ぎっくり腰専門ユークル整体院

鎮痛剤が効かないのはどうして?

概要:鎮痛剤が効かない痛みの多くは深部痛と呼ばれるものであり、悪い姿勢によってもたらされるものが多い

  1. 質問鎮痛剤が効かないのはどうして?
  2. 回答鎮痛剤が効かぬ痛みの多くは深部痛、その場しのぎでなく原因の解消が求められる。
  3. 参考多くの腰痛はキレイな姿勢を保てば防げる。しかし、受動的脱力姿勢によって腰椎に折れ曲がる力が生じて腰痛を起こす。
  4. 受動的脱力姿勢を取る理由①姿勢の概念の欠如、②精神的なストレスによる心の囚われ

鎮痛剤が効かない痛みの多くは深部痛であり、本来きれいな姿勢を保っていれば生じないはずの腰椎が、受身の姿勢によって折れ曲がるような力が生じてしまい腰痛を起こす。姿勢の良い悪いという概念が欠如していたり、精神的なストレスに苛んで姿勢に対して意識できずにいることが原因となる。

※スポンサーCM

質問:鎮痛剤が効かないのはどうして?

患者様は突然ぎっくり腰に襲われてしまい激痛に悩まされていらっしゃったのです。

「先生今回の痛みは鎮痛剤も効き目がありません。いったいどういうことなのでしょうか?」
このようにおっしゃられるのですが、私は簡単なものであると思いましたのですぐに整体で全身を調整させていただいたのです。

※スポンサーCM

するとそれまでの腰の痛みがすぐに解消されました。
「先生はどうしてお薬も使わずに私のぎっくり腰を治せたのですか?」
というご質問をされましたので今日はこれについて触れさせていただきましょう。

メニューに戻る

回答:鎮痛剤が効かぬ痛みの多くは深部痛、その場しのぎでなく原因の解消が求められる。

今回の患者様の場合は鎮痛剤を飲んでもまったく痛みが収まらなかったということですが、これに関して説明しますと、痛みには表在痛と深部痛という2種類の痛みがあり、鎮痛剤で抑えることができるのは多くの場合はこの表在痛だけであるのです。疼痛が発生した瞬間に全身を反らしてしまうような反射性の疼痛は多くの場合深部痛であるためその要因を取り去ることでしか解消することはできないのです。つまり、くすりで感受性を鈍くしても誤魔化せぬ痛みであるということです。

メニューに戻る

参考:多くの腰痛はキレイな姿勢を保てば防げる。しかし、受動的脱力姿勢によって腰椎に折れ曲がる力が生じて腰痛を起こす。

この方は毎日オフィスワークをされている他に、趣味でパソコンで洋服をレイアウトされておりますので常に座りっぱなしの状態でお過ごしになられているわけです。このときには背筋を意識して腹筋を固めてキレイな姿勢を保つことができれば腰に負担はそれほどかかりませんが、今回の患者様のように完全に力を抜いて楽な姿勢だけを意識された場合は、この体制のことを受動的脱力姿勢と呼ぶわけです。この姿勢になると骨盤が全屈して仙骨の背骨との関節面も前方に傾斜するために腰椎による反り返しが働いて腰の前彎曲が強くなってぎっくり腰になってしまうわけです。

メニューに戻る

受動的脱力姿勢を取る理由:①姿勢の概念の欠如、②精神的なストレスによる心の囚われ

※スポンサーCM

ではなぜこのような姿勢をとってしまうのかともうしますと、それは姿勢に対してのそもそもの概念の違いがあると思います。背骨がまっすぐあることが普通と思うことと、歪んで反りが強くなっていても普通と思うのでは日頃の腰痛の発生確率は大きく異なるのです。ほとんどの腰痛患者様は本来の背骨の位置に対してまったく何の考えも持たずにお過ごしになられているから腰痛から抜け出すことができないわけです。

そして、もう1つの原因としては変な姿勢をしていることが腰にストレスをかけてしまうことは知っているのだけれども、他のことに気持ちが囚われてしまい日頃の姿勢を意識できなくなっていることです。この心の囚われを生み出しているのが精神的なストレスでもあるのです。職場の仲間やご家族の方、にお悩みを打ち明けてもいいでしょうし鬱積した精神ストレスを吐き出してしまうことがもっとも良いストレスの解消法です。身内や知人に不満を漏らせばお相手に余計な気づかいをさせてしまいますので、是非ともお金をもらって接客しているプロに何でも打ち明けてください。そしてマッサージをお楽しみいただければきっと身も心も軽くなり腰痛の再発の心配もありません。

メニューに戻る

湿布・貼り薬・外用薬

結論:湿布は相性がある。

ぎっくり腰、湿布を貼ったら痛いところが散るのは?

ヘルニアは湿布で悪化する

湿布はいつまで貼ればいいの?

ぎっくり腰の湿布の効果

腰が痛い、湿布を貼ったら更に痛い

外用薬

シップ(貼り薬)の是非

お尻が安静にしていても痛く湿布が効かない

◆モーラステープ

モーラステープで腰の痛みが悪化する原因

痛み止め・消炎鎮痛薬

結論:痛み止めはぎっくり腰には効かない

痛み止めは気分が落ち込む

鎮痛剤が効かないのはどうして?

ぎっくり腰にロキソニンが効かない

注射

結論:注射が一番危険

腰痛でブロック注射が効かなかったらどうすればいいの?

腰痛治療の神経ブロックの効果

ブロック注射はどう?

ブロック注射を受けても治らないぎっくり腰も改善しました

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

医療機関の対処①

⑤2

ケア・予防

手技

腰痛対策

腰痛対策②

コルセット

※最近更新しているブログです。
https://gikkurisennmonn.blog.fc2.com

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開