ぎっくり腰患者と接客応対の共通点

〔目次〕

  1. ぎっくり腰患者と接客応対の共通点接客ではクレームがCSに届くまでにかなりのたらいまわしにあってストレスを蓄積していることがある。ぎっくり腰でも同じ、治療院めぐりをしてストレスがたまっていることもあるだろう。
  2. 症例比較的重度なぎっくり腰、念入りに対処する。
  3. 心がまえ患者にとっては症状の軽い重いは関係ない。
  4. 参考接客応対などのCSにも通ずる考え方。お客様は思案に暮れてからご相談をされる。
  5. 注意点思案に暮れているときには通常以上の親切な対応が必要。ぎっくり腰では意図せず、スケジュールが滞って不安になる。
  6. 受診までの流れ治療院に相談されるまでに友人や他院など様々な経過を踏んでいる
  7. 治療院側の対応患者様の不安や心配に対し丁寧な対応を欠かさぬようにする。

ぎっくり腰患者と接客応対の共通点

ぎっくり腰患者では治療を受けようと思うまで様々な思案に暮れており過度な不安に陥ってることが多い。接客応対のCSなどでもご相談に至るまでには様々な経緯をふんでいるため慎重な対応が求められる。

メニューに戻る

※スポンサーCM

Y様からご連絡を頂戴したのは前日の夕方ぐらいです。1本の電話連絡が入ったのです。

症例:比較的重度なぎっくり腰、念入りに対処する。

※スポンサーCM

「すいません、ぎっくり腰になってしまったようです。できれば明日お願いしたいのですが・・・」
どうやら今回の患者様の症状はいつもの患者様よりも重度な症状であることが伺われます。なぜならば、いつもならばぎっくり腰になられた患者様は
「すいません、これから受けられますか?」

とあまりの痛みと、その生活の苦痛から溜まらずに緊急出動を希望されるからです。

ところが痛みをある程度我慢できるので、難治な物だと推測できます。しかし、私ども整体師はいついかなるときであっても患者様からご依頼を受けたときには念入りに対処させて頂く必要があると常々実感しております。

メニューに戻る

心がまえ:患者にとっては症状の軽い重いは関係ない。

そして、どんなに軽い症状であったとしても実際に受傷された患者様はそのようには思ってはおりません。
「自分はきっと重症なのだろう。このまま大事に至らぬうちに早めに治療を受けよう」
と様々な治療院をお求めになられるのです。そういった苦労をされて当院にまでご連絡をされたのだと重々承知して対応に当たることが求められるわけです。

メニューに戻る

参考:接客応対などのCSにも通ずる考え方。お客様は思案に暮れてからご相談をされる。

これは、例えるならば接客応対での初期対応の重要性にも見習う部分が沢山あると思います。例えば大きな企業であればカスタマーサービス(CS)なるものがあってお客様からの苦情を一手にそこで引き受けております。

※スポンサーCM

しかし、お客様はいきなりCSにご連絡されるわけではありませんよね。最初は、商品を購入して、実際に使ってみる。使い方が分からぬから説明書を良くご覧になる。説明書どおりにやっても上手く行かぬから、ショップへと行く。ショップの対応が悪いため頭に来る。そして、どうしたものかと思案に暮れて過ごして居るうちにCSの存在を知り、そこに一斉に不満を爆発させる。

メニューに戻る

注意点:思案に暮れているときには通常以上の親切な対応が必要。ぎっくり腰では意図せず、スケジュールが滞って不安になる。

したがって、商品の欠陥自体にお客様は腹を立てているわけであらず、実際のところは対応の遅さや、そこまで手間が掛かっているのに対応が決まりきったものであるために親切さに欠けてしまいご立腹に至るわけです。

では、実際のぎっくり腰ではどうなのでしょうか?患者様はある日なんらかのキッカケで意図せずにぎっくり腰を起してしまう。身動きが取れなくなり、仕事やプライベートのスケジュールが滞ってしまう。また、滞ってしまうのではという不安を余儀なくされる。

メニューに戻る

受診までの流れ:治療院に相談されるまでに友人や他院など様々な経過を踏んでいる

そこで、どうしたら対処出来るのかを調べる。第一に身近な友人や家族などに相談をする。しかし、そこで対処法がわからず。湿布薬などで簡単な対策をするが結果的に治癒に至らぬため、さらに思案を重ねる。最寄の整形外科や整骨院へと足を運ぶ、しかしそこの治療では治らぬ、そういった経過を踏んで本格的にぎっくり腰を治そうとお考えになられて結果的にインターネットやクチコミで人気な当院へとご連絡をされる。そして治癒に至る。

メニューに戻る

治療院側の対応:患者様の不安や心配に対し丁寧な対応を欠かさぬようにする。

とこのように多数の手間をかけてご利用を踏み切っておられるため、そこに至るまでに様々な精神的な困難を味わってきたわけです。したがいまして、その途中では様々な不安や心配に際悩まれたことは手に取るように浮かんでくるわけです。患者様に対して親切そして丁寧な対応をするんだという気持ちが少しでも欠けてしまえば先ほどのCSのケースのように大変な自体へと発展してしまいますよね。

おそらくはこちらのお客様は本当ならば、その日の内に受けたかったのかもしれません。しかし、当方に対しての配慮からそのようにおっしゃられたのかもしれませんよね。したがってお相手様がどのような状況であろうとも全力で対応に当たることが大切であると言えるわけなのです。

