ぎっくり腰専門ユークル整体院

子育て中のぎっくり腰は骨盤筋をほぐそう

赤ちゃんとママ

※スポンサーCM

赤ちゃんの抱っこをしたり、片時も離れずに赤ちゃんのお世話をしている子育て中のママさんのぎっくり腰は多いです。

ただし、このときのぎっくり腰は通常のぎっくり腰とは少々異なってきます。通常は腰の背骨の部分に負担が加わって痛みを起すのですが、背骨を支える筋肉そのものの負担が大きくて腰を痛めてしまうことが多いです。

脊柱起立筋普通のぎっくり腰は脊柱起立筋という背中の筋肉を患って痛めてしまうことが多いです。背骨を真っ直ぐに起す作用を持った筋肉ですが、立ち仕事やデスクワークをしているとこれを酷使してぎっくり腰を起こします。

ところが、子育てをしておりますといつも床に腰掛けるような低い姿勢をとって赤ちゃんと遊びます。

ママと赤ちゃん楽しい

低い姿勢をしておりますと姿勢を保つのに骨盤周囲の筋肉を酷使してしまいます。床に座ると股関節が常に曲がっておりますから骨盤を真っ直ぐ起した状態に固定することが出来ません。

骨盤

※スポンサーCM

骨盤の図、骨盤は通常なら腸骨稜〔黄色い腸骨の頂点のゾウさんの耳のような部分〕が上を向きます。ところが床に腰掛けておりますと腸骨稜が後ろに傾いてしまいます。すると骨盤の安定が悪いため骨盤の周囲の筋肉が次第に酷使されて硬直してきてしまうのです。

骨盤筋群
骨盤の周囲の固くなりやすい筋肉。骨盤の筋肉は太腿や膝まで伸びております。

この筋肉が固くなると股関節を使った骨盤運動が出来なくなります。

野球スイング

極端な例ですが、バットスイングの腰を捻るような動作が骨盤筋の固さによって制限されます。股関節を軸に骨盤をツイストできませんので、その運動を腰椎で果たそうとします。

骨盤回旋運動腰を捻る動作では本来図のように股関節を軸に骨盤を捻ります。ところがこの動作が骨盤筋群の酷使によって果たせなくなります。

腰椎回旋運動

※スポンサーCM

骨盤運動が制限されますと、その代わりに図のように腰椎を軸とした軸回旋運動が行われます。すると雑巾を絞るように腰椎の一箇所部分が常に強い捻れる力に晒されるため次第にぎっくり腰を起すようになります。骨盤筋群をしっかりと弛めることが腰痛防止に大切です。骨盤筋を緩める方法に関しては最寄の治療院の先生に教えてもらいましょう。きっと沢山アドバイスをもらえるはずです。また、ときどき赤ちゃんを高いイスに座らせて遊ぶようにするとお母さんの骨盤筋を休ませることができます。

高いイスに座る赤ちゃん

ぎっくり腰には十分に気をつけて、かわいい赤ちゃんとの暮らしを思う存分楽しんでくださいね。

骨盤に存在する仙骨・腸骨・尾骨・寛骨・坐骨・恥骨・股関節などについての内容をまとめてゆきます。腰部と近接しており類似した痛みを発することからたびたび誤診されやすいのがこの部分です。「仙腸関節が痛い」などとおっしゃる半分以上が実は第5腰椎の痛みだったりします。

腰痛と背骨の構造的要因

結論:腰痛の9割は第四・第五腰椎の間で起こる

後縦靭帯の損傷は体幹前屈によって起こる

腰椎で最も損傷しやすい箇所

腰痛と椎間関節

結論:腰を反らして痛める

椎間関節炎による腰痛

椎間関節炎による腰痛はほんの僅かにも動けないほど痛い

腰痛と関節軟骨関節症

結論:グルコサミンでは治らない。軟骨は運動で強くなる。

軟骨組織とぎっくり腰

腰痛と軟部組織障害

結論:痛めた靭帯は受傷直後しかくっつかない

ぎっくり腰で靭帯損傷とは?

靭帯損傷によるぎっくり腰の最大の特徴

棘上靭帯炎による腰痛

腰椎分離症・すべり症

結論:子供が腰痛になったらまず疑う。発症したらスポーツを休ませる。

腰骨のズキッとしたズレと、ヌルっとしたズレは?

背骨の構造

結論:背骨の構造の変化は腰痛の原因ではない

腰椎

拮抗筋の役割と胸椎との関係

腰椎の前方と後方への動き

背骨の変形

結論:変形自体は腰痛には関係しない。

ぎっくり腰で変形性脊椎症は?

ぎっくり腰とヒンジの歪み

腰痛と骨盤

ぎっくり腰で腸骨が痛くなる理由は?

ヤコビー線

子育て中のぎっくり腰は骨盤筋をほぐそう

腰椎捻挫と骨盤の水平回旋。

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

持上げ動作

力学

筋肉

内科

骨格

その他

※最近更新しているブログです。
https://gikkurisennmonn.blog.fc2.com

総合案内
クリックで展開

施術案内
クリックで展開