荘A[NX̉@

柔軟性と腰痛の関係

立位体前屈にて、どのくらいの数値となるかを算出しましょう。また、測定器具を用いず自宅で手軽に行える方法について

※スポンサーCM

腰痛患者の8割が体が固すぎる

腰痛患者のおよそ8割が体が固すぎる傾向があることがいままでの経験上明らかです。中には『ロボットみたいに固いんです』とはっきり自覚されている方も大勢いらっしゃいます。

柳の枝のようにしなやかな腰は損傷しない

体の柔らかさを植物に例えてみましょう。もし柳の枝だとしたら、どんな強風が吹いてもけっして折れることなく力を受け流すことでしょう。柔軟性が優れるとはこういうことなのです。

しなやかならば全体に均等に負担を分散できる

体の幹に当たる腰部に負担が集中せず全体に力を均等に分散することができれば痛めません。

※スポンサーCM

しなやかさが損なわれると、どんなに強固な腰でも容易く損傷する。

しかし、柔軟性が失われた場合はどんなに丈夫な腰をもっていたとしても簡単に痛めてしまう。それは太い幹をもった樹木が強風になぎ倒されるのと一致しています。

◆体の固い人の共通点

もっとも腰痛と関連性の深い立位体前屈

ここでは腰痛にもっとも関連が深いと言われる立位体前屈について触れますので標準値よりも固い場合は積極的に柔軟運動に取り組んでください。

立位体前屈(●男性、女性、現在も小・中学校までの体力測定で必ず実施されていますので説明は省略します。)

※スポンサーCM

若さとは躍動感である。人は生まれながらにして輝く素質を持っている。

『若さ』を一言で表現するならば、きっと『躍動感』という言葉が一番ふさわしいだろう。力強く大地を蹴り出し、幾重にも影を連ねるような激しく駆動する四肢、そしてしなやかで伸びるようなダイナミックな動き、内面から沸き起こる感情のすべてを凝縮し、一瞬だけまばゆく光り輝くエメラルドのようである。一目見ただけでも若さ溢れていることがわかるはずだ。こんなにも素晴らしい素質を人は生まれながらにして持っているのである。

しかし、失われたことに気づくのには時間が掛かりすぎる

・・・それにしても、どうしてこんなにもサビついてしまったのだろうか?切れ味のなくなった鋸は、少しの駆動で額から大粒の汗を噴出し、両の肩は忙しなく上下を繰り返す。段々と表情から赤色が失せていく、足を絡ませながらフラフラとバランスを保つ姿からは、もはやあのころの姿は微塵も感じられない。幾十年という日々の中で、どこかに置き忘れてしまっていることに気づくのには少々時間がかかりすぎたようだ・・・・・

中期的な経過判断

結論:発症から3週間で慢性化している

時間経過と腰痛

ぎっくり腰何日かかる?

ぎっくり腰の仕事復帰

スポーツ選手のぎっくり腰の復帰の目安

ゴルフの再開は?

1ヶ月以上続く腰痛の原因

セルフチェック

結論:セルフチェックはあくまでも目安

壁を用いた腰痛のセルフチェック法

ぎっくり腰判別のセルフチェック

下肢の内外旋のセルフチェックによる腰痛予防

ぎっくり腰を繰返さないためには痛みの場所を詳しく知ること

腰痛の検査データ

結論:腰痛は複合した原因がある

腰痛の原因として考えられるもので根拠に基づくものをまとめております。

脚伸展力について

12分間ウォーキングテスト

検査法について

結論:先生に任せれば良い

SLRテストの痛みの出るタイミングとその原因

クラウスウェーバーテスト

慢性腰痛患者が必ず受けるべき検査

疼痛誘発検査

腰痛の診断で最も確実性が高いもの

叩打痛との関係

腰痛の痛みの追求方法

対応対処

「対応・対処」カテゴリーを11個に区分しました。

急性期の腰痛対処①

急性期の腰痛対処②

急性期の腰痛対処③

慢性期判断、検査

⑤-1医療機関の対処①

⑤-2

⑤-3手術関連

ケア

手技

⑧-1腰痛対策

⑧-2腰痛対策②

コルセット

道具での対処B(生活補助)

食事療法

総合案内
クリックで展開

ぎっくり腰専門