メニューに戻る

対人関係について

  1. 飴と鞭のバランス人は厳しいことばかり言われると腹が立ってやがて些細なことにも神経質になってしまう。
  2. 人間関係における4つの役割物事を上手く進めようと思ったときには四つの役割分担を意識することが良い。
  3. 会話から嘘を見抜く方法ネット社会では相手の姿や顔を知ることができません。様々な不安を覚えることでしょう。実際にネット通販で商品を購入してすぐに壊れてしまったり、思ったほどの実用性が無かったり、後悔したお買い物も沢山あることでしょう。嘘を見抜くことが出来たら随分とストレスは軽減されるはずです。
  4. 女性の慢性腰痛は話を聞いてもらうことで治る多くの女性は話を聞いてもらいたい心理を持っており、今現在3分診療の病院では満足に話を聞いてもらうことができないため腰痛難民となっていることがある。
  5. 患者の心理と接客対応陥ったときの過度な不安、治療院を受診するまでにどういった手続きを踏むことが一般的なのか
  6. タイミングを計って心理腰痛を治す心理腰痛の多くは人間関係のストレスから生じる。相手の心の状態が安定しているタイミングを見極めることが良い。感情は足に表れやすい。
  7. 人間関係からくる疲れへの対処法①丈夫な体作り、②仕事に精を出す、③自分の能力を知る、④人を批評せず、また人の批評を気にしない、⑤良い先輩や友達を持つ、⑥趣味をもつ。
  8. 不満を身近な人に言わない辛いことがあると誰かに聞いてもらいたくなるもの。でも聞く人も気分が滅入ってしまうため身内に対して行わないようにしましょう。赤の他人に対して話すほど家庭円満に行く
  9. 人間関係を上手く行かせる方法どんなことをすれば喜んでもらえるのか?という考えよりもまず相手に嫌われないことをする
  10. 年上のマダムを喜ばせるには?自我関与度に着目する。関心を持っていることを褒める。
  11. ネット社会、なぜ無責任な発言で他人を傷つけるのか?匿名性によるもの
  12. もう二度と騙されたくない。ウソに苦しめられないためには?3つの見抜けないウソがある。
  13. 遠距離恋愛で、浮気されて別れた。最低男だったボザードの法則に着目しよう。遠距離は相当我慢しないと成り立たない。
  14. 友達以上、恋人未満の関係、どうしたらいいの?パーソナルスペースを活用しよう。
  15. 彼が私のモノマネをしてウザイシンクロニー現象による。相手と一つになりたい想いによる。
  16. 彼が私の真似をするけど似てないシンクロソロニーによるもの。同調することで気に入ってもらいたいという思いの表れ
  17. 嫉妬とぎっくり腰人には様々なストレスがありギックリ腰を招いているが最大の悩みにつながるのが嫉妬心でもある。
腰痛と心理関連

心理関連

「心理関連」カテゴリーを、
以下の20個のカテゴリーに分けます。

腰痛と考え方

腰痛とストレス

心因性腰痛の特徴

腰痛の心理的影響

治療の考え方

思考回路・思考パターン

主義・思想・価値感

ストレス

恐怖

怒り対策

感情

対人関係

防衛機制

不安

心理分析

メンタルケア

その他心理

行動指針

精神病

脳医学

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに19個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性・子供

心理①

心理②

自然

最新情報

椎間板

腰の病気は多くが同じ

坐骨神経痛に効く薬局のシップ名は?

柔道は筋トレで強くなるか?

金魚運動でヘルニアが治った人はいますか?

冷たい風に吹かれると腰から太ももの裏が痛い

13歳尾てい骨が突出している

ステッパーは体に悪いか?

子供がお尻を強打長くかかっている

腰を痛めて吐き続ける

太ももが締め付けられて痛い

股関節石灰にジグリングは効果ある?

坐骨神経痛に足踏みは効果あるか?

腰痛にジグリング治療は?

上を向いて寝るとお尻の真ん中が痛い

力仕事の腰痛対策の限界

ぎっくり腰で足が麻痺した

胸腰筋膜がパンパンで凝る

ぎっくり腰になって3週間後、ゴルフは大丈夫か?

対人関係

飴と鞭のバランス

人間関係における4つの役割

会話から嘘を見抜く方法

女性の慢性腰痛は話を聞いてもらうことで治る

患者の心理と接客対応

タイミングを計って心理腰痛を治す

人間関係からくる疲れへの対処法

不満を身近な人に言わない

人間関係を上手く行かせる方法

年上のマダムを喜ばせるには?

ネット社会、なぜ無責任な発言で他人を傷つけるのか?

もう二度と騙されたくない。ウソに苦しめられないためには?

遠距離恋愛で、浮気されて別れた。最低男だった

友達以上、恋人未満の関係、どうしたらいいの?

彼が私のモノマネをしてウザイ

彼が私の真似をするけど似てない

嫉妬とぎっくり腰

心理関連

「まとめ」ページを、「リスト」にしました。

腰痛と考え方

腰痛とストレス

心因性腰痛の特徴

腰痛の心理的影響

治療の考え方

思考回路・思考パターン

主義・思想・価値感

ストレス

恐怖

怒り対策

感情

対人関係

防衛機制

不安

心理分析

メンタルケア

その他心理

行動指針

精神病

脳医学

原因別

「原因」カテゴリーを、さらに19個に区分します。

きっかけ

腰痛メカニズム

ヘルニア

椎間板

腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛①

坐骨神経痛②

持上げ動作

体型

力学

筋肉(総論)

筋肉(個別筋)

腹筋

内科

高齢者関連

女性・子供

心理①

心理②

自然