荘A[NX̉@

ぎっくり腰と叩打痛の関係

腰が痛くて叩きたい

腰痛やぎっくり腰患者が多く取る腰をポンポンと叩く動作、治療でも叩くことはたびたび行われ打診検査として患部の部位、深さなどを知ることが出来る。炎症が起こっていると感受性が敏感になって響く痛みを感じることがある。叩打痛は介達力を利用しており骨に力が伝わる仕組みで痛みの刺激を届けるため腰椎椎間板症のように骨同士の接触部位が増加するほど介達力が分散して叩打痛の反応が少なくなる。腰椎椎間板症の否定すべき根拠とも成りうる。軽くポンポン叩いて痛みが緩和されるのは主にゲートコントロールと言って脳の2つ以上同時に感覚を認識できない仕組みを応用した誤魔化しの鎮痛なので痛みを慢性化させないように注意が必要である。

※スポンサーCM

多くの腰痛患者がとる無意識に叩く動作

腰を叩く図「ふぅ~腰が辛いつらい・・」

一息ついたときについつい無意識に腰を
「ポンポン」
と叩いている方は慢性的な腰痛をお持ちになられている方やこれまで何度もぎっくり腰を患っている方には多いはずです。今日は叩くことについてお話しましょう。叩くことは普通に考えると体に対して暴力を振るっているように思えますので痛みは余計に悪化するようにも捉えられてしまう方もいらっしゃるはずです。しかし、実際に多くの方は叩くことで痛みが緩和されていることです。痛くなるたびに無意識にそれを行うことで楽になったと仰られる方もおられるはずです。

叩くことで痛みを誘発させることを叩打痛と呼ぶ

ちなみに医学的にはこのようにして患部の箇所を叩いて痛みを誘発させることを叩打痛と呼びます。多くの方はそうですが、こういったときの腰の辛さはグキッと腰を痛めてしまったのとは異なり腰が詰まったような違和感を感じているはずです。こういった違和感を緩和させるために叩いてわざと弱い痛みを生じさせて痛みを紛らわすことを叩打痛と呼ぶのです。

叩打痛は検査などにも用いられる。

一般的にはこういった叩打痛は打診と呼ばれて腰痛の原因がなんなのか?どこから痛みが誘発しているのかを判別するために用いられることもあります。

打診検査叩打痛のイメージ、打診によって背骨の痛みの有る部分を重ねた手で力を伝達させるように間接的に叩くと過剰な痛みを誘発することがある。

例えば肋骨が折れている方も腰の痛みを訴えることがありますので肋骨壁を軽く手の平で叩いて痛みを誘発させることで過剰な痛みがあれば折れている可能性を疑ってレントゲンを撮影したりすることもあります。また、腰椎の棘突起といわれる背中に突き出したゴツゴツの部分を打診して叩打痛を背骨に与えることで仮に腰椎が骨折していたりと高齢者に見られるような腰椎の圧迫骨折をしているケースになりますと極度な痛みを訴えることもあります。

筋肉が炎症を起こしていたり、痛みの化学成分によって痛覚過敏になっていると痛みに過剰に反応する。

※スポンサーCM

また肉体労働で筋肉を酷使することで筋肉に炎症が起こりますと、痛みの化学成分によって患部の痛覚が過敏になります。痛覚過敏になりますと痛みに過剰に反応することが一般的です。そのようなときであれば患部に対して叩打痛を与えますとジンワリと響くような感覚が得られることがあり、その部分が悪くなっていることが分かります。

痛みとは他人に見えるものではありません。あくまでも主観的なものなので人によって解釈の度合いは大きくことなります。しかし、このように他の部位と比較して明らかに痛覚過敏になっている部分を叩打して比べることができますので痛みの局在を明らかにすることができるわけです。

叩打痛は介達力を利用している

しかし、この叩打痛とは一つだけ注意するべきものがあり、それは介達力というものを利用しているということです。介達力は音叉を叩いたときのように叩いた打撃が当たった部分ではなくその周囲に伝播していって伝わる力のことです。例えば真綿に包んだものを叩いても表面で力が拡散されてしまいますので力の伝播は起こりません。柔らかすぎるゴムのような組織に力を与えても伝播は起こりません。また、伝播させる構造体が途中でいくつもの構造体に連結しており力が分散されてしまうと目的とする場所に力を十分に伝播させることができずに叩打痛の発生が起こらないことがあります。

