慢性腰痛に漢方薬は?

結論:
漢方薬は全身の調和を高めることで間接的に改善を目指すもの。
根本的な改善は見込めない。

慢性腰痛の治療に漢方薬は好ましくはない。
漢方薬はその人の体質に見合ったものを用いる。
全身の調和を高めて体全体の機能を改善する。
間接的に腰部の調子を高めるものであり、
腰部を根本的に改善する効果があるわけではない。

※スポンサーCM

漢方薬は西洋医学のお薬とは意味が異なる。

では最初に漢方薬の特徴についてお話しますと、西洋医学のお薬は例えば炎症がある部位に薬を用いることで炎症を抑えたり、痛みの感じ方を鈍くすることで痛覚を紛らわしたり、筋肉の緊張している部位に筋弛緩薬を投与することで筋肉の緊張を弱めたり、麻酔で感覚を麻痺させたりと投与した局所に効かせるものが多いです。

こういった西洋医学の薬と異なり漢方薬は体の全身の機能を高めることで間接的に患部の治癒を促進することを狙いにします。その人の体質を見極めて全体的な調和を改善することで体の機能を改善するわけです。

したがって漢方薬そのものに腰痛を治す効果があるわけではありません。

※スポンサーCM

長期的に体質を改善して行くものだと思っていただければ良いでしょう。

腰痛治療はその人の症状にあったものを行うべき

やはりこれまで慢性腰痛を患っている方ではもともと治療のための努力や時間を費やすことをすごく苦手にしている傾向があります。したがって安易に薬局で購入することのできる漢方薬をお飲みになられるものです。

しかし、腰痛の治療とは専門家に体の状態を見てもらうことでその人にあったことを行う必要があります。合わないことをしたのでは腰痛は悪化します。

※スポンサーCM

鎮痛薬以外の飲み薬

結論:多くの飲み薬は気休めにもならない。

  1. 腰痛で病院に行ったら抗うつ薬を処方されました。どういうことですか?痛みは人を不安にし、感情を沈めてしまいます。また、原因が分からないものを心理的なものと病院では決め付けられてしまう傾向があります。
  2. 慢性腰痛に漢方薬は?全身の調和を高めることで間接的に改善を目指すもの。
  3. ビタミン剤は長期的な効果ビタミン剤が治療に用いられると紹介されております。しかし、飲んですぐ痛みが治まるというよりも長期的な体の調子を整える間接的な効果。
  4. コンドロイチンの副作用取り入れ方にもよります。サプリメントとして摂取するなら基本は無害です。経口薬や注射で投与する場合でも薬剤自体が患部に副作用を与えることは考え難いです。
ぎっくり腰の医療機関での対処について

ぎっくり腰の医療機関での対処

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

救急車

病院

医者

レントゲン・MRI・画像検査

牽引療法

ヘルニア手術

坐骨神経痛手術

手術:失敗

手術:その他

湿布・貼り薬・外用薬

痛み止め・消炎鎮痛薬

鎮痛以外の飲み薬

注射

トリガーポイント

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)

最新情報

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

ほとんど治りかけた腰、仕事でまた痛くなった

腰痛持ちに軽作業は?

腰の負担が少ない仕事って何?

ヘルニアで働けない。生活保護は?

膝裏を伸ばす方法は?

ぎっくり腰の看病は?

モーラステープで腰の痛みが悪化する原因

ぎっくり腰のあと、抱っこはいつからいいの?

腰痛持ちは立ち仕事は止めるべきか?

足のすね鈍器で殴られたような痛み

まっすぐ寝ると足がしびれた感じがする

その他飲み薬

結論:多くの飲み薬は気休めにもならない。

腰痛で病院に行ったら抗うつ薬を処方されました。どういうことですか?

慢性腰痛に漢方薬は?

ビタミン剤は長期的な効果

コンドロイチンの副作用

医療機関での腰痛対策関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

救急車

病院

医者

レントゲン・MRI・画像検査

牽引療法

ヘルニア手術

坐骨神経痛手術

手術:失敗

手術:その他

湿布・貼り薬・外用薬

痛み止め・消炎鎮痛薬

鎮痛以外の飲み薬

注射

トリガーポイント

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛判断

急性期の腰痛対処

慢性期判断、検査

医療機関の対処

一般的対処A早期ケア・間違ったケア

一般的対処B慢性期

食事・栄養

手技対処

腰痛対策

道具での対処A(固定法)

道具での対処B(生活補助)