荘A[NX̉@

ぎっくり腰患者と接客応対の共通点

ぎっくり腰患者では治療を受けようと思うまで様々な思案に暮れており過度な不安に陥ってることが多い。接客応対のCSなどでもご相談に至るまでには様々な経緯をふんでいるため慎重な対応が求められる。

※スポンサーCM

Y様からご連絡を頂戴したのは前日の夕方ぐらいです。1本の電話連絡が入ったのです。

症例:比較的重度なぎっくり腰、念入りに対処する。

※スポンサーCM

「すいません、ぎっくり腰になってしまったようです。できれば明日お願いしたいのですが・・・」
どうやら今回の患者様の症状はいつもの患者様よりも重度な症状であることが伺われます。なぜならば、いつもならばぎっくり腰になられた患者様は
「すいません、これから受けられますか?」

とあまりの痛みと、その生活の苦痛から溜まらずに緊急出動を希望されるからです。

ところが痛みをある程度我慢できるので、難治な物だと推測できます。しかし、私ども整体師はいついかなるときであっても患者様からご依頼を受けたときには念入りに対処させて頂く必要があると常々実感しております。

心がまえ:患者にとっては症状の軽い重いは関係ない。

そして、どんなに軽い症状であったとしても実際に受傷された患者様はそのようには思ってはおりません。
「自分はきっと重症なのだろう。このまま大事に至らぬうちに早めに治療を受けよう」
と様々な治療院をお求めになられるのです。そういった苦労をされて当院にまでご連絡をされたのだと重々承知して対応に当たることが求められるわけです。

参考:接客応対などのCSにも通ずる考え方。お客様は思案に暮れてからご相談をされる。

これは、例えるならば接客応対での初期対応の重要性にも見習う部分が沢山あると思います。例えば大きな企業であればカスタマーサービス(CS)なるものがあってお客様からの苦情を一手にそこで引き受けております。

※スポンサーCM

しかし、お客様はいきなりCSにご連絡されるわけではありませんよね。最初は、商品を購入して、実際に使ってみる。使い方が分からぬから説明書を良くご覧になる。説明書どおりにやっても上手く行かぬから、ショップへと行く。ショップの対応が悪いため頭に来る。そして、どうしたものかと思案に暮れて過ごして居るうちにCSの存在を知り、そこに一斉に不満を爆発させる。

注意点:思案に暮れているときには通常以上の親切な対応が必要。ぎっくり腰では意図せず、スケジュールが滞って不安になる。

したがって、商品の欠陥自体にお客様は腹を立てているわけであらず、実際のところは対応の遅さや、そこまで手間が掛かっているのに対応が決まりきったものであるために親切さに欠けてしまいご立腹に至るわけです。

では、実際のぎっくり腰ではどうなのでしょうか?患者様はある日なんらかのキッカケで意図せずにぎっくり腰を起してしまう。身動きが取れなくなり、仕事やプライベートのスケジュールが滞ってしまう。また、滞ってしまうのではという不安を余儀なくされる。

受診までの流れ:治療院に相談されるまでに友人や他院など様々な経過を踏んでいる

そこで、どうしたら対処出来るのかを調べる。第一に身近な友人や家族などに相談をする。しかし、そこで対処法がわからず。湿布薬などで簡単な対策をするが結果的に治癒に至らぬため、さらに思案を重ねる。最寄の整形外科や整骨院へと足を運ぶ、しかしそこの治療では治らぬ、そういった経過を踏んで本格的にぎっくり腰を治そうとお考えになられて結果的にインターネットやクチコミで人気な当院へとご連絡をされる。そして治癒に至る。

治療院側の対応:患者様の不安や心配に対し丁寧な対応を欠かさぬようにする。

とこのように多数の手間をかけてご利用を踏み切っておられるため、そこに至るまでに様々な精神的な困難を味わってきたわけです。したがいまして、その途中では様々な不安や心配に際悩まれたことは手に取るように浮かんでくるわけです。患者様に対して親切そして丁寧な対応をするんだという気持ちが少しでも欠けてしまえば先ほどのCSのケースのように大変な自体へと発展してしまいますよね。

おそらくはこちらのお客様は本当ならば、その日の内に受けたかったのかもしれません。しかし、当方に対しての配慮からそのようにおっしゃられたのかもしれませんよね。したがってお相手様がどのような状況であろうとも全力で対応に当たることが大切であると言えるわけなのです。

感情

気持ちと体の辛さの関係

上司に叱られたら腰痛になった

予測の自己実現

嬉しいことがあると痛みが和らぐ、辛いと何もしなくても痛い

慢性痛と不快感情の関係

感情によって痛みを感じないこともある

感情と痛みの関係

慢性痛の原因となるアレキシサイミア

躁状態の特徴

対人関係

飴と鞭のバランス

人間関係における4つの役割

会話から嘘を見抜く方法

女性の慢性腰痛は話を聞いてもらうことで治る

患者の心理と接客対応

タイミングを計って心理腰痛を治す

人間関係からくる疲れへの対処法

不満を身近な人に言わない

人間関係を上手く行かせる方法

防衛機制

代償行動

逃避

反動形成

投影

同一視

昇華

自己治癒論による依存症と腰痛

不安

病気と心の弱さについて

心理的不安とぎっくり腰

未病の特徴は不適応と心理不安

心理的な不安が原因となる腰痛患者の特徴

予後に対しての不安

痛みによる不安やストレス

腰痛患者が運動をしたがる心理

患者が沢山話をしたり、極端な行動をとりたがる原因

ぎっくり腰で不安が強いです。どうしたら?

