腰痛と恐怖

  1. どういった恐怖があるの?最大の恐怖は無知、いつまでこの状態が続くのかと闇雲に不安を抱いてしまう。
  2. ぎっくり腰は恐怖体験による回避行動が再発をまねく 痛い経験をすると過度に恐怖心を抱いて極端な逃避反射、回避行動、動かない生活習慣を取るようになり腰痛を再発させやすくなる。
  3. ぎっくり腰の恐怖最大の恐怖は無知であること。予期せぬことなので全く心の準備が出来ていないため不安を抱く
  4. 想像力が腰痛を起こす人は知らないことを過度に恐れ、不安を抱くもの。最悪の想像をすることでストレスを蓄積して腰を患うこともある。
  5. 無知からの脱却について腰痛患者の最大の問題点は無知から過剰な恐怖心を抱いてしまうこと。恐怖心の多くは学習によって克服することができる。
  6. 腰痛患者の運動の恐怖について足腰が衰えると歩くときのバランスが不安定で転倒の恐怖から運動療法が出来ない。
  7. 転んだら骨折しそうで怖い高齢者に多い骨折は手首、腕の付け根、股関節、背骨の4箇所です。
  8. aaa転倒の恐怖と腰痛腰痛対策では足腰の衰えによって転倒が怖いというネックがある