荘A[NX̉@

ぎっくり腰を繰り返す人に見られる腰椎反動

結論:腰を曲げる場面では先に反らしている

※スポンサーCM

明治時代の大砲は、発射の反動によって、砲台が後方に吹き飛びました。
明治の大砲
砲射手は突進してくる砲台に気を付けないと、ひかれて死んでしまう危険があったのです。反動とは、一つの方向に力を働かせるときに、対抗する力として反対方向に働く力のことです。

こんにちは、アークス整体院です。今日は腰椎反動についてお話していきます。

反動では、前に進むなら、必ず後方に力を働かせます。前後の対抗する力によって、より強い力を前方に集約することができるのです。

ぎっくり腰を何度も繰り返す患者では、この反動によって腰を傷めつけていることがたびたびあります。

腹筋運動では、腰を反らす

身近な例を挙げると腹筋運動でも反動を使っています。腹筋運動では、胴体を床に横たえた状態から起こします。
腹筋運動

この動作を細かく分析すると、必ず胴体を持ち上げる前に腰を反らしています
腹筋運動開始前の腰の反り
腹筋動作直前に腰を反らす図、

このように人は、動こうとするときに目的の方向と逆方向に力を働かせています。腹筋の衰えた人になると、両手を万歳して腕の力を使って腰の反りを強く働かせる人もいます。反動を使うほど、腹筋の働きを手助けできます。

ところが、反動を使って逆方向に力を働かせるほど、腰椎の関節をしならせます。これによってぎっくり腰が生じてしまうのです。

椅子から立ち上がる場面では

腹筋の例え話だとよく分からないと思いますので、もう一つ例を挙げます。

ぎっくり腰の患者さんでは発生のきっかけとしてたびたび見られる「椅子からの立ち上がり」場面の腰の痛みについてです。

椅子から立ち上がる場面では膝に体重移動をします。
膝への体重移動

尻に体重が残っていると、いくら頑張っても立てません。
尻に体重が乗った状態

そのため、立ち上がる場面では、必ず「おじぎ」をします。お辞儀によって膝に体重を移動させます。

このお辞儀の場面で、腰を先に反らしているのです。
腰を反らしてからお辞儀をしようとする人
それは、時間にすると、1秒未満です。ほんの一瞬腰を反らします。へそを突き出して腹を前に押し出すようにし、その後に突き出したお腹を引き込みながら腰を曲げる動作が開始されます。

つまり、腰椎を一旦前方に動かして、その後に後方に動かしながら腰を曲げます。この前後の動作の切り返しのときに腰椎に巨大な力が作用し、ぎっくり腰が生じます。

しかし、一瞬の動作なので、誰にも分かりません。ぎっくり腰の患者さんのエピソードでは「椅子から立ち上がるとき痛くなった」としか、表現できずにいます。そもそも、患者さんにとっては、起こってしまった出来事にはすでに興味はなく、痛くなった腰にしか関心はないのです。本当はこの反動の加わる場面にこそ着目しないと再発を防止できないわけです。

反動が無ければ絶対に痛めない

おそらくはぎっくり腰が生じる場面では、その前に反動が生じています。理論上は、動く場面で反動の発生を抑えれば、腰は痛くなりません。動作前に、一旦腰を反らす予備動作を制止してください。この予備動作をなくせば、どれほど早い動作をしても腰を痛めることはありません。

例えば寝ている状態から起きあがる場面では、ベッドサイドにロープを結んでおいてそれを両手で手繰り寄せます。
紐を使って起き上がりを補助する

不足した力を反動を使わずに手の力で補えば、反動を使わずに安全に起き上がれます。

ただし、手の力に依存しすぎると、今度は肩を痛めるので、全身を鍛えておくことが腰痛対策では求められます。全身の力を使えば、腕や腰を傷めずに済むはずです。

伸張反射

ちなみに、反動を使うとどうして腰を痛めるのか?それは通常以上に大きな力が働くからです。しかし、それだけではあません。人の体には「伸張反射」というものが備わっています。筋肉は急に引っ張られたり、力が加わったりすると、「引っ張り返す特性」があります。このことを伸張反射と呼びます。

