間違ったケア

結論:楽なことは体にとって必ずしも正解ではない

  1. ぎっくり腰のケアで気をつけること楽な姿勢と良い姿勢は異なる。
  2. ぎっくり腰は揉んで治るのか揉むと炎症が悪化するからダメ、揉むと背中のコリが取れて症状が緩和される。などの賛否両論がある。基本的には心理的な影響が大きいケースでは揉むことは有効となる。
  3. 腰痛患者にありがちな日常ケア腰痛持ちの多くはツボ押しマッサージ機や指圧器などを用いてセルフマッサージをしたり、ストレッチを日常的に行うが体を積極的に動かすケアは基本的にしていないことが多い
  4. エステは腰痛にどうなの?美容健康に良いというから腰痛にも良いと思えるが・・・・やはり民間療法である。
  5. どんな刺激も度を越せば腰痛になる温めるべきか冷やすべきかなど何を用いるべきかは差ほど大きな問題ではなく、大切なことは適度な刺激を用いること。気持良いと思える範囲の刺激をほどほど与えることが調度良い。強い刺激はすべて痛みに変わります。
  6. 腰を落して腰痛軽減は治癒であらず軽く腰を落とすと若干ですが腰痛が和らぐことがあります。ところがこれを治ったと思うことは大きな誤り。ある最大の欠点があるのです。
  7. 腰痛対策に吸い玉は?効果的な対策だとは言えない。
  8. aぎっくり腰は10日も寝ていられない患部を安定化させ、炎症箇所に加わる刺激を減らせば動けるようになることが多い。
  9. aぎっくり腰は寝ていると悪化する。安静は関節に癒着を起こす。関節可動域が狭まる。軟骨が歪んでヘルニアを起こすこともある。
  10. aぎっくり腰の対処は、手当たり次第に着手しても無駄になるぎっくり腰の原因に沿った対処が必要です。
  11. 信じられない日本の独自療法現代医学の常識では考えられないような日本の独自療法についてご紹介します。麻酔がない時代は木槌で頭を叩いて気を失わせて手術をしたようですね。
  12. a腰痛ケアはやりすぎに注意する何事もほどほどにとどめる
  13. a無知から起こる間違ったぎっくり腰対処腰痛持ちだから腰が痛いという思い込みにより初期の対処をしていない
  14. aaa腰痛対策の間違った着眼点持ち上げる局面や腰を大きく動かす場面ではなく、むしろ日常の過ごすときの腰の状態に着目しよう。
  15. 治療の間違った考え方テレビで紹介されているのは健康に関しての一般論でありぎっくり腰の治療とはならない。治療に関しては整体を受診することが良く専門家の直接の指導を受ける
  16. a腰に力を込めるほどぎっくり腰は痛い力みで痛みをごまかすと痛みが慢性化する