腰椎椎間板症の場合は叩打痛が発生しない

一般的には背骨の構造体の一つである椎間板が老化と長年の経年劣化によって変性する腰椎椎間板症では背骨の骨格の配列が大きく変化します。

腰椎の側面図参考までに腰部の骨格の名称をご覧になってください。

通常の腰椎の前方凸の配列腰椎を側面から見ている図。向かって左が前、右が後ろです。腰椎の配列は本来ならば図のように前方凸の配列をしております。

ところが高齢者や肉体労働で腰部を酷使しますと次第に腰部の椎間板が潰れてきます。すると下図のように腰椎が逆彎曲になってしまのです。

腰部椎間板症の後方凸の腰椎の配列腰部椎間板症の患者の図、椎間板が潰れて扁平になり腰椎が後凸の配列になる。

このようになりますと骨と骨の連結が強固になります。背骨の棘突起を叩打したときに本来ならば腰椎の椎体や椎間板、その他の組織に力が伝播して叩打痛が生じるはずです。しかし、腰部椎間板症になりますと極突起に与えた叩打の物理的刺激が周囲の骨に伝播してしまい叩打痛が起こらないことがあるのです。

つまり腰を叩打したときに叩打痛が現れないケースでは様々な腰痛の原因から腰部椎間板症の存在を否定することができます。腰部椎間板症以外のものだと言えるわけです。

高齢者で腰をポンポン叩くケースでは腰部脊柱管狭窄症や腰の筋力の衰えなどが多い

※スポンサーCM

では私達が日常で良く見かける高齢者が腰をポンポンと叩いているケースですがあの場合も同じくして腰部椎間板症の存在を否定することができます。実際に腰部椎間板症をお持ちになられている方にいくつかのお話をお聞きしても叩打痛で日常の痛みが緩和されることは全く無いと言います。またそういった除痛動作をとることもありません。

こういった身の回りで見かける高齢者のケースではどちらかというと腰部脊柱管狭窄症という腰の神経の通り道が狭まる病気であったり、もしくは骨粗しょう症などから由来する変形性脊椎症による姿勢の歪みが背景にあり、日常の姿勢が腰を屈めた前傾姿勢になっているため過剰に腰部の筋肉が動員されてそのために腰部の血行が障害されて腰が詰まるような感覚があって腰をポンポンされているわけです。

軽くポンポンするぐらいではゲートコントロールによる痛みのごまかしである。

ではポンポンと叩く動作がどのように医学的に有効性があるのかと言うことになりますが、基本的に身の回りでおじいさんが孫にポンポンと優しくリズミカルに叩いてもらって痛みが和らぐ程度の刺激の与え方では治療効果は全くと言って良いほどありません。

軽く疼痛刺激を与えると人間の脳は同時に二つ以上の情報を処理することができない特徴を持っているためそれまで感じていた患部の痛みを、叩く痛みによって紛らわして痛みを痛みによって上書きして打ち消すことが出来るのです。しかし、除痛は本来の痛みの原因である発痛物質の生成を抑えることにはつながりません。原因を除去せずに対処療法として除痛に走りますとやがて痛みが慢性化して治らなくなることもありますので注意が必要です。

もし仮に叩いて物理的な刺激によって治癒効果を得るのでしたらそれなりに患部の硬結を除去できるように刺激を加えて物理的にほぐしたり伸ばしたりすることが重要です。

ということでこれまで腰が痛くなるたびに自分で腰を叩打してポンポンと叩いてやり過ごしていた方で腰の痛みが取れにくくなったという方は是非とも専門家を受診していただければと思います。

それでは今日も最後までご覧になってくださいましてありがとうございました。

参考文献:「腰痛と神経痛がみるみる治る」著者:藤田 徳人 (整形外科医) 2006 P102

腰痛と神経痛がみるみる治る

中期的な経過判断

結論:発症から3週間で慢性化している

時間経過と腰痛

ぎっくり腰何日かかる?

ぎっくり腰の仕事復帰

スポーツ選手のぎっくり腰の復帰の目安

ゴルフの再開は?

1ヶ月以上続く腰痛の原因

セルフチェック

結論:セルフチェックはあくまでも目安

壁を用いた腰痛のセルフチェック法

ぎっくり腰判別のセルフチェック

下肢の内外旋のセルフチェックによる腰痛予防

ぎっくり腰を繰返さないためには痛みの場所を詳しく知ること

腰痛の検査データ

結論:腰痛は複合した原因がある

腰痛の原因として考えられるもので根拠に基づくものをまとめております。

脚伸展力について

12分間ウォーキングテスト

検査法について

結論:先生に任せれば良い

SLRテストの痛みの出るタイミングとその原因

クラウスウェーバーテスト

慢性腰痛患者が必ず受けるべき検査

疼痛誘発検査

腰痛の診断で最も確実性が高いもの

叩打痛との関係

腰痛の痛みの追求方法

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

慢性期判断、検査

⑤-1医療機関の対処①

⑤-2

⑤-3手術関連

ケア

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

食事療法

総合案内
クリックで展開

ぎっくり腰専門