伸張反射はたびたび自動車のシートベルトに例えられます。
シートベルト

シートベルトはゆっくり伸ばすとどこまでも伸びます。

しかし、急にガッと引っ張るとロックが掛かります。
シートベルトは急にひっぱられるとロックする
腰の筋肉も急に引っ張られるとロックが働きます。反動を使って力を補うほど、腰の筋肉が反発して急ブレーキを働かせ、腰を痛めてしまうわけです。ぎっくり腰を防止するためには、動作そのものではなく動作前の反動に気を付けることが大切なんですね。

原因概要

ぎっくり腰では、骨がずれることはありません。安心ください。

原因は必ず混在する

腰痛の大分類

痛みの概念

原因

四大腰痛症について

腰痛の3大危険因子

3大原因

きっかけの三角形モデル

三大原因の実例

ぎっくり腰の原因を簡単に知りたい

ディスユーズ型とミスユーズ型は必ず混在する。

腰痛の良くある原因

機能的な要因と構造的な要因

ぎっくり腰の種類

頭の重みが腰痛を起こす

好発部位とその理由

腰を屈める動作でのぎっくり腰

急性期と慢性期の腰痛の違い

ぎっくり腰から慢性腰痛に移行するメカニズム

ぎっくり腰患者に共通する亜急性負担

ぎっくり腰と伸張反射

腰を屈める動作でのぎっくり腰

若い方が陥るぎっくり腰

ぎっくり腰の間違ったイメージ

痛みが腰部で起こりやすい理由

ぎっくり腰の痛みはそもそも何なのか?

腰痛メカニズム

腰痛の動作要因

ぎっくり腰と空振り

神経圧迫では腰痛は起こらない

慢性腰痛患者が気をつけるべきタイミング

簡単に分かる腰痛の仕組み

腰痛メカニズムの基本

ぎっくり腰で損傷しやすい2つの組織

ぎっくり腰は肉離れではない

陥ったときの骨格の変化

腰の負担について

平衡感覚の必要性

発生する瞬間の腰部

腰痛と抵抗

予備動作とぎっくり腰

急性期と慢性期の腰痛の違い

腰痛疾患にみられる2つの力

腰痛と年代別の動きの違い

腰部の過度な圧迫によるぎっくり腰

ぎっくり腰の痛みを増幅する他動運動

ぎっくり腰は他動運動で起こる

ぎっくり腰の仕組み

腰抜けはぎっくり腰になる

屈曲性対マヒが背景にある腰痛は多い

伸張反射によるぎっくり腰とその解消法

筋肉メカニクスと腰痛

ぎっくり腰を繰り返す人に見られる腰椎反動

腰痛は縮む筋肉と、伸びる筋肉の関係で起こる

腰椎の圧力と腹圧

ぎっくり腰発生時の腰の筋肉の状況

ギックリ腰と静止性収縮

ぎっくり腰と伸張反射

ワイヤーロープシステム

筋力の発生様式からみた腰部の損傷形態について

急激に身動きが取れなくなるのは筋性防御

ぎっくり腰防止の筋肉の働き

腰痛と筋肉の間欠的活動

筋肉の衝撃吸収作用

大筋群が担う衝撃吸収作用

遠心性収縮とぎっくり腰

動き始めのぎっくり腰の筋肉の状態

ボディーメカニクスと腰痛

腰痛にボディーメカニクスは有効なのか?

ぎっくり腰とハサミの働き

視覚による運動制御とぎっくり腰

転がり運動とすべり運動①

腰と全身のつながり

転がり運動とスベリ運動②

スベリ運動が失われてしまう原因について

腰椎を捻挫する使い方

3つのタイプ

運動効率の低下とぎっくり腰

カップリングモーション

背骨の得意な動作と苦手な動作

発生を防止するための体の使い方

発生を大幅に予防するバランス反応について

腰痛治療でのダイナミックスタビリティー

腰を日常で上手く使い分けるとぎっくり腰を防止できる。

ぎっくり腰になりやすい腰部の動き

体重移動との関係について

運動単位の応答不良によるタイプ

ボディーメカニクスではぎっくり腰は防げない

腰の動作が複雑になるほどぎっくり腰を起こす

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに18個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

③-1ヘルニア①

③-2ヘルニア②

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

⑥-1坐骨神経痛①

⑥-2坐骨神経痛②

⑥-3坐骨神経痛③

⑥-4坐骨神経痛④

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

⑭-1高齢者関連

⑭-2高齢者関連②

女性

子供

自然

原因が明らかにされていないもの