将来の不安をなくせば腰痛を防止できる

心理分析

犯罪者の心理と腰痛

ぎっくり腰の痛みが強烈

コルサコフ症候群

クレッチマーの類型論

スケープゴート理論

外的帰属と内的帰属

イニシャルドリーム

病人のメンタル構造

ピークエンドの法則

バンドワゴン効果

エメットの法則

メンタルケア

病的心理によるもののメンタル調整法

治すために必要なたった一つの条件

ゆるさはぎっくり腰防止の必須要素

バリスアプローチ

簡単にぎっくり腰を防止できるコーヒーの意外な効果とは?

アクティブリスニングについて

思い悩んだときにやるべきこと

腰痛治療に必要な多面性

根性がない人でも出来る腰痛対策

心弱った重症患者のケア方法

腰痛とメンタルケア

胎内回帰療法

朝方に起こりやすいメンタル的不調の原因

その他心理

会社の業績を落とすリンゲルマン効果

腰痛患者の心理は治療と向き合わない

痛みと精神状態の関係

障害の受容過程

虐待と腰痛

痛みによる精神失調

腰痛と催眠

心理状態と姿勢

奥様の心の支えで克服したケース

精神的なものが作用するか?

意識的な腰痛と無意識な腰痛

ボーダーライン人格障害による腰痛

おまじないのぎっくり腰の予防効果は自信

行動指針

依存症の克服は?

運動による精神安定効果

株を下げるな

コメディー番組を見ると腰痛が治る

言い訳してやらない人の対策

家庭円満にし腰痛を防止するための方法

家庭円満で腰痛を患わない方法

精神病

精神病扱いされる理由は責任回避

ギャンブル依存症と腰痛

脳医学

ピグマリオン効果

バーナム効果

アルコール依存症と腰痛

脳疲労による腰痛

知っておくべきハロー効果

脳の活動性とモチベーションアップ

ヘリパトス

腰痛持ちでも幸せになれる単純接触効果

脳機能から見たぎっくり腰の慢性化の仕組み

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに18個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性

子供

自然

ぎっくり腰ブログ

※最新ページ

ぎっくり腰と静的ストレス

アークス整体院プライベートブログ

プライベートブログ

僕が何を考え、どういった人物なのか?治療とはまったく関係しない話だけを取り扱います。

感情

気持ちと体の辛さの関係

上司に叱られたら腰痛になった

予測の自己実現

嬉しいことがあると痛みが和らぐ、辛いと何もしなくても痛い

慢性痛と不快感情の関係

感情によって痛みを感じないこともある

感情と痛みの関係

慢性痛の原因となるアレキシサイミア

躁状態の特徴

対人関係

飴と鞭のバランス

人間関係における4つの役割

会話から嘘を見抜く方法

女性の慢性腰痛は話を聞いてもらうことで治る

患者の心理と接客対応

タイミングを計って心理腰痛を治す

人間関係からくる疲れへの対処法

不満を身近な人に言わない

人間関係を上手く行かせる方法

防衛機制

代償行動

逃避

反動形成

投影

同一視

昇華

自己治癒論による依存症と腰痛

不安

病気と心の弱さについて

心理的不安とぎっくり腰

未病の特徴は不適応と心理不安

心理的な不安が原因となる腰痛患者の特徴

予後に対しての不安

痛みによる不安やストレス

腰痛患者が運動をしたがる心理

患者が沢山話をしたり、極端な行動をとりたがる原因

ぎっくり腰で不安が強いです。どうしたら?

将来の不安をなくせば腰痛を防止できる

心理分析

犯罪者の心理と腰痛

ぎっくり腰の痛みが強烈

コルサコフ症候群

クレッチマーの類型論

スケープゴート理論

外的帰属と内的帰属

イニシャルドリーム

病人のメンタル構造

ピークエンドの法則

バンドワゴン効果

エメットの法則

メンタルケア

病的心理によるもののメンタル調整法

治すために必要なたった一つの条件

ゆるさはぎっくり腰防止の必須要素

バリスアプローチ

簡単にぎっくり腰を防止できるコーヒーの意外な効果とは?

アクティブリスニングについて

思い悩んだときにやるべきこと

腰痛治療に必要な多面性

根性がない人でも出来る腰痛対策

心弱った重症患者のケア方法

腰痛とメンタルケア

胎内回帰療法

朝方に起こりやすいメンタル的不調の原因

その他心理

会社の業績を落とすリンゲルマン効果

腰痛患者の心理は治療と向き合わない

痛みと精神状態の関係

障害の受容過程

虐待と腰痛

痛みによる精神失調

腰痛と催眠

心理状態と姿勢

奥様の心の支えで克服したケース

精神的なものが作用するか?

意識的な腰痛と無意識な腰痛

ボーダーライン人格障害による腰痛

おまじないのぎっくり腰の予防効果は自信

行動指針

依存症の克服は?

運動による精神安定効果

株を下げるな

コメディー番組を見ると腰痛が治る

言い訳してやらない人の対策

家庭円満にし腰痛を防止するための方法

家庭円満で腰痛を患わない方法

精神病

精神病扱いされる理由は責任回避

ギャンブル依存症と腰痛

脳医学

ピグマリオン効果

バーナム効果

アルコール依存症と腰痛

脳疲労による腰痛

知っておくべきハロー効果

脳の活動性とモチベーションアップ

ヘリパトス

腰痛持ちでも幸せになれる単純接触効果

脳機能から見たぎっくり腰の慢性化の仕組み

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに18個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性

子供

自然