにともなって顔を画面に近づける頭部の前方突出が生じる。前方に突出した頚椎によって頚椎の筋肉が酷使されると姿勢が前方荷重となり常に腰の筋肉が動員されて腰を痛めることがある。盆の窪のところにある頚椎のツボを刺激することも有効